2019年07月29日

第6回 大成ロテック杯 初日のようす



写真:米里崇徳候補生の走行訓練は正規出場選手の夕方練習が終了したのちに実施。

 明日の夕方が今節における走行訓練の最終日となります。



「第6回 大成ロテック杯」、シリーズ初日が終了。明日は第5&10〜12Rに

「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!







第12R、レース後に審議がかかり、高木健太郎選手は内線突破の失格に。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着7枠・浜野 淳選手(山陽)、

3着3枠・佳元光義選手(飯塚)の確定は8-7-3。





第11R、1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着3枠・鈴木啓示選手(浜松)、

3着6枠・間中大輔選手(川口)の確定は8-3-6。





第10R、1着2枠・野上史豪選手(浜松)、2着3枠・日室志郎選手(山陽)、

3着6枠・山崎 進選手(山陽)の確定は2-3-6。





本日とあさって7/31(水)の2日、第9&10R発売中、1Fインフォ付近にて

「未確定車券 抽選会」を実施。1000円以上の未確定車券か

はまりっちレシートを会場へご持参ください。スロットゲームに1回挑戦できます。

今回のプレゼントははやくも猛暑とささやかれる今夏を乗りきる「冷却グッズ」です♪

すべてプレゼント次第終了となります、どうぞご参加ください!





第9R、1着3枠・木村直幸選手(浜松)、2着8枠・丹村飛竜選手(山陽)、

3着2枠・福田義久選手(山陽)の確定は3-8-2。





第8R、1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、2着3枠・岡本信一選手(山陽)、

3着6枠・鈴木静二選手(浜松)の確定は8-3-6。





第7R、道中3番手・長田恭徳選手に審議がかかるも失格には至らず。

1着8枠・有吉辰也選手(飯塚)、2着4枠・藤本 剛選手(山陽)、

3着7枠・長田恭徳選手(山陽)の確定は8-4-7。





けがによる長期休場からの復帰戦を1着で飾りました青島正樹選手。

ロッカーに戻ると伊藤信夫選手をはじめ、中村晋典選手、木村武之選手、

鈴木啓示選手など青島選手を慕う仲間選手が大勢集まり、

「もう準決勝戦進出だもの、すごいね!」と祝福しておりました。





「やっぱり1着は気持ちがいいね。朝練習まではどうなるかと思っていたけど、

 成績を出すことができれば、まだ走れるんだって自信になるし。安心したよ。」

と、青島選手。かたわらにはなんと、つい昨晩まで伊勢崎GTナイターに出場していました

弟子の中村友和選手の姿が。師匠の復帰戦と聞いて休む間もなく競走会の

許可証をもらい入場、青島選手のレース&1着勝利をその目でしかと見届けることができた

友和選手は目頭を熱くさせて「おめでとうございました!」と祝福の言葉を贈っていました。





第6R、1着8枠・青島正樹選手(浜松)、2着1枠・滝沢 健選手(伊勢崎)、

3着7枠・佐藤裕児選手(飯塚)の確定は8-1-7。





第5R「ランチアタック予選」、1着8枠・大木 光選手(川口)、

2着2枠・尾藤憲吾選手(浜松)、3着6枠・関口隆広選手(浜松)の確定は8-2-6。

浜松新人・佐藤大地選手は8着の成績となりました。





第4R、1着5枠・吉松憲治選手(山陽)、2着3枠・保永高男選手(伊勢崎)、

3着7枠・松山茂靖選手(浜松)の確定は5-3-7。




第4Rの発売中は中間走行練習を実施。朝練習よりも
走路温度がさらに上がり、滑走路状態での練習となります。


走行練習をする山崎 進選手(山陽)。何ともおぞましいヘルメットの柄です。


第3R、1着5枠・西村義正選手(山陽)、2着2枠・北爪勝義選手(伊勢崎)、
3着8枠・藤岡一樹選手(山陽)の確定は5-2-8。


第2R、1着4枠・安東久隆選手(山陽)、2着6枠・石貝武之選手(浜松)、
3着3枠・深澤 悟選手(伊勢崎)の確定は4-6-3。
浜松新人女子・桝崎星名選手は8着の成績となりました。


第1R、1着8枠・瀧下隼平選手(飯塚)、2着6枠・和田健吾選手(浜松)、
3着3枠・佐伯拓実選手(山陽)の確定は8-6-3。
浜松新人・深谷俊太選手は8着の成績となりました。

  
今節は3日間毎日、開門先着で「大成ロテック・オリジナルウェットティッシュ」と
「K-mix杯 GUウィナーズカップ・オリジナルポケットティッシュ」を
セットでプレゼントします。汗ふき等にご利用ください。


走行練習をする新村嘉之選手(飯塚)。


走行練習をする松山茂靖選手。


走行練習をする春本綾斗選手(山陽)。


走行練習をする木村武之選手。


走行練習をする浜野 淳選手(山陽)。


昨晩に伊勢崎オートで繰り広げられましたナイター決戦・
「GT第26回ムーンライトチャンピオンカッップ」最終12R「優勝戦」は
小雨明けのぶち走路&8周回にて競われ、地元伊勢崎の早川清太郎選手が先行&
圧倒的な車間を広げてチェッカー、地元GTムーンライトCCの3連覇を達成しました。

浜松オートの7月・3節目の開催は「第6回大成ロテック杯」。
速くも灼熱走路でのレースとなりそうです。前節より浜松オートでは
第4&8Rの発売中に中間走行練習を実施しており、予想の参考になるかもしれません。
ぜひご来場&ご観覧ください。
本日早朝の選手管理地区・検車場ではさっそく鈴木圭一郎選手のマシンが停めてありました。
奥は満村陽司選手(山陽)のマシンです。


鈴木圭一郎選手の両サイドは浜松新人女子・桝崎星名選手と
今節浜松あっせんの高木健太郎選手(山陽)です。


満村陽司選手(山陽)の隣のロッカーは久門 徹選手(飯塚)、そして
木村武之選手、長田恭徳選手(山陽)と続きます。久門選手は前節の
「曳馬野賞 第43回 静岡新聞SBS杯」に続く浜松あっせんです。


浜松新人・深谷俊太選手が今節開催訓練を受けている同34期の
米里崇徳候補生へ朝のロッカー回りの順路を教えていました。


西川頼臣選手のロッカーがある通路の先に浜松新人・佐藤大地選手のロッカーと
桝崎星名選手のロッカーがあります。ここからは4人が集合しての
先輩選手への挨拶回りとなりました。写真右は竹中一成選手(山陽)です。

posted by ブンブンボーイ at 18:16 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする