2018年05月14日

GIゴールデンレース 優勝戦〜表彰式のようす


お待たせしました、5/13()に繰り広げられました
「遠鉄グリーンカップ GI 開場62周年記念ゴールデンレース」の最終12R「優勝戦」、
および表彰式を振り返ります。

まずはスタート〜ファーストコーナー展開、天候はどしゃ降りで雨水が路面に浮くほどの
湿走路の中、ゼロハン2車&10線6車という陣形から10線最内のポジションを手に入れた
3枠・岩科鮮太選手(浜松)が、アウトコースを開けて走る1枠・岩沼靖郎選手(伊勢崎)&
2枠・春本綾斗選手(山陽)の懐へと差し込み、一気に首位へ。


レース序盤、雨が一旦弱まってきたかと思いきや、中盤から終盤にかけて再びさらに強く降りだす。
ファーストコーナー旋回で先頭を手に入れた鮮太選手は周回ごとに車間を広げていく快走を披露、
2&3着争いは4枠・笠木美孝選手(浜松)、5枠・木村武之選手(浜松)、そして
1枠・岩沼選手の3選手に絞られていくが、レース中盤から笠木選手が徐々に失速。


周囲がはっきり見えないほどの雨量となった最終周回、鮮太選手が初のGI 「優勝戦」で
大雨を味方につけてぶっちぎりの1着チェッカーを受け、地元浜松の開場記念レースを制しました。

  
優勝戦を終えても雨の止む気配がなかったため、勝利の証・ウィニングランは
あえなく中止となりました。

管理棟前にて競走車を降り、レーシングスタッフが運転する自動車へと乗り換えて
大時計前の解放フェンスへ移動、そこから徒歩でイベントプラザへ向かう流れとなりましたが・・・
管理棟前に凱旋した鮮太選手へ、「センタ!ついにやったなぁ!」と
真っ先に祝福に現れたのは、なんと鮮太選手がかつての飯塚オート所属時代の師匠、
浦田信輔選手でした。浦田選手は愛弟子・鮮太選手が優勝戦出場を決めたことから
最終レースを見届けるまでずっとロッカーに残っていたのでした。


師匠の目の前でGIタイトルを獲得してみせた鮮太選手へ、同29期の仲間たちも
「良かったね!」、「おめでとう!」と祝福に駆け付けました。
左うしろから、今田真輔選手(浜松)・森村 亮選手(伊勢崎)・岩見貴史選手(飯塚)・
青木治親選手(川口)・関口隆広選手(浜松)・平田雅崇選手(川口)です。



そしてイベントプラザの「GIゴールデンレース 優勝選手表彰式」へ。
浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんより、勝利を讃えるレイがかけられました。


GI優勝の賞金パネルが長田繁喜浜松副市長から岩科鮮太選手へと贈られました。
表彰ステージの背後では浜松市のマスコットキャラ、
出世大名・家康くん&出世法師・直虎ちゃんも健走を祝福してくださいました♪


最後は栄光のシャンパンファイトを皆さんで実施☆

当日の特別ゲスト・「さらば青春の光」さんにも参加していただきました・・が、
事前のトークショーにて「シャンパンファイトは、シャンパンの口を親指でふさいで細めると、
上手に振りまけるそうですよ」と、照沼杏菜さんが手ほどきしてくださったのに、
初のシャンパンファイトで緊張してしまったのでしょう。シャンパンの口をふさがずに
ぶっとい泡がドボドボと(笑)一番上手だったのは、これまでの表彰式で何度も参加し
経験しているASAHIちゃんだったかもしれませんね♪


岩科鮮太選手、初のGIタイトル制覇、おめでとうございました☆

 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 14:55| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

第3回Gamboo杯 優勝回顧録



先日4/18(水)に競われました浜松オート3日間開催・「第3回Gamboo杯」、

最終12R「優勝戦」は4枠40線最内の浜松ライダー・松山茂靖選手が6周回を制し、

久々の地元優勝を成し遂げました。



  

松山選手の凱旋を祝福に出迎えたのは、新井恵匠選手(伊勢崎)をはじめ

高田克重選手、野上史豪選手、片岡信之選手と、そして・・





松山選手の師匠・鈴木辰己選手と、同派閥の新人女子・交川陽子選手が

大喜びで松山選手を祝福♪

辰己選手:「この調子で飯塚「SG オールスターオートレース」もイケるよ!(笑)」

今節、人知れず交川選手は毎日松山選手の整備をお手伝いしていたのでした。



 

今年度より浜松オートでは地元選手が優勝した時のみウィニングランを実施します。

走路外周を回っている間に、大時計前のフェンスが開かれ、優勝選手は大時計前にて

競走車をレーシングスタッフに預けて徒歩で場内のイベントプラザへ移動します。





ウィニングロードに集まって下さったお客さま一人一人の握手に快く応じる松山選手。

そしてイベントプラザにて「公開表彰式」が執り行われると、会場には

「松山選手、おめでとう!」と地元ファンからのアツい声援が贈られました。





日本トーター株式会社 ネットビジネス部 部長、岸森宜忠様より優勝カップが贈られました。

記念撮影では浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんも一緒に♪

「準決勝戦の時にエンジン音があまり良くなかったので、今日はキャブを扱って、

それがうまくいきましたね。いつも自分は雨上がりが良くないので、いつも通りのセッティングでは

今日はだめかなと思い、何かちょっと(微調整を)やっておこうかな、と。あとは

タイヤを滑らせないように、と思って、丁寧に走ろうと心がけました。」

(鈴木辰己選手が「飯塚SGもいけるよ!」と申していましたね、と聞くと)

「いやぁ、分かんないスけどね、何せSGですから(笑)でも良い弾みにはなりましたね、ここまで

良いのは最近無かったので。あとは…交川さん(交川陽子選手)がエンジン整備を手伝ってくれた

おかげでしょうかね!ここ、ブログで書いておいてください(笑)」

(すると交川選手いわく、「いえいえ!私は何も役立っていませんから、、やめてください(照)」)



では最後に、飯塚SGを前に浜松オートファンへ一言おねがいします。

「飯塚SGでも良いところがあるよう頑張ってきますので、応援よろしくおねがいします!」

松山茂靖選手、コメントありがとうございました&優勝おめでとうございました!







※おまけ※

松山選手が公開表彰式を終えて自身のロッカーに戻ってきた時。

最終日まで出場していた今節あっせんの新人選手全員はまだロッカーに残り、

先輩選手の車両の片づけや防具&工具の梱包作業、借りていたロッカーの清掃など、

例えるならば「お引越し」&「大掃除」とも呼べる作業を各所で行っていました。

短期決戦でおおわらわだったロッカー内はタイヤかすや排気カーボンのすす、花粉など

目に見えない塵や微粉でいっぱいです。そんな中、松山選手がロッカーに戻ってきたことに

気付くと、新人選手は一斉に松山選手の元へ集合して

「優勝、おめでとうございました!!」と拍手を贈っておりました。

私は新人選手が集合しましたこの一瞬を逃してなるまい、と、ひらめきで

「すみません、お仕事中のこのままの状態で大丈夫ですから、

松山選手と記念写真を撮らせてください!」と、松山選手を中心に集まって頂いての

記念撮影をさせていただきました。

若手選手には笑顔ながらも、全てのレースが終わった後もほこりや油にまみれた作業が

遅くまで残っている、そんなリアルさが伝わってきます。

松山選手&新人選手の皆さん、片付けの作業中にも関わらず

撮影に応じて下さりありがとうございました☆




posted by ブンブンボーイ at 17:39| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

平成29年 オートレース選手表彰式が執り行われました


2/26(月)、都内某所にて「平成29年 オートレース選手表彰式」が正午より開催されます。
11:30をまわった頃から会場には続々と全国よりオートレースファンが集まってまいりました。


会場には故・平尾昌晃さんを偲び、これまでの平尾さんのオートレース愛を振り返る
特設ブースが設置されていました。


毎回恒例、オートレース競走車・セアの展示ブース。名札には「平尾」の文字が。



公益財団法人JKA会長 笹部俊雄さまのご挨拶にて表彰式がスタート。
「これからも”分かる、当たる、楽しい”をコンセプトとして、魅力ある企画レースの提供、
場外車券売り場の設置、ミッドナイトレースの充実など、より多くのお客さまに楽しんでいただける
オートレースへの取り組みを進めてまいります。」

そして、毎回「オートレース選手表彰式」に参加してくださいました故・平尾昌晃さんの
オートレースへの功績を讃え、今回より特別賞として”平尾昌晃賞”が新たに用意されました。
いよいよ各賞の表彰です。

 
☆平尾昌晃賞:有吉辰也選手(飯塚)、岡谷美由紀選手(浜松)

 
☆優秀新人賞:黒川京介選手(川口)
☆最優秀新人賞:中村杏亮選手(飯塚)


☆優秀選手賞:荒尾 聡選手(飯塚)


☆優秀選手賞:高橋 貢選手(伊勢崎)


☆優秀選手賞:永井大介選手(川口)
(通算勝利1000回記録選手賞とのダブル受賞です)


☆最優秀選手賞:鈴木圭一郎選手(浜松)
(特別賞(10連勝賞)とのダブル受賞です)


表彰選手全員に記念トロフィーが授与され、オートレース関係者&ファンの皆さまのための
「フォトセッション」が行われました。表彰選手の皆さま、おめでとうございました☆


表彰式のあとは選手と全国オートレースファンとの親睦会、「ファン感謝祭」です♪
これまで乾杯の音頭は平尾昌晃さんが行なっていましたが、今回は

全日本オートレース選手会を代表し、選手会長・齋藤 努選手が担当しました。
「ダーウィンの進化論の言葉をお借りしますと、”永い年月を生き残るには、強いものではなく、
変化する環境に順応した者が生き残れる”といいます。私たちも時代に順応しつつ、プロとして
”お客さまに楽しんでもらえること”を日々心がけてレースに取り組んでまいります!」


乾杯の掛け声のあと、選手の方々はステージを降り、お客さまは立食を楽しみました♪


  

「ファン感謝祭」実施時、今回より設けられました”平尾昌晃賞”を改めて紹介し、

故・平尾昌晃さんを偲ぶ献杯が行われました。

初回となった今回の平尾昌晃賞は、大きな事故・けがによる長期欠場から復帰をして

再びSG優勝戦への出場を果たしました有吉辰也選手(飯塚)、そして、

女性選手として3度目の優勝を成し遂げました岡谷美由紀選手(浜松)に選ばれました。

どちらも”一生懸命頑張れば夢が叶う”という希望を私たちに与えて下さった

功績を讃えての受賞となりました。





選手とファンとの親睦イベントとしまして、受賞選手全員が再びステージに上がっての

「お客さまとの全員握手会」を実施。表彰式参加証の色やナンバーによって

いくつかのグループに分け、一列に並んで受賞選手全員と握手を交わしていきました。



  

そして年間のオートレース・「ベストマッチ オブ ザ イヤー2017」は・・・

昨年12/31の川口オート”大みそか決戦”、

『スーパースターフェスタ2017 SG 第32回 スーパースター王座決定戦』 の

最終12R「SS王座決定戦」が選ばれ、見事優勝を成し遂げました

荒尾 聡選手(飯塚)が受賞となりました!おめでとうございました☆









こうして今年の「オートレース選手表彰式」&「ファン感謝祭」も盛大のうちに&あっという間に

エンディングを迎えることになりました。ラストは昨年に引き続き

最優秀選手賞を獲得しました鈴木圭一郎選手が受賞選手を代表し中締めの挨拶を行ないました。



「えー、大変緊張してます、ハイ(笑) 昨年もMVPに選んでいただいて、中締めの挨拶を

したのですけど、昨年以上に緊張していまして・・・大したことは話せませんが、中締めの挨拶を

させて頂きます。

オートレースはやはり、ファンの皆さまがあっての競技で、ファンの皆さまが、

(車券を)買って頂けるからこそ、選手もみんな走らせて頂けています。そのためには

選手一人一人が良いレースをして、ファンの皆さまに”買って頂けるような選手”にならなくては

いけません。自分は・・・そうですね、常に、どんなレースであっても、良いレースをして、お客さまに

少しでも多く買って頂ける選手になろうと思っております。

おとといですね、「(挨拶の言葉を)考えてきて」とJKAの方に言われたのですけど・・・考えれば

考えるほど、何も思いつかなくなって・・・今、この場で思っていることを言っているだけなので、

本当に申し訳ありません。。(会場から「大丈夫だよ!」、「がんばれー!」の歓声と拍手)」





「最後になりますが・・・これだけはファンの皆さまに、伝えたいことがあります。



昨年よりも、今年はオートレースを好きになって下さい。

そして来年は、それ以上にファンの皆さまに、

 オートレースが好きになって頂けるよう、良いレースをしたいと思います。




簡単ではありますが、中締めの挨拶とさせて頂きます。本当にありがとうございました!」



圭一郎選手のメッセージに、お客さまから最高の拍手が沸き起こり、そして・・・

「はい!」、「分かりました!」、という、呼応・OK!の言葉が贈られたのでした。



いつもならば激励・応援の言葉が贈られる中締めのイメージですが、

今年はとても印象的なエンディングとなりました・・♪



受賞選手の皆さま、本当におめでとうございました☆

そしてオートレースを愛して下さる皆さま、今後ともオートレースをよろしくお願いいたします!





 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 13:20| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

「GI 第59回 スピード王決定戦」優勝戦回顧録


お待たせしました、2/12()に浜松オートで繰り広げられました
「サンケイスポーツ杯 GI 第59回 スピード王決定戦」の優勝戦を振り返ります。


最終12R「優勝戦」の発走。1枠ゼロハン・櫻井晴光選手(伊勢崎)がレースを引っ張り、
7車並んだ10線からは内枠の2枠・渡邉 篤選手と3枠・伊藤信夫選手が1車分リードして先行。


レース中盤、渡邉選手が先頭を手に入れ逃げる展開に。後方では最速の試走タイム24を
マークした6枠・松尾啓史選手(山陽)が馬の目を抜く速さをみせて他車をさばき、2番手に浮上。


最終周回、渡邉選手を捉えた松尾選手がインコースへ突貫!


5日間をかけた激走に決着、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんの振る
チェッカーフラッグへ、一番で飛び込んだのは緑色の勝負服。
「サンケイスポーツ杯 GI 第59回 スピード王決定戦」・優勝戦は
松尾啓史選手が制し、自身2度目のGIタイトル獲得となりました!

  
ファイティングゲートへ凱旋した松尾選手を祝福に駆け付けた山陽ライダーズ。
左から、山崎 進選手、西村龍太郎選手、角南一如選手です。

ウィニングラン時、浜松オートでは恒例、大時計前のフェンスを開放して通行できるようにさせ、
松尾選手は競走車を徐行せながら場内のイベントプラザまで移動。この時、
「すっげ、競走車のまま入ってきよっと?」と、九州弁で浜松オートのイベントに驚く
お客さまの声も聞こえてまいりました。


優勝選手表彰式では、こちらも浜松オート恒例の「シャンパンファイト」を実施。
今回は浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんとともに、来場ゲストの
オートレース大好きグラビアアイドル・千鶴さんにも参加していただきました☆


GI 賞金パネルを掲げて記念撮影、浜松市のマスコットキャラ、
出世大名・家康くんと、出世法師・直虎ちゃんもステージにあがっての撮影となりました♪


松尾啓史選手、「GI 第59回スピード王決定戦」優勝おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 17:58| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

浜松駅前ソラモにて「GI スピード王決定戦」PR活動を行ないました


写真:駅前モール街・「ソラモ」に集合した、中村晋典選手会浜松支部長&浜松オート関係者
(施行者、競走会浜松支部、日本トーター浜松オート)。籠の中には配布用ポケットティッシュが。

2/8より開幕する浜松オート記念レース、「GI 第59回 スピード王決定戦」をPRすべく、
中村晋典選手会浜松支部長と浜松オート関係者が浜松駅前ソラモに集結。
街行く方々へGI 開催告知用のポケットティッシュを配布しました。


今回の告知活動メンバーがソラモに全員そろった際、遠鉄バス・バスターミナルを使って現地へ
やってきたレーシングスタッフさんが、「駅前の階段、見ましたよ!スゴイですね!」と絶賛。

駅前の階段で何が行われているのか知らなかった方もいらしたため、
ティッシュ配りの前にみんなで階段のふもとへ行ってみることに。
すると何と、階段の側面を使って「GIスピード王」の開催ポスター画像が
段ごとに分割して張られていたのです。看板の担当さんいわく、
「約1か月をかけて張出しを行ないました。これをバックに記念写真を撮るのも良いかも(笑)」
とのことです♪


これはすごい、と、晋典選手も写メで階段を撮影。場所的にも、この階段を登れば
JR浜松駅の正面玄関となるため、通勤やお出かけ、遠鉄バス〜JR&赤電へ
乗り換えをする方々に、インパクトを与えることができたのではないでしょうか。

  
スタッフはそれぞれ駅前の周辺に分散し、用意しましたGI 開催PR用ポケットティッシュを
配布してまわりました。ティッシュの中にはGI 開催時に利用できるサービス券や
お笑い芸人・「とろサーモン」&「U字工事」の来場告知リーフレットをはさんでいます。
ぜひ浜松オート「GI 第59回 スピード王決定戦」へご来場ください!


posted by ブンブンボーイ at 17:59| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする