2016年05月29日

川口ナイター「GII 川口記念」最終日のようす


川口オートにて開催された初のグレードナイター、「スポーツニッポン新聞社杯 GII 川口記念」。
最終日の場内は日曜日であることも手伝い、大変盛り上がっておりました。


場内の食堂も充実。川口オートではビールも販売されております。


場内の至る所に”ちょうちん”の明かりが灯っており、お祭りの雰囲気を感じさせます。


こうして見ると浜松オートの西門付近を彷彿とさせます。

  
そして日没。高い防音壁には、プロ野球スタンドにも似た巨大広告がいくつも掲げられております。
今節の川口ナイターは1着獲得選手によるウィニングランが終日行われました。
伊勢崎オートと同じく固定のナイター設備を完成させた川口オート、ナイター用サイレンサーの
導入とともに、今後はナイターレースの歴史も築きあげていきそうです。


そして防音壁いっぱいを使った大迫力のイルミネーション・ショー。
ナイターレースを1日楽しんで頂くためのビッグイベントが次々と行われました。


そして最終12R「優勝戦」。8周回ハンデ戦にて競われました。
勝負の分かれ目はスタートの一瞬。キレ味抜群のカミソリスタートを繰り出した3枠、
女性ライダー・佐藤摩弥選手が前2車をファーストコーナーで鋭くまくりきり、先頭を奪うと
そのまま全周回逃げ切りの態勢に。


レース終盤、船橋から川口へと移籍した8枠・中村雅人選手、4枠・黒岩 明選手が猛追するも
摩弥選手の操る愛車・クノイチは川口の夜に輝くシューティング・スターとなって
スタンドから沸き起こる歓声の中、チェッカーラインを通過。
川口の生んだレディースライダー・佐藤摩弥選手が”女性選手初のグレードレース優勝”を
達成させたのでした。


川口オートの特徴でもある、防音壁いっぱいを使った巨大ビジョンに
摩弥選手の笑顔が映し出されました。ウィニングラン時には走路フェンス前、そして
選手表彰式時には特設アトリウムに、全国から応援に駆け付けたオートレースファンが集まり
摩弥選手の偉業を祝福。川口ナイターの閉幕まで見守り続けました。
摩弥選手も、何度も「こんな遅い時間まで、見届けてくださり本当にありがとうございました!」と
オートレースファンへ感謝の意を述べておりました。

「GIIの優勝をゴールとせず、これからもGIそしてSGの優勝を目標にがんばりますので、
 応援をよろしくお願いします!」
新たに選手デビューを目指している33期候補生のなかにも、摩弥選手に憧れて
オートレーサーへの道を選んだ女性陣が数多くいらっしゃることでしょう。

「オートレーサーを目指す女性たちを、これからも引っ張っていきます」と宣言した
佐藤摩弥選手。GIIタイトル獲得おめでとうございました!


posted by ブンブンボーイ at 22:03| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

GI ゴールデンレース番外編


浜松オート・還暦のお祝い、「GI 開場60周年記念ゴールデンレース」にて
華を添えてくださいました、AiLiさん(中央)とKNU○○さん。


AiLiさんは、これまでにも”恵比寿マスカッツ”時代に「永作あいり」として
浜松オートへ数回来場しており、現在では魂をゆさぶる歌唱力を武器に
アーティスト名「AiLi」 とし、ワンマンライブの歌姫として音楽活動を展開しております。
今回の浜松オート来場ではすっかりオートレースの知識も身につけ、
「KNU○○の□□さんは「青色が好き」っていうことは、4番車を買えばいいですよ!」と
オートレース場・初来場のKNU○○さんへオート指南をしてくださっておりました♪

AiLiさんのファンは全国におり浜松オートのGI来場時もその情報を聞きつけて
西から東からと遠方各所よりお越しくださいました。AiLiさんへの応援、ありがとうございました☆



今節がオートレース初来場となりましたKNU○○さんも、オートレースファンの方々へ
馴染んでいただこうと、即興で”オートレースネタ”を一つナイショで作ってくれておりました。
ミニライブの曲目が全て終了し、ミニトークが進むと・・・

リーダー:「あ〜待て待て!ちょっと待ちなさい!」
KNU&ギャラリー:「お?なんだなんだ?」
リーダー:「”オートレース”とかけ(掛け・駆け・賭け)まして!」
全員:「おぉ”謎かけ”か! ”オートレース”とかけまして!?」
リーダー:「”私たちのムネばっかり写真を撮っているキミたち”と解く!」
全員:「その心は!?」

リーダー:「かつ(喝・勝つ)!!」



KNU:「お〜〜っとっと!!?」
『オートレース!!』

KNU○○さんは、左手を高く上げてハンドルをにぎる”オートレースポーズ”を考案し披露!
これにはオートファンの皆さまも「おぉ〜!!」と拍手喝采を贈っておりました☆



浜松オート来場が決まって、オートレースファンのために”小噺&オリジナルポーズ”を
考えてきてくださったKNU○○さん。本当にありがとうございました☆
他オートレース場さんもぜひオファーしてあげてくださいね(笑)


posted by ブンブンボーイ at 15:55| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

GI ゴールデンレース 3日目のようす

  
夕方の走行練習が終了した後も、走路内では選手たちがそれぞれのトレーニングを行っております。
開催が終了するまでは管理地区の外に出られない、いわば”かんづめ状態”なので、
管理地区内でいかに気分をリフレッシュさせるかも選手たちのアイデア次第となります。

夕方のトレーニングを終えた遠藤 誠選手とロッカー内ですれ違うと、遠藤選手は
「ちょうど良かった、”ブンブンさんへ”と僕の応援FAXにメッセージが書かれてありますよ。」と
FAXを見せてくださいました。ちょうど先日、CS放送にて『応援FAXはちゃんと選手に
届けられているのでしょうか?』といった質問FAXが読まれておりましたが、安心してください、
ちゃんと全員に届いておりますよ(笑)
応援FAXには、「ブンブンさんに「お誕生日おめでとうございます。」と、お伝えください。
ブログ、ツィッター、楽しく拝見しています。」と書かれてあります!
うぅ・・感動です。。ペンネーム・川口のおばさま、ありがとうございました!
嬉しいメッセージをしっかりと頂戴いたしました☆

遠藤選手:「この方はいつも応援してくださいまして、しかも文字が綺麗で(笑)選手たちはみんな
CS放送スタッフ経由で応援FAXが手元に届くと、工具を持つ手を休めて読んでいます。
そしてまた、頑張れるんです!みんな本当にありがたく思っていますよ!」
今日は選手と同じ気持ちを味わうことができました♪遠藤選手、ありがとうございました☆



写真:2/27「GIIウィナーズカップ」・優出選手公開インタビューのようす。

明日5/14はいよいよ天下分け目の「準決勝戦」を第9〜12Rに実施。
第9・10・11R各終了後、イベントプラザにて優出選手2名ずつの公開インタビューを実施します☆
どうぞイベントプラザにお集まりください!なお、第12R終了後は即夕方練習が開始されるため
公開インタビュー及びCSインタビューも行われません。ご了承ください。


本日に引き続き、明日も開門より1Fインフォメーション前にて
選手サイン色紙 先着プレゼント」を実施します。
・5/14…浦田信輔選手サイン色紙 開門先着10名様
当日2000円分の未確定車券か未確定投票受付明細を会場へご提示ください。
なくなり次第終了となります。お早めにどうぞ!


  
第12R、1着4枠・田中 賢選手(伊勢崎・29期)

  
第11R、1着4枠・笠木美孝選手(浜松・22期)

  
第10R、1着8枠・浦田信輔選手(飯塚・23期)
「エンジンはもうそんなにはいじっていません。乗り味は悪くないと思いますがタイヤが滑りますね。
 追い上げて勝てたので良いと思います。」

  
本日も第9〜10Rの発売時間をかけまして1Fインフォメーション前にて
「浜松オート お楽しみ大抽選会」を実施。2000円以上の未確定車券かはまりっちレシートを
ご提示くださればスロットゲームに挑戦できます。今節は”遠鉄グリーンカップ”、ということで、
遠鉄様よりご提供の豪華景品、「ホテルウェルシーズン浜名湖」のペア宿泊券をはじめ
「ホテルコンコルド浜松」のランチバイキング招待券、「華咲の湯」入浴券などが当たります♪

明日はイベント多数のため、「大抽選会」の実施時間は”第6〜7Rの発売中”となります。
実施時間が早い分、未確定車券の購入範囲が広がりますのでどうぞご挑戦ください!

  
第9R、1着8枠・青山周平選手(伊勢崎・31期)

  
第8R、5枠・西村龍太郎選手のフライングにより再発走に。
1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松・32期)
  
第7R、道中に審議が掛かり、3枠・仲口武志選手と5枠・岩科鮮太選手は内線突破のため失格に。
1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎・29期)

  
第6R、1着1枠・鈴木辰己選手(浜松・13期)


”日の出の勢い”とはこのこと、ライジング・サンことASAHIちゃんがエンジン全開!!
自ら”体育会系女子”と称するだけに、持ち前のあふれるバイタリティを発揮しております♪
開門時の東入場門奥・「来場者お出迎え」にて、お客さまとの交流を楽しんだあとは
すぐさま選手管理地区へと移動し、CS放送のピットレポートを単独で担当。
CSスタジオの安原さんや島田さんへ、天候や走路状況を伝えると・・

  
「浜松オートを多くの方々に知っていただくには”レース以外の楽しさも伝えないと”って思うんです!
今日はお客さまの間で『隠れた名店』とウワサされる”名物うどん”屋さんへ連れて行ってください!」
と、ASAHIちゃんから提案。なんと!名物うどん屋さんは南入場門方面にあるので、
管理地区からお店までゆうに200m以上は距離がありますよ!?

「私、場内の移動は”ヒールなし”の靴をはいてます!だから移動は大丈夫です!(笑)」
なんとASAHIちゃん、自ら「移動用」と「イベント用」で靴を2つ用意し、
TPOに応じて履き替えをしていたのです!
ということで、選手管理地区を出て第1コーナー奥の名物うどん屋さんまで大移動!

すると名物うどん屋さんでは既に”冷やしうどん&そば”の販売を開始しておりました♪
「浜松って1年を通じて暑い場所なんですね!もう”冷やし”を売ってますよ!」
ASAHIちゃんは『山菜おろし冷やしそば』を注文☆
「すみませーん、浜松オートレースヴィーナスに就任しました、ASAHIでーす!」
突然のヴィーナス来訪に名物うどん屋さんの店長もビックリしておりました(笑)

  
「うま・・!今日は走路温度が50℃以上だってCS放送で言っていたし、よく冷やしたそばが
山菜&大根おろしとめっちゃ合う・・そしてここから観戦するレースの視点、めっちゃ広く感じる!
管理地区からだと、こんな広がりは感じられなかった・・まだまだ知らないことがいっぱいある!」
ASAHIちゃんは背が高くとも、お客さまと同じ目線で食堂や観戦を体感。
そして次々と沸き上がる感想を私に教えてくださいました。

すると、名物うどん屋さんの店長が自らお店から出てASAHIちゃんの元へとやってくると、
「ぜひうちのお店(浜松観光食堂)のブログでも紹介したいので、写メを撮らせてください!(笑)」
とASAHIちゃんにお願い。「もちろん喜んで!」とASAHIちゃん、
近いうちに紹介されるかもしれません♪

食事が済むとASAHIちゃんは自ら返却口までお椀を返しに向かいました。
「レースヴィーナスだからって特別な感じはありません。だって、モータースポーツでありがちな
選手の隣で傘を差して立っているだけのレースクイーンとは別物だって思っているから・・。
私もお客さまと同じ、1からオートレースを勉強している初心者という立場で、いろんなことを
発見していきたいんです!」

  
実はASAHIちゃん、GIの初日から、空いた時間を使って場内の出店にも
お世話になりますと挨拶に回っていたのでした。
その心意気にすっかり感心してしまったたい焼き・「焼きたて屋」さんの御主人も、
「ASAHIちゃん、またすごい子がヴィーナスに任命されましたね!」と太鼓判を押して下さいました♪

お隣の焼き鳥・「鳥好」さんにも立ち寄ったASAHIちゃん、それには理由がありました。
「明日あさっては毎レース発売中ごとにイベントがあるから、時間に余裕があるのは
今日までだと思って、初日から3日をかけて全ての出店へご挨拶させて頂きました。
これからもよろしくお願いします!」
次はグリーンスタンド内のお食事やお店にも行ってみたいです!とコメントしておりました☆
浜松オートに朝日が昇る、”ライジング・サン”ASAHIちゃんの活躍にこれからも期待大です!

  
第5Rから「準々決勝戦」。さらに勝ち上がりの”ふるい”がかけられていきます。
1着2枠・篠崎 実選手(川口・9期)「いやぁ、(配当が)だいぶついたねぇ!」


先日に引き続き、本日も早朝から走路内入りをしたわたくしブンブンボーイは
走行練習の撮影を実施。よさげな写真は今後のチャリティ販売イベント等に使用します。
ふとファイティングゲート(入場門)からやってくる選手をみると・・・

    
左から、金子選手、金子選手、金子選手・・と、金子大輔選手で刻子が1組できあがっておりました?
質量のある分身でしょうか??


よく見たら、吉田恵輔選手と高橋義弘選手が金子選手のNo.1勝負服を着て
走行練習に参加していたのでした(笑)


スタート練習にて。気合一番、ウィリーをしてスタートを決め込む金子大輔選手(本人)。
今節GIでは「浜松オート フォトコンテスト」を開催中。開催中に場内1Fインフォメーションへ
「参加したいです」と声をかければ即日参加ができます。
カッコいいオートレースのシャッターチャンスをどうぞお見逃しなく!

posted by ブンブンボーイ at 20:23| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

浜松駅前モール・「ソラモ」にてGI開催告知用ポケットティッシュを配布しました


写真:街頭のGI告知ティッシュ配りに選手&レーシングスタッフが参加。参加選手は、
中村晋典選手会浜松支部長(左下)、遠藤 誠選手(1枠)、赤堀 翼選手(2枠)、
鈴木宏和選手(3枠)、山浦博幸選手(4枠)、佐藤裕児選手(5枠・飯塚)、
松本やすし選手(6枠・伊勢崎)、永田恭徳選手(7枠・山陽)です。

日曜日に参加しました清掃ボランティア活動、「ウェルカメクリーン作戦」に続き、
月曜日は浜松駅前のモール街「ソラモ」にオートレーサーズが集合。
浜松オートレーシングスタッフとともに、5/11より開幕する「遠鉄グリーンカップ
GI 開場60周年記念ゴールデンレース」の告知用ポケットティッシュを街行く人々へ
「浜松オートをよろしくお願いします!」と配布してまいりました。

  
この日は音を立てて降る雨だったため、集合はフォルテ南の屋根のある場所となりました。
今回はオートレース・オートレーサーだと一目見て分かるように、選手の方々は
防具と勝負服を着用。レーシングスタッフは背中にオートレースのシルエットが載っている
スタッフジャンパーを着てティッシュ配りにのぞみました。
レーシングスタッフの大切なひとり、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんも
浜松駅前まで駆けつけてくださいましたよ☆
「浜松オートへお客様がいっぱいご来場くださるように、私も精一杯PRしまーす!」

   
「ソラモ」の人の流れには波があります。それもそのはず、JRや遠鉄西鹿島線の電車が
約10分間隔で到着するたびに、駅から駅へ、はたまたバスorタクシーに乗り換えをする
方々であふれかえるからです。一通りの人の波が収まると、ふたたび集合場所へ戻って
カゴの中のポケットティッシュを補充し、ふたたび配布をすすめてまいります。
カゴ一杯分の配布で終了ではありません(笑)

  
この日はGI 前検日のさらに前日だったため、1日早く浜松へ前入りした選手は
どこかで1日宿を取ってから、翌日の前検日ロッカーへ入っていくことになります。
前検日は一番で仕事を開始しようと、若手選手である松本やすし選手、佐藤裕児選手、
長田恭徳選手はこの日に浜松へいらして下さったため、お手伝いが可能となったわけです。
浜松オートでの開催なのに、他場の選手が開催のお手伝いをして下さるなんて、
なんともありがたいことです。そしてもうひと方、4枠の勝負服を身にまとってティッシュ配りを
手伝って下さったのは、長期の休場を経てGIより復帰となる山浦博幸選手。


GIでの復帰参戦にあわせて前節「浜松まつり開催」にて練習参加を果たした山浦選手は、実は
前節の『なつかしの競走車による試走先導』でも、ファンイベントのお手伝いを自ら引き受けて
行なってくださったのです。山浦選手は「いやぁ、自分なんか取り上げなくても・・」と
控えめにおっしゃっておりましたが、山浦選手の復帰を心待ちにしていたファンの方も多いですし、
私も心待ちにしていたその一人ですから♪ ファンイベントの参加ありがとうございます!


「せっかく勝負服を着て頂いての活動だったので、選手だけの撮影をしましょう」と提案してみました。
遠藤選手:「いいねぇ、グレードレースの”優勝戦セレモニー”前の集合写真みたいで(笑)」
赤堀選手:「でも参加選手が7人だから、「7車立て」っスね(笑)」
ということで、グレードレースでもレアな”7車立て”の集合写真となりました♪

参加された皆さま、雨の中おつかれさまでした☆

posted by ブンブンボーイ at 19:06| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

選手会浜松支部、浜松まつり凧揚げ場〜中田島砂丘にて「ウェルカメクリーン作戦」に参加


「浜松まつり」が終了した直近の日曜日といえば、もはやおなじみとなっている
「ウェルカメクリーン作戦」。浜松まつりや連休をかけて会場&浜辺へ出向き、その際
風に飛ばされたりして落ちてしまったゴミを有志で集まった人たちが拾い集め、
ウミガメの産卵しやすい環境へ元通りにさせるのがねらいです。

今回は13名の選手が参加。なかでも、伊勢崎オートより栗原俊介選手(31期・写右下)が
仲間の浜松選手に誘われて、一緒に参加してくださいました


凧揚げ会場にて清掃の開始を待つボランティアチーム。ものすごい人の数です。
まずはここで事前にエントリーをした団体の参加人数を係員に伝え、ビニル袋をもらいます。
カン、ビン、金属類は不燃ごみに分けますが、ペットボトルはリサイクルできないほどに
キズがついていたり変形している場合があるので、ここでは可燃ごみに分類します。


清掃ボランティアのスタート。浜松オートの選手会チームは毎年、
凧揚げ会場〜中田島砂丘を清掃範囲としております。


流木類や植物は自然の産物なのでそのままにしておきますが、
木材加工物はクギが刺さっている場合があるので収集します。大きなごみよりも、むしろ
小さなごみのほうがマメに拾っていく必要があります。ウミガメや鳥がエサと間違えて
飲み込んでしまう可能性があるからです。


これまでの「ウェルカメクリーン作戦」の参加選手は全員が浜松所属でしたが、今回は
「浜松まつり開催(5/3〜6)」と「GIゴールデンレース(5/11〜15)」・前検日との間が
3日しかなく、連続出場の選手の中には地元へ帰らず浜松で過ごしていた方もいらしたそうです。
事前に参加登録をしていた藤波直也選手&渡邉 篤選手は栗原選手と同期のため、
この日浜松にいるなら一緒にどう?と、お誘いをしたのかもしれませんね。

  
拾ったごみは一旦イベント本部に集められて、そこから細かく分別をしていきます。
スタッフの分別作業に負担がかからないように、浜松オートチームでは先に全員分を一つにまとめ
鈴木宏和選手と中村友和選手が分別をしてからスタッフにごみを提出しました。

選手の方々は「浜松まつり」の開催時にレースがあったため、おまつりには一切参加していません。
おまつりに参加していないメンバーが、おまつり後の荒縄や竹ひごを拾い集めている姿に
頭の下がる思いでした。今年も大変おつかれさまでした♪

posted by ブンブンボーイ at 15:41| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする