2016年09月05日

9/4 「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」実施 〜前編〜


写真:ファン感謝祭の恒例・おおとりイベント、”選手による餅投げ”のようす。

2016年9月4日、浜松オートレース場にて夏の恒例・選手とファンとの親睦イベント、
「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」を実施。今回は”ファミリーの新規顧客獲得”を目標に
親子で楽しめるイベントを多数用意しました。


今回の開門は、オープニングを11時より走路内にて行うために、移動時間を考慮して10:50に。
開門を待つお客様の大行列、まるでSG開催のような賑やかさです。

  
場内では早朝から、今回「ファン感」の総監督となった遠藤 誠選手&赤堀 翼選手が
各種イベントの準備と点検、どの選手が何時にどのイベントへ配置するかといった
タイムスケジュールの管理を全てコントロールしておりました。今回の功労賞であります。

選手管理地区では各参加選手が自身の愛車のチェック。浜松オートフェスタは
競走車を使ったイベントが多いので、前もってオイルやガソリン、エンジンの調子を
調べておかなくてはなりません。

  
佐藤貴也選手は今回、出身である掛川にてお知り合いが経営しているカクテルバーのブースを担当。
一日をかけてお客様の対応を行ないます。走路内では今回のイベントMCを担当してくださる
浜松オート実況の島田祐希さん、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃん、FmHaro!の
パーソナリティ・小川綾乃さんが集合し、あとは開門を待つのみです♪

  
そして開門。すごい勢いでお客様がたが走路内を目指して大移動、ご来場ありがとうございます☆
警備本部前では歴代の競走車が来場者をお出迎え。浜松オートPRチーム・「遠州動楽會」の
ご協力をいただきました。競走車と一緒に写真撮影ができます。またがれる車両も。

   
開門と同時に行われた「オオクワガタの抽選券配布」と、
地域密着型フリーペーパー・”ぱど”ご協賛による「こどもヨーヨー釣り」。
どちらもお子様に大人気、あっという間に売り切れてしまいました(笑)

  
いよいよオープニング。大時計前のフェンスが開き、お客様が走路内に集まりました。
遠藤選手の開会宣言で「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」のスタートです!


まずは全参加選手の紹介パレード。ご自身の競走車に乗って登場です☆
中には翌日が前検日となる飯塚オートへ既に競走車を輸送済みの選手もおり、
その選手はサイドカーや試走先導車に乗ってお客様の前にやってきました。


まずは来場者に知ってもらいたい、オートレースの魅力と迫力!ということで、
オープニング恒例のスタート実演を実施。しかも、実際のレース中では不可能である
”内外線ギリギリ”から間近でスタートシーンをご覧いただきました。

  
スタート実演は豪華3本立て。1車単騎、3車、そして8車による0mオープンの
迫力あるスタートを目の前で見ることができました。
参加選手は、1・笠木美孝選手、2・木村直幸選手、3・関口隆広選手、4・岡谷美由紀選手、
5・鈴木宏和選手、6・中村友和選手、7・今田真輔選手、8・平塚雅樹選手 です。

  
浜松オートが誇る人気屋台、焼き鳥・「鳥好」や明石焼き風たこ焼き・「タニグチ商店」をはじめとする
各種グルメ屋台もズラリと勢ぞろい。ファン感をキッカケに初めてご来場された方々へ、
浜松オートにはおいしい屋台がいつも常駐していることを知っていただけたらと思います。

そして佐藤貴也選手が今回ファン感のためにご用意してくださいました
掛川のカクテルバー、「RINGOKAN(林檎館)」さんの出店。車でご来場の方もご安心ください、
”ノンアルコール・カクテル”なので、どの方にでもご賞味いただけます♪
今回のオススメ、”スケートラブ・モヒート”は、アサヒ飲料さんのご協力で実現となりました
佐藤貴也選手が愛飲しているエナジー・ノンアルコール・カクテルなのです♪

  
「選手グッズ販売」は毎年大人気のコーナー。この時でしか手に入らないアイテムが多く、
使用期限の過ぎたヘルメットや防具、練習名札、マシンパーツのほかに
選手千社札、森 且行選手グッズ、マグネット、ブロマイド等を大放出。
選手ブロマイド担当の私は岸 萌水選手、赤堀 翼選手、そして浜松オート実況の島田祐希さんに
撮影協力をお願いしまして、各者撮影による様々なカットのブロマイドを用意しました。
場内掲載を終えたポスターサイズの”チャンピオンレーサー写真”も販売、
グッズ販売コーナーは終始長蛇の列となっておりました。

  
走路内ではこちらも毎年大人気の恒例イベント、「選手運転のタンデム試乗体験」を実施。
試走先導用のビッグスクーターやサイドカー、さらに、セアを二人乗り用に改造した
”セアタンデム車”を今回2台用意。これまで以上に参加者を増やすことができたようです。

そして走路内の発走ピットではお子様対象の「ストライダー体験」を実施。
「ストライダー」とはペダル漕ぎの無い、足で蹴って進む自転車のことで、このストライダーで
十分に遊べるようになると、補助輪なしの自転車に比較的早く乗れるようになるそうです。


自転車への訓練用車両といえるストライダー、こちらもお子様連れのファミリー客に
大人気の体験イベントとなりました。


オートレース&競輪を総括している財団法人JKAさんご協賛の「オートレースシミュレータ」。
競走車のアクセルグリップがコンピュータへと直結され、モニターに映し出される
競走路を見ながらオートレースを体感できます。バンクを利かせた車体には
車輪が固定されているので、こちらも親子そろってオートレースを楽しむことができました。


「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」、前編のイベント紹介はここまで。
後日、後編では模擬レース〜選手餅投げ、そして伊勢崎ナイター場外発売時に実施しました
「ゴー!ゴー!キャンペーン」の”現金つかみ取り”イベントと、夜までのようすを紹介します♪
どうぞお楽しみに。


posted by ブンブンボーイ at 13:54| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

「バイクのふるさと浜松2016」にて浜松オートPRブースを出展・2日目


写真:浜松オートレースヴィーナス「ASAHI」ちゃん、伝説の歴代競走車・トライアンフに乗って
 遠州動楽會&浜松ポンポンクラブメンバー、浜松オートスタッフと一緒に。

8/20・21の2日間をかけて浜松市東区の”浜松市総合産業展示館”にて開催しました
『バイクのふるさと浜松2016』、大勢の方々にお越しくださいまして
本当にありがとうございました♪


2日目のスタートも10時からとなり、朝9時頃から会場のセッティングが始りましたが・・
館内BGMがなぜかしんみりとした「蛍の光」、しかも延々と・・。
これから頑張っていこうとする日の出の朝から聞かされる曲ではありません。
放送機材の担当者が「蛍の光」という曲を知らなかったのでしょうか・・?
せつない気分のまま開場を迎えなければならない、というのがちょっとつらかったです。。

  
館内の展示場には各社最新のバイクがびっしりと用意されておりましたが・・
浜松オートブースだけが唯一、コーナリング時の「寝かせた車体」を展示。
しかもこのままの状態でまたがることができます(笑)

ASAHIちゃんも初めて、寝かせた車体にまたがってみましたが・・
足が長くてステップとニーグリップの間に右足のひざ下が入りません!
ブーツが破れちゃいそう・・、と、ASAHIちゃんはブーツのチャックを”半おろし”して
ようやく右足をロックすることができました(笑)

  
開催2日目も各会場でおもしろイベントが目白押し。第2展示場では
浜松ポンポンクラブによる「お子様と一緒に”バイクの組み立て”実演」が実施され
人気を呼んでおりました。浜松オートPRブースではASAHIちゃんが大活躍。
浜松オートPRチーム・「遠州動楽會」の皆さんと一緒に、競走車や浜松オートの魅力を、ご来場の
お客様がたへ力説しておりました。これを機に浜松オートへ足を運んでいただけますように♪


前回の「浜松オートフェスタ ファン感謝祭」にて佐藤貴也選手が撮影して下さいました、
アクションカメラを車両や身体へ装着してのレース映像を放映しましたところ、
今回用意しましたDVDの中で もっともお客様の目をひいておりました。
今年のファン感でも撮影していただければありがたいです♪


浜松オートによる2日目のメインイベントは、11時に実施しました
渡邉 篤選手とASAHIちゃんによるコラボトークショー。現行競走車・セアもステージに上げまして
競走車の説明やレース場の雰囲気を紹介、さらにはオートレーサー&レースヴィーナスになった
いきさつ、各お仕事の内容、オフ時の過ごし方などをお話してくださいました。

渡邉選手の「選手養成所時代は、とにかく指導や稽古の厳しい毎日で、当時を振り返っても
”草むしり”をずっとやっていたようなイメージしか思い出せません」
というコメントが印象的でした。
ASAHIちゃんはバッチリと次節8/27開幕「サンバフェスティバル」や
9/4開催の「浜松オートフェスタ2016」のPRをギャラリーに広めてくださいました♪

   
写真左から、渡邉 篤選手と記念撮影の女性ライダー、浜松ポンポンクラブメンバーも思わず
惚れてしまう(笑)女性ライダー。お二方とも大型バイクでご来場のオートレースファンです♪

世界を相手に日本代表選手たちが次々と奇跡を呼ぶ大旋風を巻き起こしたリオ・オリンピック。
強く・やさしく・美しい女性アスリートたちと重なってか、こちら浜松オートPRブースに
立ち寄って下さったアスリート系女性ライダーの方々が何と美麗でカッコイイこと!
「家族がオートレースが好きだった影響で、私もオートを観るようになりました!」、
「私がオートバイに乗ってみたいと思ったキッカケが、初めて見に行った川口オートなんです。今は
大型免許を取得し、静岡県内に住んでいるので1時間ほどかけて浜松オートへ見に行ってます」
というコメントを頂き、思わず感動してしまいました☆浜松オートのご来場、お待ちしております♪

  
浜松オートレース場内で出展しても好評を博しそうな、各ブースの工夫を凝らしたイベントの数々。
浜松東警察署からは子供でもゲーム感覚で楽しめる「オートバイ運転シミュレータ」や
LEDを使った「反射神経テスト」、一度は乗ってみたい「展示用”白バイ”の試乗体験」などを実施、
JAFからは「反射材の使用がどれだけ身を守ってくれるかといった比較実験」などを
実施しておりました。オートバイファンが集まる浜松オートでも楽しみながら交通ルールや
ライダーズマナーを学べそうです♪


2日目の開催は16時までとなりましたが、15時を過ぎてぼちぼちと片付けの始まる
ブースがある中で、浜松オートPRブースは16時ぎりぎりまで
お客様の途絶えることはありませんでした。


今年も大勢の方に浜松オートPRブースへお立ち寄りくださいまして、ありがとうございました☆

浜松オートは週末の8/27より本場開催・「第11回 サンバフェスティバル」が開幕。
8/28は本場のブラジル・サンバダンサーズによる「サンバパフォーマンス」を実施、そして
浜松オートレースヴィーナス「ASAHI」ちゃんは8/30来場となります。
どうぞご来場ください!

posted by ブンブンボーイ at 18:36| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

浜松市総合産業展示館「バイクのふるさと浜松2016」 初日


写真:屋外「競走車の押しがけ&デモ走行イベント」にて。渡邉 篤選手、浜松オートレースヴィーナス
 「ASAHI」ちゃん、浜松オートPRチーム・「遠州動楽會」メンバーと一緒に。

8/24()。浜松市東区は「浜松市総合産業展示館」にて、浜松市の夏休み恒例・バイクイベント、
「バイクのふるさと浜松2016」が開催。浜松オートは毎年、土日の2日間をかけて
PRブースを出展し、各種イベントを実施しております。

  
浜松オートPRブースは去年と同じく第2展示場のカド部屋にて出展。歴代競走車の展示をはじめ
オートレースDVD放映コーナー、各種配布物の設置、そして浜松オートレースヴィーナス・
「ASAHI」ちゃんが常駐してお客さまへの対応を行ないました。浜松市のマスコットキャラ、
出世大名「家康くん」もブースへ遊びに来てくださいましたよ♪

 
出世大名「家康くん」は9/4に浜松オートで開催する「浜松オートフェスタ2016 ファン感謝祭」にも
来場します。磐田市の「しっぺい」や岡崎市の「オカザえもん」など、浜松周辺のご当地キャラが
浜松オートに大集合。”オオクワガタ”の抽選プレゼントや”投げ餅”も行なわれますので
ぜひ9/4は浜松オートへ遊びにきてください♪10:50正門開門、11:00オープニングです☆

  
浜松オートPRブースへ見に来て下さったビッグゲストが次々と♪ 左は佐藤貴也選手、
右は浜松オート「K-mix杯」でおなじみのパーソナリティ・神谷宥希枝さんです♪
神谷さんは2日間をかけて「バイクのふるさと」の各ステージイベントのMCを担当、
貴也選手はオートバイ好き、ということで完全プライベートで遊びに来てくださいました☆

   
各企業ブースでも「オートバイの展示」&「オートバイにまたがれるイベント」は
ごく当然のようにありましたが、写真を撮影してその場で現像&無料プレゼントは
浜松オートだけの特別サービスです♪ 特に子供たちに人気で、写メやデジカメの撮影では
その機材の所有者(お父さん、お母さん)が記念写真の持ち主となりますが、
現像してプレゼントすればその場でお子様が持ち主となれるからです。
1日で100人以上のお客様にプレゼントすることができました。
夏休みの思い出としてアルバムにしまっておいてくださいね。

  
そして今年の浜松オートPRブースのプレイヤーズゲストは渡邉 篤選手。
土曜日は午後1時より屋外のバイクイベントスペースにて「競走車の押しがけ&デモ走行」を実施、
渡邉選手が操縦を担当してくださいました。明日の日曜日は11時より第1展示場にて
「ASAHIちゃんとのコラボトークショー」を行ないます。


競走車の押しがけ&デモ走行イベントでは、おまけイベントとしまして
ギャラリーの中から参加者を募って「アクセルグリップ体験」を実施。ニュートラル状態で
アクセルグリップを握っていただき、セア競走車のエンジン音を体感していただきました。


さて今年の「バイクのふるさと浜松」は、”アニメ”や”ヒーロー&ヒロインもの”を前面に押し出した
イベントが多数実施されておりました。こちらはバイク漫画「ばくおん!」の女性キャラクターを
バイクに施した、巷の言う”イタ車”が展示。


さらに、第1展示場にてアクションステージイベントを行なった「仮面ライダーゴースト」が
「仮面ライダースペクター」とともに展示場を練り歩き!
テレビの中で大活躍するヒーローが目の前にやってきてくれたことに、子供たちは大興奮。
一生の思い出になることでしょう☆


写真:渡邉 篤選手いわく、「競走車にはブレーキがないので、浜松走路以外の慣れない場所だと
スピードの加減を誤り策を突き破ってしまいそうで怖かったです」とのことでした(笑)

こうして1日をかけて盛況を呼びました浜松オートPRブース。これからも秋口をかけて
浜松オートはいろんなイベントを行なう予定ですので、どうぞ遠方の方&初心者の方に
ご参加いただけたら幸いです♪ 2日目もよろしくお願いします☆


posted by ブンブンボーイ at 16:20| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

川口ナイター「GI第40回キューポラ杯」最終日のようす


さすがはオートレースのメッカ・埼玉県は川口オートレース場。
最終日&祝日ということも手伝って場内は賑わいを見せておりました。

  
お客様のお目当てはもちろんこちら、初の実現となりました、現在のオートレース・
全国イメージガール(川口オートイメージガール「菜乃花」さん、飯塚オート
”勝利の女神”「AKI」ちゃん、浜松オートレースヴィーナス「ASAHI」ちゃん)が勢ぞろい!
開門からPR用うちわなど先着プレゼントを配布していきました。
ASAHIちゃんには前もって作成しておりました、浜松オートのイベント&開催告知用
”ポートレート写真”を配布用に持たせておりました。受け取って下さった方々、ありがとうございます♪


場内では夏休みが待ちきれない子供たちのために、射的や輪投げなど
1日遊べる”縁日コーナー”が用意。最近はやりの「会話するロボット」もおり注目を集めておりました。

  
子供たちの夏休みの定番と言えば「カブトムシ」や「クワガタ」など昆虫採集。
伊勢崎ナイターでも人気がありました、テントに網を張って昆虫を触ったりつかまえたりできる
”昆虫の館”がファミリー客に大人気。レース場が複合アミューズメント施設に早変わりです。

お食事処も充実、今ではすっかり川口オートの定番となっている!?元・オートレーサーの
田代祐一選手が経営している「蛸一」の移動販売がナイターの盛り上げに一役かっておりました。


はじめての他場遠征となったASAHIちゃん、川口オートにはイベント用のアトリウムステージがあり
きっと驚かれたことでしょう(笑)川口オートではこちらで優出選手のセレモニーや
優勝選手の表彰式が執り行われます。バックスクリーンではレース映像も流れ、
車券もこの場で購入できるので大変便利です。


オートレースファンにとってはこれが一番のお楽しみイベントといえましょう、
憧れの選手を間近で見ることのできる「選手公開インタビュー」。
最近ではどのレース場でも、選手がフェンスの外まで誘導されて
お客様の前で生トークのできる工夫が施されております。需要の高さがうかがえますね。

  
こちら浜松オートとしましては”イメージガール勢ぞろい”のビッグイベントを先に実現されて
ちょっとうらやましいです(笑)そしてやはりナイター開催のできるレース場では至る所に
青色LEDを使用したライトアップなどがきらめき、夏の夜をムーディに演出できるのが
集客につながっていて良いですね☆


そして優勝戦。消音機の装着は日中のレースとは全く違う感触を覚えるといいますが
昼・夜を問わず安定した走力を発揮した我らが浜松ライダー・木村武之選手が
関東地方・梅雨明け前の川口走路8周戦を制し優勝を成し遂げました!


表彰式はアトリウムにて。ASAHIちゃんやAKIちゃんはすでにお仕事終了?らしく
ステージには本日ゲストのどぶろっくさんや矢部美穂さん、そして菜乃花さんが
木村選手を祝福しておりました。ASAHIちゃんもきっとステージに上がりたかったことでしょう(笑)

木村武之選手、「GIキューポラ杯」優勝おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 22:29| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

伊勢崎「GII 稲妻賞」最終日のようす


写真:優勝戦セレモニーのようす。ステージはメインスタンドのふもと、MCは照沼杏奈さんです。

伊勢崎オートにて5日間をかけて繰り広げられましたナイターレース、「GII 稲妻賞」。
週末土日となれば、日暮れのムードも高まってまるで夏祭りのような盛り上がりをみせます。

  
予想屋台もご覧の通り、メモリアルな賞金ボードや記念写真などが幾重にも貼り付けられており
ド派手に演出しております。ふと壁を見ると、そこには「選抜戦出場選手を決めるファン投票」の
イベント告知が掲示されておりました。毎年4月の「SGオールスター・オートレース」では
出場選手そのものを決めるファン投票が行われておりますが、全国オートレーサーの
出場スケジュールそのものに影響を与えるため、とても大がかりな計画となります。
ですが「選抜戦」のような企画レース1つの出場選手を決める投票であれば、あっせん選手が
決定すればその中でお客さまの投票により8選手を決めるだけなので、夢のドリームマッチが
比較的実施しやすいと言えます。
例えば浜松ならば、他場あっせん選手との条件が合えば、「佐藤選手4名vs田中選手4名」や
「ケンゴ選手4名vsケンジ選手4名」、あるいは
谷口武彦選手(現在休場中ですが・・)vs鈴木圭一郎選手のハンデ100m対決、さらには
同等級選手8車による0mOPレースなどがファン投票によって実現できそうです。
あっせん予定選手の中から「選抜戦」ファン投票、なかなか面白い企画ですね♪

  
場内では縁日屋台がズラリと勢ぞろい。輪投げや金魚すくい、かき氷などのコーナーが立ち並び、
休日を使ってご来場くださったファミリー客を楽しませておりました。

「焼きそば」なども数店舗が出店。そのお店でしか味わえない味やサービスを考え、
競い合うことによって、お食事処全体のさらなる向上を目指しているようでした。
うちの焼きそばは肉かす入り、うちの焼きそばはオムレツ入り、など、
出店ごとのレパートリーを増やすことは、お客さまにとっても飽きを感じさせないと思います。

  
さらに目を引いたのは、簡易式の屋外テントにネットを巻きつけての「カブトムシ広場」や、
寄木を組み合わせてイスや机を作り持って帰ることができる木工教室など、
学園祭や産業祭のような面白ブースも多数出展していたことです。
子供たちは、日ごろ忙しいお父さん&お母さんと触れ合うことのできる”夏休み”を
一足先に満喫していたようです♪


優勝戦セレモニーが始まるとご覧の通り、ステージが設置されたホームストレッチ・フェンス前に
大勢のお客様がたが集まりました。浜松オートからはただひとり、佐藤貴也選手が出場。
浜松オートレースファンが駆けつけていれば一層応援に熱が入ることでしょう。
一場にひと選手は優勝戦出場を願いたいですよね♪

  
そして優勝戦。地元伊勢崎ファンの期待を背に、3枠の好ポジションからスタートダッシュを決めた
早川清太郎選手が即行のさばきで先頭を手に入れると、ぶっちぎりの態勢で8周戦を制し
レーザーのように青く輝くゴール線へ。伊勢崎ナイター「GII 稲妻賞」・優勝を成し遂げました。
伊勢崎オートの空には優勝選手を讃えるスターマインが広がり、バックストレッチの
特大オーロラビジョンには「優勝 早川清太郎選手」と映し出され、まるで
プロ野球ナイターゲームのような盛り上がりを見せておりました。


写真:賞金パネルを掲げる早川選手。競馬・森 泰斗騎手と一緒に。

早川清太郎選手、「GII 稲妻賞」優勝おめでとうございました☆

posted by ブンブンボーイ at 23:00| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする