2016年07月03日

伊勢崎「GII 稲妻賞」最終日のようす


写真:優勝戦セレモニーのようす。ステージはメインスタンドのふもと、MCは照沼杏奈さんです。

伊勢崎オートにて5日間をかけて繰り広げられましたナイターレース、「GII 稲妻賞」。
週末土日となれば、日暮れのムードも高まってまるで夏祭りのような盛り上がりをみせます。

  
予想屋台もご覧の通り、メモリアルな賞金ボードや記念写真などが幾重にも貼り付けられており
ド派手に演出しております。ふと壁を見ると、そこには「選抜戦出場選手を決めるファン投票」の
イベント告知が掲示されておりました。毎年4月の「SGオールスター・オートレース」では
出場選手そのものを決めるファン投票が行われておりますが、全国オートレーサーの
出場スケジュールそのものに影響を与えるため、とても大がかりな計画となります。
ですが「選抜戦」のような企画レース1つの出場選手を決める投票であれば、あっせん選手が
決定すればその中でお客さまの投票により8選手を決めるだけなので、夢のドリームマッチが
比較的実施しやすいと言えます。
例えば浜松ならば、他場あっせん選手との条件が合えば、「佐藤選手4名vs田中選手4名」や
「ケンゴ選手4名vsケンジ選手4名」、あるいは
谷口武彦選手(現在休場中ですが・・)vs鈴木圭一郎選手のハンデ100m対決、さらには
同等級選手8車による0mOPレースなどがファン投票によって実現できそうです。
あっせん予定選手の中から「選抜戦」ファン投票、なかなか面白い企画ですね♪

  
場内では縁日屋台がズラリと勢ぞろい。輪投げや金魚すくい、かき氷などのコーナーが立ち並び、
休日を使ってご来場くださったファミリー客を楽しませておりました。

「焼きそば」なども数店舗が出店。そのお店でしか味わえない味やサービスを考え、
競い合うことによって、お食事処全体のさらなる向上を目指しているようでした。
うちの焼きそばは肉かす入り、うちの焼きそばはオムレツ入り、など、
出店ごとのレパートリーを増やすことは、お客さまにとっても飽きを感じさせないと思います。

  
さらに目を引いたのは、簡易式の屋外テントにネットを巻きつけての「カブトムシ広場」や、
寄木を組み合わせてイスや机を作り持って帰ることができる木工教室など、
学園祭や産業祭のような面白ブースも多数出展していたことです。
子供たちは、日ごろ忙しいお父さん&お母さんと触れ合うことのできる”夏休み”を
一足先に満喫していたようです♪


優勝戦セレモニーが始まるとご覧の通り、ステージが設置されたホームストレッチ・フェンス前に
大勢のお客様がたが集まりました。浜松オートからはただひとり、佐藤貴也選手が出場。
浜松オートレースファンが駆けつけていれば一層応援に熱が入ることでしょう。
一場にひと選手は優勝戦出場を願いたいですよね♪

  
そして優勝戦。地元伊勢崎ファンの期待を背に、3枠の好ポジションからスタートダッシュを決めた
早川清太郎選手が即行のさばきで先頭を手に入れると、ぶっちぎりの態勢で8周戦を制し
レーザーのように青く輝くゴール線へ。伊勢崎ナイター「GII 稲妻賞」・優勝を成し遂げました。
伊勢崎オートの空には優勝選手を讃えるスターマインが広がり、バックストレッチの
特大オーロラビジョンには「優勝 早川清太郎選手」と映し出され、まるで
プロ野球ナイターゲームのような盛り上がりを見せておりました。


写真:賞金パネルを掲げる早川選手。競馬・森 泰斗騎手と一緒に。

早川清太郎選手、「GII 稲妻賞」優勝おめでとうございました☆

posted by ブンブンボーイ at 23:00| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

和合町・西和自治区集会場にて「親子花火教室」が実施されました


学校が夏休みの月となる7月は2日の土曜日。浜松オートのある街、浜松市中区・和合町は
「西和自治区」の集会場にて、西和地区に住む親子が消防署員から花火の遊び方を学ぶ
「親子花火教室」が今年も実施。

浜松オート(選手会浜松支部&日本トーター)では毎年、親子花火教室の実地訓練用花火を贈呈、
そして教室に参加してくれた子供たちへ、おみやげ用の”花火セット”を
「有意義にお使いください」とプレゼントしております。


親子花火教室のスタートは18:30、子供たちが集会場へと集まってくる一方、
浜松オート場内では伊勢崎ナイター「GII 稲妻賞」の場外発売が行なわれておりました。


親子花火教室では毎年、浜松市消防局の中消防署・「富塚出張所」の職員さんが
花火の種類や花火で遊ぶ時のルールを子供たちに教えてくださいます。
今回は実際の花火を手に取り説明。地に置くタイプの打ち上げ式花火は
絶対に手で持って遊ばないようにしましょう。小さな子供は親や大人、
大きなお兄さん&お姉さんと同伴で遊び、火消し用の水バケツを必ず用意しましょう。


打ち上げ式の花火は、火を付けた後に風などで倒れたら横に火が噴き出て
大きな事故につながるかもしれません。
必ず石やブロックなどで花火が倒れないように固定しましょう。導火線へ火を付けたあと、
花火が吹き出てこなかったとしても、絶対に顔を覗き込んではいけません。その途端に火が出て
ヤケドしてしまうかもしれないからです。
遊んでいる花火の火を、他の花火への着火用として使わないように。
激しく燃え広がるかもしれません。
そして流れている風を読み、”風上”から火を付けるようにしましょう。風下(逆風)から火を付けると
火花が出たとたん、自分の体に燃え移る可能性があります。
最近の衣料や靴は、燃えやすい材質が多く使われていますからね。


消防署員さんの説明を受けたあとは、実際に花火を使って遊び方を学びました。
子供たちをいくつかのグループに分け1列になって、順番で手持ち花火に火を付けていき、
水バケツの前まで少しずつ歩いていきます。
花火が消えたら、水バケツに終えた花火を入れて鎮火させます。
自治会のお母さん方や消防署員さんが付き添いでいてくれますので子供たちも安心です♪
正しい遊び方を学んだら、夏休みはご両親や親せきと一緒に、安全に花火を楽しみましょう☆


写真:今回の「親子花火教室」のまとめ役、西和自治会代表の井関さま(右)と、子供会を代表して
城村さん(右2)が中村晋典選手会浜松支部長と日本トータースタッフへ
「花火をプレゼントしてくださり、ありがとうございました!」と挨拶を行ないました。

今回の親子花火教室では中村晋典支部長&日本トータースタッフが
「有意義にお使いください」と花火の提供に訪れました。
和合町西和自治会からは代表・井関さま、そして子供たちより、城村さん&坂本さんが
代表となって「浜松オートの皆さん、ありがとうございました!」とお礼の言葉を贈りました♪

城村さん:「小さな子供たちには、ヤケドをしないように遊んでもらいたいです。」
坂本さん:「花火を束にして遊ぶと火が大きくなりますからね。ケガをしないでほしいです。」

井関さまにも今回の親子花火教室を通じて一言コメントをいただきました。
「今年も浜松オートさんから花火をたくさんご提供くださり大変助かりました。
 本日は天候も良くて、こうして無事に親子花火教室を行なうことができて、嬉しかったです。
 学校の夏休みが始れば、花火で遊ぶ機会も増えると思いますので、子供たちには
 今日の教室で学べたことを活かしてもらい、楽しくケガなく夏休みを過ごしてもらいたいです。」

井関さま、コメントありがとうございました☆

中村晋典浜松支部長&スタッフの皆さん、今年もありがとうございました♪

 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 21:30| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

川口ナイター「GII 川口記念」最終日のようす


川口オートにて開催された初のグレードナイター、「スポーツニッポン新聞社杯 GII 川口記念」。
最終日の場内は日曜日であることも手伝い、大変盛り上がっておりました。


場内の食堂も充実。川口オートではビールも販売されております。


場内の至る所に”ちょうちん”の明かりが灯っており、お祭りの雰囲気を感じさせます。


こうして見ると浜松オートの西門付近を彷彿とさせます。

  
そして日没。高い防音壁には、プロ野球スタンドにも似た巨大広告がいくつも掲げられております。
今節の川口ナイターは1着獲得選手によるウィニングランが終日行われました。
伊勢崎オートと同じく固定のナイター設備を完成させた川口オート、ナイター用サイレンサーの
導入とともに、今後はナイターレースの歴史も築きあげていきそうです。


そして防音壁いっぱいを使った大迫力のイルミネーション・ショー。
ナイターレースを1日楽しんで頂くためのビッグイベントが次々と行われました。


そして最終12R「優勝戦」。8周回ハンデ戦にて競われました。
勝負の分かれ目はスタートの一瞬。キレ味抜群のカミソリスタートを繰り出した3枠、
女性ライダー・佐藤摩弥選手が前2車をファーストコーナーで鋭くまくりきり、先頭を奪うと
そのまま全周回逃げ切りの態勢に。


レース終盤、船橋から川口へと移籍した8枠・中村雅人選手、4枠・黒岩 明選手が猛追するも
摩弥選手の操る愛車・クノイチは川口の夜に輝くシューティング・スターとなって
スタンドから沸き起こる歓声の中、チェッカーラインを通過。
川口の生んだレディースライダー・佐藤摩弥選手が”女性選手初のグレードレース優勝”を
達成させたのでした。


川口オートの特徴でもある、防音壁いっぱいを使った巨大ビジョンに
摩弥選手の笑顔が映し出されました。ウィニングラン時には走路フェンス前、そして
選手表彰式時には特設アトリウムに、全国から応援に駆け付けたオートレースファンが集まり
摩弥選手の偉業を祝福。川口ナイターの閉幕まで見守り続けました。
摩弥選手も、何度も「こんな遅い時間まで、見届けてくださり本当にありがとうございました!」と
オートレースファンへ感謝の意を述べておりました。

「GIIの優勝をゴールとせず、これからもGIそしてSGの優勝を目標にがんばりますので、
 応援をよろしくお願いします!」
新たに選手デビューを目指している33期候補生のなかにも、摩弥選手に憧れて
オートレーサーへの道を選んだ女性陣が数多くいらっしゃることでしょう。

「オートレーサーを目指す女性たちを、これからも引っ張っていきます」と宣言した
佐藤摩弥選手。GIIタイトル獲得おめでとうございました!


posted by ブンブンボーイ at 22:03| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

GI ゴールデンレース番外編


浜松オート・還暦のお祝い、「GI 開場60周年記念ゴールデンレース」にて
華を添えてくださいました、AiLiさん(中央)とKNU○○さん。


AiLiさんは、これまでにも”恵比寿マスカッツ”時代に「永作あいり」として
浜松オートへ数回来場しており、現在では魂をゆさぶる歌唱力を武器に
アーティスト名「AiLi」 とし、ワンマンライブの歌姫として音楽活動を展開しております。
今回の浜松オート来場ではすっかりオートレースの知識も身につけ、
「KNU○○の□□さんは「青色が好き」っていうことは、4番車を買えばいいですよ!」と
オートレース場・初来場のKNU○○さんへオート指南をしてくださっておりました♪

AiLiさんのファンは全国におり浜松オートのGI来場時もその情報を聞きつけて
西から東からと遠方各所よりお越しくださいました。AiLiさんへの応援、ありがとうございました☆



今節がオートレース初来場となりましたKNU○○さんも、オートレースファンの方々へ
馴染んでいただこうと、即興で”オートレースネタ”を一つナイショで作ってくれておりました。
ミニライブの曲目が全て終了し、ミニトークが進むと・・・

リーダー:「あ〜待て待て!ちょっと待ちなさい!」
KNU&ギャラリー:「お?なんだなんだ?」
リーダー:「”オートレース”とかけ(掛け・駆け・賭け)まして!」
全員:「おぉ”謎かけ”か! ”オートレース”とかけまして!?」
リーダー:「”私たちのムネばっかり写真を撮っているキミたち”と解く!」
全員:「その心は!?」

リーダー:「かつ(喝・勝つ)!!」



KNU:「お〜〜っとっと!!?」
『オートレース!!』

KNU○○さんは、左手を高く上げてハンドルをにぎる”オートレースポーズ”を考案し披露!
これにはオートファンの皆さまも「おぉ〜!!」と拍手喝采を贈っておりました☆



浜松オート来場が決まって、オートレースファンのために”小噺&オリジナルポーズ”を
考えてきてくださったKNU○○さん。本当にありがとうございました☆
他オートレース場さんもぜひオファーしてあげてくださいね(笑)


posted by ブンブンボーイ at 15:55| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

GI ゴールデンレース 3日目のようす

  
夕方の走行練習が終了した後も、走路内では選手たちがそれぞれのトレーニングを行っております。
開催が終了するまでは管理地区の外に出られない、いわば”かんづめ状態”なので、
管理地区内でいかに気分をリフレッシュさせるかも選手たちのアイデア次第となります。

夕方のトレーニングを終えた遠藤 誠選手とロッカー内ですれ違うと、遠藤選手は
「ちょうど良かった、”ブンブンさんへ”と僕の応援FAXにメッセージが書かれてありますよ。」と
FAXを見せてくださいました。ちょうど先日、CS放送にて『応援FAXはちゃんと選手に
届けられているのでしょうか?』といった質問FAXが読まれておりましたが、安心してください、
ちゃんと全員に届いておりますよ(笑)
応援FAXには、「ブンブンさんに「お誕生日おめでとうございます。」と、お伝えください。
ブログ、ツィッター、楽しく拝見しています。」と書かれてあります!
うぅ・・感動です。。ペンネーム・川口のおばさま、ありがとうございました!
嬉しいメッセージをしっかりと頂戴いたしました☆

遠藤選手:「この方はいつも応援してくださいまして、しかも文字が綺麗で(笑)選手たちはみんな
CS放送スタッフ経由で応援FAXが手元に届くと、工具を持つ手を休めて読んでいます。
そしてまた、頑張れるんです!みんな本当にありがたく思っていますよ!」
今日は選手と同じ気持ちを味わうことができました♪遠藤選手、ありがとうございました☆



写真:2/27「GIIウィナーズカップ」・優出選手公開インタビューのようす。

明日5/14はいよいよ天下分け目の「準決勝戦」を第9〜12Rに実施。
第9・10・11R各終了後、イベントプラザにて優出選手2名ずつの公開インタビューを実施します☆
どうぞイベントプラザにお集まりください!なお、第12R終了後は即夕方練習が開始されるため
公開インタビュー及びCSインタビューも行われません。ご了承ください。


本日に引き続き、明日も開門より1Fインフォメーション前にて
選手サイン色紙 先着プレゼント」を実施します。
・5/14…浦田信輔選手サイン色紙 開門先着10名様
当日2000円分の未確定車券か未確定投票受付明細を会場へご提示ください。
なくなり次第終了となります。お早めにどうぞ!


  
第12R、1着4枠・田中 賢選手(伊勢崎・29期)

  
第11R、1着4枠・笠木美孝選手(浜松・22期)

  
第10R、1着8枠・浦田信輔選手(飯塚・23期)
「エンジンはもうそんなにはいじっていません。乗り味は悪くないと思いますがタイヤが滑りますね。
 追い上げて勝てたので良いと思います。」

  
本日も第9〜10Rの発売時間をかけまして1Fインフォメーション前にて
「浜松オート お楽しみ大抽選会」を実施。2000円以上の未確定車券かはまりっちレシートを
ご提示くださればスロットゲームに挑戦できます。今節は”遠鉄グリーンカップ”、ということで、
遠鉄様よりご提供の豪華景品、「ホテルウェルシーズン浜名湖」のペア宿泊券をはじめ
「ホテルコンコルド浜松」のランチバイキング招待券、「華咲の湯」入浴券などが当たります♪

明日はイベント多数のため、「大抽選会」の実施時間は”第6〜7Rの発売中”となります。
実施時間が早い分、未確定車券の購入範囲が広がりますのでどうぞご挑戦ください!

  
第9R、1着8枠・青山周平選手(伊勢崎・31期)

  
第8R、5枠・西村龍太郎選手のフライングにより再発走に。
1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松・32期)
  
第7R、道中に審議が掛かり、3枠・仲口武志選手と5枠・岩科鮮太選手は内線突破のため失格に。
1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎・29期)

  
第6R、1着1枠・鈴木辰己選手(浜松・13期)


”日の出の勢い”とはこのこと、ライジング・サンことASAHIちゃんがエンジン全開!!
自ら”体育会系女子”と称するだけに、持ち前のあふれるバイタリティを発揮しております♪
開門時の東入場門奥・「来場者お出迎え」にて、お客さまとの交流を楽しんだあとは
すぐさま選手管理地区へと移動し、CS放送のピットレポートを単独で担当。
CSスタジオの安原さんや島田さんへ、天候や走路状況を伝えると・・

  
「浜松オートを多くの方々に知っていただくには”レース以外の楽しさも伝えないと”って思うんです!
今日はお客さまの間で『隠れた名店』とウワサされる”名物うどん”屋さんへ連れて行ってください!」
と、ASAHIちゃんから提案。なんと!名物うどん屋さんは南入場門方面にあるので、
管理地区からお店までゆうに200m以上は距離がありますよ!?

「私、場内の移動は”ヒールなし”の靴をはいてます!だから移動は大丈夫です!(笑)」
なんとASAHIちゃん、自ら「移動用」と「イベント用」で靴を2つ用意し、
TPOに応じて履き替えをしていたのです!
ということで、選手管理地区を出て第1コーナー奥の名物うどん屋さんまで大移動!

すると名物うどん屋さんでは既に”冷やしうどん&そば”の販売を開始しておりました♪
「浜松って1年を通じて暑い場所なんですね!もう”冷やし”を売ってますよ!」
ASAHIちゃんは『山菜おろし冷やしそば』を注文☆
「すみませーん、浜松オートレースヴィーナスに就任しました、ASAHIでーす!」
突然のヴィーナス来訪に名物うどん屋さんの店長もビックリしておりました(笑)

  
「うま・・!今日は走路温度が50℃以上だってCS放送で言っていたし、よく冷やしたそばが
山菜&大根おろしとめっちゃ合う・・そしてここから観戦するレースの視点、めっちゃ広く感じる!
管理地区からだと、こんな広がりは感じられなかった・・まだまだ知らないことがいっぱいある!」
ASAHIちゃんは背が高くとも、お客さまと同じ目線で食堂や観戦を体感。
そして次々と沸き上がる感想を私に教えてくださいました。

すると、名物うどん屋さんの店長が自らお店から出てASAHIちゃんの元へとやってくると、
「ぜひうちのお店(浜松観光食堂)のブログでも紹介したいので、写メを撮らせてください!(笑)」
とASAHIちゃんにお願い。「もちろん喜んで!」とASAHIちゃん、
近いうちに紹介されるかもしれません♪

食事が済むとASAHIちゃんは自ら返却口までお椀を返しに向かいました。
「レースヴィーナスだからって特別な感じはありません。だって、モータースポーツでありがちな
選手の隣で傘を差して立っているだけのレースクイーンとは別物だって思っているから・・。
私もお客さまと同じ、1からオートレースを勉強している初心者という立場で、いろんなことを
発見していきたいんです!」

  
実はASAHIちゃん、GIの初日から、空いた時間を使って場内の出店にも
お世話になりますと挨拶に回っていたのでした。
その心意気にすっかり感心してしまったたい焼き・「焼きたて屋」さんの御主人も、
「ASAHIちゃん、またすごい子がヴィーナスに任命されましたね!」と太鼓判を押して下さいました♪

お隣の焼き鳥・「鳥好」さんにも立ち寄ったASAHIちゃん、それには理由がありました。
「明日あさっては毎レース発売中ごとにイベントがあるから、時間に余裕があるのは
今日までだと思って、初日から3日をかけて全ての出店へご挨拶させて頂きました。
これからもよろしくお願いします!」
次はグリーンスタンド内のお食事やお店にも行ってみたいです!とコメントしておりました☆
浜松オートに朝日が昇る、”ライジング・サン”ASAHIちゃんの活躍にこれからも期待大です!

  
第5Rから「準々決勝戦」。さらに勝ち上がりの”ふるい”がかけられていきます。
1着2枠・篠崎 実選手(川口・9期)「いやぁ、(配当が)だいぶついたねぇ!」


先日に引き続き、本日も早朝から走路内入りをしたわたくしブンブンボーイは
走行練習の撮影を実施。よさげな写真は今後のチャリティ販売イベント等に使用します。
ふとファイティングゲート(入場門)からやってくる選手をみると・・・

    
左から、金子選手、金子選手、金子選手・・と、金子大輔選手で刻子が1組できあがっておりました?
質量のある分身でしょうか??


よく見たら、吉田恵輔選手と高橋義弘選手が金子選手のNo.1勝負服を着て
走行練習に参加していたのでした(笑)


スタート練習にて。気合一番、ウィリーをしてスタートを決め込む金子大輔選手(本人)。
今節GIでは「浜松オート フォトコンテスト」を開催中。開催中に場内1Fインフォメーションへ
「参加したいです」と声をかければ即日参加ができます。
カッコいいオートレースのシャッターチャンスをどうぞお見逃しなく!

posted by ブンブンボーイ at 20:23| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする