2022年04月30日

川口「SG第41回オールスター・オートレース」場外発売・5日目のようす


いよいよゴールデンウィークに突入しボルテージも上昇気流。浜松オートは
川口「SG 第41回オールスター・オートレース」の場外発売・5日目を実施、
5日目と聞くと最終日を連想してしまいがちですが、今回のSGは初の試み、
6日間開催ということで本日が8周回の「準決勝戦」日となりました。
浜松オート場内のお客様も固唾を呑んでセミファイナルの行方を見守りました。


第9R「準決勝戦」、
1着4枠・加賀谷建明選手(川口)、2着7枠・早川清太郎選手(伊勢崎)


第10R「準決勝戦」、
1着8枠・永井大介選手(川口)、2着5枠・篠原 睦選手(飯塚)


第11R「準決勝戦」、
1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着5枠・有吉辰也選手(飯塚)


そして12Rにまさかの大波乱。道中第3〜4コーナーにて、インから3車抜きを
はかろうとした本命の8枠・青山周平選手(伊勢崎)が、外側を走行する
7枠・佐藤貴也選手(浜松)と接触。貴也選手は他落を被り、連なるように
3枠・佐藤摩弥選手(川口)、6枠・黒川京介選手(川口)と多重他落が発生。
その後もレースは続行されましたが別の箇所で1枠・田村治郎選手(伊勢崎)が
4枠・浦田信輔選手(飯塚)を内側から横圧し進行を妨げたとして審議がかかり、
青山選手、田村選手がともに反則失格の判定に。


青山選手の失格により順位は繰り上がり、
1着5枠・丹村飛竜選手(山陽)、2着2枠・高宗良次選手(飯塚)。
3連単が83万円を超える驚愕の高額配当となりました。



川口SG5日目・全レースの終了後、管理地区の検車場にて
記者団が見守るなか優勝戦の「公開枠番選択会」が中継されました。

「準決勝戦」1着選手4名のうち、ポイント上位者から順に好きな枠番を
選ぶことができ、次いで2着選手4名も同様に、ポイント上位者から
残りの枠番を選んでいったところ・・・
ポイント上位者から順に全て内枠を選択し、1・2・3・4枠、5・6・7・8枠と選択。


明日5/1()の最終12R「優勝戦」はご覧の枠番にて
オートレース最長の10周戦・0mOPが繰り広げられます。
(敬称略)

1枠・永井大介(川口)、2枠・鈴木圭一郎(浜松)
3枠・加賀谷建明(川口)、4枠・丹村飛竜(山陽)
5枠・有吉辰也(飯塚)、6枠・篠原 睦(飯塚)
7枠・早川清太郎(伊勢崎)、8枠・高宗良次(飯塚)

熱戦にご期待下さい!


posted by ブンブンボーイ at 18:32 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする