2018年02月01日

第2回ジャパンネット銀行杯 優勝戦のようす


写真:最終コーナー、3番手の位置から2車の内側をすくい上げてゴール直前に逆転、
 シリーズ全1着の”完全優勝”を成し遂げた7枠・木村武之選手。

先日浜松オートにて繰り広げられました「第2回 ジャパンネット銀行杯」・
最終12R「優勝戦」は、地元浜松の26期・木村武之選手が完全優勝を成し遂げました。


ゴール線入着が接戦だったため、一旦全8車がフィニッシュゲートをくぐりましたが
すぐさま審判棟から「1着、木村選手」の情報が入り、木村選手はバックヤードから
再びファイティングゲートに凱旋登場。仲間選手も祝福にロッカーから集まってまいりました。
左から、小林悠樹選手、櫻井晴光選手(伊勢崎)、小田雄一朗選手(伊勢崎)、
高田克重選手、西川頼臣選手、木村直幸選手です。


「木村さーん!GIもがんばってねー!」
ウィニング・ラン。豪華メンバーでの優勝戦になったことも手伝い、
平日開催でありながらたくさんのオートレースファンが集まり最後までご覧くださいました。
ご来場、ありがとうございました!


完全優勝のコメントです。
「3日間を通してエンジンの調子が良かったですが、今日が一番乗り味が良かったです。
試走タイムも一番出ましたし。ずっとセッティングで合せていました。
レースでは、スタートから序盤の展開があまり良くなかったのですが・・中盤にかけて
運よく自分に展開が向いてきたんです。目の前の数車混戦が、ちょいと外へ膨らんだところを、
チャンスだと思ってインへもぐって行けたので・・今日の勝因はそこでしょうね。
混戦を抜けられたことが、終盤からゴールまでの追い上げにつながったので。
次節の「GIスピード王決定戦」に向けて良い弾みになりました。
エンジンの状態は良いので、このまま次節GIでもセッティングを詰めていきたいです。
(浜松オートファンへひとこと)そうですね、まぁ・・次回のGIは地元開催ですから、
浜松を盛り上げられるよう、精一杯がんばります。応援よろしくお願いします。」

表彰式後のロッカーにて、落ち着いた表情でインタビューに応じてくださった木村武之選手。
完全優勝おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 13:17| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

オートレース代表イメージガール、川口オートへ集結!


かくして幕を開けた2017年の集大成、大みそか大決戦、
「スーパースターフェスタ2017 SG 第32回 スーパースター王座決定戦」。
初日となる12/27(水)は豪華絢爛、川口オート・伊勢崎オート・浜松オート・飯塚オートの
各レース場を彩る代表イメージガールが川口オートに集結!SG開催に華を添えました。


開門時からイベント盛りだくさん。来場者のお出迎えを実施しました♪


各場イメージガール撮影会を実施。カメラはお客さまがたに
ご持参いただいての撮影会となりました♪

全国より大勢のオートレースファンにご参加くださいまして、
ありがとうございました☆

posted by ブンブンボーイ at 17:53| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

選手会浜松支部、浜松市へ「ふるさと納税」を寄付


2017年12月18日(月)。全日本オートレース選手会浜松支部
(代表:中村晋典選手会浜松支部長、西川頼臣副支部長)が浜松市中区役所を訪問し、
「主に浜松市で働いてお世話になっており、少しでも浜松市に貢献できるなら」と
長田繁喜浜松副市長へ「ふるさと納税」を寄附しました。


〜中村晋典選手会浜松支部長のコメント〜
「いつも浜松市さんに浜松オートレース場でレースをさせて頂き、選手会浜松支部員の中にも
市外から参加している選手、そして全国から選手が集まって浜松オートでレースをさせて頂いて、
お客様からもあたたかく見守って頂いています。

日ごろから浜松市さんにお世話になっているので、「何らかの形でお礼ができないか」ということで
今回10年目になる”ふるさと納税”をさせて頂くことになりました。
ぜひ浜松市のために使って頂けたらと思います。」


〜長田繁喜浜松副市長のコメント〜
「ただ今、全日本オートレース選手会浜松支部の皆さまからの貴重な浄財をご寄付頂きまして、
誠にありがとうございます。今回10回目、総額にして約1300万円以上ということで、本当に
多額なご寄付を頂いておりますことを改めて感謝申し上げます。

何より嬉しいのは、やはり選手会の皆さまが浜松市民のため、そして浜松市のためにと、
そういう想いを継続してお持ち頂いていること、そして毎年ご寄付を頂いているという
その”あたたかい志”を、本当に嬉しく感じるところでございます。
頂きました浄財につきましては、支部長様からお話がございましたように、浜松市のために
しっかりと使わせて頂きたいと思っています。

皆さまがた、過酷なレースをするなかで得られました賞金の一部を頂いているということで、
私どもも心して使わせて頂きたいと思っております。
本日は誠にありがとうございました。」


授与式の後にしばしの歓談が行なわれ、11月に浜松オートで開催されました
「SG日本選手権オートレース」での森 且行選手やファンの盛り上がりの様子、
鈴木圭一郎選手の2連覇の様子などを、長田副市長は話題に取り上げてくださいました。

歓談の終了時、「浜松支部選手75名が写っている来年のカレンダーです。ぜひお使いください。」と
中村支部長から長田副市長へ”浜松オート2018カレンダー”が贈られました


こうして「ふるさと納税」の授与式&歓談会は円満のうちに終了となりました。


今年度も選手会浜松支部選手全員の賛同を得て、10年連続での納税となります。
「ふるさと納税」は2008年より全国で開始され、選手会浜松支部は開始当初から
毎年欠かさず浜松市への寄付を続けています。


今回のようすは後日、各社新聞(中日新聞、静岡新聞)にて掲載予定です。
どうぞご覧ください♪

posted by ブンブンボーイ at 18:12| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

やまうらーめんが中日新聞にて紹介されました


12/15(金)の中日新聞にて「やまうらーめん」が取り上げられました。
浜松29期・山浦博幸選手の姿も掲載されています。


「やまうらーめん」は以前にもお客さまに紹介したことがあります。
少し記録をさかのぼってみましたところ、こちらの写真だけが残っていました。
このコスチュームは・・・2代目ヴィーナスの”おりちゃん”こと詩織さんです♪

新聞記事による山浦選手の話では、2011年頃に考案と載っていましたが、
写真の撮影データを解析したところ、2010年7月に撮影したという記録が残っていました。
改めて歴史があるメニューですね♪



ちなみに山浦博幸選手は2008年に浜松オート開催「GIIスピード王」にて優勝、
おりちゃんとのシャンパンファイトを経験しています。


posted by ブンブンボーイ at 17:30| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

選手会浜松支部、社会福祉法人『新橋トットジョイ』を訪問しスポーツ用具&玩具一式を寄付


写真:全日本オートレース選手会浜松支部から寄贈された児童用品を受け取る、
 社会福祉法人「浜松母子福祉苑」の長谷川アソカ理事長。

2017年12月4日、全日本オートレース選手会浜松支部
(代表:中村晋典支部長、西川頼臣副支部長)が
浜松市南区の社会福祉法人・浜松母子福祉苑 『新橋トットジョイ』へ訪問。

「今日は皆さんのために、卓球台やおもちゃなどを持ってまいりました。元気いっぱい遊んで、
健康な体になって、これからいろんなことにチャレンジしてください!」と、施設の子供たちへ
卓球台やサッカーボール、野球道具をはじめとするスポーツ用具&
コマやけん玉、ホッピングなど玩具一式を寄贈しました。


かれこれ数十年をかけて継続している、選手会浜松支部による福祉施設訪問&寄付活動。

今年も夏に実施しました「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」での
チャリティ・グッズ販売の売上や、レース開催時に発生する廃棄金属パーツを
リサイクル業者へ買い取ってもらうことで得られた利益をボランティア資金とし、
今回は浜松市南区の社会福祉法人・浜松母子福祉園『新橋トットジョイ』の子供たちへ
スポーツ用具&玩具一式の寄付を行なうことに。

授与式は施設内の屋外グラウンドにて執り行われました。
少々天候が気になるところでしたが、なんとか雨は踏みとどまってくれました♪


あらかじめテントに用意してあった、プレゼントを隠していた幕が取り除かれると
子供たちはいっせいに「やったー!」と大興奮☆
それもそのはず、子供たちがまだ遊んだことのない”ホッピング”や”一輪車”など、
あらゆるスポーツ用品やおもちゃの数々が瞳に飛び込んできたからです☆
卓球台にいたっては何と”ドイツ製”の本格派です!


子供たちからは、「今日はお越しくださいまして、ありがとうございました。
ちょっとだけの時間でも、会えてうれしいです。きっと私たち仲間同士で
楽しく遊ぶことができると思います。みんなで大切に使わせてもらいます。
浜松オート選手のみなさま、これからも頑張ってください!ありがとうございました☆」と、
感謝の手紙と拍手が贈られました☆


子供たちはプレゼント一式で遊んでみたくて、はやる気持ちが抑えられません(笑)
そこで施設スタッフさんから、寄贈してくださった晋典選手&西川選手の前で
少しだけ遊んでみましょうかと許可がおりました♪
グラウンドいっぱいを使って元気に遊ぶ子供たちの姿を、私たちもあたたかく見守りました。

そして晋典選手と西川選手は、施設スタッフさんへ「こちらは施設内でお使いください」と
『浜松オートカレンダー2018』を寄贈しました。すると子供たちから、
「選手のサインがほしい!」というリクエストが♪
スタッフさん:「私たちからもお願いします!(笑)」

  
「カレンダーには浜松選手全員の写真が載っていますから、自分たちが写っている
 ところへ書きましょうか」と、子供たちに見守られながら生サインを記入しました。


最後は子供たちと握手&ハイタッチをして、今回の施設訪問&授与式は終了となりました。
日に日に気温が下がってまいりますが、友達と一緒に元気いっぱいでお過ごしください♪

全日本オートレース選手会浜松支部代表、
中村晋典支部長&西川頼臣副支部長の両選手。
今回もありがとうございました☆


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 19:23| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする