2019年04月16日

第4回Gamboo杯 4日目のようす



ここはまだ復活への一里塚、完全復活は令和の幕開けに!?

浜松オートの卯月決戦・第2弾、「第4回 Gamboo杯」最終12R「優勝戦」は

今年度の最高気温となった良走路・6周回にて競われ、5期連続の全国No.1浜松ライダー、

鈴木圭一郎選手がのこり1周で大逆転の”長距離砲”を炸裂、先頭を手に入れチェッカー!

平成最後の浜松オート「優勝戦」を、シリーズ全1着の”完全優勝”で飾りました!!





同じグループの先輩の方々、(右から)野田光宏選手、平塚雅樹選手、西川頼臣選手が

鈴木圭一郎選手の凱旋に出迎えましたが、圭一郎選手の唇をかみしめた表情を察してか、

明るい振舞いはありませんでした。本人のなかで十分納得の走りとは思えなかったようです。





圭一郎選手は一旦車両を降りてロッカーへ向かい、お手合わせをした相手選手へ

挨拶を行なったのちにウィニング・ランを実施しました。





イベントプラザでの優勝選手公開表彰式にて。

日本トーター株式会社 ネットビジネス部 部長、渡邉忠義様と一緒に。

圭一郎選手のコメントです。

「次節の浜松オートは「SGオールスター・オートレース」なので、もっともっと良いレースを皆さまに

 見せられるように努力して整備しますので、ぜひ、オールスターも応援よろしくお願いします。」



鈴木圭一郎選手、「第4回Gamboo杯」、完全優勝おめでとうございました☆









そして最終12R「優勝戦」の試走。

時間に変更があり16:38ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着2枠・青山文敏選手(飯塚)、

2着7枠・桝崎陽介選手(飯塚)、3着5枠・笠木美孝選手(浜松)の確定は2‐7‐5。





第10R「特別一般戦」、1着1枠・吉川麻季選手(飯塚)、

2着6枠・藤波直也選手(浜松)、3着7枠・岩科鮮太選手(浜松)の確定は1‐6‐7。





本日は「第4回Gamboo杯」の開催最終日。明日4/17(水)からは

山陽オートの5日間開催・「GT平成チャンピオンカップ」が繰り広げられます。

山陽GT最終日となる4/21()、愛知県のオートレース場外車券売場・オートレース名古屋にて

浜松オートCS放送でおなじみの安原幸子さんをお招きしての”特別予想会”を実施します。

名古屋周辺にお住いの方はぜひ会いにきてください!





浜松オートCS放送にてお知らせがあり、「SG第38回オールスター・オートレース」(4/27〜5/1)、

「GT開場63周年記念ゴールデンレース」(5/22〜26)、「GUウィナーズカップ」(8/22〜26)、

さらに「GT第61回スピード王決定戦」(9/12〜16)の浜松オート4開催をかけまして

豪華景品が当たる『浜松グレード開催スタンプリレー』を実施するとのことです。



スタンプカードの配布を次節「SGオールスター・オートレース」の4日目(4/30)まで実施、

浜松オートの全グレードレースをかけた来場スタンプを集めて豪華景品をGETしましょう♪





開催初日に続いて本日第9&10R発売中、1Fインフォメーション前にて

「未確定車券 抽選会」を実施。1000円以上の未確定車券かはまりっちレシートを

ご持参くださればスロットゲームに参加でき、「Gamboo オリジナルQUOカード」や

”お菓子セット”などが当たります♪景品が全て当たり次第終了です、どうぞお早めに!





第7Rにアクシデント発生。発売締切後の発走ピット出発時、2枠・畦坪孝雄選手(山陽)の

エンジンがかからず、進行が一時中断。しばらくエンジン掛けを試みましたが直らず、

畦坪選手は車体不良(マグネトー故障)としてあえなく欠車となりました。ちなみに、プラグに

スパークを起こさせるための部品・マグネトー部が故障するとエンジンが掛からなくなります。

第7Rは「7車立て」にて競われ、1着は4枠・藤本梨恵選手(伊勢崎)。

なお、本日浜松4日目の第7Rは2枠にまつわる購入車券は全額返還となります。

どうぞご了承ください。





走路内にてSGに向けたオートレーサーたちのハイパーバトルが繰り広げられている一方、

場内で出店している屋台の数々も熾烈な味勝負を繰り広げています。

浜松の海の名産が「ほっこりDININGきら」の”遠州しらす丼”ならば、

浜松の山の名産は「あまえん坊」の”すっぽんエキス入り浜松餃子”です♪



浜松といえば”浜松餃子”が有名ですが、うなぎやしらす、フグ、カキと並び

隠れた名産として挙げられるのが”すっぽん”なのです。

すっぽんといえば元気モリモリ、滋養強壮に効果アリとして、浜松の数多くの

小料理屋さんにてスッポンメニューが並んでおります。

ちょっと高価なイメージがあるかもしれませんが、「あまえん坊」の浜松餃子は

どの品も安価な200円。すっぽんの元気エキスが具の中に注入されており、特にわたくし

ブンブンボーイのオススメは浜松餃子をおあげの中へ巾着状に詰めこんだ”巾着餃子”です☆

カップの中に巾着餃子、大根煮、しらたき、そしてすっぽんスープが入っていて200円と、

大変食べ応えがあってコストパフォーマンスが非常に高い逸品です♪



「しらす丼」と「すっぽん入り浜松餃子」がタッグを組めば、この浜松オートレース場で

遠州浜松の名物が一度にご賞味いただけます。SG開催の際もぜひご利用ください!





第5R「ランチアタック選抜戦」、1着2枠・亀井政和選手(伊勢崎)、

2着1枠・齋藤 努選手(浜松)、3着4枠・花田一輝選手(浜松)の確定は2‐1‐4。





第4Rにて伊勢崎の若手女子ライダー・田崎 萌選手が3枠10線外枠から出場、

軽ハン勢をさばいて先頭に立ちチェッカー、今節初の1着を獲得しました!

おめでとうございました☆







浜松オートの次節は2019年度初のスーパーグレードレース、

オッズパーク杯SG第38回オールスター・オートレース」が4/27()の

超・ゴールデンウィーク初日からスタートします。最大10連休という今年のGW、ぜひとも

全国屈指のスーパースターライダーが出そろう浜松オートレース本場へお越しください!







開催告知リーフレットに掲載できなかった追加イベントも続々決定。

佐藤貴也選手のサイン入りSG開催告知のぼり旗やSG開催告知ポスターがもらえる

プレゼント企画や浜松市消防音楽隊によるコンサートなど、5日間をかけて

さまざまなイベント&ファンサービスで皆さまのご来場をお待ちしております♪





4日間毎日、開門先着で行われました「選手のサイン色紙」プレゼント。

2000円以上の未確定車券かはまりっちレシートをお持ちの方を対象に差し上げてまいりました。

次節「SG第38回オールスター・オートレース」も5日間毎日実施予定です。

全て配布次第終了となります、どうぞお早めに!





スタート練習に参加する鈴木圭一郎選手。見学しました限り、

スタートは申しぶんないように思えましたが、果たして。

ちなみにオートレースのスタートでは、用意ドンのスタートタイミング、加速力、そして

ギアを1速から2速へ切り替える際にベストなエンジン回転数でつなげたかという

チェンジワークが全て極まった際にいわゆるロケットスタートが生まれると言われています。





朝練習では若手選手が何度も繰り返して時間の限り走行練習をする姿が印象的でした。

写真は花田一輝選手と木山優輝選手です。





そこへ中村友和選手や、、





吉川麻季選手(飯塚)など、他の選手がやってきて車群を作っては離れたりと、

エンジンの比べあいをしているようでした。





中尾貴志選手(飯塚)。





赤堀 翼選手の走行へ合わせていく山浦博幸選手。

優出を決めた赤堀選手へ、同じグループとして励ましているようでした。





念入りに走行練習をする亀井政和選手(伊勢崎)。オーラのようなものを感じました。





今節は離れのロッカー・B棟を使用していた藤本梨恵選手(伊勢崎)。

女子8車による企画レースは浜松から始まることが多く、その際にはいつも藤本選手が

女子選手を代表して連絡役を務めて下さったりと、おかげで大変助かっております。

今節もありがとうございました!





試走場にてエンジンを鳴らす岡本信一選手(山陽)。車名はスタイナー、

兄弟タッグ、スタイナー・ブラザーズのことでしょうか。





浜松オート4日間開催、「第4回Gamboo杯」は本日がシリーズ最終日。

開催期間中の雨や強風を経て、場内の桜はほとんど散ってしまいました。



  

早朝からトレーニングをする選手たち。

左から、水崎正二選手(飯塚)、田中 茂選手(飯塚)、別府敬剛選手(飯塚)。





写真左から、選手会用の掲示板を読む鈴木圭一郎選手、ロッカーへ向かう岡谷美由紀選手、

車両を検車場へ運ぶ占部健太選手(飯塚)。



  

写真左:無言でタイヤを削る木山優輝選手(飯塚)。集中しています。

写真右:野田光宏選手へ挨拶をする青山文敏選手(飯塚)。背後は各ロッカーへ

 挨拶をしてまわる、落合 巧選手、花田一輝選手、吉松優輝選手(飯塚)。





早朝から整備を開始していた堂免沙弥選手(飯塚)





今節開催の前に咲いていた浜松オートの桜。例年より肌寒かった気候の影響からか

前節〜今節まで約2週間、お花が残ってくれました。また来年、令和の開花までごきげんよう。





桜は散ってしまっても、場内のいたるところでは早くもサツキツツジの花が咲き始めています。

さまざまなお花・自然の移りゆくようすを楽しめるのも浜松オートの魅力といえます♪





本日最終12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。

佐藤摩弥選手、鈴木圭一郎選手は”完全優勝”へ王手をかけました。

熱戦にご期待ください!



☆4/16(火) 第12R「優勝戦」




posted by ブンブンボーイ at 18:31| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

第4回Gamboo杯 3日目のようす



「第4回Gamboo杯」、シリーズ3日目が終了。

4つの「準決勝戦」を経て、明日の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーに決定しました。

佐藤摩弥選手と鈴木圭一郎選手は”完全優勝”へ王手をかけました。

熱戦にご期待ください!







第12R「準決勝戦」、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着5枠・松尾隆広選手(飯塚)





第11R「準決勝戦」、桜の季節に”まや旋風”到来!?怒涛の2車抜き敢行、3連勝をあげる。

1着8枠・佐藤摩弥選手(川口)、2着1枠・芝崎茂信選手(伊勢崎)





6周目のファイナルコーナーにて、佐藤摩弥選手は3番手の位置から満を持して

先頭争いを繰り広げる軽ハン勢2車のインコースへ突撃!順位を一気にTOPへと塗り替えて

本日も1着チェッカー、平成最後の浜松優勝戦に出場、”完全優勝”へ王手をかけました!





第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着選手が優勝戦進出となります。

1着8枠・田中 茂選手(飯塚)、2着7枠・中村友和選手(浜松)







「第4回Gamboo杯」は明日が開催最終日、あさって4/17(水)から21(日)の5日間、

「平チャン」の名で親しまれ今回がラストの名称(来年は令チャン?)となる

山陽オート「GT第25回 平成チャンピオンカップ」の場外発売を実施します。



山陽GT場外発売の実施期間中毎日、「山陽GTオリジナルQUOカード」を開門先着プレゼント。

4000円以上の未確定車券か未確定投票受付明細を場内1Fインフォメーションへご提示ください。


・4/17(水)〜19(金)…先着10名様

・4/20()…先着30名様

・4/21()…先着40名様


プレゼント期間は各日開門〜最終レース発売締切までです。
全てプレゼント次第終了となります、どうぞお早めに!





第8Rにて飯塚の若手女子ライダー・吉川麻季選手が1枠ゼロハンから出場、大差をつけての

6周回逃げ切りを達成し、今節初の1着を獲得しました!おめでとうございました☆





第6Rにて若手浜松ライダー・落合 巧選手が4枠30線から出場、逃げを展開する

1枠ゼロハン・吉田富重選手を最終コーナーでアウトから捉え”ツケマイ走法”を繰り出し、

今節初の1着を獲得しました!おめでとうございました☆





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着1枠・赤堀 翼選手(浜松)、2着3枠・片岡賢児選手(飯塚)





本場観戦のお楽しみの一つにお食事が挙げられますが、今回わたくしブンブンボーイの

一番星はこちら、「ほっこりDININGきら」の新メニュー、遠州特産の”シラス”を釜揚げしました

「しらす丼」&「ミニしらす丼」です☆



  

マスターさんが水産の関係者という経歴を経ているだけに、定番の串揚げ・

「漬けマグロの串カツ」とともにお魚のメニューが絶品です♪

「しらす丼」には400円の大サイズと200円のミニサイズがあり、主食をがっつり食べるか、

おかずとセットにするかを選ぶことができます。しらす丼を一口ほおばれば、

まるで舞阪か福田の漁港にいるような、風味たっぷり&新鮮な磯の香りが口の中に広がり、

遠州浜松の海の幸をリアルに堪能することができます☆

「ほっこりDININGきら」はお食事処の出店なので、炊き立てのご飯はお米もふっくらしており、

薬味の刻みねぎも相性バッチリ。カウンターに置いてあるお醤油・ソース・からしは

自由に使うことができ、しらす丼や串モノへお好みで味を付け足すことができます。

食べ応えあるビッグサイズの「棒キャベツ メンチカツ」は1本200円、ジューシィな肉汁と

ヘルシーなキャベツのシャキシャキ感が同時に味わえる、こちらもお食事処ならではの

舌鼓を打つ逸品となっています。次節の「SGオールスター・オートレース」でも出店予定、

地元の方も、他県よりお越しのお客さまも、ぜひ遠州の山海の味をご堪能いただきたいです♪





第1Rにて飯塚の若手ライダー・吉松優輝選手が3枠20線から出場、

今節初の1着を獲得しました!おめでとうございました☆





浜松は雨後に強い風が吹く場所です。昨晩は花散らしの雨となり、場内の桜もいよいよ

萼(がく)を残すのみとなってまいりましたが、今節までは花吹雪の舞う開催となりそうです。





場内では少しずつ、今年度後期より始まるメインスタンド改修工事に向けた

準備が進められています。メインスタンドの中央下部にありました階段&踊り場は

撤去されており、走路手前の通路へ重機等が行き来しやすくさせるようにしています。



  

こちらも4日間毎日、各門開門先着で次節「SG第38回オールスター・オートレース」の

オリジナルポケットティッシュを配布。特別来場ゲストである浅香 唯さん&武藤敬司さんが

紹介されています。どうぞお受け取りください!





今節は4日間毎日、開門時に正門奥にて「Gamboo」マスコットキャラクターの

ブッキーが来場者お出迎えを行なっています♪

「正門はどこだブー?」と、スタッフに案内されて場内通路へやってまいりました。





「第4回Gamboo杯」・シリーズ3日目。本日は第5&10〜12Rに

「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!



これまでよりも寒くない(ぬるい)風が流れる朝を迎えた浜松オート、春の実感とともに

気温&走路温度が高まれば、タイヤ作り&選択には一層の注意が必要となりそうです。

検車場では田中竜二選手の走行練習準備を吉川麻季選手(飯塚)が手伝っていました。



  

みるみる路面が乾いていく走路内にて、トレーニングをする水崎正二選手(飯塚)、別府敬剛選手。

審判課の話では「この乾きのスピードなら1R試走には良走路に戻りそうですね」とのことです。





屋外でのタイヤ加工場にてタイヤを作り、ロッカーへと運んでいく鈴木圭一郎選手。

本日は第12R「準決勝戦」に8枠20線大外から出場します。





別のロッカーでは若手選手がいっぱい。佐伯拓実選手(飯塚)、花田一輝選手、

落合 巧選手、山本将之選手(山陽)です。時間を決めて集合し、先輩選手への

朝の挨拶まわりをみんなで行なう予定です。





手前から、本門延唯選手(飯塚)、鈴木辰己選手、芝崎茂信選手(伊勢崎)。

まだ8時を回っていませんでしたが整備を開始。





桝崎陽介選手(飯塚)と田中 茂選手(飯塚)。田中選手はこれから屋外にて

トレーニングを始めるところです。写真には写りませんでしたが

右手前・奥のロッカーには岩科鮮太選手もおりました。







写真は昨晩まで行われました伊勢崎ナイター場外発売のようす。

2019年度・初のナイター場外となりました。





選手ロッカーではCS放送の島田祐希さんと安原幸子さんが選手取材を続けていました。

時計の針は19時を指しています。選手の方々も整備をしながら

ロッカー滞在時間いっぱいまで伊勢崎ナイターの戦況を見守っていました。





最終12Rに「優勝戦」を実施、レースはぶっちぎりの走力を発揮した伊勢崎ライダー、

7枠・早川清太郎選手が2019年初の地元ナイターレースを制し優勝を成し遂げました!

おめでとうございました☆




posted by ブンブンボーイ at 18:16| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

第4回Gamboo杯・2日目 準々決勝戦&伊勢崎ナイター場外・4日目 最終日のようす



写真:第1&12Rの試走時に「ラウンドガール」を実施。桜の花びらが空に舞うなかでの

 試走先導もこの時期でしか体験することができません。



「第4回Gamboo杯」、シリーズ2日目が終了。本日までの成績をもとに、

明日4/15(月)は第5&10〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!





第12R、本日のラストレースまで良走路のまま実施。1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、

2着4枠・今田真輔選手(浜松)、3着3枠・鈴木辰己選手(浜松)の確定は8‐4‐3。





第11R、ヒヤリをチャンスへ、本日も一瞬のひらめきが冴える!1着8枠・佐藤摩弥選手(川口)、

2着4枠・青山文敏選手(飯塚)、3着3枠・本門延唯選手(飯塚)の確定は8‐4‐3。





第10R、1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着5枠・花田一輝選手(浜松)、

3着2枠・坊田寿彦選手(山陽)の確定は8‐5‐2。





第9R、1着1枠・赤堀 翼選手(浜松)、2着3枠・藤本梨恵選手(伊勢崎)、

3着6枠・阿部仁志選手(飯塚)の確定は1‐3‐6。





本日は午前中に続きまして午後もオートレース関係のご来賓を対象としました走路内観戦と

ロッカー見学を実施。第8R発売中をかけてロッカーをまわり、第9Rを走路の中から見学しました。

オートレースの奥深さに興味を持っていただきたく、精一杯解説をさせて頂きました。

今後とも浜松オートをよろしくお願いいたします!





第8R、1着4枠・亀井政和選手(伊勢崎)、2着7枠・藤波直也選手(浜松)、

3着8枠・岩見貴史選手(飯塚)の確定は4‐7‐8。





第7R、1着3枠・芝崎茂信選手(伊勢崎)、2着1枠・吉川麻季選手(飯塚)、

3着2枠・戸塚 茂選手(浜松)の確定は3‐1‐2。





第6R、1着7枠・笠木美孝選手(浜松)、2着8枠・桝崎陽介選手(飯塚)、

3着6枠・鈴木健吾選手(浜松)の確定は7‐8‐6。





第5R「準々決勝戦(ランチアタック)」、1着8枠・中村友和選手(浜松)、

2着4枠・筒井健太選手(浜松)、3着3枠・片野利沙選手(川口)の確定は8‐4‐3。



  

本日は第4Rに「走路内観戦」を実施。毎回、走路内観戦では管理地区の移動時に

検車場での”選手お出迎えシーン”を生でご覧いただけます。

そして本日のサプライズイベント・”選手と一緒に記念撮影”では先日の

「ガールズ王座決定戦 予選リーグ」にて4番手から大逆転の1着を獲得しました

佐藤摩弥選手(川口)が参加してくださいました☆

摩弥選手:「優勝戦めざして頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

一緒に撮影しました写真はこのあとすぐ現像し、当選された皆さまへ無料でプレゼントします。

ファンサービスへのご参加、ありがとうございました☆



  

浜松オートの朝練習は必ずラストにスタート練習を行なって終了となります。

開門を迎えてスタンドにお客さまが集まってまいりました。

管理棟の前では来場者のお出迎えを終えた浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが

朝練習のようすを見学していました。本日1日をかけてイベントに頑張ります。

応援をよろしくお願いします♪





今節も選手数名から「自分の走っているフォームを確認したいので、走行写真を撮影してほしい」

というご依頼をいただきました。本日の午後以降は天候が崩れるそうなので、朝練習の撮影を実施。

朝練習の終了時刻である10:20頃まで続けました。写真は片野利沙選手(川口)です。





木山優輝選手(飯塚)へ稽古をつける鈴木圭一郎選手。





落合 巧選手と併走する田崎 萌選手(伊勢崎)。





浜松オート4日間開催・「第4回Gamboo杯」、シリーズ2日目。気象情報によれば

本日は午後から高確率で雨が降るとのこと、お昼前に出場する選手と

午後に出場する選手とでマシンセッティングが180度変わってしまいそうです。

今朝の検車場には車両がたくさん停めてありました。

写真は松尾 学選手(飯塚)の作業を手伝う吉川麻季選手(飯塚)です。



  

写真左から、マシンを検車場へ運ぶ、内山雄介選手(飯塚)、上村敏明選手。



  

写真左:「ケンちゃん、おはよう〜」と、鈴木健吾選手へ挨拶する松尾隆広選手(飯塚)。

写真右:佐伯拓実選手(飯塚)のロッカーにて整備日誌を見つめる花田一輝選手。



  

写真左:整備作業用の机を用意する山浦博幸選手。奥は山本将之選手(山陽)です。

写真右:宿舎前の試走場にてトレーニングをする田中 茂選手(飯塚)。



  

ベテランライダーも早朝から整備を開始。左から、鈴木章夫選手、田中竜二選手。





そして鈴木辰己選手も、朝8時をまわる前からタイヤのチェックを行っていました。


posted by ブンブンボーイ at 17:01| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

第4回Gamboo杯・初日&伊勢崎ナイター場外・3日目のようす 

 

報道陣と一緒にレースのVTRを見て復習する佐藤摩弥選手。

この時もたくさんの男性選手が摩弥選手の元にやってきては「すごいねぇ!」、

「あの長さでよく届いたね!」と感服と称賛の言葉を贈っていました。

レース後のコメントです。

「昨日までの整備で、試走で31が出たので、悪くないかなと思っていたのですが、

 レースではちょっと…夕方のレースということもあってか、エンジンに粗さを感じてました。

 手前が弱いというより、”止まりすぎ”系かもしれないですね。明日に向けては、もうひと調整を。

 ドドドを感じないのは勝因として大きいと思います。あとはもうちょっと、コーナーをスムースに

 回れるように…でも今日のレースで、あれだけ突っ込んでもある程度回れたので、そんなに悪くは

 ないと思います。タイヤは今日のは終わりっぽいので、また良いのがあるか探してみます。」

佐藤摩弥選手、コメントありがとうございました!





早くも2019年度のベストバウト候補!?と言っても過言ではないほどの大逆転劇。

第12R「ガールズ王座 浜松予選」、1着8枠・佐藤摩弥選手(川口)、

2着3枠・田崎 萌選手(伊勢崎)、3着6枠・片野利沙選手(川口)の確定は8‐3‐6。





名場面はのこり1周の青旗から、ハンデ最長・70mから車群をさばき続けた8枠・佐藤摩弥選手は

第1・2コーナーで4番手の位置から一撃で2番手までジャンプアップする2車抜きを炸裂させると…





ファイナルコーナーにて勢いをそのままに、先頭を走る3枠・田崎 萌選手の

インコースを目がけて猛チャージ!





5周目突入時の車間距離から、ほとんどの観戦者がおそらく届かないだろうと思っていた

佐藤摩弥選手のファイナルラップで見せた”大どんでん返し”に、

スタンドからワァァァ!と歓声が響き渡りました!



ガールズ王座シリーズ・開幕戦からインパクトある好レースが繰り広げられ、

今後のシリーズも一層楽しみになってまいりました☆

佐藤摩弥選手、「予選シリーズ 浜松ステージ」・1着おめでとうございました!









そして「第4回Gamboo杯」・初日、第12R「ガールズ王座 浜松予選」の試走。

発走予定は変更し16:40ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





第11R、1着8枠・中村友和選手(浜松)、2着7枠・平塚雅樹選手(浜松)、

3着2枠・石井大志選手(川口)の確定は8‐7‐2。





第10R、1枠ゼロハンから出場予定でした仲野秀哉選手(飯塚)が朝練習の時間に

身体の不調を訴えて本日欠車となり、「7車立て」にて競われました。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着3枠・赤堀翼選手(浜松)、

3着5枠・佳元光義選手(飯塚)の確定は8‐3‐5。

なお、本日第10Rは1枠にまつわる購入車券は全額返還となります。

ご了承ください。



  

本日の選手イベント・第3弾、「花田一輝選手の初優勝(於 川口開催)報告会&握手会」は

先日実施が決定して急きょ第5R発売中・イベントプラザにて執り行なわれました。

川口「市営1-1」の優勝戦、1枠ゼロハンから6周回を逃げきり、チェッカーフラッグを先頭で

受けてのクールダウン時、ヘルメットの奥でぐっと涙をこらえていたという花田一輝選手。

表彰式を終えて退場したのち、すぐに師匠の伊藤信夫選手へ電話を入れたそうで、

信夫選手も電話越しに喜びながら「(優勝を)取れる時には、しっかり取っていきなさい」と

アドバイスをくださったそうです。

花田選手:「いつかは師匠である信夫選手の目の前で優勝を…いや、信夫選手と優勝戦で

一緒になって、そして優勝してみせたいです!(会場拍手)」



イベントの後半は優勝記念の「オリジナル ウィナーズカード」を先着50名様へ配布。

お知り合いのお子様でしょうか、楽しげにあやしながら「見に来てくれて、ありがとう!」と

笑顔でウィナーズカードをプレゼントする様子が印象的でした♪

花田一輝選手、デビュー初優勝おめでとうございました☆





第9R、1着6枠・塚越浩之選手(伊勢崎)、2着7枠・内山雄介選手(飯塚)、

3着8枠・木村武之選手(浜松)の確定は6‐7‐8。





第8Rは浜松オートへご来場下さいましたVIPゲストの方々による「走路内観戦」を実施。

1着5枠・鈴木辰己選手(浜松)、2着8枠・岩田裕臣選手(川口)、

3着6枠・西川頼臣選手(浜松)の確定は5‐8‐6。





第7R、1着8枠・岩科鮮太選手(浜松)、2着6枠・田中 哲選手(伊勢崎)、

3着3枠・鈴木啓示選手(浜松)の確定は8‐6-3。





ビッグイベントが続きます。第4R発売中・イベントプラザにて

第12R「スーパースター ガールズ王座決定戦 予選リーグ 浜松ステージ」の

出場選手紹介イベントを実施。今年度より新たにオートレース界に設けられました、

オートレースの年間女王を決める「ガールズ王座決定戦」を

年末の川口オート「スーパースターフェスタ」にて執り行なうことが決定。

浜松・川口・伊勢崎・飯塚の4場にて予選リーグを行ない、成績上位8名に

「ガールズ王座決定戦」の出場権が与えられます。予選リーグの第1弾が

浜松オート ステージとなり、本日第12Rに火蓋がきられます!





MC・安原幸子さんの粋なはからいで、今回新レースのために特別に製作されました

「ガールズ王座決定戦用 勝負服」のバックシャンも紹介。

闘う女性は強く、優しく、美しく。女性の長い髪がほどかれて風に流れるような

キラキラしたデザインが描かれています。試走やレースの際にもぜひご注目ください☆





第6R、1着7枠・藤波直也選手(浜松)、2着5枠・青山文敏選手(飯塚)、

3着8枠・桝崎陽介選手(飯塚)の確定は7‐5‐8。





第5R「ランチアタック予選」、1着3枠・西崎洋一郎選手(山陽)、

2着8枠・田中 茂選手(飯塚)、3着4枠・芝崎茂信選手(伊勢崎)の確定は3‐8‐4。





第4R、1着8枠・笠木美孝選手(浜松)、2着6枠・阿部仁志選手(飯塚)、

3着4枠・本門延唯選手(飯塚)の確定は8‐6‐4。





本日は選手イベントが目白押し。第3R発売中、イベントプラザにて

鈴木圭一郎選手の5期目となる「全国No.1勝負服おひろめ会」を実施。

司会は安原幸子さんです。これまでとは違って一足一足をゆっくりと踏みしめて

ステージに登場しました鈴木圭一郎選手、まずは「先月の山陽特別GTでは、ふがいない

結果となってしまい、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした…」と

ご来場くださったお客さまの前で頭を下げました。





これまで誰もがしたことのないデザインながら、派手さを落とさないように、という

コンセプトの元で作られた5期目・全国No.1勝負服。今回は光に反射するキラキラを

前面に押し出し、しかもカルマ(Karma)のスペルをデザイン化し、右肩からお腹にかけて

施しているのだそうです。そして圭一郎選手のロゴマークをはじめ、「HAMAMATSU AUTO」の

文字や、スポンサー契約を交わしている「オートレースふなばし」のロゴ、イタリア語による

意気込みの言葉などが記されています。

圭一郎選手:「近況は成績があまり良くなくて、今回No.1になれたことも不思議なくらいですが、

これ以上成績を下げさせないように一生懸命頑張りますので、応援をよろしくお願いします!」

会場からは圭一郎選手へ大きな拍手が贈られました。本日は第10Rの出場です。

熱戦にご期待ください!





第3R、1着5枠・片岡賢児選手(飯塚)、2着8枠・岩見貴史選手(飯塚)、

3着7枠・鈴木健吾選手(浜松)の確定は5‐8‐7。





第2R、1着6枠・松尾隆広選手(飯塚)、2着3枠・戸塚 茂選手(浜松)、

3着5枠・今田真輔選手(浜松)の確定は6‐3‐5。





第1R、1着2枠・木村直幸選手(浜松)、2着8枠・別府敬剛選手(飯塚)、

3着4枠・落合 巧選手(浜松)の確定は2‐8‐4。


  
今節は4日間毎日、開門より正門奥にてGambooマスコットキャラクター、
「ブッキー」が来場者のお出迎えを行ないます。どうぞなでてあげてください(笑)
そしてこちらも4日間毎日・日替わりで「選手サイン色紙」のプレゼントを
1Fインフォメーション付近にて実施。本日初日は柴田健治選手、中村友和選手の
サイン色紙をそれぞれ5名様へ用意。2000円以上の未確定車券かはまりっちレシートを
会場へご提示ください。すべてプレゼント次第終了です。


走路内では鈴木圭一郎選手、片野利沙選手(川口)、佐藤摩弥選手(川口)が
時間の限り走行練習を繰り返していました。


朝の走行練習。入場門・ファイティングゲートの前では今朝も
スタート練習の順番待ちをする選手でいっぱいです。


落合 巧選手の整備を手伝う山本将之選手(山陽)。そこへちょうど鈴木健吾選手が通りかかり、
二人は「おはようございます!」と挨拶をしていました。


タイヤを慎重に選ぶ仲野秀哉選手(飯塚)。


柴田健治選手のロッカーを訪ねる木村直幸選手。


花田一輝選手とニュースを見る鈴木圭一郎選手。
飯塚オート・「庄内やきにく王国」のパーカーを着ていました。


リアタイヤを削る桝崎陽介選手(飯塚)。先日の飯塚「GUオーバルチャンピオンカップ」・
優勝戦にて落車を喫してしまいましたが、身体は大丈夫とのことです。


岩見貴史選手(飯塚)。今節は離れのロッカー・B棟を使用、お隣は竹谷 隆選手(飯塚)です。


2019年4月、2節目の浜松開催、「第4回Gamboo杯」。次節はいよいよ平成最後&
令和初のビッグレース、「SG第38回オールスター・オートレース」となり、今節はまさに
SGに向けた最終調整ができるレースとなっています。さらに本日は今年度より新設された
「スーパースター ガールズ王座決定戦」の出場を懸けたリーグ戦を第12Rに実施します。
熱戦にご期待ください!
早朝7:30過ぎから検車場にはいくつもの車両が停めてあり
タイヤウォーマーが巻かれていました。手前は鈴木辰己選手のマシンです。

posted by ブンブンボーイ at 17:56| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

伊勢崎ナイター場外発売・最終日&浜松前検日のようす



前回の浜松オート・新年度開幕戦、「第37回 中日新聞東海本社杯」から10日後となる

2節目の本場開催、「第4回Gamboo杯」。桜はもう散ってしまうかと思われましたが

前節のあとも気温がほとんど上がらず、前検日を迎えた本日も花冷えの気候に見舞われ、

屋外ははらはらと桜の花びらが舞っています。選手管理地区内の選手宿舎前・試走場では

ただひとり、体調不良から回復しました鈴木圭一郎選手がエンジンの音を聞いていました。

桜舞う中でのエンジン調整、ちょうど1年前にも同じ光景を見たことを思い出しました。





つい昨日の4/11、川口オート新年度開催・「市営1-1」にて念願の”デビュー初優勝”を

成し遂げました浜松ライダー・花田一輝選手が本日休む間もなく浜松ロッカー入り。

自身のロッカーと管理棟とを足早に往復しているところでしたが、

本日のトップ記事ということで少しだけお時間を拝借させていただきました♪

ちょうど真向かいのロッカーである山脇孝志選手から「ハイハイ、笑顔、笑顔♪」と促されて

少々照れながらのガッツポーズです(笑)

花田選手:「準決勝戦を終えてからはリング交換とキャブを少しいじっただけで、大きな整備は

しませんでしたが、微調整でも優勝戦でのエンジンは向上しているように感じました。

スタートは自分なりに普通といいますか、まあまあでしたね。1枠ゼロハンから逃げるだけの

展開だったので、何とかスタートで枠を残して、あとはひたすら走り抜こうと思いました。

道中でタイヤが滑りだして、タレてきてしまったのですが、エンジンそのものは良かったですし、

なんとか6周回逃げきれて良かったです。優勝を決めたあと、佐藤裕二さん(川口)が

おめでとう、と祝福してくれて嬉しかったですね。次はやはり、ここ浜松で優勝したいです!」

さっそく初優勝のコメントを下さいました花田一輝選手、おめでとうございました☆





今節は今年度から川口オートで新たに設けられました「スーパースター ガールズ王座決定戦」

(年末に実施)の予選リーグ・第1弾、”浜松ステージ”を明日開催初日の第12Rに実施します。

今回の選抜8選手もお互い話し合いながら整備にいそしんでいました。

手前から、田崎 萌選手(伊勢崎)、片野利沙選手(川口)、佐藤摩弥選手(川口)、

一番奥が堂免沙弥選手(飯塚)です。



  

写真左:吉川麻季選手(飯塚)。アクセルグリップのワイヤーを調べていました。

写真右:試走場にてエンジンの鳴りを確かめる岡谷美由紀選手。





交川陽子選手は同じグループの先輩、松山茂靖選手や御大・鈴木辰己選手と一緒に

無言で整備。差し金でクラッチ板&周辺部品などを計っており、集中しています。





そして藤本梨恵選手(伊勢崎)。何度も何度も走行練習を繰り返していました。

走路内の桜もまだ全ては散っておりません。





風の通り道からか、バックストレッチ外周に桜の花びらが集まっていて、

選手が走行するたびにフワンと花びらが舞いあがっていました。この時期だけの雅なシーンです。





さて先月、選手会浜松支部の企画で「ファンと選手のボーリング大会」を実施しました。

わたくしブンブンボーイもイベントのようすを取材したかったのですが、企画される前から

別の作業予定が入っていて残念ながら参加することができませんでした…。

イベントの立役者である藤波直也選手にお話を伺ってみました。

藤波選手:「先月のボーリング大会では大勢のかたにご応募くださり、ありがとうございました。

そして、当選されました皆さまは、おめでとうございます。惜しくも落選してしまいました皆さまは、

ごめんなさい。。また第2、第3弾と続けられれば、と思っていますので、また抽選に

ご参加いただければと思います。2ゲーム行ないましたボーリング大会は大成功で、

参加した選手とも、お客さまとも、得点が均衡したなかなか良い試合となりました。

選手側のほうは、和田さん(和田健吾選手)が序盤から高得点を出して、僕たちから見ても

すごい!と思ったのですが、2ゲーム目には全然得点が上がらなくて(笑)きっとお客さまには、

オートレース選手だからと言って、ずば抜けて運動神経が高いとか、強い腕力がある、なんて

ことはないんだと、「けっこう普通なんだ」と分かって頂けたんじゃないかと思います(笑)

もし第2弾の実施が決まりましたら、こんどはぜひブンブンさんにイベントのようすを

取材してもらいたいですね!参加された皆さま、ありがとうございました☆」

藤波直也選手、コメントありがとうございました☆





走路外周を徐行する柴田健治選手。





遠藤 誠選手。マシン&練習着とマイカラーがピンクパンサーの桜色です。





写真:明日の本場開催に向けてエンジンの上回りを整備する花田一輝選手。

ここで臨時ニュースが飛び込んでまいりました!

昨日4/11に川口オート開催にて念願の”デビュー初優勝”を成し遂げました浜松ライダー・

花田一輝選手の「優勝報告会&握手会」を急きょ明日「第4回Gamboo杯」初日となる

4/13の5R発売中、イベントプラザにて執り行うことが決定!

恒例の「優勝記念 オリジナルウィナーズカード」を先着50名様へ、

イベントステージ左側の受付から順番に配布します。ぜひご来場ください!





写真:走行練習終了後、走路内にてトレーニングをする松尾隆広選手(飯塚)と城山英文選手。



突然のイベント発表&告知作業とオリジナルウィナーズカードの製作担当を任命され、

躍起になっているうちに、気が付けば前検日の走行練習は終了時刻に。

目が回る忙しさとなりましたが、なんとかウィナーズカードの印刷は間に合いそうです♪





4/13〜16、浜松オート4日間開催・「第4回Gamboo杯」、どうぞお楽しみに!


posted by ブンブンボーイ at 19:44| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする