2019年05月15日

浜松所属新人34期候補生 実地訓練・2節目を実施中



浜松所属予定の34期候補生・3名による実地訓練、今節2節目はさらに本格化し、

実際のレースを想定した検車場出発から試走&再試走、そして発走ピットでの過ごし方や

発走時にフライングが発生した場合の対処などをレクチャーしてまいります。

走路内の発走ピットはすでに開かれており、候補生の到着を待っています。



  

写真左:本日は晴れて気温が上昇、かなり暑くなっていることから、候補生が整備を行っている

 B棟ロッカーは冷房を効かせるために全て締め切っていました。

写真右:選手管理地区内の医務室も万が一を考えて利用可能の状態に。看護士さんもおります。





1番車・佐藤大地(さとう だいち)候補生





2番車・深谷俊太(ふかや しゅんた)候補生





3番車・桝崎星名(ますざき せな)候補生



JKA教官の話では、明日は辰巳裕樹選手など、実際の選手と一緒に走路内で走らせる

走行練習&レースの訓練を実施していきたい、とのことでした。





訓練の内容はどんどん本格化していき、試走後の発走ピットでの過ごし方や、





発走時のスタートラインの着き方などを習いました。

当然ながら発走補助や旗振り、周回ランプを点灯させたりと、人手が必要となるため、

JKA教官のみならず、競走会や先輩選手たちなど、毎日入れ替わりで手伝いをしていきます。





模擬レースでのゴールイン!

2節目の訓練は明日あさってと続き、5/17(金)のお昼をもちまして終了となります。

応援をよろしくお願いします!




posted by ブンブンボーイ at 18:30 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする