2017年10月29日

児童養護施設「すみれ寮」が15周年を迎えました

 

井伊直虎ブームに沸く浜松市北区・井伊谷から、はるか北東に位置する浜松市天竜区・春野町。

日本の誇り・宝塚歌劇団の生みの親、白井鐵造氏の生まれ故郷である春野町に

児童養護施設・「すみれ寮」があります。『このたび創立15周年を迎えました』という

”感謝の集い”開催の招待状を浜松オートレース場・ブンブンボーイ宛てにいただきまして

私は式典の行なわれました10/28に一路、天竜区春野町の「すみれ寮」へ。

すくすくと元気に&正しく育っている子供たちと再会を果たしました。



  

北遠と呼ばれる浜松北部は長野県や愛知県との県境に位置する山あいで、この日も気温は

15℃という肌寒さを観測。しかしながら、こうした寒暖の差が農作物を強く育ませているようで

公道沿いの畑の至る所に、今年も豊作だと知らせる「次郎柿」がたわわに実っておりました。



  
7年も前となる2010年11月、全日本オートレース選手会浜松支部(当時代表・斎藤 努選手)が

「すみれ寮」を社会福祉施設訪問の場に選び、「子供たち同士で仲良くお使いください」と

”変速機つき自転車”6台をプレゼントしました。

その当時、大喜びで自転車にまたがりペダルを漕いでいた男の子は現在、高校生になり

今回の「感謝の集い」にて子供たちを代表しご来賓への挨拶を実施。

身長もすっかり私を超えてイケメンになっていました(笑)



   

写真左:「ブンブン君、春野まで来てくれたんだね!」と歓迎してくださった社会福祉法人・

「葵会」の理事長、石塚猛裕さん。元・天竜区長の石塚さんには長らくお世話になっています。



「すみれ寮」初訪問よりもさらにさかのぼる2008年、県境の町、天竜区・水窪町の

大里〜小畑商店街通り 七夕歩行者天国』イベントにて浜松オートレースを招待してくださり、

当時の榑林敏郎選手(引退)、増田晴彦選手(引退)、そして佐藤貴也選手(29期)が

イベント用のセア競走車を持ち運んでの”エンジン押し掛け”イベントを実施。

石塚さんはその後、オートレース競走会の浜松支部長となって浜松オートレース地域貢献の

橋渡し役を担い、現在の社会福祉法人「葵会」理事長に至ります。

写真右:ご来賓への挨拶をしてくれた男の子の頭を撫でて褒める

 「すみれ寮」理事長・乙部邦子さん。というのも・・

男の子:「バザーのコーナーでは、先生(乙部さん)が大事に育てた植物の苗も販売します。

先生の心のようにキレイな花が咲くと思います。ぜひ買ってください!」



  

「すみれ寮・感謝の集い」開始の証しとして、子供たちの手から”絆のりんご”が

ご参加くださいました各関係者へとプレゼントされました。

このりんごはすみれ寮の開設と維持に尽力くださいました前リーダーの松本様より

自畑栽培で育てられたものです。



  

この日はあいにくの雨模様となったことで、本来は屋外で実施予定でした

フリーマーケットやドリンクサービス、レストラン等が寮内にて行われました。

子供たちがまるでお店の店員さんになったかのように、お客さまを精一杯おもてなししていました。



   

なかでも目を見張ったのは、お庭の一角へ設けられていた「かまど」です。こちらでは

本格的なイタリアン・ピザを焼くことができるのだとか!

お兄さん:「半分、理事長の趣味で設置したようなものですけど(笑)でもマキを割ってくべたり、

火加減を調節したり、おいしく焼き上げるのがとても楽しいです!」

こうした経験により、すみれ寮からシェフやお店の経営者が誕生するかもしれませんね☆





「すみれ寮」理事長・乙部邦子さん。

今年もお招きくださいましてありがとうございました☆




posted by ブンブンボーイ at 14:56| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

浜松オートのある町・和合町西和地区にて秋祭りを実施


川口&伊勢崎の場外併売・2日目が行われた本日の浜松オート。
10月中旬といえば恒例、浜松オートレース場のある街・浜松市和合町の「西和地区」
(新屋地区+寸田ヶ谷地区)にて本日と明日の土日2日間をかけ、三社神社の秋祭りが
開催・・・されるのですが、なんと今回はあいにくの雨により、「御殿屋台の曳き回し」および
「手筒花火大会」が苦渋の決断の末、中止に。。
毎年、地域交流としてお祭りを紹介してまいりましたが、和合町西和地区・秋祭りの
2大イベントが中止になってしまったのは初めてかも?しれません。


新屋三社神社。最初は現在の浜松オート敷地内のあたりに奉られてあったそうですが
浜松オート開設にともない、南駐車場の真向かいへと移動したそうです。
写真手前の川は浜松オート走路内に流れる小川とつながっています。

  
浜松まつりの参加者ならばご存知かと思いますが、多少の雨でも御殿屋台の曳き回しは
中止になってしまう一方、ラッパを吹いての”町内練り”は雨天決行であります(笑)

今回は急きょ、お囃子連の中からラッパの吹ける子を募り編入させ、練りのルートも
お施主さん宅から「新屋集会場」へ変更。
集会場内のホールで祝い練りを行うことになりました。


年に一度の秋祭り、全てのイベントを中止にはさせたくない、と、新屋祭り同好会の皆さんは
法被や着衣に付いた雨粒がしたたり落ちて床を汚さないよう、瞬時に機転を利かせて
ホールへブルーシートを敷き、練りのできる状態に。

他にも、お囃子連の子供たちの練習を無駄にさせないように、と、日中は
屋台置場の手前に簡易式の「ひさし」を設けて、お囃子のお披露目会を行ったそうです。


こうして初日は無事に終了。
雨と聞いて、雨仕様のセッティングへと瞬く間に換えることができる手際の良さは
オートレーサーに通じるところがありますね♪

  
写真左:お祭りの実施を陰で支える「縁の下の力持ち」、子供会&婦人会のお母さんがたです。
 炊き出しから子供たちへ配るお菓子の用意まで、お疲れ様でございます。
写真右:今回の組長さん(左)は、その昔に浜松オートCS放送をながらく担当しておりました
 森上リエさんとお知り合いだそうです♪


「明日の日曜日も雨っぽいですが、できる限りのお祭りイベントはやりますよ!」と
第二部部長さん。明日の2日目は日中、新屋三社神社にて縁日屋台を出店予定です。
雨が強くならないことを祈りましょう!本日はありがとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 23:37| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

浜松オートレース場にて災害避難&救助訓練を行ないました


先日山陽オートにて繰り広げられました「GI 第52回 スピード王決定戦」・最終第12R「優勝戦」は
浜松ライダー・鈴木圭一郎選手が8枠の最重ハンから他7車をさばききってチェッカー。
山陽GIタイトル獲得を成し遂げました。

一晩あけての10/10(火)、浜松オートレース場は非開催日を利用し、警察と消防による
災害避難&救助訓練を大々的に実施。浜松オートの本場開催中に災害が発生したことを想定し
レーシングスタッフが観客(エキストラ)へ避難誘導を行ない、警察と消防が救護服&防護服を着て
災害の発生地へ向かい、けが人へ応急処置&安全な場所への運搬を行ないました。



レーシングスタッフの中から観客役が選ばれての避難体験。
お客さまの立場だからこそ見えてくるものもあるでしょう。レンジャー部隊の指示を受けます。


「本日のレースは中止といたします」という訓練用アナウンスのもと、
メインスタンドやグリーンスタンドなど、各席に配置された観客を大駐車場へと避難。


「あぶないですから奥へ移動してください!」という機動隊の掛け声を受けて
徐々に移動していく野次馬役の皆さんも警察の方々が扮してくださっているそうです。


posted by ブンブンボーイ at 12:54| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

レースヴィーナスASAHI、浜松開催GII&SGの告知行脚を実施


写真:山陽オートの正門ゲート奥にて。木村武之選手、伊藤信夫選手、渡邉 篤選手と
来場者お出迎え&モーニングドリンクの配布イベントを実施。

10&11月と浜松オートにて控えているビッグレース、「K-mix杯 GIIウィナーズカップ」&
「オッズパーク杯 SG 第49回 日本選手権オートレース」の告知を行なうため、
浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが全国行脚を展開。
「GI 第52回 スピード王決定戦」の繰り広げられている山陽オートレース場へ向かいました。


ASAHIちゃんの特技である「剣道」が高く評価されている山陽オート(笑)
今回もセンターホールにて”剣道の素振り”イベントを計画してくださいました♪
有段者のASAHIちゃん、高速の面打ちにスタッフもタジタジ!?


CS放送席にて、内野久照さんと一緒に。
山陽オートレース場の皆さま、ASAHIちゃんをあたたかくお迎えくださり、
ありがとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 17:08| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」 走路内〜午後イベントのようす


こちらでは「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」の正午から午後をかけて実施をしました
走路内イベントのようすをお伝えします。


普段のレースでも、スタッフさえここまで至近距離で見ることはできない「スタート見学」。
内外線のギリギリまで近づくことができ、さらに、競走車の”真後ろ”の位置まで
近づいて見学することができます。


発走時、8車はアクセル全開でスタートをきめるため、真後ろの位置はまさに大音量。
「ファン感謝祭」でしかその迫力を体感できません!


続いて「オートレースサファリ」。普段はフェンス越しでしか見られない走行練習のようすを
走路内の中庭から見学できたり、競走車搬送用のトラックに乗って超・至近距離から
選手が走行する様子を見学できます。
日頃、本場開催時に行っている「走路内観戦」では携帯電話やカメラ類の持ち込みは
禁止されますが、こちらでは撮影OK。誰もがシャッターチャンスを狙っていました。


そして「ファン感謝祭」恒例の”模擬レース”。事前に1着選手を予想する「予想当てクイズ」も
イベントプラザにて実施しており、当てっこをする楽しみも味わえます。


「29期の威厳」と題された今年の模擬レース、記録的猛暑による灼熱走路も手伝い、
1枠ゼロハンから出場の女子ライダー・岸 萌水選手が軽快な逃げを展開。

もちろん模擬レースも至近距離から写真撮影ができました。


チェッカーフラッグは浜松オートレースヴィーナスのASAHIちゃんが担当。
こちらのイベントは今後、本場開催でも採用していく予定です。
模擬レースは6周回逃げ切りを成功させた岸選手が1着に輝きました!


昨年と同様、上位1〜3着選手は大時計の前までやってきての”記念撮影タイム”を実施♪
2着は平塚雅樹選手、3着は渡邉 篤選手となりました。
そして岸 萌水選手、1着おめでとうございました☆




楽しい時間は矢のように過ぎ去り、ラストは恒例、選手会浜松支部の参加選手たちによる
「お餅投げ」を実施。東海地区に古くから伝わる、縁起の良い”幸せのおすそ分け”イベントです。


浜松オートを代表し、中村晋典選手会浜松支部長が祝い締めの言葉を述べられました。
「私達は、本当にオートレースを愛しています。オートレースの素晴らしさが
もっともっと伝わるように、これからも全力でレースを行なっていきますので、
今後とも応援をよろしくお願いします!」


お餅入りの袋&カゴが参加選手全員に手渡され、3・2・1のカウントダウンの後、
選手たちは一斉にお餅を手に取ってギャラリーへ投げ込んでいきました。


お餅投げでは子供たちがケガをしないように、専用の”キッズスペース”を用意。
模擬レースで1着を獲得し”福ライダー”となりました岸選手が
最後の1個まで子供たちへお餅を配ってまいりました♪

こうして今年の「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」も大盛り上がりのうちに閉幕。
全国より多くの方々にご参加・ご来場くださいまして、本当にありがとうございました!
そして参加選手の皆さまも1日ありがとうございました&おつかれさまでした☆


 おしまい

posted by ブンブンボーイ at 17:21| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする