2016年10月30日

遠州動楽會、浜松第一通り「もくもくまつり」にてオートレース&SG開催を告知


浜松オート「SG日本選手権」へ向けて宣伝もラストの追い込み!
先日に引き続き本日も浜松市の中心街では秋のビッグイベント・「鍛冶町通り歩行者天国」が開催。
本日はその一環として、遠鉄”第一通り”駅の高架下にて浜松市建築業組合主催による
親子木工イベント「もくもくまつり」が実施され、伊藤寧歳元選手率いる浜松オートPRチーム・
「遠州動楽會」が浜松オートPRブースを出展。
10年ぶりの浜松開催となるSG日本選手権を街行く人へPRしました☆

posted by ブンブンボーイ at 16:21| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

浜松駅前「ソラモ」にてSG宣伝用ポケットティッシュを配布しました


10/29()と30()の2日間、浜松市の中心街である浜松駅前ソラモ〜ザザシティ周辺にて
秋の恒例イベント・「鍛冶町通り歩行者天国」が実施。多くのお客さまが中心街へと
足を運ぶことを想定し、われら浜松オートチーム(浜松市施行者、選手会浜松支部、
競走会浜松支部、日本トーター浜松オート事業所)は「SG日本選手権オートレース」の
PR活動として、街行く人々へポケットティッシュ+クーポン券を配布しました。


オートレースを視覚的に知ってもらうために、今回のティッシュ配りに参加しました浜松所属・
中村友和選手(2枠)、西川頼臣選手(3枠)、藤波直也選手(4枠)、鈴木宏和選手(7枠)、
赤堀 翼選手(8枠)はプロテクター&勝負服を着用。
やはりオートレースを知っている方はすぐに近づいてきて、
「昔はよくオートレースを観に行きましたよ」と話しかけて下さいました。
選手たち:「浜松で10年ぶりとなる日本選手権なので、またぜひ観に来てください!」

  
「かじ町通り歩行者天国」はその時期柄、ハロウィンとかけて”仮装”をしてやってくる方々も多く、
なかには選手のプロテクター&勝負服の姿を見て「アメフトですか?」と聞いてくることも(笑)
「いえいえ、実はオートレースでもこれくらいの防具を身に着けるんですよ」と、
関心を持って下さった方にわずかであってもオートレースの紹介をすることができました。

イベントのおかげで通常の通勤時間よりも人通りが多く、用意したティッシュはあっという間に
全て配布しきってしまいました。ティッシュの中には、SG開催中に場内で使える
クーポン券が入っておりますので、ぜひこの機会にオートレースの最高峰レースをご覧ください☆


posted by ブンブンボーイ at 15:09| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭実施 〜後編〜

9/4「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」、レポート前編中編に続きまして
今回はラストとなる後編をお伝えします。


「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」、ラストは恒例の”参加選手全員による餅投げ”を実施♪
イベントプラザからインフォメーションの両端までをかけて参加選手がずらりと勢ぞろいしました。

  
中村晋典選手会浜松支部長が「ファンあってこそのオートレースですので、これからも
お客様に興奮と感動を与えられるよう、選手一丸となって頑張ってまいります。
どうか浜松オートへご来場・ご観戦ください!」と閉会の挨拶を行ない、餅投げの開始です!
ASAHIちゃんやCS放送・実況担当の島田さんも餅投げに参加しました。


餅投げでは子供たちが大人と交じってケガをしないように”キッズスペース”を用意。
大人と場所を分けて、友達同士でお餅を拾い合うことができました。


こうして今年もファン感謝祭は盛大のうちに閉幕となりました。
イベントの司会進行を担当してくださった静岡のフリーアナウンサー・小川綾乃さん、
1日MCありがとうございました☆

  
オートレースファンにとって「浜松オートフェスタ」一番のお楽しみはこの時かもしれません!?
閉幕直後、選手たちがイベントプラザから大時計の走路フェンスを越えるまでの移動時間こそ、
唯一お客さまとの握手やサイン、ツーショット撮影、そして歓談に応じて下さる
”イベントが終わって空いている時間”なのです。毎年フェスタに参加されている
ファンの皆さまは、この時がラストチャンスとばかりに選手の皆さまとの会話や写真撮影、
手に入れたグッズへのサイン記入をお願いしておりました。

時を同じくして、浜松周辺地区から浜松オートへやってきた「ご当地キャラ」たちも
時間の許す限り子供たちとのふれあいを楽しんでおりました♪

「浜松オートフェスタ」へご来場くださいました皆さま、本当にありがとうございました☆


  
終了の14時を過ぎて、浜松オートは正門以外の西門&南門も開放。引き続き伊勢崎ナイター
「GI ムーンライトチャンピオンカップ」の場外発売・最終日がスタートです。
場内の雰囲気は次第にナイター観戦のお客様へとシフトしていきました。

「ファン感」に引き続き、この日の浜松オートは「場外グレードナイター開催
ゴー!ゴー!キャンペーン」と題し、”パターゴルフ&フリースロー大会”を実施。
第5R発売の実施時間を前に、トゥー・ワンガールズが場内を練り歩いてアメちゃんやお菓子を配り、
グリーンスタンド2Fにてイベントが行われることを告知しました。


グリーンスタンド2Fの売店横にて”パターゴルフ&フリースロー大会”の開始。
パターマットとバスケットゴール&フリースローラインを設置し、まずは
トゥー・ワンガールズがお客様へお手本です。難易度はパターの方がちょっと高めだったかも・・?
ちなみにパターゴルフには「大きいカップ」と「小さいカップ」の2つがあります。

  
うまくパットやフリースローを成功させればボーナスチャンス!”現金のつかみ取り”に
チャレンジできるとあって、お客様も真剣です。まるでボーリングでストライクを決めた時のように、
ショットが決まるとギャラリーやスタッフも「やったー!!」と大はしゃぎ(笑)


「おぉ〜!!」という歓声が心地よくて、簡単なルールながらもゲームは白熱してしまいます♪
ついついギャラリーを前に”ちょっとイイとこ”を見せたくなりますよね(笑)

  
フリースロー、そしてパターゴルフの大きいカップ、小さいカップへ
ボールを沈めることができた方には、それぞれコインがたっぷり詰まった箱が用意され、
片手でできる限りコインをすくい上げてもらいます。隣のザルへとコインを移せた分だけ
その場でお持ち帰り頂けます♪
フリースロー&パターゴルフへの参加には2000円分の未確定車券が必要ですが、
”現金のつかみ取り”は成人男性で平均4000円前後をゲットすることができたので
十分に元が返せます。手に入れたコインでさらにレースへご投票&的中をつかんでください!!



「浜松オートフェスタ」&「ゴー!ゴー!キャンペーン」と、一日をかけて盛り上がった浜松オート。
ラストはガッツリとハイスピードレースを堪能して頂きましょう!
伊勢崎GIナイター最終12R「優勝戦」、各車一斉にスタート!!


雨の湿走路ながら試走タイム28という鬼のような数字をマークした鈴木圭一郎選手は
7車ならんだハンデ10mより6枠から出場、道中2周目にして先頭を手に入れると
ぶっちぎりの走力を見せつけて圧勝ゴールイン!

圭一郎選手は初めての「浜松オートフェスタ」への参加を楽しみにしておりましたが、
伊勢崎GIにて欠場選手が発生し、急きょ追加あっせんに選ばれてしまったため、
フェスタへの参加は断念。しかしながらフェスタの延長で浜松オートからナイター場外を
見守ってくださるファンのためにと頑張ってのGIタイトル獲得となったのです。



伊勢崎ナイターには、これまで浜松オートフェスタにて司会進行を担当していた安原幸子さんも
伊勢崎イベントのMCとして遠征しており、この日は浜松オート一色となりました♪

鈴木圭一郎選手、伊勢崎GIナイター優勝おめでとうございました☆




伊勢崎ナイター「GI ムーンライトチャンピオンカップ」を制しました鈴木圭一郎選手の
優勝報告会&握手会を、10/1(・浜松本場開催2日目)に実施することが決定!

実施時間は当日の圭一郎選手の出場レースによって変わるため、当日のレース番組確定後に
実施時間が決定されます。情報が入り次第、浜松オートオフィシャルサイト等にて
連絡しますのでどうぞお待ちください☆


posted by ブンブンボーイ at 14:23| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭実施 〜中編〜


写真:模擬レース「美女vs野獣」出場選手セレモニーのようす。

ここでは9/4開催「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」の後編としまして
ステージイベントやレースイベントを中心に紹介してまいります。


「ファン感謝祭」メインイベントのひとつ、模擬レース「美女vs野獣」の出場選手セレモニーにて。
「野獣といっても、野獣と呼べるのは5枠くらいじゃないですかね?」といった出場選手の
コメントに合せるがごとく、「こんにちは〜、野獣で〜す」とコメントする今田選手(笑)
今田選手:「美女を食っていきますのでよろしくお願いしま〜す!」
ちなみに今回の模擬レース「美女vs野獣」は、1枠ゼロハンの岡谷美由紀選手が
先頭を手に入れて逃げ切れるか、はたまた男性選手が岡谷選手をさばいて
1着を手に入れられるか、が見どころとなっておりました。


模擬レースは同時に”1着当てクイズ”も行われるため、セレモニーの直後に
クイズの応募が開始されました。やはり1枠の岡谷選手と5枠の今田選手が人気だったようです♪


オートレースモバイル担当の「まっすぅ」さんより写真のご提供、いまやファン感謝祭の
定番イベントとなっている「オートレースサファリ」のようすです。


浜松走路の内線路側帯にて、お客様やCS放送用カメラを乗せた競走車搬送用のトラックを
徐行させ、その外側を選手たちが開催中に日々行っている走行練習を実施。
競走車のハイスピード感や車間の詰め具合が間近に体感できます。

  
この時、わたしは「グッズ販売」のコーナーにてお客さまへレア写真の説明を行なっていました。
まっすぅさん、ご協力ありがとうございました☆


今回は新たなイベントとしまして、浜松周辺のご当地キャラが大集合。
おっかけのファンもいらっしゃるようで、キャラが場内に登場すると終始ご家族のお客さまが
集まっておりました。


チャンピオンレーサー前ではご当地キャラのPRブースが設置。地元でしか購入できないような
オリジナルグッズを販売しておりました。

  
ご家族客のお楽しみビッグイベントその2、「オオクワガタ」の抽選プレゼント♪
”黒いダイヤ”と例えられるオオクワガタは通常2000円〜大きく育てれば
数万円にもなるほどの価値があります。開門と同時に先着配布された抽選券には
4つの色が塗られており、ASAHIちゃんが抽選箱から引き抜く色が一致していたら大当たり!
となります。果たしてASAHIちゃんが引き抜いたボールの色は・・・・・青!!
すると抽選会場であるイベントプラザのまわりに集まっていたご当選のお子様たちから
「やったーーーー!!」「きゃーーーー♪」と大興奮のきいろい歓声が(笑)
見事ゲットできました皆さん、大クワガタは冬を乗り越えて数年生きることができますので
大事に育ててくださいね。そして絶対に外へ逃がすことのないように。
浜松で生きている昆虫の生態系を狂わせてしまうから・・・と、
浜松オートの”クワガタ先生”こと中野 肇選手から教わりました。


そして模擬レース。ご覧ください、通常開催さながらの観戦者数、しかも走路内では
内線ギリギリまでお客様がやってきております!実際のレースではまずありえない光景です。


レースはおおかたの予想通り、美女vs野獣の一騎打ちに。一番人気だった美女・
岡谷美由紀選手をインからさばいた野獣・今田選手が大差をつけてゴールイン!
3着戦は接戦となり、8枠・スーパーハンデ30mの中村友和選手が制しました。


上位3着以内の選手はウィニングラン〜インタビューを大時計前にて実施。すると3選手から
「良かったら小さいお子様は一緒に写真撮影しましょう!」と親御さまへ提案。


エンジンはまだ熱を帯びているので、サドルの上にお子様を立たせての記念撮影が
選手たちの粋な計らいで時間の限り実施されました。


そしてイベント終盤。エンディングを残す全てのイベントが終了したため、時間の限り
浜松所属選手によるトークショーが島田さんのMCにより行われました。


参加選手のまとめ役だった遠藤 誠選手と赤堀 翼選手は、この一日ですっかり肌が小麦色に。
たえず走路・場内・管理地区を往復していたために、一気に日焼けをしておりました。


都合により今回のレポートは”中編”としてここまでに。
後編では餅投げ〜「ゴー!ゴー!キャンペーン」のイベントを紹介します♪

posted by ブンブンボーイ at 17:48| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

9/4 「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」実施 〜前編〜


写真:ファン感謝祭の恒例・おおとりイベント、”選手による餅投げ”のようす。

2016年9月4日、浜松オートレース場にて夏の恒例・選手とファンとの親睦イベント、
「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」を実施。今回は”ファミリーの新規顧客獲得”を目標に
親子で楽しめるイベントを多数用意しました。


今回の開門は、オープニングを11時より走路内にて行うために、移動時間を考慮して10:50に。
開門を待つお客様の大行列、まるでSG開催のような賑やかさです。

  
場内では早朝から、今回「ファン感」の総監督となった遠藤 誠選手&赤堀 翼選手が
各種イベントの準備と点検、どの選手が何時にどのイベントへ配置するかといった
タイムスケジュールの管理を全てコントロールしておりました。今回の功労賞であります。

選手管理地区では各参加選手が自身の愛車のチェック。浜松オートフェスタは
競走車を使ったイベントが多いので、前もってオイルやガソリン、エンジンの調子を
調べておかなくてはなりません。

  
佐藤貴也選手は今回、出身である掛川にてお知り合いが経営しているカクテルバーのブースを担当。
一日をかけてお客様の対応を行ないます。走路内では今回のイベントMCを担当してくださる
浜松オート実況の島田祐希さん、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃん、FmHaro!の
パーソナリティ・小川綾乃さんが集合し、あとは開門を待つのみです♪

  
そして開門。すごい勢いでお客様がたが走路内を目指して大移動、ご来場ありがとうございます☆
警備本部前では歴代の競走車が来場者をお出迎え。浜松オートPRチーム・「遠州動楽會」の
ご協力をいただきました。競走車と一緒に写真撮影ができます。またがれる車両も。

   
開門と同時に行われた「オオクワガタの抽選券配布」と、
地域密着型フリーペーパー・”ぱど”ご協賛による「こどもヨーヨー釣り」。
どちらもお子様に大人気、あっという間に売り切れてしまいました(笑)

  
いよいよオープニング。大時計前のフェンスが開き、お客様が走路内に集まりました。
遠藤選手の開会宣言で「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」のスタートです!


まずは全参加選手の紹介パレード。ご自身の競走車に乗って登場です☆
中には翌日が前検日となる飯塚オートへ既に競走車を輸送済みの選手もおり、
その選手はサイドカーや試走先導車に乗ってお客様の前にやってきました。


まずは来場者に知ってもらいたい、オートレースの魅力と迫力!ということで、
オープニング恒例のスタート実演を実施。しかも、実際のレース中では不可能である
”内外線ギリギリ”から間近でスタートシーンをご覧いただきました。

  
スタート実演は豪華3本立て。1車単騎、3車、そして8車による0mオープンの
迫力あるスタートを目の前で見ることができました。
参加選手は、1・笠木美孝選手、2・木村直幸選手、3・関口隆広選手、4・岡谷美由紀選手、
5・鈴木宏和選手、6・中村友和選手、7・今田真輔選手、8・平塚雅樹選手 です。

  
浜松オートが誇る人気屋台、焼き鳥・「鳥好」や明石焼き風たこ焼き・「タニグチ商店」をはじめとする
各種グルメ屋台もズラリと勢ぞろい。ファン感をキッカケに初めてご来場された方々へ、
浜松オートにはおいしい屋台がいつも常駐していることを知っていただけたらと思います。

そして佐藤貴也選手が今回ファン感のためにご用意してくださいました
掛川のカクテルバー、「RINGOKAN(林檎館)」さんの出店。車でご来場の方もご安心ください、
”ノンアルコール・カクテル”なので、どの方にでもご賞味いただけます♪
今回のオススメ、”スケートラブ・モヒート”は、アサヒ飲料さんのご協力で実現となりました
佐藤貴也選手が愛飲しているエナジー・ノンアルコール・カクテルなのです♪

  
「選手グッズ販売」は毎年大人気のコーナー。この時でしか手に入らないアイテムが多く、
使用期限の過ぎたヘルメットや防具、練習名札、マシンパーツのほかに
選手千社札、森 且行選手グッズ、マグネット、ブロマイド等を大放出。
選手ブロマイド担当の私は岸 萌水選手、赤堀 翼選手、そして浜松オート実況の島田祐希さんに
撮影協力をお願いしまして、各者撮影による様々なカットのブロマイドを用意しました。
場内掲載を終えたポスターサイズの”チャンピオンレーサー写真”も販売、
グッズ販売コーナーは終始長蛇の列となっておりました。

  
走路内ではこちらも毎年大人気の恒例イベント、「選手運転のタンデム試乗体験」を実施。
試走先導用のビッグスクーターやサイドカー、さらに、セアを二人乗り用に改造した
”セアタンデム車”を今回2台用意。これまで以上に参加者を増やすことができたようです。

そして走路内の発走ピットではお子様対象の「ストライダー体験」を実施。
「ストライダー」とはペダル漕ぎの無い、足で蹴って進む自転車のことで、このストライダーで
十分に遊べるようになると、補助輪なしの自転車に比較的早く乗れるようになるそうです。


自転車への訓練用車両といえるストライダー、こちらもお子様連れのファミリー客に
大人気の体験イベントとなりました。


オートレース&競輪を総括している財団法人JKAさんご協賛の「オートレースシミュレータ」。
競走車のアクセルグリップがコンピュータへと直結され、モニターに映し出される
競走路を見ながらオートレースを体感できます。バンクを利かせた車体には
車輪が固定されているので、こちらも親子そろってオートレースを楽しむことができました。


「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」、前編のイベント紹介はここまで。
後日、後編では模擬レース〜選手餅投げ、そして伊勢崎ナイター場外発売時に実施しました
「ゴー!ゴー!キャンペーン」の”現金つかみ取り”イベントと、夜までのようすを紹介します♪
どうぞお楽しみに。


posted by ブンブンボーイ at 13:54| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする