2019年11月18日

仮設審判棟での模擬レースを実施しました


メインスタンド前に建てられた「仮設審判棟」への機材の引っ越しが完了し、
本日は走路内にて仮設審判棟内のセンサーや計器類が正常に作動するかを
確認するための「模擬レース」が8車立てで行なわれました。


模擬レースは一発勝負、ということで、普段はシャッターが閉められており
カギの掛けられている選手ロッカーですが、約1ヶ月半ぶりに
競走会の許可を経て開放され、代表8選手&役員選手が集合しました。


代表8選手のなかに鈴木啓示選手の姿が。
啓示選手は先月10/17の山陽「A級B級ツイントーナメント」にて
第11Rの「B級優勝戦」に出場しみごと優勝を成し遂げました!さっそく私から
「事業所から優勝の瞬間を見ていました、おめでとうございました☆」と
祝福の言葉を贈らせて頂きました♪


左から、関口隆広選手、山脇孝志選手、鈴木健吾選手。
健吾選手:「開催のない日が長く続いたけど、ブンブン君は何して過ごしてたの?」
と、私に話しかけてくださいました♪私にとってオートレース選手は
プライベートでは話しかけられないくらいに位の高い存在ですが、
ありがたいことに健吾選手はいつも私に声を掛けてくださいます♪
私は非開催の1週間をかけて東へ西へとオートレース場の視察を行ないました。


走路内に救護スタッフや審判員などレーシングスタッフが集合。
あくまで模擬ですが、久々に本場レースの雰囲気が蘇ってまいりました。


仮設審判棟には当然ながらアナウンス機材も引っ越しされており、
浜松オートでなじみ深い試走のBGMや予選&一般戦ファンファーレはもちろん、
ウグイス嬢による場内アナウンスもテスト放送されました。

ファイティングゲートから登場した8選手が試走を終えて発走ピットへ。
発走ピットの中にも仮設審判棟とつながっている有線ブレストが設置されており、
審判長&副審判長と試走タイムや再試走など申告のやりとりが行なわれています。


そして発走。模擬レースは1枠から順に0ハン、10m、20m…と
最長70mのタテ長ハンデレースで行なわれました。
第3コーナー中庭の走路内観戦用ベンチでは検車場や勝負服用意などの
ロッカー内スタッフが模擬レースを見守りました。


そして確定表示。着順は入着のままですが配当金はフィクションです。
しかしながら走路から模擬レースを見守っていたスタッフたちは
「前逃げだからか、だいぶついたねぇ〜」と笑っていました♪


写真:模擬レースが行なわれている一方、航空自衛隊浜松基地では
 レーダーを載せたジェット機が飛び立ち、静かに空を旋回していました。

こうして模擬レースは1レース分の全ての流れを経て無事に終了。
来年1/2の4日間開催、「第4回 花の舞新酒杯」に向けて
最終的な調整やチェックが進められていきます。
どうぞお楽しみに♪


posted by ブンブンボーイ at 17:17 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

飯塚オートレース場を視察


福岡県は飯塚市にある「飯塚オートレース場」です。
この日は本場開催が行なわれていました。


メインスタンドです。川口オートと山陽オートとともに
上層階に室内観覧席があり、浜松オートより迫力を感じます。


場内の通路は至る所がテント式になっていて雨をしのげます。
有力選手が掲載されているパネルも非常に大きいです。


スタンドと走路との間の通路が開けていて、伊勢崎オートに近い雰囲気かもしれません。


とても広い芝生公園があるのも飯塚オートの特長です。


飯塚オートのフードコート。山陽オートと同じく「回転焼き」が売られていました。
先日の「オッズパーク杯 SG第51回 日本選手権オートレース」では
浜松オートからたい焼き・「焼きたて屋」さんが飯塚オートまで遠征して
浜松のたい焼きを販売しました。皆さんは食べられましたか?

飯塚オートは浜松に比べて全体的に大きい&広い雰囲気があります。
ぜひ飯塚オートにも白熱のレースを見に足をお運びください!


posted by ブンブンボーイ at 17:52 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

川口オートレースを訪問(その2)


川口オートはほぼ半周がスタンドで囲まれており、とても大きな印象があります。
知人の話では、全盛期はGTやSGになると、歩く場所もないくらいに
満員御礼の大盛り上がりになっていたそうです。


2枠・柴田紘志選手のインコースを差す8枠・若井友和選手。


内外自在で他車をさばいていき、先頭を目指す8枠・佐藤摩弥選手。


おすすめの売店として紹介してくれた1つが、内田屋さん。


内田屋さんの「牛もつ」が人気メニューということで注文しましたところ、
まるでサイコロステーキのようなビッグサイズの牛もつが出てまいりました!
つい「もつ」と聞くと、ホルモン的なものをイメージしていたのですが・・・
ステーキっぽい見た目とは反して、プニっとした歯ごたえは
「もつ」そのもの。すぐにかみ切れる柔らかい食感&
ダシ味噌に漬け込んだ煮込みの風味が絶妙です♪


川口オート場内にて浜松オートの恒例開催・「レッドリボンカップ」の
ポスターがしっかりと貼られておりました☆
写っているのは昨年の覇者、木村武之選手です。
今年の覇者・遠藤 誠選手が掲載される予定のレッドリボンカップポスターは
協賛のNPO法人・魅惑的倶楽部さんが現在製作中。
どうぞお楽しみに♪


posted by ブンブンボーイ at 16:53 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

飯塚「SG第51回 日本選手権オートレース」場外発売・最終日のようす 



11/4()、あたたかい日差しのもと飯塚「オッズパーク杯 SG第51回

日本選手権オートレース」の場外発売・最終日を実施している浜松オートにて

浜松ライダー・花田一輝選手と金田悠伽選手による

「選手会カレンダー2020 販売記念サイン会」を

第8R発売中・イベントプラザにて実施しました。



  

未来の浜松オートを牽引していく若手ライダー・花田選手&金田選手。

お客さまのご要望に応じてサインの他にも握手や記念撮影に応じていました。





ただ今浜松オートの場内通路はメインスタンド改修工事にともない

各所が工事中となっております、ご迷惑をおかけし申し訳ありません。



それでも本日はSG場外&振替休日であることも相まって、

イベントプラザにはたくさんのお客さまにお越しくださいました。







わたくしブンブンボーイがカメラを構えていることに気付いた両選手は、自ら

写真を撮ってください♪とカメラに向かってピースポーズを取ってくださいました☆

浜松の選手はとても心優しい2方々ばかりなのです♪

本日はご来場ありがとうございました☆







続いて第10&11R発売中、1Fインフォメーション付近にて

「グルメカタログギフトの当たる 未確定車券 大抽選会」を実施。

合計2000円以上の未確定車券か「はまりっち」レシートのご提示で1回、

スロットゲームに参加でき、最高2万円相当の”グルメカタログギフト”が当たります。

その他にもSGオリジナルQUOカードやお菓子の詰め合わせなどが当たりました。



「優勝戦」までご覧になる方は、違うレースの車券との組み合わせでも

足して2000円以上になれば参加できるルールです。

ご当選されました皆さま、おめでとうございました☆







そして最終12R、10周回・0mOPの「SG優勝戦」。

飯塚オートCS放送の内野さんが「まるで競馬の重賞レースのように

発走のファンファーレとともにお客さまから拍手が沸き起こっていました」と

コメントしていましたが、こちら浜松オートでも場外発売ながら

ファンファーレとともにベストエイトを讃える拍手が贈られていました☆





令和の時代はスピード勝負に加えて正確さ勝負へ。

一糸乱れぬスタートタイミング、チェンジワーク、そしてコース取りと

オートバイのパワーを最高に引き出す操作を全て完璧にこなしてみせた

青山周平選手が全10周回をTOPで走り抜き完全無欠のVチェッカー!

「SG日本選手権オートレース」を制し第51代の日本一を獲得しました!





「これからもオートレースを楽しんでください!」

とコメントしました青山周平選手、日本一おめでとうございました!





明日11/5(火)から浜松オートはメインスタンド改修工事のための

本格的な工事作業が始まるために11/21(木)まで非開催日となります。





次回の実施は11/22(金)より、

山陽「GU小林啓二杯」の場外発売を実施します。

どうぞお楽しみに。


posted by ブンブンボーイ at 17:36 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

天竜区春野町「すみれ寮」にて創立記念式典を実施



11/2()。毎年”文化の日”は天竜区春野町・気田川のほとりにある

社会福祉法人・葵会の児童養護施設、「すみれ寮」にて

創立記念の式典、”感謝の集い”が執り行われ、

浜松オートから代表してわたくしブンブンボーイが毎年参加しております。





写真:1年を通じて社会貢献・福祉活動を推進している浜松オート選手会。

 写真は選手会浜松支部長の中村晋典選手。



「すみれ寮」と浜松オートとの関係は長く、社会福祉法人・「葵会」の理事長、

石塚猛裕さんは元・浜松市の天竜区長であり、

以前に浜松オートのレーシングスタッフをまとめる

”小型自動車競走会 浜松支部”の支部長を務めておりました。



現在は浜松市内の社会福祉活動に尽力しており、

「すみれ寮」の設立とともに、浜松オートレーサーによる

「すみれ寮」訪問&寄付活動の橋渡し役となりました。

これらの経緯から、「すみれ寮」のスタッフさんは毎年浜松オートへ

感謝の集いの招待状を送って下さるのです。



  

感謝の集いでは毎年、工夫を凝らしたイベントを

すみれ寮の子供たち同士で考えて手作りで用意しています。

今年はやっぱりラグビーワールドカップにちなんで

ラグビーボールを得点の書かれた穴へ投げ入れるという

自作ゲームのパネルが設置されていました。



一方、玄関前の大型テント内ではお食事コーナーの他にバザーが開催され、

お子様でもお買い物の体験ができるよう、10円〜50円で買えるグッズが

多数用意されていました。私は20円のハンドタオルを購入しました♪



  

写真左:現在大流行、「タピオカドリンク」が飲めるコーナーも。

 ソーダ味、抹茶ミルク味など数種類が用意されていました。実は私は

 今までタピオカドリンクを飲んだことがなく、本日初体験となりました(笑)

写真右:すみれ寮には本格的なピザ用石窯が裏庭に設置されており、

 毎年感謝の集いにて直火焼きのピザがお客さまへ振る舞われます。





さらに今年は「タコライス」や「梅こぶ茶」、「きのこのスープ」、

そしてデザートに「スモア」、そして地元の畑で採れた「サツマイモ」と

国際色豊かな手作りのご馳走をお腹いっぱい頂きました♪

子供たちがお客さま一人一人へ心を込めて作っている&

お待たせしましたと振る舞っている姿がとてもけなげで印象的でした。

こうして少しずつ社会進出・自立への段階を踏んでいくのだと感じました。





「みんな、作業は順調かね?」と、子供たちが出展しているブースを

一つ一つあたたかく見守る社会福祉法人・「葵会」の理事長、石塚猛裕さん。

石塚さんは「ブンブン君、浜松オートのほうもメインスタンドの改修が始まって、

リニューアルが楽しみだね。来年のお正月までは本場開催がないけど、

またレースが再開された時には足を運ばせてもらうから、競走会や選手会、

トーターの皆さんによろしくね。」とお話してくださいました。

今年も感謝の集いにご招待くださいましてありがとうございました♪









飯塚オートにて繰り広げられている「オッズパーク杯 SG 第51回

日本選手権オートレース」は本日シリーズ3日目。

第12Rに選抜レース・「スーパーライダー戦」を実施、

レースは終始、スタート勝負にて先頭&2番手となった

鈴木圭一郎選手、青山周平選手が入れ替わることなくゴールイン。

そして最終周回にて佐藤摩弥選手が久門 徹選手から3番手をもぎとり、

2-4-1の着順となりました。

鈴木圭一郎選手は今節”土つかず”の3連勝です、

おめでとうございました☆





明日11/3()はいよいよ8周回の「準決勝戦」が

第9〜12Rをかけて繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!




posted by ブンブンボーイ at 17:37 | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする