2021年07月30日

全日本オートレース選手会&浜松オート 「7月大雨災害」被災地へ寄付を行ないました

写真:浜松市役所 本館 3F・健康福祉部長室にて。山下昭一健康福祉部長
(日本赤十字社 浜松市地区本部 福地区本部長)へ『令和3年7月 大雨災害』
義援金の目録を寄贈する全日本オートレース選手会 浜松支部・西川頼臣支部長&
日本トーター浜松オート事業所 水沢茂男所長。

 

2021年7月30日(金)。浜松開催「第14回 スポーツニッポン新聞社杯」が
終了しました翌日、全日本オートレース選手会 浜松支部・西川頼臣支部長と
日本トーター浜松オート事業所・水沢茂男所長が浜松市役所の本館3F・
健康福祉部長室を訪れ、「県内で大変な土砂災害がありましたので、
浜松オートレースを置かせてもらっている静岡県ということで、一丸となって
少しでも協力できましたら」と、山下昭一健康福祉部長へ
『令和3年7月大雨災害』の義援金・115万4000円を寄贈しました。

 

  
写真:義援金の目録寄贈のようす。

 

今回の寄付につきましては今年の7月に静岡県内にて発生しました大雨災害の
被災者支援と復興のために、全日本オートレース選手会による義援金100万円と、
浜松オートレース場の来場者様よりお預かりしましたマスク募金15万4000円
の合計115万4000円を、日本赤十字社 静岡県支部へと寄託するものです。

 

寄贈しました『令和3年7月 大雨災害』の義援金は、日本赤十字社 静岡県支部を
通じて日本赤十字社へ送金されます。その後、静岡県に設置される
「災害義援金 配分委員会」を通じて静岡県の被災者の方々へ配分されます。

 

目録を受け取りました山下昭一健康福祉部長は、
「今でも大変な状況が被災地にて続いている中で、こうした義援金を頂けるというのは
 避難所生活をされている方々にとって非常に助かると思いますので、しっかりと
お届けして役立ててまいりたいと思います。このたびは誠にありがとうございます。」
とお礼の言葉を述べました。

 

寄贈式の写真は財団法人JKAをはじめ各所へお届けしますので、
後ほど掲載が行なわれるかと思います。そちらもあわせてご覧下さい!

 

posted by ブンブンボーイ at 18:06 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

鈴木圭一郎選手、浜松市長へSG優勝報告の表敬訪問を実施


※撮影の一瞬だけマスクを外して下さいました。

2021年7月12日(月)。先日まで山陽オートにて繰り広げられていました
「小林啓二杯 GU第2回 山陽王座チャレンジカップ」の終了翌日、
浜松所属・鈴木圭一郎選手が西川頼臣選手会浜松支部長とともに
浜松市役所を表敬訪問。

鈴木康友浜松市長へ、今年4月25〜29日の5日間をかけて川口オートにて
開催されました「SG第40回オールスター・オートレース」の優勝報告を行ないました。

鈴木圭一郎選手のSGタイトル獲得は通算9回目。
2019年の「SG 第33回全日本選抜オートレース(川口)」以来となるSG開催優勝です。



SG優勝報告は手指の消毒、検温、マスクの着用にて執り行われました。

圭一郎選手は「SG開催は通常の開催に比べて、まわりの選手のピリピリ感というか、
空気が全然違います。SGはとにかく「優勝戦」まで勝ち進むことが大事で、
そして「優勝戦」での成績得点を貯めていかないと
年末の「SGスーパースター王座決定戦(川口)」には出られないので、
みんな必至で走っています。今回SGオールスター・オートレースにて優勝できたことで、
年末の出場権を手に入れました。」
と説明すると、鈴木康友浜松市長は
「それは素晴らしいですね。SG第40回オールスター・オートレースの優勝戦の映像を
拝見させて頂きましたが、雨の中でもぶっちぎりの優勝で、おめでとうございます。
一般開催とSGとでは、選手も雰囲気が全然違うのでしょうね。
頂点を決めるわけですから。今回の優勝で、年末への大きな大会に
出場できるわけですね。オートレースはハンデ制もあり、成績を維持できれば
年齢の高い方も現役を続けられますので、20代の圭一郎選手も
あと半世紀は記録を伸ばせそうですね!今後もぜひ頑張って下さい。」
と激励の言葉を贈りました。


そして鈴木圭一郎選手は、雨でのSG優勝を記念して制作しました
『SG優勝記念 アンブレラマーカー』と
『鈴木圭一郎選手 オリジナルペンケース』を鈴木康友浜松市長へプレゼント。


さらに西川頼臣選手会浜松支部長も「今年度から浜松アーリーレースの試行開催を
ご認可下さいまして、ありがとうございました。」と、
浜松アーリーレース実施を記念して制作しました
『浜松アーリーレース実施記念 携帯用消毒スプレー』をプレゼントしました。

鈴木康友浜松市長:「なるほど、傘に取り付けて、他の人の傘と混じらないように、
「これは僕の傘だぞ」とアピールできる。良いですね。
そして消毒液は、外出先でいつでも手指の消毒ができて。
これは便利ですね。ありがとうございます。」


最後に鈴木康友浜松市長と記念撮影を実施。
撮影の一瞬だけマスクを外して下さいました。

こうして今回もSG優勝報告の表敬訪問は円満のうちに終了となりました。
鈴木圭一郎選手&西川頼臣選手会浜松支部長、
今回もありがとうございました!


posted by ブンブンボーイ at 16:30 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

選手会浜松支部、児童養護施設「すみれ寮」へ訪問し寄付を行ないました

写真:全日本オートレース選手会浜松支部から寄付の目録を受け取る、
 社会福祉法人葵会 理事長 石塚猛裕様。
2020年11月28日()。全日本オートレース選手会浜松支部を代表し
西川頼臣選手会浜松支部長、藤波直也選手会浜松支部役員が
浜松市天竜区の児童養護施設、「社会福祉法人 葵会 「すみれ寮」」を訪問。
「子供たちの健全な成長にお役立てください」と、浜松支部選手同士で募った
寄付金やチャリティーグッズの販売収益などによって集められた募金を使い、
通学用自転車3台(約15万円相当)を購入、施設へ寄贈しました。
「すみれ寮」にて暮らす子供たちからは、お礼の言葉をつづった
直筆の手紙が選手会浜松支部へと贈られました。
手紙は後日、選手ロッカー内にて掲示されます。
西川支部長はさらに「職場でご活用ください」と、「すみれ寮」スタッフの方々へ
「2021年 浜松オート選手会カレンダー」をプレゼント。
「すみれ寮」の施設長である乙部邦子様がカレンダーを受け取ると、
「平成22年にも選手会浜松支部の皆さまからご寄付を頂き、今回も
子供たちのための貴重なプレゼントとカレンダーをありがとうございます。
有効に活用させて頂きます。」と感謝の言葉を贈りました。
写真:授与式の終了後、静岡新聞の記者がインタビューなど取材を実施。
 翌日の静岡新聞にて掲載予定とのことです。
全日本オートレース選手会浜松支部は毎年、
次世代を担う子どもたちの健全な育成を願い、
浜松市内の児童福祉施設へ訪問し寄付活動を行なっています。
西川頼臣支部長&藤波直也選手、選手会浜松支部選手の皆さま。
今回もありがとうございました!
posted by ブンブンボーイ at 18:24 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

選手会浜松支部、浜松市へ「ふるさと納税」を寄付しました



2020年11月27日(金)。全日本オートレース選手会浜松支部
(代表:西川頼臣選手会浜松支部長、藤波直也選手会浜松支部役員)が
浜松市役所の長田繁喜浜松副市長へ表敬訪問。

「日頃からお世話になっている浜松市へ少しでも貢献できるなら」と、
今年で13回目となる「ふるさと納税」62万7000円を寄贈し、
さらに「今回も来年の選手カレンダーができあがりましたので、
よろしければお使いください。」と、長田副市長へ
”2021年 浜松オート選手会カレンダー”をプレゼントしました。


写真:「ふるさと納税」授与式は今年も秘書課の応接室にて執り行われました。

目録とカレンダーを受け取りました長田副市長は、
「選手会の皆さまには毎年、ご寄付を賜りまして、まことにありがとうございます。
今年で13回目ということで、総額1541万3000円、今年度も62万7000円という
多額なご寄付を賜っているということで本当に感謝を申し上げます。
また選手会さんにおかれましては、児童福祉施設への訪問をはじめ、
ストップエイズ活動など、地域へのご貢献を頂いておりまして、
今月23日にはG1レース・「秋のスピード王決定戦」の最終日に見に行かせて頂きましたが
「優勝戦」は写真判定の末に浜松所属の鈴木圭一郎選手が優勝、ということで、
8周をかけて、迫真といいますか、手に汗にぎるようなレース、ああいったレースを
日々繰り広げて頂きまして、その中で手に入れた賞金の中から
ご寄付を賜っているということで、本当にありがたいことだなと思います。

私ども浜松市といたしましては、頂戴いたしましたご寄付につきましては
しっかりと市に添った中で使わせて頂ければと思いましたし、また、ただ今
メインスタンドも、現在は取り壊しが済んだところでございますけれども、
しっかりと建て直してですね、今後もオートレースの振興に努めてまいりたいと
思っていますので、よろしくお願い申し上げます。


写真:2021年 浜松オート選手会カレンダーのプレゼント。
長田副市長:「ファンの方ならば是が非でも手に入れたいものですよね!」


選手の皆様には、高速で走る仕事だけに、くれぐれも事故には十分お気をつけ頂いて、
健康で、末永い競技人生を過ごして頂けたらと思います。
本日は誠にありがとうございました。」

と、社会福祉&地域貢献を推進している選手会浜松支部への
謝辞とねぎらいの言葉を述べられました。



写真:授与式を終えた西川支部長&藤波選手。秘書課の玄関前にて。


オートレース選手会浜松支部は今後も社会福祉活動につとめてまいります。
皆さまの応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 15:27 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

選手会浜松支部選手、新聞各社へ媒体訪問を行ないました

  
選手会浜松支部選手の活躍が続きます。
「第16回レッドリボンカップ」から一夜明けた本日11/16(月)は休む間もなく
浜松〜東海地区を中心に新聞各社へ「サンケイスポーツ杯
GT第62回秋のスピード王決定戦」の開催をPRをするため媒体訪問を実施。


佐藤貴也選手は静岡新聞浜松総局、中日新聞東海本社、
中日スポーツ社を訪れ、鈴木宏和選手は
スポーツニッポン新聞社、日刊スポーツ新聞社を訪問しました。


それぞれの新聞社へ1日をかけて足を運んだ貴也選手と宏和選手は
地元のGTレースにかける意気込みをアツく語って下さいました。


後日、各新聞にて媒体訪問の様子が掲載される予定です。
どうぞお楽しみに&応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 18:18 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする