2020年03月24日

日管杯 第15回ヴィーナスカップ 2日目のようす



写真:浜松オート西駐車場の桜木の中に青リンゴのような色合いの早咲きの桜があり

見頃を迎えていました。ほんのり桜色のソメイヨシノはもう少し日数がかかりそうです。



先日そして本日をかけて繰り広げられました全12R「予選」の着順ポイント&

上がりタイムポイントをもとに、ランクA級&B級それぞれの

「準決勝戦」出場選手が決定します。どうぞお楽しみに!







第12R、1着5枠・深沢 隆選手(川口)、2着8枠・小林瑞季選手(川口)、

3着6枠・重富英雄選手(山陽)の確定は5-8-6。





第11R、1着8枠・掛川和人選手(川口)、2着4枠・杉本雅彦選手(山陽)、

3着7枠・林 弘明選手(山陽)の確定は8-4-7。





第10R、1着6枠・水本竜二選手(飯塚)、2着5枠・佐伯拓実選手(山陽)、

3着7枠・中野政則選手(山陽)の確定は6-5-7。





第9R、1着8枠・落合 巧選手(浜松)、2着1枠・佐藤大地選手(浜松)、

3着6枠・石貝武之選手(浜松)の確定は8-1-6。





2014年撮影、渡邉 篤選手。青山周平選手と同じくロードレーサーからの転身。

2011年に浜松所属オートレーサーデビュー、バイクの街・浜松にて

2種類のバイクレースを経験するレーサーとして「バイクのふるさと浜松」等

2輪イベントやトークショーに参加。浜松オートをPRしてくださいました。





第8R、1着6枠・岡谷美由紀選手(浜松)、2着3枠・小田雄一朗選手(伊勢崎)、

3着7枠・山崎 進選手(山陽)の確定は6-3-7。





第7R、1着8枠・桜井晴光選手(伊勢崎)、2着7枠・小原 望選手(川口)、

3着4枠・安東久隆選手(山陽)の確定は8-7-4。





第6R、1着2枠・金田悠伽選手(浜松)、2着7枠・長谷晴久選手(浜松)、

3着4枠・高橋祐一選手(川口)の確定は2-7-4。





第5R「ランチアタック予選」、1着8枠・鈴木健吾選手(浜松)、

2着7枠・吉松憲治選手(山陽)、3着3枠・柴田紘志選手(浜松)の確定は8-7-5。



2013年撮影、青山周平選手(伊勢崎)です。ロードレーサーから
オートレーサーへ転身、デビューから2年後には1着勝利数100回を突破し、
2級車500cc時代から日々1着を獲得し続けてきたことが分かります。


第4R、1着5枠・青嶋裕治選手(浜松)、2着2枠・田中竜二選手(浜松)、
3着6枠・川原 剛選手(川口)の確定は5-2-6。


第3R、1着7枠・石橋 大選手(山陽)、2着4枠・鈴木啓示選手(浜松)、
3着5枠・岩佐常義選手(川口)の確定は7-4-5。


第2R、道中第2コーナーにて8枠・武藤博臣選手(川口)が3枠・西崎洋一郎選手(山陽)の
車体内側から接触、落車を喫してしまうトラブルが発生。レースは続行し、
1着7枠・和田健吾選手(浜松)、2着2枠・橋本陽介選手(浜松)、
3着5枠・日室志郎選手(山陽)の確定は7-2-5。
審議の末に武藤選手は落妨の反則失格と判定されました。
なお容態は打撲程度で既にロッカーへ戻っています。


第1R、1着5枠・猿谷敦史選手(伊勢崎)、2着1枠・交川陽子選手(浜松)、
3着8枠・牧瀬嘉葵選手(飯塚)の確定は5-1-8。

  
写真左:エンジンのプラグを抜く木村直幸選手。
写真右:ハンドル回りを確認する上村敏明選手。


仲口武志選手からアドバイスをもらう交川陽子選手。


かつて旧・特別観覧席と連絡していました、メインスタンド西側の3Fまで続く
コンクリート階段がほぼ解体。粉塵が飛び散らないように水が撒かれていました。


鈴木健吾選手。


長谷晴久選手。


併走してしのぎを削る、新人女子の(右から)松尾 彩選手(山陽)と桝崎星名選手。


岩本君男選手。


手前は野上史豪選手。本日より補充参戦のため、勝ち上がりの権利はありません。


走行練習を前に、試走場にてエンジンを回してみる選手たち。
気候は先日よりもだいぶ冷え込んでおり、乾いた強風が吹いています。
キャブレターなどの微調整が必要となりそうです。

  
「日管杯 第15回ヴィーナスカップ」、シリーズ2日目の早朝。
検車場には田中竜二選手のマシンのみが停めてあり、
「おはようございます」と、田中竜二選手&桝崎星名選手が
挨拶の声をかけて下さり、ロッカーへ戻っていきました。


本日2日目も全12Rが「予選」、ランクA級&B級それぞれの着順ポイントと
上がりタイムポイントで明日の「準決勝戦」出場が決まるだけに
本日が勝ち上がりのラストチャンスとなります。
早朝から大勢の選手が整備を始めていました。
手前は右から、小林悠樹選手、落合 巧選手、和田健吾選手です。


エンジンをじっくり見つめる川端 孝選手(飯塚)。


右から、検車場へマシンを運ぶ山崎 潤選手(川口)、山本将之選手(山陽)。


右から、花元初美選手(飯塚)、林 弘明選手(山陽)。


右から、山陽新人女子・松尾 彩選手、竹内正浩選手(伊勢崎)。


柴田紘志選手のマシン。早朝から屋外にて天日干しされていました。


posted by ブンブンボーイ at 16:50 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする