2020年07月20日

浜松プレスタワー(静岡新聞社)へ次節の媒体訪問を行ないました


数ヶ月ぶりとなる有観客レースを無事実施しました浜松オート、
鈴木圭一郎選手の完全優勝で幕を閉じましたが、一夜あけて
早くも次節「曳馬野賞 第44回 静岡新聞SBS杯」開催に向けた準備が始動。

本日7/20(月)は浜松新人・米里崇徳選手がJR浜松駅前ビル、
「プレスタワー」を訪れ、次節の協賛である静岡新聞社様へ
開催PRの媒体訪問を行ないました。

応対して下さった職員さんの中にはオートレースをまだ見たことがない方も
いらっしゃいましたが、米里選手はとても丁寧にオートレースのしくみを説明。
トークの上手さにとても感心しましたが、それもそのはず、
「アパレル関係の仕事で接客を担当していた経験があります!」
とのこと。これは良いことを聞きました、今後の新型コロナの収束した折には
ぜひ「バイクのふるさと浜松(今年は中止)」等、レース場を離れてのPR活動にて
競走車の説明やトークショーをお願いしたいところです☆

本日の媒体訪問の記事は明日以降の静岡新聞にて掲載される予定です♪
「曳馬野賞 第44回 静岡新聞SBS杯」は1週間後となる7/27(月)に開幕。
「7車立て」の4日間レースとなります。どうぞお楽しみに!


posted by ブンブンボーイ at 17:42 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする