2019年12月19日

走路内にて模擬レース(2回目)を実施しました

12/19(木)、浜松オート場内にて山陽「GT スピード王決定戦」の場外発売が
行なわれているなか、走路内では後期2度目となる模擬レースを実施。
メインスタンドの解体にともない、センサーやタイマーなど競技用機材を
仮設審判棟へ引っ越しさせたことへのチェックテストとなっています。
今回の模擬レースは「4車立て」で実施。接戦でゴール線を通過した際に
正しく着順や上がりタイムが計測・表示されるかをチェックします。
模擬レースであっても試走および発走の準備を入念にしておかないと
落車など事故につながってしまうため、検車場では本レースさながらに
タイヤウォーマーや毛布が用意されました。
14時より試走&レースの一連の流れがスタート。
参加選手は1枠・中村晋典選手、2枠・赤堀 翼選手、
3枠・西川頼臣選手、4枠・藤波直也選手です。
撮影に集中して全然気付きませんでしたが、のちに写真を見返しましたら
藤波選手がピースポーズをとっておりました(笑)
ゴール線の目の前に建っているプレハブ小屋が仮設の審判棟です。
西側(写真からみて左側)の2階に写真判定用カメラが設置されています。
そしてハンデ0〜40mに1車ずつ配置された模擬レース。
前回の1回目(11/18に実施)は非開催日にて行なわれたために
無観客実施となりましたが、今回は山陽GT場外をお楽しみのお客さまにも
接戦で駆け抜ける模擬レースの様子をご覧いただけました。
模擬レースは2回行なわれ、2回目ではゼロハン4車の
オープンレース形式にて行なわれました。
大時計の周囲やグリーンスタンドに多くのお客さまが集まって
模擬レースの様子を見守っていました。
2回目の模擬レースが終わった直後、再び発走ピットに選手が戻ってきましたが
「今日は2回の実施でおしまいです、問題はありませんでした」と
レーシングスタッフから告げられると、選手たちは安心し、自ら押し掛けをして
ロッカーへと戻っていきました。久々に浜松走路に轟いたエンジン音、
胸躍ったお客さまも多くいらっしゃったことでしょう♪
浜松オート本場開催・「第4回 花の舞 新酒杯」まであと2週間です。
本場レースが待ち遠しいですね☆
選手の皆さま&レーシングスタッフの皆さま、おつかれさまでした♪
posted by ブンブンボーイ at 15:53 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする