2018年12月14日

全日本オートレース選手会浜松支部、児童福祉施設「それあーど」へ訪問、寄付を行ないました


2018年12月14日(金)。全日本オートレース選手会浜松支部を代表し
西川頼臣選手会副支部長が浜松市浜北区高畑の児童福祉施設、
放課後等デイサービス施設 「それあーど」」を訪問。

浜松支部選手同士で募った寄付金をはじめ、オートレース実施により発生する廃棄金属類を
リサイクル業者へ売ることによって得られた資金、『浜松オートフェスタ2018 ファン感謝祭』での
”チャリティグッズ販売”や場内イベント”チャリティオークション”の収益などによって
集められた募金を使い、『子供用玩具一式(約15万円相当)』を購入、施設へ寄贈しました。


特定非営利活動法人 Harmony  児童福祉施設 「それあーど」。
重症心身障がい児が通える、”放課後等デイサービス施設”です。

  
写真左:児童用ハンモックを用意する選手会浜松支部・副支部長の西川頼臣選手。

今回の施設訪問&玩具寄贈のために、施設のスタッフさんがホールでの「寄贈式」を
用意して下さいました。寄贈品である子供用玩具一式は、ハンモック&スタンドをはじめ、
視覚的に楽しむためのパラシュート型バルーン、ディスコランプ、スヌーズレン機器 などです。


写真:天井を見上げると、スヌーズレン機器によって万華鏡のような虹色の光が
フワフワ・ゆっくりと流れていきます。健常者でも眺めて優しい気持ちになれます。

スヌーズレン機器…障がいが重い人たちでも楽しめるように、光、音、かおり、動き、温度、触覚の
素材等を組み合わせたトータルリラグゼーションの空間を作るための機器。
見るだけ、聞くだけ、かおりをかぐだけで、心を落ち着かせたり楽しんだりすることができます。

西川選手:「今日は少ないですが、玩具を寄贈させて頂きます。皆さんでたくさん遊んで下さい。」

  
特定非営利活動法人 Harmony 理事長、池谷直士様から、
お礼の言葉が選手会浜松支部へ贈られました。
「本日は西川選手をはじめ、皆々さま、ありがとうございました。
この施設は、重症心身障がい児の専門の施設ということで、全然、体を自由に動かせない人たち
ばかりで、なかなか意思疎通ができないので、こういった”見て楽しむ”、”聞いて楽しむ”という
玩具があると、非常に充実した毎日を過ごせますので、本当に良いものを頂き、感謝しております。
これからも、利用者さんたちが、元気で毎日を過ごせる施設運営を、職員一丸となって
目指して行きますので、今後ともご支援をよろしくお願いします。今日はありがとうございました。」



最後に西川選手、「それあーど」スタッフの皆さま、ご利用のお子様がたと一緒に記念撮影。
「贈呈式」は円満のうちに終了となりました。



今回の施設訪問&寄付は、後日、静岡新聞や中日新聞にて掲載予定です。

全日本オートレース選手会浜松支部は毎年、次世代を担う子どもたちの健全な育成を願い、
浜松市内の児童福祉施設へ訪問し、寄付を行なっています。

西川頼臣副支部長、そして関係者の皆さま、今回もありがとうございました☆


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 20:06| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

選手会浜松支部、浜松市へ「ふるさと納税」をおさめました


2018年12月12日。先日まで浜松オートで繰り広げました「第33回 日刊スポーツ杯」の終了翌日、
全日本オートレース選手会浜松支部を代表し、西川頼臣副支部長が浜松市役所を訪問。
長田繁喜浜松副市長へ、選手会浜松支部による「ふるさと納税」70万4000円を寄贈しました。

選手会浜松支部による「ふるさと納税」の寄贈は今回で11年連続・11回目。
累計で1421万円を超える金額となっています。


長田繁喜浜松副市長のコメント:
「選手会の皆さまには毎年、多額の寄付を賜りまして誠にありがとうございます。
なかなか私も浜松オートへ足を運ぶことができませんが、SGやGTの重賞レース時には
レース場へ行かせて頂きまして、レースを拝見しておりますけれども、本当に
”命がけ”で戦っていらっしゃる、と。一度、大雨の時に、落車された方もいらっしゃいました。
本当に迫力ある、臨場感といいますか、素晴らしいレースを展開され、多くのお客さまに
喜ばれまして、その選手の皆さまの”ご努力の結晶”を、こうして頂いておりますので、
本当に私どもといたしましても、こうしたご奉仕に報いるよう、しっかりと趣旨に沿った使い方を
させて頂ければと思っております。本当にありがとうございました。」


写真:全日本オートレース選手会 浜松副支部長、西川頼臣選手。

「ふるさと納税」の授与式のあと、しばらくご歓談を楽しみました。一部を抜粋します。

長田副市長:「レースは年に80日くらいですかね…浜松場の場合は、ですが、選手の皆さまは
 他の場にも行かれると思いますけど、年間で何日ほど走られるのでしょうか?」
西川選手:「年間は平均100走くらいですね、そのうち地元では50走くらいでしょうか。
 ランクによって多少のあっせん数が変わるものですから…有名な選手にならないと(一同笑)」
施行者:「西川選手は昨日までの4日間、「第33回 日刊スポーツ杯」にて頑張って頂いて、
 優勝戦までコマを進めました。」
浜松市関係者:「おぉ、そうなんですか!おめでとうございます。」
西川選手:「あとは、もう少し良い結果が欲しかったですけど…(苦笑)」
施行者:「昨日は1億4000万くらい、売り上げがありまして。4日間で約5億5000万くらいです。」
長田副市長:「ほぉ…本当に選手の方々の頑張りが、お客さまに伝わって、それがまた
 売り上げに反映して、って話になるものですから。本当に毎年ご尽力いただいて、
 ありがたいなと思っておりますけれども。」
西川選手:「いえいえ…お互い様です(一同笑) いつもお世話になっていますので。」
長田副市長:「メインスタンドも、来年から建て替えの方向で進んでおりますけれども…
 今のレトロな雰囲気も、なかなか味わいがあって良いかなとも思えますけど(一同笑)
 安全でより素晴らしい観戦ができるようになると思います。」
施行者:「本当に今はインターネット投票とかも多いものですからね。」
長田副市長:「インターネット投票は、本場販売よりも超えているものですか?」
施行者:「今は圧倒的にインターネットや電話投票が多いですね。でも、そんな中でも、やはり
 本場にも足を運んでいただいて、生のレースをご観戦頂きたいと、JKAが今回、「るるぶ」と
 提携をしまして、こういった小冊子を作りまして。(と、小冊子「るるぶ」を用意)
 県内の静岡競輪、伊東温泉競輪、浜松オートとで、旅と紀行とのコラボで、”旅行を楽しみながら
 グルメも楽しみつつ、ご観戦も”、という紹介を、市内・県内で配布をしております。」


写真:県内情報の小冊子「るるぶ」の浜松オート特集に目を通す長田副市長。

長田副市長:「今は”高齢化社会”を迎えておりますので、たまには浜松オートへ見に行って、
”息抜き”というか、”程よい刺激を受ける”のも、心身の活性化としていいのかなと。
公営競技は”健全娯楽”として。巷には様々なギャンブルがありますけども、公営競技は
節度をもってすれば、”一番お金を使わないで、最も楽しめるもの”だと思いますので。」


写真:長田副市長との歓談を楽しむ、西川頼臣選手。

長田副市長:「最近は『高齢者の方々が健康に過ごせるためには”用育”が大切だ』って
 言われているんですよ。それは何かというと、「明日、用事がある」とか、「明日、行くところがある」、
 という、”明日への楽しみや生きる目的があること”なんです。その”用育”という、
”明日への楽しみ”の一つとして、健全な範囲で楽しんで頂いて、ながく愛される競技場で
 あってほしいなと思います。
 インターネット投票は例えるなら「スーパーマーケット」とか「ショッピングセンター」のようなもので、
 広く、たくさん売ってもらって、少しずつ利益を増やしていく、と。その一方で、
 浜松オート本場は例えるなら「専門店」で、臨場感、そして、人情感が味わえるような・・
 そういう”専門店に実際行かないと味わえない”ような魅力を売り出していただいて、
 お客さまに楽しんで頂く、そういった歯車の両輪でやっていただければ、経営も安定するのかな、
 と思いますね。これからも頑張ってください、本当にありがとうございます。」



写真:浜松市役所内・「秘書課」の玄関にて撮影。

こうして今回も「ふるさと納税」授与式は円満のうちに終了となりました。
全日本オートレース選手会浜松支部の皆さま&副支部長の西川頼臣選手。
今回もありがとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 16:06| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

浜松オートのある街・和合町「西和地区」の秋祭り 2日目のようす



先日に引き続き、浜松オートのある街・和合町西和の「新屋地区」にて恒例の秋祭りが開催。

本日が最終日となります。日中のプレ葉ウォーク浜北・「バイクの集い in 浜北2018」にて

雲ひとつない快晴のもとで浜松オートのPR活動を行ってまいりましたが、夜もご覧の通り、

月の光が明るく輝き、御殿屋台の進む道を照らしてくれました。





月の光が私たちを照らすスポットライト、と、天狗のお母さん&きつねのお嬢さまが

秋祭りの楽しさをロンド(円舞曲)に表していました。

お母さんのリードを受けてお嬢さまも嬉しそう。とても神秘的な光景です。





秋祭りの2日目は新屋地区のみが浜松オート中駐車場での休憩となります。

組長さんも最愛の息子さん&お祭りの”縁の下の力持ち”である女性チームと一緒に記念撮影、

エンディングはもうすぐです。





御殿屋台が屋台置場に到着し、再び1年のお休みにつきました。

新屋地区では5月の「浜松まつり」はお昼の凧揚げ、夜の町内練りが行われますが

御殿屋台の曳き回しはなく、10月の秋祭りにて御殿屋台&お囃子のお披露目となるそうです。



秋祭り2日目のラストイベントとなる祝い練り、まずは新屋集会所から出発し屋台置場へ。

ここでの祝い練りののち、すぐさま屋台置場の前へブルーシートが敷かれて

お祭り協力者へのご馳走が振る舞われました。





セミファイナルは組長さん宅に訪問。おもてなしを受け、お礼と万歳三唱の祝い練り。

今年は2日間とも天候が良くなり、全てのイベントを行うことができたことに、

組長さんも胸いっぱいで目を赤くはらせて喜んでいました。

感動でついつい涙がこぼれてしまう、心優しい組長さんなのです♪





ラストの前に、浜松オート南駐車場向かいの三社神社にて

平成最後の秋祭りが無事に遂行できたことを鎮守様&氏子様へ報告。

「何か月も前からのお祭りの準備、ごくろうさまでした」と

お祭り同好会への労をねぎらいました。





ラストはゴール地点である屋台置場に戻り、3役(実行委員長、組長、自治会長)による総練り!

新屋の大旗を背骨とし、若い力が肩車をして3役を担ぎ上げ、周囲がしっかりと支え合う。

まさにお祭りを遂行するための縮図が総練りに表れていました。

「新屋の楽しいお祭りが次世代に引き継がれていきますよう、みんなで頑張ってまいりましょう!」







2日間をかけた秋祭り、これにて全て終了です。

浜松オートのある街、和合町西和・新屋地区のお祭り同好会&自治会の皆さん。

2日間ありがとうございました&おつかれさまでした☆



 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 23:08| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレ葉ウォーク浜北・「バイクの集いin浜北 2018」にて浜松オートPRを行ないました


写真:プレ葉ウォーク浜北の南側駐車場にて、浜松オートPRチーム「遠州動楽會」の皆さんと一緒に。
 今回は元・全日本オートレース選手会長の榑林敏郎さんも参加をしてくださいました☆

山陽オートにて「GU第29回 若獅子杯争奪戦」の2日目・2次予選が繰り広げられている一方、
浜松市は浜北区の大型ショッピングモール、”プレ葉ウォーク浜北”にて
オートバイファンが一堂に会するイベント、『バイクの集い in 浜北2018』が開催。
元・浜松ライダー1期生の伊藤寧歳さん率いる浜松オートPRチーム、
「遠州動楽會」の皆さんが浜松オートの宣伝活動として毎年参加しているこちらのイベントに、
今回は私たち浜松オートスタッフも参加をさせて頂きました。


浜北区役所より北に進んだ”貴布祢(きぶね)”という町にプレ葉ウォーク浜北はあります。
本日は雲ひとつない快晴に恵まれ、絶好のオートバイ日和となりました。


浜松市総合産業展示館にて毎年8月に行われるオートバイイベント・
「バイクのふるさと浜松」と同じく、新旧バイクファンが所有しているご自慢のマシンたちが
駐車場沿いの通路にズラリと並べられていました。


バイクが産声をあげる街、浜松市には現在でも原動機付き自転車、いわゆる”ポンポン”を
大切に保管している方々が多くおり、こうしたバイクイベントにて再び脚光を浴びることとなります。

  
そしてオートバイを相棒とするスーパーヒーローも登場。左は月光仮面さんです。
右は実際の警察・白バイ隊直属のヒーローのようです。兄弟拳バイクロッサーかと思いました(笑)


そして浜松オートPRブース。歴代競走車の展示をはじめ、ライト版・浜松オートVR体験や
川口「SG日本選手権」開催告知リーフレット、オリジナルポケットティッシュ等
PRグッズの配布、「浜松オート選手会カレンダー2019」のチャリティ販売等を行ないました。


オートバイイベントといったら、やはりエンジンを始動させて
マフラー音を聞いてもらう企画が鉄板です。「バイクの集い in 浜北」でも
ハーレーダビットソンやBMWといったエンジン始動イベントが行われ、浜松オートからは
伊藤寧歳さんによる伝説の競走車・トライアンフの押し掛けを行なっていただきました。


写真:バイクをこよなく愛するモデルさんも来場。競走車に乗って頂きました☆
わたくしブンブンボーイは競走車にまたがってくださったお客さまの写真撮影を行ない、
その場で”絵はがき”としてプリントアウトし、プレゼントさせて頂きました♪

一日をかけて浜松オートPRを行なってくださった「遠州動楽會」さん、
本日もありがとうございました&お疲れ様でした☆

 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 18:20| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

浜松オートのある街・和合町「西和地区」にて秋祭りが開催されました



本日より浜松オートは山陽「GU第29回 若獅子杯」の場外発売を実施、その一方で今日明日の

2日間をかけて、浜松オートのある街・和合町の「西和地区」(新屋地区+寸田ヶ谷地区)では

恒例の「秋祭り」が開催。本日は15時を過ぎたあたりから時雨が降りだし、

一時は御殿屋台の曳き回しの中止も心配されましたが、17時頃に雨雲が千切れて

天候が回復。夜6時半頃、浜松オート・中駐車場にて無事に両地区の御殿屋台がご対面となり、

休憩をとりながらお囃子演奏のお披露目が交互で行われました。





「雨が心配されましたが、こうして無事にお祭りができて、良かったです!」

と、自治会長さんのご挨拶。続いて各地区の組長さんによる挨拶も行なわれました。



  

お祭りを遂行するのはとても大変で、何カ月も前から、御殿屋台の飾り付けをはじめ

曳き回しのルートを決めたり、子供たちへお囃子の演奏を伝授したりと、街に住む一人一人が

お祭りを後世に残していこうと団結し、持てる力を出しあって、ようやくお祭りが開催されます。





写真:今年の新屋地区&寸田ヶ谷地区の組長さん。お祭りのまとめ役、お疲れ様です。





今年もお祭りができて&仲間と顔を合わせることができてよかった、と、

新屋地区の皆さんと寸田ヶ谷地区の皆さんが、ここ浜松オートの中駐車場に集結し、

お互いを讃えたのち、ふたたびそれぞれの地区へと旅立っていきます。

ちなみに両地区の合流は毎年土曜日のみとなっています。また来年お会いしましょう☆



 

浜松オートレース場は和合町西和地区の中の「新屋地区」に属しています。

新屋地区では秋祭りのイベントの一つとして”手筒花火”が南駐車場にて実施されます。

手筒花火のチームは毎年、自分たちの手筒花火を手作りし、しかも、お囃子の演奏を

頑張ってくれる子供たちや、子供会のお母さん方へ、片手で持てるサイズの

「ミニ手筒花火」を製作し、ねぎらいとして花火の体験をさせてあげています。

毎年7月に集会所で「親子花火教室」を行っている新屋地区ですから、

消防士さんに習っているとおり、水バケツや消火器などの準備は万端です♪





そして秋祭りに多大なるご支援を頂いてる役員様宅へ訪問しての”祝い練り”を実施☆

お祭りラッパと太鼓を響かせながら、肩車をしてのバンザイ三唱が行われます。





ラストは浜松オート南駐車場のお向かいにある三社神社&屋台置場へ

無事に戻ってきての締め練りを実施♪土曜日の日程はすべて終了となります。





お祭りの実行委員長さんも担ぎ上げての祝い練りとなりました☆

昨年は大雨のため、ほとんどのイベントが中止となってしまっただけに、

今年は2年分貯めていたエネルギーを発散させていたように見えました♪







和合町西和地区・秋祭りの初日を終えて。

「ブンブン君!僕たち西和・新屋組の、元気いっぱいなところをブログに紹介してよ!」と、

組長さんを中心に記念撮影☆ 皆さんとても仲が良いです♪





うらやましいほど女性陣に囲まれてのモテモテ状態だったり、





「ブンブン君!僕らも仲の良いところを撮ってくれ〜!」と、

テンションMAXの修学旅行みたいなノリです(笑)



和合町西和・新屋地区はアットホームな方々の住む、あたたかい町です♪

お祭り初日、お疲れ様でした☆ 明日も頑張って下さいね!



 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 23:28| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする