2020年08月31日

第7回 大成ロテック杯 初日のようす



写真:初日第12Rを制して走路をあとにする佐藤大地選手。



「第7回 大成ロテック杯」、シリーズ初日が終了。本日の成績をもとに、

明日9/1(火)は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待下さい!



ここでお知らせです。本日第4Rにて反妨失格となりました山崎 潤選手(川口)は

6走中2回目の反則として明日は累積の1日罰則休に。

明日2日目の補充は山浦博幸選手に決定しました。







第12R、1着1枠・佐藤大地選手(浜松)、2着8枠・松山茂靖選手(浜松)、

3着7枠・大月 渉選手(伊勢崎)の確定は1-8-7。





第11R、1着3枠・戸塚 茂選手(浜松)、2着5枠・齋藤 努選手(浜松)、

3着7枠・平塚雅樹選手(浜松)の確定は3-5-7。





第10R、1着8枠・笠木美孝選手(浜松)、2着5枠・小林悠樹選手(浜松)、

3着3枠・青嶋裕治選手(浜松)の確定は8-5-3。





第9R、1着7枠・遠藤 誠選手(浜松)、2着5枠・中村浩章選手(伊勢崎)、

3着8枠・前田 淳選手(山陽)の確定は7-5-8。





第8R発売中に中間走行練習を実施。新人選手が次々と走路へ駆け出していくなか、

花田一輝選手も練習に参加していました。背後には9/30(水)から

浜松オートにて開幕する「K-mix杯 GUウィナーズカップ」の告知横断幕が。





早川瑞穂選手(山陽)。





第8R、1着1枠・交川陽子選手(浜松)、2着8枠・緒方浩一選手(山陽)、

3着7枠・齋藤正悟選手(浜松)の確定は1-8-7。

なお、3枠・秋吉忠幸選手(飯塚)は競走戒告の判定となりました。





第7R、1着5枠・野田光宏選手(浜松)、2着7枠・浅野浩幸選手(浜松)、

3着1枠・松尾 彩選手(山陽)の確定は5-7-1。





第6R、1着5枠・西川頼臣選手(浜松)、2着8枠・鈴木宏和選手(浜松)、

3着7枠・仲口武志選手(浜松)の確定は5-8-7。





第5R「ランチアタック予選」、1着5枠・赤堀 翼選手(浜松)、

2着7枠・落合 巧選手(浜松)、3着2枠・野上史豪選手(浜松)の確定は5-7-2。





第4Rの発売中に中間走行練習を実施。

主に新人選手たちが練習に参加、今節は9月をまたぐ開催につき、

いよいよ1級車・600ccにまたがっての練習も開始されました。





米里崇徳選手。練習の「練」の札は1級車・600ccであることを表しています。

黒字に黄色い文字の札は、現在の白地の名前でなく、ひと昔前の

”練習番号札”だった時代のもので、ちょっと懐かしさを感じます。





第4R、1着6枠・和田健吾選手(浜松)、2着8枠・鈴木健吾選手(浜松)、

3着5枠・鈴木啓示選手(浜松)の確定は6-8-5。

なお道中にて審議がかかり、3枠・山崎 潤選手(川口)は反妨失格となりました。





第3R、1着3枠・廣瀬豪彦選手(浜松)、2着6枠・筒井健太選手(浜松)、

3着8枠・辰巳裕樹選手(浜松)の確定は3-6-8。



第2R、1着7枠・福永貴史選手(山陽)、2着3枠・縫田雅一選手(川口)、
3着4枠・橋本優一選手(浜松)の確定は7-3-4。


第1R、1着8枠・岡松 忠選手(山陽)、2着5枠・今田真輔選手(浜松)、
3着3枠・猪熊龍太選手(伊勢崎)の確定は8-5-3。


藤川 竜選手(飯塚)。


松尾 彩選手(山陽)。


朝の走行練習では走路への入車数制限がかかるほどの参加選手の数となりました。
3日間開催にとって本日初日の成績が「準決勝戦」行きを左右させるために
一発勝負の気合が入ります。



明日から9月ですが依然として気温の下がる兆候が見られない、
浜松オートは今月3つめの開催・「第7回 大成ロテック杯」。
走路内には今節協賛・大成ロテックの横断幕が掲示されています。
気象情報によれば今節は3日目の最終日(9/2)に「晴のち雨」の表記が
点灯しました。極端な暑さ&不安定な天候との駆け引きを要しそうです。


写真:検車場には橋本陽介選手のマシンだけが停めてありました。


ロッカーの中は開催初日の早朝から整備、整備で大賑わい。
まるで記念レースを思わせる選手の数です。

  
写真左から、浜松新人・米里崇徳選手、平塚雅樹選手。


右手前から、岩本君男選手、藤川 竜選手(飯塚)、関口隆広選手。、
岩本選手は「とうとうメインスタンド、何もなくなっちゃったね」と
声をかけてくださいました。

  
写真左:リアタイヤを変える仲口武志選手。
写真右:会話をする金田悠伽選手&中野 肇選手。
 金田選手は元・スイミングクラブの先生、中野選手はバレーの監督です。


西村義正選手(山陽)のマシン。本人もロッカーの中におりました。
西村選手は8/19の山陽「優勝戦」に出場するも反妨失格、次いで8/20〜22の
山陽ミッドナイトでは1着のみ優出の「準決勝戦」にて2着、最終日の特選にて
1着を獲得しています。


背中に「一走入魂」、整備談義をする和田健吾選手&淺田真吾選手。
奥では前田 淳選手(山陽)が整備を進めています。

  
秋吉忠幸選手(飯塚)と河合 久選手(川口)の19期コンビ。ロッカーがお向かいの
新人女子・松尾 彩選手(山陽)の整備作業を見守っていました。


今節は長谷晴久選手のロッカーを借りている縫田雅一選手(川口)の
整備作業を手伝う、交川陽子選手。エアダスターを持っています。


ひとり集中して整備を進めている稲原瑞穂選手(飯塚)。
ロッカールームはすっかり整頓されています。


posted by ブンブンボーイ at 17:12 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする