2012年08月08日

続々と決定! 「曳馬野賞 第36回 静岡新聞社杯」優勝戦進出ライダー



本日第5R&第10〜12Rは天下分け目の「準決勝戦」。上位1・2着の選手が
明日の第12R「優勝戦」へとコマを進めてまいります。
※第5R「ランチアタック準決勝B」は前記事を参照


第10R、1着2枠・今田真輔選手(浜松・29期)、2着4枠・高林 亮選手(飯塚・27期)
今田選手:「あぁ良かった良かった!(笑)33タイヤを使って滑りなし、試走も問題なし!エンジンは初日からそのままで、多分明日もそのままです。上がりタイムは出ました?.431?はえー(笑)それにしても滑らないのがいいね、最終周回は大型ビジョンをちらっと見て、後ろは誰が来てるんだろう、って思ってましたもの。スタートは・・まぁね、一瞬外側の静二さん(鈴木静二選手)に行かれて「やべ!」と思ったけど、ノビ返すことができて…上できでしょう。優勝戦に乗れたのですから。タイヤに安心感があります。明日は優勝目指して頑張ります。」
高林選手:今節はヘッドを変えて、エンジンは軽くなった感じです。レースでは今田君と比べたら立ち上がりに離される感じでしたが、これもエンジンの軽さからかな、と。トルク感ですね。明日はヘッド回りを調整します。今日のタイヤは初めて使う51。悪くないですね。タイヤは今日のか、33を持っているのですが…地元GIのダイヤモンドレースが近くにあるので、明日はどちらかを使います。スタートはもともと早くないので、優勝戦は番組がどうなるかまだ分かりませんが、同ハンに食われないように頑張ります。」


第11R、1着8枠・金子大輔選手(浜松・29期)、2着6枠・森 且行選手(川口・25期)
金子選手:「今日はキャブと電気をやって、まぁレース前から良かったので。今日は気になるところは、特に何も。久々に気持ちよく乗れました。流れ込みが出てくれて、試走から突っ込んでいけました。ただ、明日はまた違う気候になると思うので・・。タイヤはこの29で良いです。明日もこのままで。もう出し惜しみなんてしてられないから、最近の分を取り返さないといけませんね。ここ最近の中では、今日のエンジンは間違いなく一番良いです。スタートについては、そうですね…朝練習では良いのですが、レースになるとちょっと下がる感じなので、明日に向けてはクラッチ回りを見てまた練習します。」
森選手:「初日に感じたドドドはフロントのタイヤを変えて良くなりました。エンジンは今日、キャブのセッティングを大幅に変えて、乗りやすさは上がっています。これまで浜松でのレースはエンジン不安定なことが多かったのですが、最近の浜松の中では今日が一番合っていると思います。タイヤは今日当てたばかりの38を使いました。レース後半にちょっと滑りましたね。33タイヤも持ってきているのですが、ちょっと低いので…今日のままでいくか、こちらを使うか…まぁ今日の38を使うと思います。エンジンについては、キャブ調整の延長を。浜松走路はなぜか3・4コーナーで立ち上がりが決まらないことが多いです。スタートは飛び出しこそ良くないですが、それからクルマが走っていく感じはあります。あと、大時計のスタートタイミングがどうも自分の感覚と合わなくて…気持ち、早めに切っていかないとダメでしょうね。」


第12R、1着7枠・笠木美孝選手(浜松・22期)、2着8枠・伊藤信夫選手(浜松・24期)
笠木選手:「昨日はノビ不足を感じ、キャブとバネのセッティングを扱ったところ、今日はエンジンが良くなったと思います。そこそこ乗りやすかったので、特別気になったところはありません。明日はさらにノビを出すためにセッティングを。タイヤに関しても、グリップを開けられないほどのスベリはありません。今日使っていった16タイヤは過去に遠征で使って実績を残しているので、そこそこ使えると思います。明日に向けてはこの16も含めて、どれを使うか考え中です。スタートは、今日の並びでも先に行けるので、普通にはきれていると思いますよ。」
信夫選手はすぐさま走路へと駆け出していきコメントは得られませんでした。

8/9(木) 第12R「優勝戦」メンバー 3100m・6周回
名前 所属 ハンデ
馬場雄二 浜松 0
今田真輔 浜松 10
高林 亮 飯塚 10
笠木美孝 浜松 20
森 且行 川口 20
伊藤信夫 浜松 20
荒尾 聡 飯塚 20
金子大輔 浜松 20

CS放送にて「特観席はどこですか」というご質問
FAXがありました。特観席の入り口は
メインスタンド東側の3階、当たり焼きそば屋さんの
真上に入口があります。毎日3R終了後に
まだ空席がある場合、会員以外の方も
場内インフォメーションにて指定席券を購入でき
現在特観席を利用できます。詳しくはこちらにて

明日8/9(木)の最終第12R「優勝戦」はご覧のメンバーで競われます。
熱戦にご期待ください!
「オートレースネットスタジアム」はこちら


本日落車を喫して病院での検査を受けた谷口武彦選手&山本佳幸選手が
ロッカーへと戻ってまいりました。どちらも骨折の箇所は見られないとのことで、
各所打撲と診断、どちらも湿布を貼っております。

なお、明日のシリーズ最終日は
池田光道選手が罰則休、谷口武彦選手も罰則休、山本佳幸選手は身体の痛みが残っている
とのことで、大事をとるためにそれぞれ休場となります。
補充選手としてまず小林頼介選手が決定しております。
新しい情報が入り次第お伝えしてまいります。

posted by ブンブンボーイ at 17:13 | 静岡 ☀ | 開催回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

続々と決定!「第46回中日スポーツ杯」優勝戦進出ライダー



本日第5・9Rは「準決勝B」、第10〜12Rは「準決勝A」。
準決勝Bは1着選手、準決勝Aは1・2着の選手が
明日の第12R「優勝戦」へとコマを進めてまいります。
※第5R「ランチアタック準決勝B」は前記事を参照


第9R、1番手通過の6枠・中野光公選手に道中審議がかかるも失格にはいたらず。
1着6枠・中野光公選手(伊勢崎・25期)、2着1枠・奥川裕司選手(浜松・19期)
中野選手:「エンジンは前回出場した地元伊勢崎ナイターから感じがよく、今回の浜松遠征も初日だけがイマイチで、昨日(2日目)から良さが出ています。今日の朝練習は昨日のエンジンのままで出ましたが、朝から照っていたわりには乗り味が良かったので、走路は照ってくれたほうが今のエンジンに合ってるかもしれませんね。タイヤは今日初めて使った42。朝練習で42をはめて多少のドドドを感じましたが調整をしてハネはなくなりました。明日に向けてはエンジンはこのままで。今のところ優勝戦は下平さんが0mで自分が10mでしょうかね。早めに先頭へ抜け出す展開さえ作ればペースがあがると思います。タイヤはどれにしようかな・・今日の初42、昨日使った03、そして船橋遠征で良かったもう一つの03・・この3つの中から決めたいと思います。」


第10R、1着7枠・笠木美孝選手(浜松・22期)、2着3枠・鈴木辰己選手(浜松・13期)
辰己選手:「こんな熱走路の天候になってもエンジン状態は良いですね。クランクを換えて乗りやすくなりました。自分の走りたいところに車体が向く感じで、最終的には笠木君に抜かれてしまいましたが、”序盤で早めに頭に立ちたい”というイメージ通りにはなりました。タイヤについても今日使用した07は、そんなに気になるところもないし、昨日の13タイヤも良かったし、明日に向けてはこの2つのうちどちらかを選ぶことにします。エンジンも微調整程度でのぞみます。」
笠木選手はコメントを得られませんでした。


ここでお知らせ。第11R「準決勝A」の試走時、3枠10線・西川頼臣選手(浜松・26期)の
キャブレターまわりに違和感が生じ、数分間の点検が認められましたが現状が回復されずに
タイムアップをむかえ、あえなく西川選手は欠車となってしまいました。
なお、本日第11Rは7車立てにて競われ、3枠にまつわる購入車券は全額返還となります。
どうぞご了承ください。


第11R、1着6枠・松山茂靖選手(浜松・26期)、2着1枠・馬場雄二選手(浜松・21期)
松山選手:「今のエンジンは走路が照ってくれたほうが全然良いみたいです。昨日みたく曇り空のレースだとエンジンが重たくなってしまいました。でも昨日の夕方練習で曇りでのセッティングも見つけて、悪くなかったので、明日は天候に合わせたセッティングでのぞみます。タイヤは38、まだ2走目なので大丈夫です。スタートも出ていけました。」
馬場選手:「カム交換が効いたんだろうねー。昨日のエンジンは重たくて・荒くてで良いところが全然ナシ。そこでカム交換をしたところ、荒さが消えて上積みはできたと思います。直線の勢いはあったかな。まぁ単独で走っていたシーンが多かったので他と比べることはできませんが。逆に止まりの感じは、昨日よりは良くなっているとはいえ、まだ改善の必要があります。もうひと調整ですね。そこが良くなってくれれば、イメージ的にはもう少し強く突っ込みたいです。早めに逃げの態勢になれば良いですけど。今日使用した16タイヤは、初日の雨走路でおろしたタイヤです。昨日の42タイヤは跳ねてしまうので、この16を彫って明日も使います。」


第12R、1着4枠・山浦博幸選手(浜松・29期)、2着2枠・今田真輔選手(浜松・29期)
山浦選手:「エンジンは何もやってないっスよ♪昨日の”まんま”です。今のエンジンで気にっているところは、ノビかなぁ。逆にもっと欲しいところ、ですか?いや、これ以上欲をかかなくていいス。願うのは、今の状態がずっと続けばねー、って(笑)今日は33タイヤをはいて行きましたが、もうかなりイってますよ。ほぼ限界。でもまだ33がありますからね。今日の33は厳しいけど、もうひとつの33はまだ走れるタイヤです。明日も今日のような走りができたらよいですね。」
今田選手:「エンジンは昨日、バルブ調整をしました。試走では1枠のツトムさん(斎藤 努選手)を抜いてしまったのでノビが出たんだなと思ってましたし、間中さん(間中大輔選手)が最初の発走でフライングをきったことで(これは先に出ないと)と気持ちが締まりました。明日に向けては、前々からやりたいと思っていたカム交換をやろうかな、と。今日のリアタイヤは51でしたが、明日は優勝戦ですからね、勝負の33を使おうと思います。あとは、フロント部がちょっと滑っていたので、これからフロントタイヤの調整をしていきます。」

7/10(火) 第12R「優勝戦」メンバー 3100m・6周回
名前 所属 ハンデ
下平佳輝 浜松 0
馬場雄二 浜松 0
今田真輔 浜松 10
鈴木辰己 浜松 10
中野光公 伊勢崎 10
山浦博幸 浜松 10
松山茂靖 浜松 20
笠木美孝 浜松 20

山浦選手の良き兄貴分である柴田紘志選手が
ロッカーに帰ってきた山浦選手を祝福しておりました。
「いや〜プロは違いますなぁ!今田君のインコースを
バックストレッチからこう、ズバァァっと!」
「やだなぁ〜、茶化さないでくださいよぉ(照)」
ロッカー仲間もみんな笑顔、二人は大の仲良しなのです♪

明日7/10(火)の最終第12R「優勝戦」はご覧のメンバーで競われます。
熱戦にご期待ください!
「オートレースネットスタジアム」はこちら


浜松オートレース場からのお知らせです。

posted by ブンブンボーイ at 17:44 | 静岡 ☀ | 開催回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

続々と決定! 「GI ゴールデンレース」・優勝戦進出ライダー 

第9〜12Rは天下分け目の「準決勝戦」。
上位1・2着の選手が明日の第12R、8周回「優勝戦」へとコマを進めてまいります。


第9R、1着7枠・東小野正道選手(飯塚・25期)、2着2枠・山浦博幸選手(浜松・29期)


写真:「33タイヤをいっぱい持ってるので…」という山浦選手のコメントに、
 「ムム!?」と顔を合わせる東小野選手。
東小野選手:「嬉しいのと疲れたのが半々です。浜松の走路は空回りするので、しないように気を付けてスタート行きました。レースではエンジンもタイヤも良く反応してくれましたね。でも逃げは得意ではないので、(早く先頭にたってしまったな)と思っていました。これまでやったことのないセットと・・あとはタイヤが一番の勝因でしょうね。でも明日も同じタイヤを使うかはこれから考えます。明日はリラックスしてのぞみたいと思います。」
山浦選手:「すごく疲れました。とりあえず独走して先頭に立ちたかったのですが、うしろからすぐにエンジン音が聞こえたので、ドキドキしながら・・疲れました。エンジンは最高・超抜だと思うので、このままエンジンは扱わずに明日にのぞみます。33タイヤは結構自分は持っているので、どれを選ぶかこれから考えます。明日は8周逃げ切れるように頑張ります。」


第10R、1着8枠・金子大輔選手(浜松・29期)、2着3枠・満村陽司選手(山陽・26期)


左から、金子選手、満村選手。
金子選手:「疲れました。今シリーズはスタート空回りしやすい走路だったので、これまでは空回りしないように注意してスタートしました。昨日くらいからエンジンの感じが良くなくて、今日もレース前にずっとエンジン扱っていたのですが、まだ思うようにいっていないので、これからも整備します。タイヤは今日ので行くと思います。今回はタケシさん(木村武之選手)がいないので、タケシさんの分まで走りたいと思います。」
満村選手:「キツかったです。スタートは自分なりには行けました。エンジンも良いです。気になるところもありませんね。優勝戦はこのままのエンジンで行きます。タイヤも今日ので行きます。明日は雨かもしれませんが、一生懸命がんばりますので、レース場へ足を運んでください。」


第11R、1着8枠・中村雅人選手(船橋・28期)、2着4枠・西原智昭選手(船橋・28期)


船橋28期ライダーのワンツー。左から、中村選手、西原選手。
中村選手:「嬉しいです。今節スタートは普通だったりきれたりと、バラつきがあります。レースは落ち着いて走りました。エンジンはちょっと軽かったですが、ノビがあったので、良かったです。浜松の気候にはもうちょいですね。タイヤは昨日と同じままなのですが、明日も今日のでいきたいと思います。明日は優勝をとれるように頑張ります。」
西原選手:「嬉しいですけど、ちょっとくやしいです(苦笑)エンジンは安定していますが、流れ込みがなくて、ペースが上がらないので、やられちゃうと思うのですが、ヘッド交換したことは正解だと思います。スタートは遅れてもチェンジを入れるとノビるので、良いですね。33タイヤが今日使ったやつしかないので、あとはこのタイヤを信頼して、エンジンを良くしていきたいです。(最後に中村選手に並ばれた時は)「あ、ピンクか」と思いました(一同笑)明日も一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします。」


第12R、1着3枠・山田達也選手(川口・28期)、2着6枠・佐々木啓選手(山陽・23期)


左から、山田選手、佐々木選手。
山田選手:「疲れました。スタートは自分の中ではきれたと思います。今節のスタートはちょっとタイミングが全然攻められなくて遅れてばかりでしたが、今日は自分の中では最高にきれました。エンジンは試走から手ごたえがありました。タイヤもすごく良くて、あとは人間ですね。レースの後半はもう疲れちゃって。明日が晴れるなら今日使った33タイヤを使おうと思います。4周目までは気持ちよく乗れてました。明日は天気がまだ分かりませんが、晴れでも雨でも一生懸命がんばります。」
佐々木選手:「疲れました。今日は昨日よりは良かったです。今日はタイヤも良かったので。今日使った38タイヤが持っている中では良いです。スタートはタイミングが自分の中で自信がなくて。浜松のGIはこれまでに結果が出てるので…今回も何とか優勝戦に乗れたので、この勢いで明日も頑張ります。」

6/3() 第12R「優勝戦」メンバー
名前 所属 ハンデ
山浦博幸 浜松 0
満村陽司 山陽 10
山田達也 川口 10
西原智昭 船橋 10
佐々木啓 山陽 10
東小野正道 飯塚 10
金子大輔 浜松 10
中村雅人 船橋 10

実はおりちゃん、「もう、おりのことは忘れられて、
みんなから「誰?」ってなってると思う…」と、
最初は緊張していました。 ところがどっこい、
フタを開ければご覧の通り!たくさんのファンに
迎えられ、プレゼントを貰えて、おりちゃんは
「ありがとう、ありがとう!」と
感謝の言葉が絶えませんでした☆
おりちゃんは明日も来場、応援よろしくお願いします♪
明日6/3()の最終第12R・8周回「優勝戦」はご覧のメンバーで競われます。
熱戦にご期待ください!
「オートレースネットスタジアム」はこちら


posted by ブンブンボーイ at 18:13 | 開催回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

続々と決定! 「ハーレーダビッドソン浜松杯」 優勝戦進出ライダー



第5・10~12Rは天下分け目の「準決勝戦」。上位1・2着の選手が
明日の第12R「優勝戦」へとコマを進めてまいります。


第5R「ランチアタック準決勝戦」、
1着5枠・鈴木将光選手(船橋・27期)、2着6枠・新井恵匠選手(船橋・30期)
将光選手:「エンジンは昨日の夕方練習で良い感じだったのでそのままです。タイヤを38番の勝負タイヤでのぞみました。レースではアウトコースを走るとすべり気味だったので、インコースに”決め打ち”して走りました。多少すべり気味だったところは、タイヤによるものか、セッティングによるものかは分かりません。でも今日はお昼の5R出場でしたし、明日は12Rなのでエンジンは基本このままでいきます。やるとしてもリング交換程度で。タイヤも今日のと同じものでいきます。」
新井選手:「先日の2日目もエンジン悪くはないのですが、次回は地元船橋GI黒潮杯もあるし、もっといいところがあると思ってキャブ・電気位置・ざがねを扱ったところ、試走では立ち上がりに滑ってしまいヤバイと思いましたが、道中でエンジンが回転しだしてからは食いついてくれたので良かったです。明日に向けてエンジンは微調整をしながら練習で走ってみます。タイヤはレースで実績のある33番の勝負タイヤを使います。スタートは切れてますね、ウィリーしないように体重をかけるなど、いろいろスタート改革をしているところです。」


第10R、1着8枠・片平 巧選手(船橋・19期)、2着2枠・浅野浩幸選手(浜松・25期)
片平選手:「セッティングをちょっとやって昨日よりは良くなりましたが、まだ立ち上がりが決まってきません。タイヤの接地感がなくて。そんなあせりもあってか、早め早めの攻め込みになってしまいました。もっと余裕をもって攻めたかったのですが。明日に向けては、今日の状態からさらに調整を進めたいと思います。前回伊勢崎SGのひどさから、まだふっきれていません(苦笑)ここで優勝ができたら気持ちも変われる・・かな?(笑)地元のGIもありますからね。」
浅野選手:「昨日から電気を扱ったところ良い方向にいったみたいで、今日のエンジンのほうが乗り味が自分向きになったと思います。”自分の持っているものを出せそうだ”と思いました。あとはタイムが欲しいですね。片平さんに抜かれているので・・でもエンジンはもういじらずに、タイヤ選びだけで明日にのぞもうと思います。3走くらい使った、勝負タイヤ・33の使用を視野に入れても良いかな、と。自分は逃げの展開になると思うし、早あけできますから。」


第11R、1着8枠・木村武之選手(浜松・26期)、2着7枠・仲口武志選手(船橋・24期)
木村選手:「ヘッドを扱う仕事をして俄然良くなりましたね。これまで使ってたものも今のも両方良い動きを見せてくれます。まぁ、まだ最高潮だった時の感覚には及びませんが。地元セットの方向性は一緒です。これからちょっとだけ調整を扱って練習に行こうかなと。ちょっとリアタイヤがゴツゴツして外に流れ気味なんですよね。ですが今後のスケジュールを考えると、30番台のタイヤは使うつもりはないので、それ以外の別の新品タイヤを当たり付けするかも。」
仲口選手:「試走は風の影響を受けてか、あまり出なかったです。ちょっとスベり気味だったし…全体的な力がほしいです。風負けしたから…。今日はセットが違っているように感じたので、明日は逆方向でいきます。スタートはまぁまぁです。タイヤは新しいのを当てるつもりはないので、これまでレースに使ってきたものの中から選びます。(準決勝戦に乗れなかった青山周平選手の分まで頑張ったのでしょうか、という記者の問いに、下を向いて)そんなんじゃないですよ…(照)自分だけでイッパイイッパイですから。」


第12R、1着4枠・落合 淳選手(船橋・29期)、2着8枠・金子大輔選手(浜松・29期)
落合選手:「今年初優出で嬉しいです。車は晴れでは厳しいと思っていましたが、キャブと電気位置を扱って、試走からそこそこの手ごたえがありました。浜松の新走路も3回目で、結構乗りやすいと思っていますし、今日も車&走路ともにレースがしやすかったです。タイヤは二日目のものと同じでしたが、滑りが少しあるものの、良いほうだと思います。気になるのはフロントの滑りですね。明日に向けてフロントタイヤを検討して、フォーク周りも点検からはじめます。エンジン整備についてはこの後レースVTRを見てから考えます。スタートは練習よりもレースの方が切れている感じです。」
金子選手:「昨日はブチ走路で走路状況が違うので、今日は何も扱わずそのままいってみました。序盤好位置に付けられたのはただ展開が良かっただけで、エンジンは鈍くて手前が弱く、道中進んでいきませんでした。結局、まだ合ってないということでしょうね…。明日へはそのあたりセッティングで追っていく予定です。タイヤも今日のを含めて考えます。」

5/5() 第12R「優勝戦」メンバー
名前 所属 ハンデ
浅野浩幸 浜松 0
落合 淳 船橋 10
鈴木将光 船橋 10
新井恵匠 船橋 20
仲口武志 船橋 20
片平 巧 船橋 20
木村武之 浜松 20
金子大輔 浜松 20

今節第5Rの試走時に実施している、
選手によるハーレーの先導運転。
本日は城山英文選手(浜松・22期)が
担当することとなりました。
明日5/5()の最終第12R・「優勝戦」はご覧のメンバーで競われます。
熱戦にご期待ください!
「オートレースネットスタジアム」はこちら

posted by ブンブンボーイ at 19:51 | 開催回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

続々と決定!「第30回中日新聞東海本社杯」 優勝戦進出ライダー

本日第5&10〜12Rは天下分け目の「準決勝戦」。
上位1・2着の選手が明日の第12R「優勝戦」へとコマを進めてまいります。
※第5Rは前記事をご覧ください


第10R、1着4枠・齋藤正悟選手(浜松・24期)、2着5枠・森谷隼人選手(船橋・29期)
正悟選手:「先頭に立ってからは(いつ後ろがやって来るか)と思って「いつ?いつ?」とつぶやきながら走っていましたが(笑)、まさかこんなに余裕の1着だったとは…。今日に関してはとにかく、07番のタイヤが良かったように思えます。立ち上がりが食いつくし、そして伸びていく。エンジンは晴れのままの状態です。今回はずっと微調整程度できているのですが、安定しています。晴れでは止まりの悪さがあるし、今節の後は遠征が続くので、リング交換をするかも知れません。晴れのタイヤは二日目のもので。」
森谷選手:「今回スタートがカラ回りしがちだったので慎重にいきましたが、うまく切れました。タイヤも良かったのですが、エンジンの具合は朝練習で重さがあったので、バネ回りを調整してみたものの、それほど解消はされていませんでした。明日へは電気位置とカムを扱って重さ解消を目指したいです。乗りやすさももう少し欲しいですね。タイヤは二日目のものが良かったのでそれを使います。明日は晴れるようなので、スタート練習を多めにやって、優勝戦は全開で切りたいです。」


第11R、1着8枠・金子大輔選手(浜松・29期)、2着6枠・淺田真吾選手(浜松・28期)
金子選手:「調整に出していた元のヘッドが戻ってきたので、昨日のレース後に乗せ換えたのですが、やはり動きが違いますね。セッティングは晴れのままで行きました。まだ現状態を良走路で乗っていないのでなんとも言えませんが、今日の雨を乗った限りでは、もう少し乗りやすさがあるといなと感じています。優勝戦への調整は明日の朝練習後にエンジンをかけながら考えます。タイヤはたぶん、新しく当てると思います。」
淺田選手:「序盤でダイスケ(金子大輔選手)に叩かれたのが痛かったですが、エンジンはいつもの地元の雨と同じレベルの動きはありました。試走でフロントが逃げる感じだったのでレースでは内々と意識して乗りました。今日の調整はキャブだけです。今回晴れではリアのゴツゴツ感が続いているので、明日に向けては跳ねないタイヤを探して、フレームバックの点検を。エンジン面ではキャブを戻して、手前の弱さがあるのでバネ調整をしていきます。」


第12R、1度目の発走で8枠・高橋 貢選手(伊勢崎・22期)がまさかのフライングを喫し優出失権に。
再発走は正常、レースの結果1着8枠・高橋 貢選手、2着6枠・佐藤貴也選手(浜松・29期)、
3着7枠・松尾啓史選手(山陽・26期)となりましたが、権利は繰り上がって
佐藤貴也選手・松尾啓史選手が優出となりました。
貴也選手:「とりあえず今言えるのは…自分はマクリがヘタですね(笑)。混戦は大変でしたが、なんとか自分向けの展開にはなりました。車は二日目のレースの後にピストンを交換して上積みを感じ、試走から乗り味が良かったです。明日も基本はこのままでいきます。今日使った雨タイヤ(13番)も良かったですが、晴れのタイヤは明日の練習で当てていきます。久々に優出できて嬉しいです、これを浮上のキッカケにしたいです。」
松尾選手:「スタートは・・練習時に大きくカラ回りさせてしまってるので、どうしても慎重になってしまいます。車はヘッド周りを扱って、朝練習でまあまあの動きだったので、レース前にキャブを扱ってぶっつけで出てみました。キャブに関しては失敗だったかも知れません。さらに、タイヤは雨でもドドドが出てしまって。今回晴れでは一時期に比べてエンジン自体落ちている感じがあるので、セッティングを大きめに扱ってみようと思います。今後ビッグレース続きでもあるので、ここらでリング交換も。タイヤは他場で良かったものを試してみますけど、跳ねるようならば今節2日目のものでいきます。」

 4/15() 第12R「優勝戦」メンバー
名前 所属 ハンデ
齋藤正悟 浜松 0
阿部仁志 飯塚 10
森谷隼人 船橋 10
淺田真吾 浜松 10
佐藤貴也 浜松 10
松尾啓史 山陽 10
木村武之 浜松 10
金子大輔 浜松 10

本日特別企画、「新人選手紹介トーク」より、
第11R発売中に行われました船橋コンビ・
古木 賢選手&平塚雅樹選手の
お客様へのご挨拶を動画でお送りします♪
明日4/15()の最終第12R・「優勝戦」はご覧のメンバーで競われます。
熱戦にご期待ください!
「オートレースネットスタジアム」はこちら

posted by ブンブンボーイ at 20:16 | 開催回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする