2020年09月28日

山陽場外発売・最終日のようす(指定整備日)



山陽オート3日間シリーズ、「第6回せめんだるカップ」の場外発売・最終日を

実施している浜松オート。走路内ではいよいよ、あさって9/30(水)より開幕する

若手vsベテランの企画レース、「K-mix杯GUウィナーズカップ」の開催準備として

全国より寄せられました『選手応援幕』の掲示作業が行なわれました。





オートレース場への入場が再開されてしばらく経ちますが、それでもコロナを

意識して外出や生観戦を踏みとどまってしまう雰囲気が多少残っている現在。

選手へのアツい想いを応援幕に込めて、と、約50枚にせまる応募がありました。





ファンの魂である応援幕を、レーシングスタッフが一枚一枚、

手作業で丁寧に走路フェンスへ貼っていきました。





お昼をまわる頃には全ての掲載が完了。第2〜3コーナーの走路フェンスは

全て選手応援幕で埋め尽くされました。皆さまのご応募、ありがとうございます!





一方、選手管理地区内は本日「指定整備日」となっており、

GUのあっせん&非あっせんを問わずに選手が任意でロッカー内を行き来し

車両&部屋の点検や整理、清掃を行なうことができます。



本日は天候に恵まれ、さっそく管理地区内の各所でツナギやヘルメットなど

防具の天日干しが行なわれていました。





ロッカーへお伺いして最初に出会えましたのは、新・浜松支部長、西川頼臣選手。

友好グループとして近場のロッカーを使う他場遠征選手の準備を手伝っていました。





西川選手のお向かいはご存知、鈴木圭一郎選手のロッカーですが

ご覧の通り、エンジン下回り部までごっそり抜け落ちています。

明日の前検日に向けた大整備が始まる予感です。





前節の浜松開催・最終日(9/17)にて1着勝利を獲得し、自身の持つ

”全・公営競技中最年長1着記録”を更新させました鈴木章夫選手も

指定整備日に参加。部屋の整頓を行なっていました。



  

写真左:赤堀 翼選手&鈴木宏和選手。近場のロッカーをチェック。

写真右:カメラが向けられていたことに驚く浜松新人・深谷俊太選手。

 指定整備日は今節あっせんされていない選手も参加ができます。





川口の女子ライダー・佐藤摩弥選手も指定整備に参加をしてのロッカー入り。

ウエスで部品をきれいにしていました。



  

写真左:自身のロッカーへ向かう遠藤 誠選手。

写真右:仲口武志選手へ話しかける中村晋典選手。晋典選手は元々

 非あっせんでしたが、今節欠場選手の追加として出場が決定しました。





梱包箱を開ける新井惠匠選手(伊勢崎)。新井選手は毎回浜松のあっせん時には

誰よりも早くロッカーへ到着している印象があります。





各種ワイヤーへ潤滑スプレーをかける花田一輝選手。

壁掛けのモニターには山陽のCS放送が映っています。





タイヤのストックを作る泉田修佑選手(川口)。

花田選手と大の仲良しでロッカーを近場に選んでいます。





遠征選手専用ロッカー・B棟のセッティング作業をする新人コンビ、

上和田 拓海 選手(川口)&川口裕司選手(飯塚)。

新人34期生のなかで今節「GUウィナーズカップ」の出場を果たしているのは

A&S級からの選出のため、上和田選手&川口選手の2選手のみです。





本日の指定整備は走路内での簡単な走行チェックは15時まで、

ロッカー内での作業は16時までと制限があります。

鈴木圭一郎選手は時間の許すぎりぎりまで、明日の本格的な整備作業に向けた

前準備を行なっていました。







本日の指定整備ならびに制限が全て解除となった16時過ぎ。

静かになった走路内にて、ちょこんと2人のかわいい姿が。





邪魔をしないように近づいてみると、佐藤摩弥選手と片野利沙選手の

川口女子コンビがリモートを使ってオートレースの簡単な説明を伝えていました♪

摩弥選手:「オートレースは1周500mの走路を一般的に6周走って競います。」

利沙選手:「スピードは時速150キロ近くまで出ると言われています♪」

両選手:「明日からGU開催の前検日となるので、管理地区内からの通信は

できなくなります。あさっての開催に向けて頑張りますので、応援してください☆」





写真:ソーシャルディスタンスもばっちりですよ!と笑顔の摩弥選手&利沙選手です♪



本日は競輪&オートレースを総括している財団法人・JKAの依頼を受けた両選手が

選手管理スタッフの許可を得て、指定整備終了後の走路内を収録場所とし

競輪ファンの方々へオートレースを知っていただくための生放送・リモート配信を

実施したのでした♪これまでは収録となればJKAスタッフや映像担当スタッフなど

大所帯での撮影が主でしたが、現在では選手&モバイルだけで手軽に

旅先での収録ができてしまうという、便利な世の中になりました☆



明日の前検日から選手は管理地区内へ缶詰の状態となり、モバイル機器は

いっさい使用できなくなってしまうため、選手情報は

各種オートレースサイト&CS放送スタッフの出番となります。

佐藤摩弥選手、片野利沙選手、6日間よろしくお願いします♪





山陽オートの最終12R「優勝戦」は16:35頃に実施。

完全優勝をかけて2枠ゼロハンから逃げ続けていた山脇孝志選手をさばいた

3枠・森本優佑選手が先頭を手に入れてフィニッシュ。

3日間開催を制し優勝を成し遂げました!

森本選手、「第6回 せめんだるカップ」優勝、おめでとうございました☆





明日の浜松オートは場内清掃&メンテナンスのために非開催日&

「K-mix杯GUウィナーズカップ」の前検日となります。

開幕は9/30(水)、熱戦にご期待下さい!




posted by ブンブンボーイ at 17:34 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする