2020年02月17日

第5回 チャリロト杯 2日目のようす



写真:鈴木圭一郎選手の出場レースを練習着姿で見学する新人選手たち。

全車チェッカー後、車両の片付けを行なってすぐさま走行練習へと出かけます。



「第5回チャリロト杯」、4つの「準決勝戦」が終了。優出選手8名が決定し、

明日2/18(火)の最終12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!







第12R「準決勝戦」、スーパーハンデからの1着、8連勝目をあげる。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着6枠・阿部剛士選手(川口)





第11R「準決勝戦」、1着3枠・高塚義明選手(川口)、2着2枠・下平佳輝選手(浜松)





第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着の選手が優出となります。

1着7枠・伊藤信夫選手(浜松)、2着8枠・佐々木 啓選手(山陽)





第8Rに浜松女子ライダー・金田悠伽選手が1枠ゼロハンから出場し、

6周回の逃げきりに成功、1着勝利を獲得しました!

おめでとうございました☆






JKA「オートレースオフィシャル総合サイト」にて発表がありましたとおり、

2020年前期(4〜9月)のオートレース全5場・開催日程が決定。

詳しくは浜松オートオフィシャルサイトをご覧下さい。





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着の選手が優出となります。

1着3枠・鈴木健吾選手(浜松)、2着8枠・金子大輔選手(浜松)

なお、道中に審議がかかり、4枠・竹本修選手(伊勢崎)は反妨失格となりました。





マシンパーツを拭き掃除する鈴木圭一郎選手。





岩科鮮太選手。鮮太選手のロッカーはいつも

おいしそうなコーヒーの香りがします。喫茶店みたいですね♪





明日まで場内チャンピオンレーサー前にて「チャリロトPRブース」が設置され、


ネット投票の会員募集や投票キャンペーンの紹介を行なっています。


どうぞお立ち寄り下さい☆







今節は移動販売が3店舗出店。右から、たい焼き・「焼きたて屋」、

焼き鳥・「鳥好」、漬けマグロの串カツ・「ほっこりDINING きら」です。

どちらも安価でとりこになってしまう味わいです♪どうぞご利用下さい☆





師匠・佐々木啓選手(山陽)から毎日手厚くアドバイスをうけているのは

新人34期女子の松尾 彩選手。今節は練習参加として

浜松あっせんを果たしています。初めてお会いしました時に

非常にあの選手と面影が似ていると感じたのですが…

松尾選手:「その面影とは、きっと松尾啓史選手(山陽)のことでしょう?(笑)

 実は自分でも時折、やっぱり似ているかな…?って思うときがあるのですが

 全然つながりはなくて、親戚でも何でもないんですよ(笑)」

今回練習参加の新人選手たちはレースの出場こそありませんが

朝晩や第4&8R発売中の走行練習時にて、赤帽をかぶった姿で

お目にかけることができるかもしれません。応援をよろしくお願いします♪





同期・米里崇徳選手のマシンにまたがって米里選手と会話をする

山本 翔選手は山陽所属の新人34期生です。

米里選手と仲が良く、一緒に過ごしている姿を頻繁に見かけます。





整備をする木村直幸選手。



  

肌に刺さるような冷たい風が吹き込んでいる浜松オートは

「第5回チャリロト杯」シリーズ2日目。本日は第5&10〜12Rをかけて

「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待下さい!

先日の雨の影響で今朝は寒冷&ブチ走路からのスタートとなりましたが

走路には野田光宏選手をはじめ柴田紘志選手、近藤裕保選手(伊勢崎)など

数人の選手がトレーニングを行なっていました。





検車場では穴見和正選手(山陽)がタイヤにウォーマーをはめていました。

そのまま屋外に出てトレーニングを行なう出で立ちです。

手前の車両は鈴木圭一郎選手のマシンです。車輪に毛布がくるまれています。





荒尾 聡選手(飯塚)も早朝8時前にはロッカー入りをして

柴田健治選手と会話をしていました。



  

写真左:掲示物を一読する平塚雅樹選手。

写真右:工具を並べる柴山信行選手(川口)。


posted by ブンブンボーイ at 17:20 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする