2022年11月28日

浜松オート深夜便 〜GUメモリアル準決勝戦前夜〜


写真:19時45分頃の選手ロッカー入口。朝の記事から12時間が過ぎました。
浜松は日中よりも勢いを増して雨が降り続いています。
ロッカーの使用は20時までと整備時間が限られています。

これまで団体戦を繰り広げてまいりました「チャリロト杯GUオートレースメモリアル」、
シリーズ4日目はまさにプラチナカード、各6地区選手ごとの今節成績上位8名による
ナンバーワン決定戦とも言える「準決勝戦」が繰り広げられます。
各地区1着選手6名は「優勝戦」進出、そして各地区2着選手6名の中から
平均得点上位2名が「優勝戦」進出となり、かならず「優勝戦」には
全国オートレース場の所属選手が進出することになります。













もしも今回の「GUオートレースメモリアル」の5日間レース形式を
「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」で実施しようものなら、
各地区のランク上位選手で結成されるために”最強団体戦”、
そして「準決勝戦」はまるで「優勝戦」が6つあるような特大ボリュームとなりそうです。

船橋オートのラストレース、「特別GT共同通信社杯プレミアムカップ」の忘れもしない
特別企画、「全準決勝戦・枠番選択」。予選の成績上位選手32名が順番に
第9〜12R「準決勝戦」のうち、どのレースのどの枠番に付くかを選択するという
最初で最後の企画が行なわれました。
今回GUの「準決勝戦」6本の番組を見て、あの時の最強選手32名が船橋オートの
ラストレースにその名を刻みたいと、時間をかけて枠番を選んでいく様子が
思い出されました。皆さまの応援をよろしくお願いします!

posted by ブンブンボーイ at 19:49 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする