2019年06月15日

伊勢崎ナイター「GU稲妻賞」場外発売・4日目のようす


梅雨シーズンまっただ中で繰り広げられている伊勢崎オートは
「トータリゼータエンジニアリング・日刊スポーツ杯GU稲妻賞」。
浜松オートでは場外発売を実施、本日は雨降る湿走路にて
第9Rより「準決勝戦」が競われました。


4つの「準決勝戦」が全て終了し、明日6/16()の
最終12R「優勝戦」はご覧の8選手に決定。
8周をかけて競います。熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 21:16| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

伊勢崎ナイター「GU稲妻賞」 初日のようす


走路温度40℃以上のコンディションで幕開けとなった伊勢崎ナイター「GU稲妻賞」。
第2Rでは元・船橋所属の伊勢崎ライダー・岩田行雄選手が快挙を達成!


写真:頭を下げて前傾姿勢で1着のチェッカーフラッグを受ける岩田選手。

元・山陽ライダー小林啓二さん(1636勝)、
元・山陽ライダー秋田敬吾さん(1557勝)に続く
通算1500勝”を獲得しました!


写真:先日の浜松「SGオールスター・オートレース」にて撮影。整備の手を休めて
ハンドドリップでコーヒーを煎れるのが岩田選手のリフレッシュ方法です。

JKA発表にて、「高橋 貢選手(伊勢崎)にすぐ抜かれてしまうでしょうけど、
先に1500勝を達成できて良かったです」と岩田選手はコメントしていたそうです。
岩田行雄選手、1500勝達成、おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 15:21| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

飯塚&川口ナイター リレー場外発売・最終日のようす


浜松では先日に続いて午後から雨が降り続くなか、
飯塚「九スポ杯 エキサイティングマッチ」と
川口ナイター「ジャパンビバレッジ杯」のリレー場外発売・ともに最終日を実施。
どちらも晴れの良走路で競われました。


飯塚の最終12R「優勝戦」では地元飯塚ライダーの浦田信輔選手が
最重ハンである8枠40線から他7車をさばきぬいての
堂々たる優勝を獲得しました!おめでとうございました☆


そして川口ナイターの最終12R「優勝戦」でも
地元川口ライダーの山田達也選手が1番時計の試走29をマーク、
最重ハン・8枠20線から他7車をさばいて圧巻のチェッカー。
川口のナイターレースを制し優勝を成し遂げました!


表彰式にて花束を受け取る山田達也選手。優勝おめでとうございました☆


浜松オートはナイター場外が続きます。
明日6/12からは伊勢崎ナイター「GU稲妻賞」の場外発売を実施。

ここでお知らせです。
伊勢崎ナイター「GU稲妻賞」は第1Rの試走開始が13:55となるため、
5日間、浜松オートの開門は13:50となります
どうぞご注意ください。


posted by ブンブンボーイ at 21:38| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

飯塚デーレース&川口ナイター リレー場外発売・3日目のようす


同じ4日間開催で繰り広げられている、
飯塚デーレース・「九スポ杯 エキサイティングマッチ」と
川口ナイター・「ジャパンビバレッジ杯」。
浜松オートではリレー場外発売を実施中、本日はどちらも
第9〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられました。

☆6/11(火) 飯塚 第12R「優勝戦」

真夏を思わせる高気温&灼熱の走路で競われた飯塚「準決勝戦」、
浜松からただ一人、遠藤 誠選手が第9Rにて1着で優出を決め、
明日6/11はのこり7車の地元飯塚ライダーズと優勝をかけて競います。



一方、川口ナイターでは走路に水が浮くほどの大雨となり、
第11Rでは長谷晴久選手が3番手からゴールラインへの滑り込みに成功!
4車が横並びとなるなか、2着を獲得して明日の優出を決めました。

☆6/11(火) 川口ナイター 第12R「優勝戦」

川口ナイターでも浜松からただ一人、
長谷晴久選手が優勝戦にのぞみます。

遠藤選手は次節よりデビューする浜松新人34期・深谷俊太選手の師匠です。
そして長谷選手は浜松女子ライダー・交川陽子選手の師匠です。
どちらも応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 21:24| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

第6回HK交通タクシーブルーラインカップ 3日目のようす



2018年の山陽オート・「GU若獅子杯争奪戦」以来となる

通算2回目V&普通開催の初Vを、ここ浜松オートでGET!



「第6回 HK交通タクシー ブルーラインカップ」、最終12R「優勝戦」は

細かい雨の降りしきる6周回にて競われ、

1枠ゼロハン・中村杏亮選手(飯塚)が全周逃げきりに成功!

これまで届きそうで届かなかった、待望の普通開催優勝を成し遂げました☆



  

「う〜ぃ、おつかれ〜!」

ファイティングゲートに凱旋した中村杏亮選手を拍手で出迎えたのは飯塚ライダーズ。

今節杏亮選手のお向かいのロッカーを使って整備を見守っていた

丹村 司選手&森本優佑選手、そして越智尚寿選手です。

特に丹村選手は毎日杏亮選手へ声をかけている印象を受けました。





選手表彰式。今節協賛・「HK交通(浜松交通 株式会社)」営業部 部長、

松下和弘様、浜松オートレースヴィーナス・ASAHI ちゃんと一緒に。

杏亮選手のコメントです。

「今日は応援をありがとうございました。これからも頑張って、

 オートレース業界を盛り上げていきますので、応援をよろしくお願いします!」



中村杏亮選手、「第6回 HK交通タクシー ブルーラインカップ」優勝、

おめでとうございました☆













そして最終12R「優勝戦」の試走。

時間が変更となり16:35ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着6枠・仲田恵一朗選手(伊勢崎)、

2着7枠・渡邉 篤選手(浜松)、3着8枠・伊藤信夫選手(浜松)の確定は6-7-8。





第10R「特別一般戦」、1着8枠・岡部 聡選手(山陽)、

2着7枠・浅香 潤選手(伊勢崎)、3着5枠・鈴木清市選手(伊勢崎)の確定は8-7-5。





選手管理地区へ大型梱包トラックが到着。

レースを終えた選手のマシン&工具から積み込みが行なわれます。

明日の浜松オートは飯塚デーレース&川口ナイターのリレー場外を実施します。





第9&10Rの発売中、1Fインフォ前にて

「タクシーチケットの当たる未確定車券抽選会」を実施。

1000円分の未確定車券かはまりっちレシートをご持参で1回、

スロットゲームにチャレンジでき、最大3000円分のタクシーチケットが当たります。

本日は大雨、お帰りはHK交通タクシーのご利用もおすすめです。





第9Rを終えた時の走路状況。水の浮いている箇所は少なくなりましたが

西の空の遠くからゴロゴロと雷の音が聞こえてきます。





第7Rにてのこり1周の第1コーナー旋回時に2枠・小林頼介選手が

リアスリップを起こし自落。レースは続行し1着戦は接戦の末、

3枠・山本将之選手(山陽)に軍配が上がりました。

小林選手の容態につきましては打撲程度、大事には至らないとのことです。





第7Rの落車トラブルによる選手の容態情報を頂き、情報を発信しました頃には

ASAHI ちゃんのトーク&抽選会は既に終了となっていました・・残念。





早くも次節から一つ上の”先輩”となる、本日「優勝戦」に出場を果たしました

飯塚ライダー・中村杏亮選手。あっという間でしたね、とコメントしてくださいました。

「今節連勝できたのは、前フレームまわりのボルトを一回ゆるめてから

”締め直し”を行なったところ、乗り味が向上したおかげです。

競走車を飯塚〜浜松という遠距離をかけて梱包トラックで運んでいると

長時間の振動でボルトがわずかに緩んだりとか、締めている位置がちょっと

ずれたりとか、あるみたいなんですよ。初日のレースの前に締め直しをしたら

気になっていた違和感がおさまったので、おかげで優出できました。

先輩になることで、後輩へ伝えたいこと、ですか?いやぁ〜、全然分からないですね(苦笑)

まだ自分でさえ、どうしたらうまくなれるのか、教わりたいくらいですから…。

マシンの具合の悪い部分をピンポイントで見つけ出したり、タイムを上げられるか

どうかというのは、ほぼ選手自身の感覚というか、センスですからね…。

だからこそオートレースは奥深くて、難しいところが面白いところでもあります。

レース勘とかマシン勘の鋭い人が、結果として上手になっていくと思いますね。」

中村杏亮選手、コメントありがとうございました☆





お昼を過ぎて雨は依然として強く降り続けています。





浜松オートの次節は6/22()開幕、「第12回 スポーツニッポン新聞社杯」です。

開催初日の6/22より、浜松所属の新人34期生・3名がデビューを果たします!





写真:最終実地訓練として「GTゴールデンレース」の前検日に撮影。

選手養成所では既に卒業式を終えているとのことで、

はれて「選手」の肩書きがつきます♪左から、

深谷俊太選手、佐藤大地選手、桝崎星名選手です。

応援をよろしくお願いします!





写真:第3Rのようす。いよいよ予報が的中、どしゃ降りの中でのレースに。



ここでお知らせ。第2Rにおいて6枠・野田光宏選手のマシンが

発走直前にパンクを起こしてしまい、あえなく発走停止に。

本日第2Rは6枠にまつわる車券は返還となります。

ご了承ください。





写真:岡部 聡選手(山陽)。「ファン感」用ブロマイドとして撮影をお願いしましたところ、

「やだ!…で、どんなポーズを取ればいいの?(笑)」と冗談を交えて応じてくださいました♪



ここでお知らせが入ってまいりました。

本日は雨天のため、第4Rに予定をしておりました

「走路内観戦」は残念ながら中止となりました。

どうぞご了承ください。




浜松オートは来月7/14()に恒例イベント・
「浜松オートフェスタ2019 ファン感謝祭」をひかえており、
ファン感に向けた本格的な準備が始まっています。
私も連日をかけて選手会と打ち合わせをしながらファングッズ等を制作、
今節と次節は作業に追われてしまい、あまり開催のようすを
お伝えすることはできなさそうです・・あしからず。


本日は浜松オートレースヴィーナス・ASAHI ちゃんの来場日♪
「クイック浜名」の展示カート車を手前に、開門来場者のお出迎えを行ないました。
ちなみに今朝は雨天のため、第1R試走時のラウンドガールは中止となったそうです。


今節は3日間毎日、開門先着で「HK交通 オリジナルマグネット」と
「HK交通 オリジナルポケットティッシュ」がプレゼントされました。
ASAHI ちゃんとHK交通タクシー&ラッピングジャンボタクシーが載っています♪


朝の走行練習時、雨具を着て順番を待つ選手たち。
9時以降は雨が降ったり止んだりを繰り返していますが、
次第に本降りとなりそうな雲行きです。

  
写真左:「いよいよ降り出したか・・」と屋外へ出て空を見上げる戸塚尚起選手(伊勢崎)。
写真右:車両を”ひさし”のある場所へ移動させてからエンジンをかける中村杏亮選手(飯塚)。


気象情報のとおり、どんよりした天候に変化しました浜松オートは
「第6回HK交通タクシーブルーラインカップ」のシリーズ最終日。
午後からは本格的な雨となるそうで、早朝7:30過ぎあたりから
数滴の雨粒が空から降っています。


一番雨粒が多かった7:50頃の路面です。
このあと雨が止んで路面は元に戻りましたが油断できません。
朝9時以降、しっかりとした雨が降るそうです。





右から、石貝武之選手、青嶋裕治選手、落合 巧選手。
雨を想定してのセッティングを施していました。


右から、伊藤正真選手(伊勢崎)、山本将之選手(山陽)、五所 淳選手(山陽)。
シリーズ最終日、有終の美を目指します。

  
写真左:整備作業を前に、ストレッチをして身体をほぐす押田和也選手(伊勢崎)。
写真右:タイヤを選んでいます、とタイヤの輪から顔をのぞかせる林 弘明選手(山陽)。


左から、金子大輔選手、野田光宏選手、栗原勝測選手(伊勢崎)。


左から、交川陽子選手、仲田恵一朗選手(伊勢崎)。
写真には写りませんでしたが中村杏亮選手(飯塚)も整備を始めています。


posted by ブンブンボーイ at 17:23| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする