2019年06月16日

伊勢崎ナイター「GU稲妻賞」場外発売・最終日のようす


日曜日をかけて繰り広げられました伊勢崎ナイター「トータリゼータエンジニアリング・
日刊スポーツ杯GU稲妻賞」のシリーズ最終日。
浜松オートではナイター場外発売を実施、日没後も強めの風が吹き続けましたが
気温はほどよく下がって比較的過ごしやすいなかでの観戦となりました。


気候の涼しさとは相反して最終12R「優勝戦」は最高にヒートアップ。
一騎打ちを呈した6枠・早川清太郎選手と8枠・青山周平選手はレース終盤、
”令和元年の名勝負数え歌”に数えられるような闘志あふれる先頭争いを繰り広げ、
逆転に次ぐ逆転の末、青山周平選手が制してチェッカー。
大雨あり夏日ありという起伏に富んだ5日間の長丁場、
「GU稲妻賞」の優勝を成し遂げました!

  
身体いっぱいを使って優勝の喜びを表す青山選手。
レースのさ中ではあまり笑顔を見せない青山選手ですが、
優勝にたどり着いた時の最高のスマイルこそが青山選手の本来の姿だと思います♪


表彰式にはこんなにも多くのオートレースファンが集まり、
青山選手のGU制覇を祝福していました。

青山周平選手、地元伊勢崎ナイター「GU稲妻賞」・優勝おめでとうございました☆



明日6/17からの浜松オートは川口の場外発売を実施します。
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 21:43 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする