2020年04月07日

第5回 Gamboo杯 2日目のようす

優勝戦進出選手のインタビュー動画は

編集次第、「YouTube」へアップされます。どうぞお楽しみに!

https://www.youtube.com/user/hamamatsuauto



浜松オート無観客3日間開催、「第5回 Gamboo杯」・シリーズ2日目が終了。

4つの「準決勝戦」が終了し、明日4/8(水)の最終12R「優勝戦」出場予定選手は

ご覧の通りとなりました。なお、早船 歩選手(川口)と鈴木圭一郎選手(浜松)は

”完全優勝”へ王手をかけました。熱戦にご期待ください!





第12R「準決勝戦」、今日もぶっちぎりでの2連勝、優勝戦に臨む。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着2枠・辰巳裕樹選手(浜松)





第11R「準決勝戦」、1着勝利996回目をマーク。

1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、2着6枠・中村友和選手(浜松)





第10Rから再び「準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

3番手入線の7枠・岩崎亮一選手(山陽)に審議がかかり、道中第4コーナーにて

2枠・小林悠樹選手を内側から押圧し進路を妨害したとして反則失格となりました。

1着4枠・早船 歩選手(川口)、2着5枠・岩科鮮太選手(浜松)

なお3着は繰り上がり8枠・金子大輔選手となりました。







今節は「Gamboo杯」ということで、開催期間である4/6(月)〜8(水)をかけて


「1万円分のGambooポイント」や「GambooオリジナルQUOカード」が抽選で当たる


エントリー・抽選プレゼントキャンペーンを実施!

詳しくは「Gamboo」特設ページにて♪

エントリー期間は明日4/8(水)の23:59までです。





第8R発売中の走行練習では浜松新人・佐藤大地選手と米里崇徳選手が

時間いっぱいまで練習走行を実施。深谷俊太選手、桝崎星名選手も練習に参加、

走路内中庭の桜も浜松新人ライダーズを応援しているようでした。





浜松オートCS放送にて連日報じられていますとおり、次節の

「第38回 中日新聞東海本社杯」・2日目となる4/19()にて

「7代目 浜松オートレースヴィーナス」のデビューが決定☆

CS放送にて最初のお披露目となります。どうぞお楽しみに♪





田中竜二選手、野田光宏選手のグループが使用しているCSモニターに

『RUN FOR JAPAN』シールが。渡邉 篤選手と平塚雅樹選手が

レースとシールをまじまじと見つめていました。

ちなみにモニターの左上には「湘南爆走娘」のシール。こちらは神奈川出身、

桝崎星名選手を応援するシールとのことです♪





金子大輔選手はヘルメットにシールが貼られていました♪





スカイビート号は齋藤 努選手のマシン。全日本オートレース選手会長も

『RUN FOR JAPAN』活動に協力してくださっていました☆





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着1枠・西川頼臣選手(浜松)、2着7枠・木村武之選手(浜松)

浜松26期コンビでの優出を果たしました!





交川陽子選手はエンジンオイルのガス抜き部にシールを貼布。





西川頼臣選手も交川選手と同じ場所です。

「今節が(けがによる)長期休場からの復帰戦となりましたが、仲間たちが

みんなでマシンを作り直してくれたおかげで、とても乗り味は良いです。

昨日の初戦から掲示板に載れる(3着)なんて、みんなのおかげですね。」





第4R発売中の中間走行練習では、既に第2&3Rの出場を終えた新人・

深谷俊太選手と桝崎星名選手が併走したり距離を開けたりしながら

時間いっぱいまで走行を続けていました。





春の訪れにより暖かくなったことで過ごしやすくはなったものの、

走路温度が上昇していることから選手たちは「先がない…

コーナーで突っ込んでいっても、タイヤが滑って回りきれないよ」、

「おっかないよね」と頭を悩ませています。





中村友和選手。フェンダー右側の「5983」は選手登録番号です。





落合 巧選手はオイルタンクにシールが貼られていました。





藤波直也選手のマシンはギヤカバー部に『RUN FOR JAPAN』のシールが。

左上の数字はエンジンひとつひとつに与えられる、いわば自動車の

ナンバープレートのようなもので、本来は「○○選手は番号○○のマシンエンジンを

今節使用します」という登録になるのですが、数字だけの呼び名だと覚えづらいので

エンジンには分かりやすく「J・デンプシー号」といった呼び名・愛称が付けられています。





第1Rにて浜松新人・佐藤大地選手が1枠ゼロハンから出場し、6周回の逃げきりに成功!

みごとぶっちぎりの1着を獲得しました♪おめでとうございました☆





鈴木健吾選手は自身の愛車、ロック・UK号のガソリンタンクに貼られた

”ONE TEAM 〜新型コロナウイルス感染の終息を願って〜”と題された

『RUN FOR JAPAN』シールを見せてくださいました。



健吾選手:「東日本大震災の時も「頑張ろう日本!」という支援&応援シールを

選手ロッカー内で作製して、賛同してくれた選手の競走車やヘルメットに

貼ってもらいましたが、今回も『RUN FOR JAPAN』シールをオリジナルで

製作し、今日から貼り始めることにしました。良かったら、さっそく賛同してくださった

選手のマシンやヘルメットを紹介してください!」

とのことです♪本日は健吾選手とともにそれぞれのロッカーをまわります。





管理棟から「そうだ、ブンブン君がいるじゃない!」という声が聞こえ、

(何の会話をしているんだろう…?)と思っているところへ、声の主である

鈴木健吾選手が私のデスクを訪ねてまいりました。

「ちょっと撮影してもらいたいものがあるんだけど」とのことです。





「1枠ゼロハンからだと最初から目の前に選手がいないから、仮に

 選手がいたと想定して、…」と弟子の米里崇徳選手へ

アドバイスをする中村晋典選手。





山脇孝志選手のロッカーを訪ねて会話をする木村武之選手。

左隣のロッカー、伊藤信夫選手も作業の準備を進めていました。





「おはようございます!」と、青木隆浩選手(山陽)など若手選手たちが

先輩選手のロッカーをまわって挨拶を行なっていました。





整備を始める前に、コーヒーメーカーへお水を補充する岩科鮮太選手。

鮮太選手の煎れるコーヒーはおいしいようで、いろんな選手が訪ねてきます。





浜松オート各駐車場の桜はいよいよ満開を迎えています。




posted by ブンブンボーイ at 17:10 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする