2020年11月27日

選手会浜松支部、浜松市へ「ふるさと納税」を寄付しました



2020年11月27日(金)。全日本オートレース選手会浜松支部
(代表:西川頼臣選手会浜松支部長、藤波直也選手会浜松支部役員)が
浜松市役所の長田繁喜浜松副市長へ表敬訪問。

「日頃からお世話になっている浜松市へ少しでも貢献できるなら」と、
今年で13回目となる「ふるさと納税」62万7000円を寄贈し、
さらに「今回も来年の選手カレンダーができあがりましたので、
よろしければお使いください。」と、長田副市長へ
”2021年 浜松オート選手会カレンダー”をプレゼントしました。


写真:「ふるさと納税」授与式は今年も秘書課の応接室にて執り行われました。

目録とカレンダーを受け取りました長田副市長は、
「選手会の皆さまには毎年、ご寄付を賜りまして、まことにありがとうございます。
今年で13回目ということで、総額1541万3000円、今年度も62万7000円という
多額なご寄付を賜っているということで本当に感謝を申し上げます。
また選手会さんにおかれましては、児童福祉施設への訪問をはじめ、
ストップエイズ活動など、地域へのご貢献を頂いておりまして、
今月23日にはG1レース・「秋のスピード王決定戦」の最終日に見に行かせて頂きましたが
「優勝戦」は写真判定の末に浜松所属の鈴木圭一郎選手が優勝、ということで、
8周をかけて、迫真といいますか、手に汗にぎるようなレース、ああいったレースを
日々繰り広げて頂きまして、その中で手に入れた賞金の中から
ご寄付を賜っているということで、本当にありがたいことだなと思います。

私ども浜松市といたしましては、頂戴いたしましたご寄付につきましては
しっかりと市に添った中で使わせて頂ければと思いましたし、また、ただ今
メインスタンドも、現在は取り壊しが済んだところでございますけれども、
しっかりと建て直してですね、今後もオートレースの振興に努めてまいりたいと
思っていますので、よろしくお願い申し上げます。


写真:2021年 浜松オート選手会カレンダーのプレゼント。
長田副市長:「ファンの方ならば是が非でも手に入れたいものですよね!」


選手の皆様には、高速で走る仕事だけに、くれぐれも事故には十分お気をつけ頂いて、
健康で、末永い競技人生を過ごして頂けたらと思います。
本日は誠にありがとうございました。」

と、社会福祉&地域貢献を推進している選手会浜松支部への
謝辞とねぎらいの言葉を述べられました。



写真:授与式を終えた西川支部長&藤波選手。秘書課の玄関前にて。


オートレース選手会浜松支部は今後も社会福祉活動につとめてまいります。
皆さまの応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 15:27 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする