2019年08月18日

第14回サンバフェスティバル 3日目・最終日&川口ナイター場外発売・2日目のようす



浜松オートは引き続き川口ナイターの場外発売を実施。

明日がシリーズ最終日、第12Rに「優勝戦」をひかえます。

熱戦にご期待ください!





浜松オート・真夏の3日間開催、「第14回サンバフェスティバル」、

最終12R「優勝戦」は熱走路の6周回にて競われ、浜松の28期・

小林悠樹選手がいち早く軽ハン勢を攻略して先頭に立ちチェッカー!

灼熱走路を走破し優勝を成し遂げました!





「おめでとう!やったねぇ〜!」

と、ロッカーをそばにするグループの選手たちと、小林選手と同じ28期の仲間選手が

小林選手の凱旋を祝福に集まってまいりました。

右から、和田健吾選手、柴田紘志選手、橋本陽介選手、金田悠伽選手、

戸塚 茂選手、藤波直也選手、辰巳裕樹選手です。





今節はホーム・浜松選手の優勝ということで、ウィニングランを実施♪

フェンス越しのお客さまがたからも、「もぐちゃーん!おめでとう〜!」と

祝福の声援が贈られていました☆





イベントプラザの公開表彰式にて、小林選手の優勝コメントです。

「優勝できて、めっちゃ嬉しいです!よい流れができているので、

 次節GUもちょっとくらいは、目立ちたいですね、ハイ(笑)



今日は暑い中、最後までありがとうございます。

走路からイベントステージまでのウィニングロードを歩いている時は、まるで

”全英女子オープン”で優勝したプロゴルファー・渋野日向子さんみたいな感じで

ちょっと嬉しかったです(会場笑)



また中3日でGUレースがあるので、またレース場に足を運んで応援してください!

お願いしまーす!」



小林悠樹選手、「第14回サンバフェスティバル」優勝、おめでとうございました☆











そして最終12R「優勝戦」の試走。

発走時刻は変更となり16:38ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着5枠・辰巳裕樹選手(浜松)、

2着2枠・斎藤正悟選手(浜松)、3着3枠・牧瀬嘉葵選手(飯塚)の確定は5-2-3。







次節の浜松オートは「K-mix杯 GUウィナーズカップ」。

〜27期までのベテラン選手を「マスターズ」、28期〜34期の若手選手を「ライジング」と銘打ち、

マスターズバトルとライジングバトルを交互に展開していく企画レースとなっています。

5日目「優勝戦」はマスターズ4選手&ライジング4選手による8周回の最終決戦、

浜松GUのタイトルを獲得するのは果たしてどの選手でしょうか、熱戦にご期待ください!

イベントの詳細は浜松オートオフィシャルサイトにて。





第10R「特別一般戦」、先日も1着を獲得しました1枠・尾藤憲吾選手が

ゼロハン単騎と熱走路を味方につけて、猛追する7枠・西川頼臣選手を振りきりチェッカー!

今節2連勝をあげました!

西川選手いわく、「ゴール線ぎりぎりまで追い上げましたが届かず、

さすがに「まいりました」の一言しかないですね」と尾藤選手を称えていました。





第9R発売中、イベントプラザにて「ASAHI トーク&抽選会」を実施。

レースの予想や次節「K-mix杯 GUウィナーズカップ」のPRなどを行ないました。

次節「K-mix杯 GUウィナーズカップ」では8/22〜26の5日間毎日、

ASAHI ちゃんが来場します。応援をよろしくお願いします!





第8R、浜松新人・佐藤大地選手が1枠ゼロハンから出場、みごと6周回を逃げきって

1着を獲得!今節2連勝をあげました!おめでとうございました☆





第8R発売中に今節ラストの「中間練習」を実施。浜松新人の二人、

深谷俊太選手と桝崎星名選手が時間の限り灼熱走路での練習を繰り返していました。





第7&10Rの2回、サンバフェスティバル恒例のサマーイベント・

「サンバパフォーマンス」を場内にて実施!





本場ブラジルのサンバダンサーズがド派手な衣装を身にまとって

浜松まつりの”激練り”のように、鳴り物を轟かせながらアツく場内を練り歩きます。



このイベントを見たいがために毎年開催を楽しみにしている

サンバファンがいらっしゃるくらいの鉄板イベントとなっています☆





「第5R走路内観戦」の際のサプライズイベント、”選手と一緒に記念撮影”では

浜松新人・佐藤大地選手と桝崎星名選手がお忙しいなか参加を引き受けてくださいました♪

大地選手:「先日ようやく晴れ走路での1着を獲れたので、このまま一つでも多く

 1着を獲れるようこれからも頑張ります!」

星名選手も「まだまだ全然だめですが1着を目指して日々一生懸命頑張ります!」と

意気込みを語ってくださいました。イベントのご参加、ありがとうございました☆





第5R「ランチアタック選抜戦」は”走路内観戦”を実施、

3枠・川端 孝選手(飯塚)は身体不良のために欠車

レースは「7車立て」となりました。1着は2枠・新井裕貴選手(伊勢崎)。

第5Rは3枠にまつわる購入車券は返還となります。ご了承ください。





第4Rに浜松新人・深谷俊太選手が1枠ゼロハンから出場、

8着の成績となりました。1着は7枠・稲原良太郎選手(山陽)。





第4Rの発売中に「中間練習」を実施。真っ先に走路へ駆け出していったのは

小林悠樹選手。優勝戦への意気込みを感じさせます。



ここでお知らせ。第5R「ランチアタック選抜戦」にて3枠10線より出場予定でした

川端 孝選手(飯塚)は先ほど身体の不調を訴えて敢えなく欠車、早退となるそうです。





第3Rは試走時、1枠の浜松新人・米里崇徳選手がバックストレッチにてスリップを起こし

試走落車を喫してしまったために欠車、レースは「7車立て」となります。

第3Rの1枠にまつわる購入車券は返還となりますのでご了承ください。





写真:第3Rは「7車立て」にて競われ、1着は8枠・佐々木敏夫選手(川口)。

米里選手の容態につきましては医務室に問い合わせましたところ

骨折などは見られず、腕の打撲、打ち身と診断されていますが

時間の経過によって痛みが増してくるかもしれないとのことで、しばらく様子見とのことです。





第1Rは車立て減による「7車立て」にて競われ、浜松新人女子・桝崎星名選手が

1枠ゼロハンから出場。7着の成績となりました。1着は3枠・城山英文選手(浜松)。





さて浜松オートCS放送にて「オートレース選手養成所・第35期 選手候補生 入所試験」の

お知らせが発表されました。応募受付は明日の8/19(月)から始まります。

9月には各オートレース場にて受験相談会を行ないます。

詳しくは JKA・オートレース総合オフィシャルサイトにて。





開門直後の場内1Fインフォメーション前では、先着サービスである

「ブラジルアイス」の引き替えと、「選手サイン色紙」のプレゼントを実施。

本日3日目のサイン色紙は淺田真吾選手と藤波直也選手です♪



「ブラジルアイス」の引き替えは本日川口ナイターの12R発売締め切りまで行ないます。

第3Rの発売以降、1Fインフォメーションの中で引き替えを行ないます。

どうぞご利用ください♪



   

写真左:本日は浜松オートレースヴィーナス・ASAHI ちゃんが来場♪

 1日をかけてイベントを行ないます。応援をよろしくお願いします!

写真右:浜松オートCS放送・安原幸子さんも本日最終日はサンバフェスタらしく

 パッショナブルなファッションで中継を行ないます♪CS放送もどうぞご覧ください☆





右から、牧瀬嘉葵選手(飯塚)、柴田紘志選手、町田龍駿選手(飯塚)、岩科鮮太選手。





最終日の補充に渡邉 篤選手が選ばれ、伊勢崎SGナイターを終えて

離れのガレージに工具セットや使用タイヤ一式が一時保存されていたため、

吉川麻季選手(飯塚)や新人女子・桝崎星名選手が

ロッカーへの運び込みを手伝っていました。





タイヤ削りをする堂免沙弥選手(飯塚)&稲原瑞穂選手(飯塚)。

部屋のすぐ手前が車両を外へ運び出す開閉ドアとなっており、

屋外の熱気がロッカー内へ入り込んでいる状況の中、作業に励んでいました。



  

左から、浜松新人・深谷俊太選手、佐藤裕児選手(飯塚)。

やはり今節最高の気温&走路温度を記録しそうな状況から、

タイヤ作り&チェックを入念に行なっていました。





両手に軍手をはめて整備に取りかかっていた浜松レジェンドライダーのひとり、

鈴木辰己選手。左隣のロッカーは交川陽子選手、お向かいのロッカーは

新人・米里崇徳選手と、オートに一途な若手選手が同じグループに配属されたことが

良い刺激になっているようです。





まだ数人しかいない選手ロッカー、自身の部屋へ向かう小林悠樹選手。

赤堀 翼選手や中野 肇選手は既に部屋に到着しており、TVや本を読んでいました。

小林選手は「優勝戦」にて5枠10線から出場を果たしています。





気象情報のとおり、日曜日の早朝から猛烈な蒸し暑さに見舞われている

浜松オートは「第14回サンバフェスティバル」・シリーズ最終日。

第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!



開催3日間連続で日課の早朝トレーニングをしていたのは水崎正二選手(飯塚)。

本日「優勝戦」にて3枠10線から出場を果たしています。




posted by ブンブンボーイ at 19:37| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

「第14回 サンバフェスティバル」2日目&川口ナイター場外発売・初日のようす





「第14回サンバフェスティバル」・シリーズ2日目、4つの「準決勝戦」が終了。

明日8/18の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーに決定しました。

熱戦にご期待ください!







第12R「準決勝戦」、1着3枠・水崎正二選手(飯塚)、2着7枠・仲口武志選手(浜松)

なお道中に審議がかかり、5枠・塚越浩之選手は反妨失格と判定されました。





第11R「準決勝戦」、1着4枠・福田勝則選手(伊勢崎)、2着5枠・鈴木辰己選手(浜松)





第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着の選手が優勝戦進出となります。

1着3枠・小林悠樹選手(浜松)、2着4枠・岩沼靖郎選手(伊勢崎)





灼熱走路は前逃げが有利、第9R「一般戦A」では1枠ゼロハン・尾藤憲吾選手が

6周回の逃げきりに成功し前節に続いて1着勝利をまたひとつ獲得しました!

おめでとうございました☆





今節も3日間をかけて第4&8Rの発売中、走路内にて「中間練習」を実施。

朝晩に行なわれている走行練習をそのままに、お客さまへの公開形式で行ないます。

佐藤大地選手、深谷俊太選手、桝崎星名選手、米里崇徳選手の

”浜松新人34期生”による生の走行練習を場内にてどうぞご覧ください。





一般開催は新人選手たちにとって師匠や先輩から整備&走行のテクニックを教われる

絶好の機会となっているようです。桝崎星名選手は本日の出場レースが終わった直後も

師匠の野田光宏選手や兄貴分の西川頼臣選手からマシンの状態を見てもらい、

スロットルからキャブレターへとつなぐワイヤーの交換整備を行なっていました。

出場レースを終えた後のほうが非常に忙しそうに見えます。





本日「走路内観戦」時のサプライズイベント、”選手と一緒に記念撮影”では

ひとつ先輩になりました33期女子選手より、(左から)交川陽子選手、

堂免沙弥選手(飯塚)、稲原瑞穂選手(飯塚)が参加してくださいました♪

「後輩となる新人選手がデビューしましたので、負けないように頑張りたいです!」と

3選手ともに意気込みを語ってくださいました。

イベントのご協力、ありがとうございました☆





第5R「ランチアタック準決勝戦」は”走路内観戦”を実施。

上位1・2着の選手が優勝戦進出となります。

1着1枠・野沢守弘選手(伊勢崎)、2着3枠・片岡賢児選手(飯塚)

なおレース後に審議がかかり、6枠・梅内幹雄選手は凱旋突破の失格と判定されました。





第4R、上位接戦。1着3枠・金田悠伽選手(浜松)、

2着2枠・松永幸二選手(川口)、3着1枠・米里崇徳選手(浜松)の確定は3-2-1。





第3Rは波乱。道中第2コーナーにて4枠・近藤裕保選手と6枠・上村敏明選手が接触し

上村選手が他落。審議の末、近藤選手は反因の失格と判定されました。

1着は5枠・清水雄平選手(川口)。

浜松新人女子・桝崎星名選手は5着の成績となりました。

なお、近藤選手は明日1日罰則休。補充選手が取れないために

明日3日目は「車立て減」(1Rが7車立て)となります。ご了承ください。

上村選手の容態につきましては医務室にて問い合わせましたところ大事には至らず、

「僕の身体よりも痛いのはフレームの損傷かも・・」と話していたそうです。





第2Rに浜松新人・深谷俊太選手が1枠ゼロハンから出場し、8着の成績となりました。

1着は2枠・交川陽子選手(浜松)。





第1Rは「7車立て」にて競われ、浜松新人・佐藤大地選手が1枠ゼロハンから出場。

6周回を逃げきり良走路での1着を獲得しました!おめでとうございました☆





第1Rの試走へと駆け出す浜松新人・佐藤大地選手。なお、本日浜松2日目の

第1Rは8枠50線・鈴木章夫選手が欠車となり、「7車立て」にて競われ、

8枠にまつわる購入車券は返還となります。ご了承ください。





今節は3日間毎日、開門先着5名様へ1Fインフォメーション付近にて

「選手サイン色紙」をプレゼント。

本日2日目は仲口武志選手、岩科鮮太選手のサイン色紙です。

当日2000円以上の未確定車券か「はまりっち」レシートをお持ちの方が対象となります。

川口ナイター場外の前売車券でも入手可能です。どうぞお早めに!





エンジンを鳴らす金田悠伽選手。奥は浜松新人・米里崇徳選手。





エンジンを鳴らす塚越浩之選手(伊勢崎)、藤川幸宏選手(飯塚)。



  

左から、試走場へとマシンを運ぶ川端 孝選手(飯塚)、中村晋典選手。





競走車を天日干しする鈴木辰己選手。



  

写真左:上村敏明選手と竹島繁夫選手(伊勢崎)。お孫さんの話をしていました♪

写真右:ニーグリップを調節する辰巳裕樹選手。写真に写っている

 ブレーキパーツクリーナーは片岡賢児選手(飯塚)のものです(笑)





逆さまにして天日干しされていたヘルメット。木魚みたいです(笑)





選手宿舎前の試走場では8/15まで伊勢崎オートで繰り広げられましたナイターレース、

「SG 第23回 オートレースグランプリ」に出場していた選手の競走車や

梱包箱を載せた大型トラックが到着し、ロッカーへの荷下ろしが行なわれていました。



  

写真左:屋外のタイヤ加工場にてタイヤを削る堂免沙弥選手(飯塚)。

写真右:栗原俊介選手(伊勢崎)と整備談義をする稲原瑞穂選手(飯塚)。





まだ誰もいないロッカーの中でただ一人、整備を開始していたのは小松久二一選手。





松本 渉選手(伊勢崎)はロッカー部屋の中で出走表を確認していました。





台風10号が熱帯低気圧に変わった本日の浜松オート・

「第14回サンバフェスティバル」・2日目は早朝から気温が急上昇。

既に走路温度が30℃を突破していますが、選手の早朝トレーニングは

欠かさず行なわれていました。







こちらは先日初日の晩のようす。デビュー戦を終えた浜松新人・米里崇徳選手へ

なかなか奥が深いでしょう、と師匠の中村晋典選手が整備のアドバイスをしていました。

奥は仲口武志選手と交川陽子選手、同じグループです。





別の通路では浜松新人女子・桝崎星名選手へ師匠の野田光宏選手が

クラッチ板についての説明をしてました。同じグループの西川頼臣選手が

笑顔で見守っていました。外はまだ明るいですが昨晩18時頃のようすです。


posted by ブンブンボーイ at 17:00| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

第14回サンバフェスティバル 初日のようす



写真:本日第10R発売中、イベントプラザにて「米里崇徳選手 紹介イベント」を実施。

 お盆休みを利用して多くのお客さまがたにお集まりくださいました。

浜松オートは新人34期4名、全ての選手がデビューを果たしました。

今後とも新人選手への応援をよろしくお願いします!





短期決戦「第14回 サンバフェスティバル」、シリーズ初日が終了。本日の成績をもとに、

明日2日目は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!







第12R、1着6枠・岩沼靖郎選手(伊勢崎)、2着8枠・岩科鮮太選手(浜松)、

3着1枠・尾藤憲吾選手(浜松)の確定は6-8-1。





第11R、1着8枠・藤波直也選手(浜松)、2着6枠・福田勝則選手(伊勢崎)、

3着7枠・梅内幹雄選手(川口)の確定は8-6-7。





第10R、1着7枠・今田真輔選手(浜松)、2着8枠・淺田真吾選手(浜松)、

3着2枠・岩元 毅選手(飯塚)の確定は7-8-2。





本日と明日の2日、第8〜9R発売中をかけて1Fインフォメーション付近にて

「コーヒーギフトの当たる未確定車券抽選会」を実施。

1000円以上の未確定車券か「はまりっち」レシートをお持ちの方は会場へご提示で

スロットゲームに参加でき、絵柄が揃えば大当たり。

有名コーヒーショップの「コーヒーギフト」をプレゼント!

ご帰宅のあともブラジルの太陽を思わせるコーヒーをお楽しみください☆





第9R、2着7枠・鈴木辰己選手(浜松)、2着8枠・井村淳一選手(飯塚)、

3着1枠・中野 肇選手(浜松)の確定は7-8-1。





第8R、2着戦が写真判定にもつれ込む。1着8枠・佐藤裕児選手(飯塚)、

2着7枠・西川頼臣選手(浜松)、3着5枠・中村晋典選手(浜松)の確定は8-7-5。





第7R、1着8枠・辰巳裕樹選手(浜松)、2着5枠・水崎正二選手(飯塚)、

3着7枠・浅野浩幸選手(浜松)の確定は8-5-7。





管理地区内でも「ブラジルアイスってどんなの?」というご質問を頂いております(笑)

ブラジルアイスは写真のとおり、ガリ○リ君のようなブラジルで売られているアイスバーです。

ザクロやマンゴーなどトロピカルなフルーツの味が濃厚で、まるで絞ったフルーツの果汁を

そのまま凍らせてシャーベットにしたような、ダイレクトな甘味を楽しめます。

あさって8/18も開門先着でブラジルアイスの引換券を配布します、どうぞお早めに!





第6R、1着8枠・仲口武志選手(浜松)、2着7枠・和田健吾選手(浜松)、

3着6枠・青山文敏選手(飯塚)の確定は8-7-6。





第5R「ランチアタック予選」、1着8枠・鈴木静二選手(浜松)、

2着4枠・鈴木啓示選手(浜松)、3着5枠・赤堀 翼選手(浜松)の確定は8-4-5。





第4R「米里崇徳デビュー戦」、1着6枠・川端 孝選手(飯塚)、

2着4枠・清岡優一選手(伊勢崎)、3着8枠・牧瀬嘉葵選手(飯塚)の確定は6-4-8。

浜松新人・米里崇徳選手は1枠ゼロハンから出場、8着の成績となりました。





いよいよ第4Rは浜松新人34期・米里崇徳選手のデビュー戦!

眼光鋭く走路を見つめながら試走へと駆け出しました。





浜松オートCS放送では先日の前検日に検車場にて撮影しました、

米里選手の紹介動画が放映されました。米里選手は緊張ぎみながら

「どんな時でも3着以内に入れる選手を目指します!」と意気込みを語りました。

応援をよろしくお願いします!





第3R、6枠・鈴木章夫選手が欠車となりレースは「6車立て」に。

1着8枠・栗原俊介選手(伊勢崎)、2着3枠・野沢守弘選手(伊勢崎)、

3着5枠・中村浩章選手(伊勢崎)の確定は8-3-5。

なお、第3Rの6枠にまつわる購入車券は返還となります。

ご了承ください。





第2R、1着7枠・筒井健太選手(浜松)、2着6枠・荒川哲也選手(伊勢崎)

3着4枠・宮地 朗選手(飯塚)の確定は7-6-4。





第1R、1着4枠・新井裕貴選手(伊勢崎)、2着6枠・小林悠樹選手(浜松)、

3着8枠・斎藤正悟選手(浜松)の確定は4-6-8。





開門先着「ブラジルアイス」の引き替えは1Fインフォメーション付近にて実施。

3R発売以降は1Fインフォメーション内にて行ないます。

引換券は当日の第12R発売締切まで有効、あさっては川口ナイター場外の

第12R発売締切まで有効となります。場内がライトアップされてから

ブラジルアイスを味わうのも楽しそうです♪どうぞご笑味ください☆





今節は3日間毎日、開門先着で「K-mix杯 GUウィナーズカップ」の

オリジナルポケットティッシュを配布します。さらに本日とあさっての両日は

サンバフェスティバルの恒例、「ブラジルアイス」の引換券を先着配布します。







リアタイヤへタイヤウォーマーを装着する岡谷美由紀選手。





井村淳一選手(飯塚)。





松永幸二選手(川口)。





佐々木敏夫選手(川口)。





車両が横切ってこないか左右を確認する清水雄平選手(川口)。





エンジン始動の開始時刻が近づくと、屋外へ車両を運び出す作業が一斉に行なわれます。







台風一過となる浜松3日間開催「第14回 サンバフェスティバル」の初日。

まだ路面は全面濡れていますが、数名の選手が走路内外周にて

ウォーキングなどのトレーニングを行なっていました。

写真は水崎正二選手(飯塚)です。





まだ早朝7:30過ぎですが小林頼介選手が整備を開始するためロッカー入り。

浜松新人・深谷俊太選手がおはようございます!と挨拶をしていました。他にも

柴田紘志選手、小林悠樹選手、中野 肇選手などがすでにロッカー入りをしていました。





出走表を確認する金田悠伽選手。周囲にはタイヤがいっぱいです。



  

左から、整備を始める押田和也選手(伊勢崎)、栗原俊介選手(伊勢崎)。





本日第4Rにデビュー戦をひかえている浜松新人・米里崇徳選手。

早朝から米里選手の指導補助員を担当している交川陽子選手が

先輩選手のロッカー挨拶まわりや整備準備など、

開催日における早朝の作業を教えていました。





リアタイヤを削る浜松新人・佐藤大地選手。本日は満村陽司選手(山陽)が欠車、

1日補充に大地選手の師匠・浅野浩幸選手が選ばれています。





出走表でメンバーの確認をする野田光宏選手。となりは吉川麻季選手(飯塚)、

写真には写りませんでしたが浜松新人女子・桝崎星名選手も。





本門延唯選手(飯塚)。浜松へのあっせん率が高い選手です。









昨晩に伊勢崎オートで繰り広げられました、「SG第23回 オートレースグランプリ」・

最終12R「優勝戦」のスタートシーン。1枠最内から先頭でファーストコーナーを旋回した

青山周平選手がそのまま10周回を走破しチェッカー。昨年に続き、地元伊勢崎の

SGナイター2連覇を”完全優勝”で達成しました!おめでとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 17:56| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

伊勢崎SGナイター場外発売・最終日&浜松 前検日のようす



台風10号の動向が気になる8/15(木)の浜松オートはお盆開催・

伊勢崎ナイター「オッズパーク杯 SG第23回 オートレースグランプリ」の場外発売・最終日と

浜松オート「第14回 サンバフェスティバル」の前検日。

浜松の今朝はくもり。雨はやんでおり、台風の近づきを思わせる突風が吹き荒れています。

9時現在のところ伊勢崎SGナイターは本日開催の方向で進んでいるようです。



さっそく前検日の浜松ロッカーへ足を運ぶと、女子選手たちが朝8時台から集合し

先輩選手のロッカー準備を進めていました。写真は稲原瑞穂選手(飯塚)です。



  

写真左:堂免沙弥選手(飯塚)。先輩選手が使用するロッカーへ梱包を運び込んでいました。

写真右:ほうきとちりとりで清掃をする交川陽子選手。同じグループへ所属となる浜松新人・

米里崇徳選手は無事に選手登録を行なうことができました。明日デビューです!





吉川麻季選手(飯塚)は今節、伊勢崎SGナイターの完全優勝をかけました

鈴木圭一郎選手のロッカーを借りることになりました。

「浜松あっせんの際いつもお世話になっている野田さん(野田光宏選手)のグループに、

新たに女子の桝崎さん(桝崎星名選手)が加わりましたので、仲良くやっていきたいです♪

台風の気になる3日間開催ですが、どうぞよろしくお願いします♪」



現在のところ浜松における台風のピークは今晩から明朝にかけてとのことです。

どうぞお気を付けて頑張ってください!





走行練習の開始を前に、選手宿舎前の試走場にて

明日より浜松オートレーサーデビューを果たす新人・米里崇徳選手の姿が。

さっそくエンジンを浜松の空に轟かせていました。





オートレース関係の取材担当が午前中から米里選手にお声をかけて

インタビューを行なっており、私も落ち着いたところを見計らって

挨拶させていただきました。

米里選手:「ようやくここまで来れた、という感じで、今からとても緊張しています!

お客さまへ一日も早く名前を覚えてもらうために頑張りますので、よろしくお願いします!」



浜松所属新人34期・米里選手は明日8/16(金)の第10R発売中、

イベントプラザにて「紹介イベント」を執り行います。

皆さまの応援をよろしくお願いします☆





同じく試走場にて同期の新人・佐藤大地選手もエンジンを鳴らしていました。

一方、深谷俊太選手は今後の雨を想定して、選手管理地区内の至る所に

設置してあります「手動式ひさし」を開く作業を進めていました。

今回も浜松新人は好青年が出そろいました♪





浜松の日中は時折ボタボタっと粒の大きい雨が一瞬降っては止んでを繰り返しており

非常に不安定な気候です。そんな中、購入用の新品タイヤを積んだトラックが

検車場の前に到着し、選手によって一斉に検車場内へと運び込まれました。





いつもより早めの感覚で出場選手が続々と浜松入りを果たしました。

台風による渋滞や混雑を考えてのエントリーだと思われます。

中でも飯塚所属の青山文敏選手は、西日本の交通の混雑を避けるために

わざわざ飛行機で東京までひとっ飛びしてから浜松へやってきたそうで、

余裕のエントリーとなりました。





左手前から、橋本優一選手、藤波直也選手、小林悠樹選手、根本将人選手(飯塚)。

今節は伊勢崎SGナイター直後の開催となるため、A級&B級限定の短期決戦となります。

誰もが優勝を狙っているがごとく、ロッカーは賑わいをみせています。



  

写真左から、マンリキを使う鈴木辰己選手、和田健吾選手と会話をしながら整備をする

筒井健太選手。筒井選手は今節休場・花元初美選手(公傷)に代わる追加選手です。





浜松新人女子・桝崎星名選手へ整備方法を指導する野田光宏選手。



  

写真左:走行練習をする鈴木静二選手。

写真右:走行練習の順番を待つ藤川幸宏選手(飯塚)。





リアタイヤのリムバランスを調べる梅内幹雄選手(川口)。





宮地 朗選手(飯塚)。





辰巳裕樹選手。





松尾 学選手(飯塚)。





米里崇徳選手も走行練習を開始しましたが、再び空からボタボタと大きな雨粒が。

すると師匠の中村晋典選手がすぐさま入場門のふもとにやってきました。

晴れ装備での走行練習のため、大事をとって一旦ロッカーに戻るよう指示をしていました。





浜松が誇るレジェンド・ライダーのひとり、上村敏明選手。





栗原俊介選手(伊勢崎)や福田勝則選手(伊勢崎)、藤川幸宏選手(飯塚)の奥で

整備をしている稲原瑞穂選手(飯塚)&堂免沙弥選手(飯塚)へ

金田悠伽選手が声をかけて手伝っていました。





手前は稲原良太郎選手(山陽)です。浜松の出場選手はCSモニターにて

伊勢崎SGナイターの戦況を見守りながら、明日からの開催に向けた

作業を仲間同士で進めていました。





”巧”の名は伊達じゃない、伊勢崎ナイター第5Rにて浜松ライダー・落合 巧選手が

6周回を大差で逃げ切り、SGにて2勝目をあげました!

おめでとうございました☆





競走車にまたがって整備談義をする北渡瀬 充選手(伊勢崎)と

清岡優一選手(伊勢崎)。





今節出場予定でした大久保哲司選手(飯塚)が私病のために敢えなく休場となり、

急きょ追加参戦として浜松女子ライダー・岡谷美由紀選手が選ばれました。

岡谷選手の故郷である長野県の諏訪湖地方では今晩、「諏訪湖花火大会」が

行なわれるそうですが、「浜松追加参戦の依頼を二つ返事でお受けしました」とのことです。





本日伊勢崎SGナイターの第8&9R発売中、グリーンスタンド2Fインフォメーションにて

「SGオリジナルQUOカードの当たる未確定車券抽選会」を実施。

1000円以上の未確定車券か「はまりっち」レシートのご提示にて1回、

抽選会に参加でき、当選40名様へ「SGオリジナルQUOカード」をプレゼント。

一度に最大10回まで抽選に参加可能、景品がなくなり次第終了です。





浜松前検日の日没時。空は依然としてどんよりしており、

突然の雨が降っては止んでを繰り返していました。

路面は湿走路ですが、気象情報によれば明日の朝9時以降は

天候が回復していくそうです。



本日最後にお知らせです。

今節浜松開催に出場予定でした満村陽司選手(山陽)は

台風10号の影響により交通機関が不通となってしまったため

明日1日休場となり、初日補充に浅野浩幸選手が選ばれました。

どうぞご了承ください。





浜松オート3日間開催 「第14回サンバフェスティバル」、

明日の初日は第8&9R発売中・1Fインフォ付近にて

「コーヒーギフトが当たる未確定車券抽選会」を実施、

そして10R発売中・イベントプラザにて

「浜松新人34期・米里崇徳選手 紹介イベント」を執り行います。

どうぞお楽しみに!


posted by ブンブンボーイ at 18:43| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

川口「第4回 埼玉高速鉄道 埼スタ線杯」場外発売・3日目のようす


オートレーサー新人34期の快挙に期待がかかった川口オート・
「第4回 埼玉高速鉄道 埼スタ線杯」のシリーズ最終日、
最終12R「優勝戦」が熱走路のなかで競われました。


試走タイム40をマークした1枠ゼロハン・上和田拓海選手は
熱走路も味方につけて6周回を走破し、終始先頭を独走してゴールイン!
新人デビューからわずか2ヶ月でシリーズ全1着の完全優勝を達成、そして
全国の新人34期オートレーサー中、初優勝・1番乗りとなりました☆



上和田拓海選手、完全優勝&新人34期中・優勝一番乗り、おめでとうございました☆


明日からの浜松オートは伊勢崎ナイター「オッズパーク杯
SG第23回 オートレースグランプリ」の場外発売を実施。
開門が早まり13:50となります。(第1R試走開始13:55)
どうぞお楽しみに!


posted by ブンブンボーイ at 17:15| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする