2007年11月30日

 チームワークの結晶!魅力のセアマシン


全レース終了後。ロッカー内加工室にて、たったひとりで競走車のボルトを締める選手の姿が。「これでよしっ!」と満足の笑みを浮かべていたのは中村孔一選手(12期)。
新しい予備車ですか?とたずねてみると、なんとこのマシンは
展示用として飾ってくださる工場へ差し上げるためのディスプレイ車なのだそうです!
中村選手:「近々浜松オートレース場の近所にひさやさんっていう自動車整備工場が新しく始まるそうで、オートレース好きの関係者さんが応援&宣伝も兼ねて、競走車を展示してくれるというので、使わなくなったパーツを寄せ集めて一台作ったんだよ。
なかなか一式をそろえるのは大変でね、浜松オートだけじゃ揃わないから、他地区遠征へ出かけた時に、みんなにお願いして使わなくなったパーツをもらったり。ちなみにエンジンは榑ちゃん(榑林敏郎選手)の部屋にあった立石勝彦選手(引退)のものを使っています。パーツ集めも組み立ても、いろんな人に手伝ってもらってようやく完成できたからね、まさにチームワークの結晶なんです♪」
「パーツの中には自分が今使っているものよりもイイのがあるなァ」と、
ちょっと羨ましそうにパーツを見つめながらも、満足のできばえににっこりの中村選手。

ディスプレイ車を見かけたのがキッカケで
オートレースに興味をもって下さる方がいらしてくれたら嬉しい限りです☆

posted by ブンブンボーイ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック