2021年01月19日

川口「市営 第11回2節」場外発売・最終日のようす


川口オートにて繰り広げられました「市営 第11回2節」、最終12R「優勝戦」は
大波乱の展開に。まず1度目の発走にて2枠・横田翔紀選手(伊勢崎)、
3枠・石川哲也選手(伊勢崎)、4枠・野本佳章選手(伊勢崎)、そして
5枠・山田真弘選手(川口)の伊勢崎新人3車+川口1車が同時にフライングを
喫してしまい、再発走となるも、2度目の発走時には浜松新人、
1枠・米里崇徳選手がフライングに。時間経過とともにタイヤが冷えていく
状況の中、3度目の発走は正常スタート。しかしファーストコーナー旋回時、
1枠の米里選手がスリップを起こして5枠・山田選手へ内側から接触、
両車ともに落車となり、レースは続行し6車での展開に。



さらに道中、先頭争いを続けていた伊勢崎新人の両車、野本佳章選手と
横田翔紀選手が接触。落車は免れるもののコースをアウトへ外し、
その隙をついて6枠・牧野貴博選手(川口)が先頭へ浮上。



レースはそのまま牧野選手が先頭を守り抜いてゴールイン。
今節の優勝を成し遂げました。
なお、レース後に審議がかかり、野本選手は横田選手を内側から横圧し
その進路を妨害したとして反妨失格と判定されました。


明日1/20(水)からは飯塚ナイター「GT開設64周年記念レース」の
場外発売を5日間かけて実施します。
開門は変更され13:00予定となっています、どうぞお間違えなく!


posted by ブンブンボーイ at 16:56 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする