2021年10月29日

山陽「第2回アンカー・オフィス杯」場外発売・4日目 最終日のようす


秋晴れの良走路のもとで競われました、山陽オートは「第2回アンカー・オフィス杯
〜みんなの想いをゴールまでバトンでつなぐ〜」・シリーズ4日目。
浜松オートでは場外発売を実施、最終12Rに7車立てでの
「優勝戦」が繰り広げられました。


浜松からただ一人、優出を果たしました佐藤大地選手が2枠ゼロハンから出場。
0.08という抜群のスタートで主導権を握った大地選手は、そのまま渾身の走りで
6周回を逃げきりゴールイン!デビュー通算2回目となる優勝を成し遂げました☆


凱旋した大地選手を出迎えたのは、同期の深谷俊太選手と、親方である
浅野浩幸選手。デビュー初優勝は「浜松アーリーレース」でしたが、
2度目となる今回は親方の見守る中での嬉しい優勝となりました。


「これからも一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします!」
佐藤大地選手、山陽「第2回アンカー・オフィス杯」、
優勝おめでとうございました☆


明日からの浜松オートは川口デーレースの場外発売を実施します。
どうぞお楽しみに♪


posted by ブンブンボーイ at 17:52 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする