2018年06月20日

山陽「創業110周年!サイクリング・サロン・ヒロシゲ〜宇部店オープン記念〜」場外発売・最終日のようす


6/20(水)、山陽オート「創業110周年!サイクリング・サロン・ヒロシゲ〜宇部店オープン記念〜」、
3日目・最終12R「優勝戦(10mOP)」は晴れの良走路にて競われ、
スタート一閃、久門 徹選手がファーストコーナーを制し先頭奪取、
そのまま6周回を逃げ切り33度目の優勝を獲得しました!

久門 徹選手、優勝おめでとうございました☆

posted by ブンブンボーイ at 17:02| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

GUウィナーズカップ 5日目のようす



ジンクスはここまで、今日から念願の”GUタイトルホルダー”へ!

浜松オート「K-mix杯 GUウィナーズカップ」最終12R「優勝戦」は

良走路の8周回にて競われ、8枠10線大外からのぞんだ全国No.1ライダー・

鈴木圭一郎選手がついに!今まで届きそうで届かなかった

GUタイトルを、地元浜松で、しかもシリーズ全1着の”完全優勝”で獲得しました!

おめでとうございました☆







そして第12R、8周回「優勝戦」の試走。

発走時刻は延長しまして16:45ファンファーレ予定です。

熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着3枠・岩田行雄選手(伊勢崎)、

2着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、3着5枠・佐々木啓選手(山陽)の確定は







さすがは「ピンソバ」、静岡エフエム放送・K-mixが誇るラジオ番組だけあって

第11R発売中、イベントプラザ付近にて実施された「K-mix Meet&Greet」イベントでは

ピンソバをこよなく愛するリスナー&K-mixファンの皆さんが多方面より集まり、

会場を埋め尽くすほどに!まるで「浜松オートフェスタ ファン感謝祭」を思わせます。





ご家族でピンソバのファンなのでしょう、ご両親そしてお嬢さんが

バカボン鬼塚さん&高橋茉奈さんにお会いできたことをとても喜んでおり、さらにお嬢さんは

着用していたTシャツの背中にお二方の生サインを記入してもらっていました☆





第9R発売中、イベントプラザにて「K-mixパーソナリティ&ASAHIのトークショー」を実施。

オートレースが初めてというK-mixパーソナリティのバカボン鬼塚さん&高橋茉奈さんは

「浜松オートへ初めて来場したというリスナーも多数ご来場くださっていますし、ASAHIちゃんから

 ぜひ、浜松オートの魅力を教わりましょうか!」と、見どころの紹介をお願いしてくれました。






場内チャンピオンレーサーにて本日まで実施の「なつかしの競走車展示」。

浜松オートPRチーム・「遠州動楽會」の主力メンバーが勢ぞろいし、

お客さまへ歴代競走車の解説を行っていました。

GIIイベントのご協力、ありがとうございました!





本日の特別来場ゲストはお笑いコンビの「かまいたち」さんです♪

オートレース場の来場ははじめてながらも、芸人仲間からオートレースの遊び方を

少々習ってきたという「かまいたち」さんは、ギャラリーからのご意見を頂きながら

車券を買ってみます!とステージ上で公言。第7Rを8枠・木村武之選手、1枠・淺田真吾選手、

4枠・藤波直也選手の順でマネージャーに車券購入をお願いしましたかまいたちさん、

果たして結果は・・?





優勝戦出場選手セレモニーではプレゼントと引き換えのカラーボール投げ込みも実施。

GETできましたボールは1Fインフォにて記念品と交換できます。

本日までの締切ですので、お早めにご交換ください♪





第6R発売中・走路内にて「優勝戦出場選手セレモニー」を実施。

ファイナリスト8選手の表情です。





司会は照沼杏菜さん、そしてASAHIちゃんもアシスタントとして参加しました♪





本日は第2Rの発売時から第5Rの発売時までをかけて、

場内のお客さまを対象とした「3R走路内観戦」と、今節協賛の静岡FMラジオ放送・

K-mixのパーソナリティさんとお客さまとの「4R走路内観戦」を

連続で実施。初めて見る選手管理地区内施設&走路内を

時間の限りわたくしブンブンボーイがナビゲートいたしました。

本日のイベントをきっかけに、オートレースに興味をお持ちくだされば幸いです☆





本日の「3R走路内観戦」実施中・サプライズイベントである”選手と一緒に写真撮影”に

参加してくださったのは、GU優勝戦に進出しました鈴木圭一郎選手、中村友和選手です♪

「優勝を目指して目いっぱい走ります、応援よろしくお願いします!」という友和選手に対し、

圭一郎選手は「(ジンクスで)GUは勝てないと思いますので、あまり期待をせずに・・」と

かなり控えめなコメント。参加されたお客さま方も、「いえいえいえ、頑張ってください!」と

自信なさげな圭一郎選手のコメントに驚き、励ましの言葉を贈っていました。





毎年5・6月のビッグレースになると、「浜松オートフェスタ ファン感謝祭」にて

チャリティ販売をする選手写真の撮影を依頼されます。なるべく天候の良い時、ということで

本日はようやく時間をかけての撮影ができました。





金子大輔選手です。





本日6/17は「K-mix杯 GUウィナーズカップ」のシリーズ最終日。

第12Rに8周回の「優勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!

5日目の早朝は雲一つない快晴でしたが、徐々に雲の量が多くなってまいりました。

走路内では中村雅人選手がトレーニングを行なっていました。





タイヤの跡・通称”黒潮”がくっきりと見えています。





検車場に既に停めてあった鈴木圭一郎選手のマシン。



  

良く見るとチェーンカバー部に、弟のようにかわいがっている新人33期・

花田一輝選手のシールが貼られていました。

ちなみに圭一郎選手のマイカラーである、緑色の少々含んだ青色を「はなだ色」と言います。



ガソリンタンクにはマシン名、そして、「RUN FOR JAPAN」(日本のために走る)の文字。

もしオートレースに世界戦があったら、鈴木圭一郎選手が日本代表となるでしょう(笑)





昨日の敵は、今日のトモ。先日の「準決勝戦」にて直接対決、大レースを繰り広げた

同32期の鈴木宏和選手&中村友和選手。今朝は牛乳を片手に、

青空の広がる浜松走路を見つめながら会話をしていました。

ブレーキのない究極のバイクで競ったものだけが語り合える、ふたりだけの時間です。





新井恵匠選手。まだ8時をまわる前からロッカー入りをして整備を進めていました。

本日がんばってください、と声をかけましたら、

「ありがとうございます!一生懸命がんばります!」と、ニコッと笑顔でお返事をくださいました♪




posted by ブンブンボーイ at 17:25| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

GUウィナーズカップ 4日目のようす



「K-mix杯 GUウィナーズカップ」シリーズ4日目、全ての「準決勝戦」が終了。

明日6/17()の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーに決定、8周回にて競われます。

4枠・青島正樹選手と5枠・中村友和選手は”師弟対決”、そして

8枠・鈴木圭一郎選手は”初GUタイトル獲得”&”完全優勝”へ王手をかけました。

熱戦にご期待ください!







第12R「ライジング準決勝戦」、

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着7枠・金子大輔選手(浜松)



第12R後は走行練習がすぐに始まるため、優出選手の公開インタビューは行なわれません。

ご了承ください。圭一郎選手&金子選手、ロッカー内でのコメントです。





圭一郎選手:「今日のタイヤは良くないですね、グリップが全然かからないです。

明日は飯塚で優勝したタイヤでいきます。今日はエンジンが良いから行ってくれただけです。

(3番手になってから)前2車の大外は、今日のタイヤでは行けないですね。

緒方さん(緒方浩一選手)も、うまいので、うまく合わせられちゃうと思うので。

3番手の時はもう、両車を見ながら、グリップで合せながらですね。足を引かないように。

2番手になってからは、自分のほうがエンジンが良いので、インコースへいきました。

 エンジンはすごい良いので、あとはタイヤだけです。(エンジンは)特にやらないです、

スタートもきれてるので。それ以外は気候に合わせていつもの微調整、そこだけですね。

明日も晴れると思うので。

 スタートが切れるようになったのは、クラッチを変えて、フロントチェーンを変えて。

あとは集中力ですかね・・流れは良いですね。

不安なところは、”GUはなぜか取れない”という・・(一同苦笑)

明日の優勝戦はGUだと思わずに・・・、”SGだと思って”走ります。

もう『初GUを取りたい』とは考えないで、『もう持ってるものだ』と思って走ります。」





金子選手:「タイヤが最後までもってくれた、っていうだけですね。

エンジンは全然、大したことないし、伸びもないというか・・良いところが見当たらないし。

昨日からシリンダーとリングを変えて・・それでも根本的に何か、伸びがないような症状とか、

変わんない。まぁ昨日よりはレース足的にはちょっと良くなった気がしますけど・・

今の状態はあがりタイム.400が切れないし、走ってても乗りづらいし、今日はちょっとだけ

”タイヤがみんなより良かった”という程度で、たまたま混戦になって展開が向いただけです。

誰かが逃げだしたら、絶対に追い付かなかったと思います。明日に向けては、セッティングで。

 パーツ交換は今のところは、ちょっと分からないです。朝乗ってみてから考えます。

タイヤも、もう1回考えてみます。もう一個あるので、どっちがよいか比べてみます。

 このままではかなり厳しいですね。乗れただけホント「奇跡」な感じで。

まったく予想してなかったので。前がやりあってて、たまたまそういう展開になったから・・・。

明日はとりあえず、ゴールできるように・・ひとつでも良い着で、ゴールできるように。」





第11R「マスターズ準決勝戦」、

1着3枠・阿部剛士選手(川口)、2着2枠・鈴木静二選手(浜松)





左から、阿部剛士選手、鈴木静二選手。

昨年の浜松「GTスピード王決定戦」から流行しました!?阿部選手の

「ジャァァスティィィス!」ポーズが見事に決まりました☆





第10R「ライジング準決勝戦」、

1着6枠・新井恵匠選手(伊勢崎)、2着5枠・中村友和選手(浜松)





左から、新井恵匠選手、中村友和選手。

友和選手は第9R「マスターズ準決勝戦」にて「優勝戦」進出を果たしました

師匠・青島正樹選手の愛弟子です。明日のGU優勝戦は浜松”師弟対決”となりました!





第9Rから「準決勝戦」がマスターズバトル・ライジングバトルと交互に繰り広げられます。
上位1・2着選手が明日の「優勝戦」に進出となります。

第9R「マスターズ準決勝戦」、
1着3枠・重富大輔選手(飯塚)、2着5枠・青島正樹選手(浜松)


左から、重富大輔選手、青島正樹選手。


   
第7R発売中、メインスタンド西側広場にて「懐かしの競走車 エンジン掛け」を実施。
本日はセア・フジ・トライアンフの3台を押し掛けしましたが・・ここでもサプライズが。
なんと今回押し掛けをしましたフジとトライアンフは、伊藤博康選手&伊藤力示選手兄弟が
かつて実際に使用していた競走車で、しかも、これまで数々の名勝負を浜松オートにて
繰り広げてまいりました、”トノサマ”こと伊藤博康元選手ご本人もご来場くださっていたのです!
選手は引退した後、1年を過ぎると、入場規制が解除されて”いちお客さま”の立場となり
入場することが可能となります。
伊藤寧歳さん&伊藤博康さん、名匠・”浜松Wライダー”がここに復活です☆


本日は第6R発売中&第9R発売中の2回をかけて天使もえさんのトークショーを実施。
ステージには司会の照沼杏菜さん、そしてASAHIちゃんが登場してのガールズトークとなり、
会場にはオートファン&天使さんファンによる大きなギャラリーができあがりました♪


第9R発売中に行われました撮影会では水着&ホットパンツ姿を披露。すると、
ASAHIちゃんも報道陣と同じ場所に並んでの写真撮影を行なっていました(笑)
モデルのお仕事として、ポーズや角度など、キレイに写る参考になるかもしれませんね♪


本日と明日の第4〜5R発売中、1Fインフォ前にて「お楽しみ大抽選会」を実施。
車券購入者が参加対象、景品はなんと、「鈴木圭一郎選手 No.1Tシャツ」や、
「佐藤貴也選手 SG初制覇記念マフラータオル」等が当たります!
明日も実施しますのでぜひ景品をGETしてください!


走路内観戦の最中、第4Rの試走時にサイドカーに乗って登場したのは、
本日来場ゲストの天使もえさん☆そして運転手は今田真輔選手です♪
本日は私も知らなかったサプライズが続いております(笑)


本日と明日の第3Rは「走路内観戦」を実施。グレードレースになりますと、全国遠方より
浜松オートまでレースをご観戦においでくださるお客さまが多くいらっしゃいます。
これまで何度も「走路内観戦」に当選されました常連の皆さまはその事を気づかい、
まだ当選されていない方々や遠方より浜松までお越しの皆さまのために抽選の機会を
譲って下さいました。オートレースファンをひとりでも多く増やしていくため、
多大なるご協力をありがとうございました!


浜松オートの「走路内観戦」では選手管理地区の散策中、選手と一緒に記念撮影のできる
サプライズイベントを用意しています。本日の撮影に参加してくださったのは佐藤貴也選手♪
いつも通り、入場門の前で走路内観戦に当選されましたお客さまと集合写真を
撮影したのですが・・なんと。
貴也選手:「お客さまから”ツーショットで写真を撮りたい”というご要望がありましたので、
 自分で良かったらご希望のお客さま、全員に応じますよ!」
と、突然のサプライズサービス!これにはお客さまも大喜びで、次々と
「私もお願いします!」と手があがりました♪

「では、どの場所で撮影しましょうか・・」と貴也選手。私はひらめき、
「では聖地にしましょう!」と提案。その聖地とは・・そう、
かつて国民的アイドルのお三方が、川口ライダー・森 且行選手と
21年ぶりのハグを交わしました、あの”再会の場所”です。
皆さんと撮影しました写真、そしてツーショットの写真、どちらも無料でプレゼントしますので
「準決勝戦」ご観戦の思い出に、どうぞ忘れずにお持ち帰りくださいね☆


本日の第1R試走時・走路内「ラウンドガール」はサプライズ!?
齋藤正悟選手が運転手となって試走先導を行ないました☆
ASAHIちゃん:「みなさーん、齋藤正悟選手の運転ですよー!(笑)」


手前から、屋外でエンジンを掛ける落合 淳選手(伊勢崎)、新井恵匠選手(伊勢崎)。奥には
下平佳輝選手がエンジンを掛けながら齋藤 努選手と会話をしていました。


「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、シリーズ4日目の早朝はくもり空&ブチ走路からのスタート。
走路状況は回復傾向にありますが、空からはごくわずかに霧雨のような水滴を
感じては止み、を繰り返しており、非常に不安定な気候となっています。

  
左から、白次義孝選手(伊勢崎)、金子大輔選手。
早朝7:30過ぎには既に整備作業を進めていました。


左から、鈴木宏和選手、山浦博幸選手。
金子選手や宏和選手は昨晩も遅くまで整備をしていました。

 
左から、ロッカーが隣組の平塚雅樹選手&渡邉 篤選手、
B棟の屋外にてタイヤを削る松生信二選手(山陽)。

  
写真左:ストレッチをして身体をほぐす、重富大輔選手(飯塚)。
写真右:ひさしのある屋外にてエンジンを鳴らす鈴木健吾選手。


走路では競走車を搬送する特殊トラックや、レーシングスタッフを搬送するキャラバンカーが
テスト走行を行っていました。レースの最中、車両が急に必要となった際、故障がないように
毎朝走路を数周回走って確認をしています。


posted by ブンブンボーイ at 18:28| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

GUウィナーズカップ 3日目のようす



写真:夕方練習のようす。SGを彷彿とさせるような参加選手の数です。・・が、

今節GUのレース内容がベテラン勢、そして若手勢と、期別の近い選手同士で

あっせんされているため、レースを通じて距離感が近づき、ともに腕を磨き合うという

新たな絆が生まれているのかもしれません。雨降って地固まる、です。



「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、3日目が終了。本日までの成績をもとに、

明日のシリーズ4日目は第9&11Rに「マスターズ準決勝戦」、

第10&12Rに「ライジング準決勝戦」が交互に繰り広げられ、上位2名の選手

(マスターズから合計4名、ライジングから合計4名)が「優勝戦」進出となります。

熱戦にご期待ください!





明日6/16(土)の特別来場ゲストは天使もえさんです。

12:30頃の第6R発売中に「トークショー」を、

14:05頃の第9R発売中に「トークショー&撮影会」をイベントプラザにて実施します。

どうぞお楽しみに♪





そして「鈴木圭一郎選手のNo.1Tシャツ」や

「佐藤貴也選手のSG初優勝記念マフラータオル」などが当たる

「未確定車券抽選会」を第4〜5R発売中、1Fインフォ前にて実施します。

当日2000円分の未確定車券かはまりっちレシートを会場にご持参ください。

景品がなくなり次第終了です、ぜひレアグッズをGETしてください!









第12R「ライジング準々決勝戦」、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、

2着3枠・鈴木健吾選手(浜松)、3着7枠・中村友和選手(浜松)の確定は8-3-7。





第11R「マスターズ準々決勝戦」、1着2枠・白次義孝選手(伊勢崎)、

2着4枠・阿部剛士選手(川口)、3着8枠・高橋 貢選手(伊勢崎)の確定は2-4-8。





第10R「ライジング準々決勝戦」、1着8枠・中村雅人選手(川口)、

2着3枠・落合 淳選手(伊勢崎)、3着7枠・渡邉 篤選手(浜松)の確定は8-3-7。





本日は浜松市内の施設を観光客へ案内するボランティアチーム、

「浜松観光ボランティア」のスタッフさんが一日をかけて浜松オートを視察。

よりオートレースの奥深さを知ってもらうために、わたくしブンブンボーイが数レースをかけて

ロッカー内見学や走路内見学を案内し、大忙しの舞台裏をご覧いただきました。

するとちょうど、全国No.1オートレーサー・浜松オート所属の鈴木圭一郎選手が

試走場へエンジンを鳴らしにいくところを発見。日本一のオートレース選手が

ここ浜松オートに所属していることに、観光ボランティアのスタッフさん方も驚きの様子で

圭一郎選手の作業のようすを熱心に眺めていました。





第9R「マスターズ準々決勝戦」、4枠・越智尚寿選手のフライングにより失権、再発走へ。

1着5枠・笠木美孝選手(浜松)、2着2枠・齋藤正悟選手(浜松)、

3着8枠・若井友和選手(川口)の確定は5-2-8。





第8R「ライジング準々決勝戦」、浜松市の観光ボランティアチームの皆さんが

浜松市の施設めぐりとして浜松オートを視察。研修用の「走路内観戦」を実施しました。

1着4枠・緒方浩一選手(山陽)、2着6枠・岩科鮮太選手(浜松)、

3着8枠・金子大輔選手(浜松)の確定は4-6-8。





第7R「2連単払戻率80%競走(マスターズ準々決勝戦)」、道中に審議がかかり、

6枠・遠藤 誠選手は反妨失格となりました。1着2枠・山崎 進選手(山陽)、

2着3枠・長谷晴久選手(浜松)、3着1枠・中村晋典選手(浜松)の確定は2-3-1。





本日と明日の2日、各日第2&3R発売中・1Fインフォメーション付近にて

はまりっちPREMIUM会員ランク別限定イベント・「パターゴルフに挑戦」を実施。

会場にてPREMIUM会員カードのご提示が必要です。



はまりっちPREMIUM会員のランク上位ほどカップの近くからパッティングができ、

ボールが大きいカップへ入ったら電子マネー・1000デルカ、

小さいカップへ入ったら5000デルカをその場でチャージします!

写真の通り、サウスポー用のパットも用意してあります♪

今日失敗してしまっても、明日もお一人様1回チャレンジができますので

ホールインワンを目指してがんばってください☆

※パターの代理打ちはできません。





第6R「ライジング準々決勝戦」、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、

2着5枠・鈴木宏和選手(浜松)、3着2枠・今田真輔選手(浜松)の確定は8-5-2。





第5Rより「準々決勝戦」がマスターズバトル・ライジングバトルの順で行われます。

第5R「マスターズ準々決勝戦」、1着6枠・森 且行選手(川口)、

2着5枠・岩田行雄選手(伊勢崎)、3着3枠・鈴木静二選手(浜松)の確定は6-5-3。




先日痛恨の反妨失格により、木村武之選手は本日第4Rの「一般戦」に。雨脚がとだえ、
にわかに乾き始めた走路にて30線単騎から全車抜きを披露し1着を獲得しました。
1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着1枠・野上史豪選手(浜松)、

3着7枠・平塚雅樹選手(浜松)の確定は8-1-7。



というわけで本日の「予想屋さんによる第4R予想会」、チャンピオン・佐々木さんの

第4R予想はズバリ的中となりました!おめでとうございました☆


 
本日までの3日間、第4R発売中・イベントプラザにて実施しました、場内予想屋さんによる
「第4Rレース予想会」。公営競技初心者さんにとって、ベテランさんの集まっている
予想屋さんの屋台に近づくのは、ちょっと気が引ける・・という方のためにに、
ぜひ予想屋さんの解説をステージイベントとしてお聴き頂きたい、というのがコンセプトです。
本日の予想担当はチャンピオンの佐々木さん。佐々木さんは本日第4Rを、
「このメンバーの中で雨でも自在、かつ、後続の抑え込みに長けているのは、1枠の野上選手。
朝練習でも雨走路のなか、外側と内側の両方を試し乗りしていましたが、やはり内側のほうが
早く走れていました。野上選手が雨走路を抑え込んで混戦となった場合、さばける腕があるのは
やはり先日の反妨失格に泣いた8枠の木村武之選手。通常は木村選手は、同ハンに必ず
数名の選手が並ぶポジションになりますが、本日は珍しく「単騎スタート」なんです。
20線の混戦を早めにくぐって行ければ、技量からしても木村選手が先頭へ。そして
6車並んだ20線勢の中からは、ランク上位かつ雨巧者である7枠・平塚雅樹選手が、
木村選手がやってくる前に野上選手を攻略できるか、がカギになるでしょう。」
ということで木村武之選手、野上史豪選手、平塚雅樹選手にマル印が付けられましたが、
果たして!?


本日より場内の夜警本部前にて「浜松オート版・バーチャルリアリティ体験」ブースを設置。
固定された競走車にまたがり、360℃全面を見渡せるゴーグルをかぶると、目の前には
実際のオートレーサーがレースを行なっている時の景色が広がります。
「選手はこのように浜松走路でハイスピードバトルを繰り広げている」という
疑似体験をお楽しみください、参加は無料です☆


場内チャンピオンレーサー前では、GU期間中「なつかしの競走車展示」を実施中。
伊藤寧歳元選手が率いる浜松オートPRチーム、「遠州動楽會」さん協力によるイベントです。
「浜松オート版バーチャルリアリティ体験」ブースに設置されている競走車も、実は
遠州動楽會さんから車両をお借りしております。いつもありがとうございます☆


朝の走行練習のようす。ご覧の通り、路面が水鏡になって写っているほどの雨となりました。
強く降ったり、弱く降ったりを繰り返しています。

  
左から、越智尚寿選手(飯塚)、藤岡一樹選手(山陽)。


左から、岩田行雄選手(伊勢崎)、鐘ヶ江将平選手(飯塚)。管理地区内にはいたる所に
手動開閉式の”ひさし”があり、雨天時に広げて屋外でエンジンを鳴らすことができます。

 
伊勢崎ナイターから浜松デーレースへ休みなし、連戦の藤本梨恵選手(伊勢崎)。
ですが朝8時には整備作業を開始していました。頭が下がります。

  
写真左:雨具を着て車両の停めてある検車場へ向かう稲原良太郎選手(山陽)。
写真右:検車場にて鈴木圭一郎選手の車両の隣に停める柴田健治選手。


自身のロッカーへ向かう辰巳裕樹選手。隣のロッカーでは栗原俊介選手(伊勢崎)が
既に整備作業を始めていました。


写真:早朝からタイヤ作りを進める鈴木健吾選手、櫻木公和選手(飯塚)。

「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、シリーズ3日目。
浜松の天候は未明から雨が降り始めており、小雨や本降りが繰り返し起きています。
選手ロッカーでは朝8時をまわる前から「チュイーン、チュイーン」という、
タイヤを作る音が各所から鳴り響いていました。


鈴木健吾選手と仲のよい、同28期の小林悠樹選手(左奥)。手前は新井恵匠選手(伊勢崎)。


posted by ブンブンボーイ at 19:06| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

GUウィナーズカップ 2日目のようす



写真:ASAHIちゃんのラウンドガール。CS中継カメラもサイドカーの走りを追っていますので

 第1コーナー付近は川口オートのオーロラビジョンのようになります(笑)



「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、2日目の全レースが終了。

明日のシリーズ3日目は第5Rより「準々決勝戦」がマスターズバトル、

ライジングバトルの順で交互に繰り広げられます。熱戦にご期待ください!



  

そして明日3日目より「浜松オート版・VR体験ブース」が正門奥付近に設置され、

さらに第2&3R発売中、1Fインフォメーション付近にて

はまりっちPREMIUMランク別会員限定イベント、「パターゴルフに挑戦」を実施。

電子マネー・最大5000デルカがその場で貰えるチャンスです☆

どうぞお楽しみに!





第12R「ライジング予選」、空から数滴の雨を感じるも、飯塚完全優勝以降いまだ土つかず。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着7枠・高橋義弘選手(川口)、

3着2枠・松生信二選手(山陽)の確定は8-7-2。





第11R「マスターズ予選」は波乱。道中第2コーナーにて3番手の8枠・木村武之選手が

2番手を走る6枠・岩田行雄選手へイン差しを狙うも接触、落車こそなかったものの、両選手とも

着順を落とす結果に。木村選手は審議後、反妨失格と判定されました。

1着4枠・鈴木静二選手(浜松)、2着7枠・佐々木啓選手(山陽)、

3着5枠・山際真介選手(川口)の確定は4-7-5。

レース後に岩田選手をたずねましたところ、「確かに体には触ったけど、身体は大丈夫。

ふたりとも落ちなかっただけでも、良しとしなきゃ。みんなが1着を目指しているレースだもの。

いろんな事があるのが、オートレースなんだよ。」とベンチに座りながらコメントしてくださいました。





第10R「ライジング予選」、猛烈なスタートと即攻が決まる。

1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着1枠・小林頼介選手(浜松)、

3着5枠・青木治親選手(川口)の確定は8-1-5。





明日までの3日間、第9〜10Rをかけて「現金が当たるお楽しみ大抽選会」を実施。

「未確定車券」か「はまりっちレシート」2000円分をご持参で1回スロットゲームに挑戦できます。



  

1等から3等まで現金をプレゼント、さらに4等もお買い物に使えるオリジナルQUOカードと

太っ腹なイベントとなっております♪写真左は2等が当たった瞬間です。その後、

1等が当たった瞬間も立ち会えましたが・・4等や3等が当たるたびにギャラリーが増えていき、

1等当選の時には画面が見えなくなるほどの人数にまで会場が盛り上がっていました。

みごと現金をGETしました皆さま、おめでとうございました☆





第9R「マスターズ予選」、道中に審議がかかり、7枠・加賀谷建明選手は反妨失格に。

入着順は繰り上がり、1着2枠・白次義孝選手(伊勢崎)、2着6枠・松山茂靖選手(浜松)、

3着1枠・野田光宏選手(浜松)の確定は2-6-1。





第8R「ライジング予選」、1着2枠・筒井健太選手(浜松)、

2着8枠・中村雅人選手(川口)、3着1枠・稲原良太郎選手(山陽)の確定は2-8-1。





第7R「2連単払戻率80%競走(マスターズ予選)」、1着2枠・山崎 進選手(山陽)、

2着3枠・齋藤正悟選手(浜松)、3着1枠・齋藤 努選手(浜松)の確定は2-3-1。





今節GUはチャンピオンレーサー前にて実施をしている「なつかしの競走車展示」。

GU開催の1日前から元・浜松ライダー1期生の伊藤寧歳さんが来場し、

歴代競走車の紹介と説明を行なっていますが、今日の撮影時には姿が見られません。

(さすがに連日は大変かな)と思いきや、こちらのイベントを担当している浜松オートPRチーム・

遠州動楽會さんいわく、「今ちょうど食堂へラーメンを食いに行ってるところで、今日も午前中から

お客さんへの対応をしていますよ(笑)土曜日はトライアンフをはじめ

最低2台はエンジン掛けする予定です。」

とのこと。本日は第5Rにて第2期生の鈴木章夫選手が1着を獲得しており、

浜松オートは大御所の活躍が目覚ましいですね☆





第6R「ライジング予選」、1着8枠・金子大輔選手(浜松)、

2着1枠・関口隆広選手(浜松)、3着7枠・渡邉 篤選手(浜松)の確定は8-1-7。





第5R「マスターズ予選」、御年72歳の今節GU最年長出場ライダーが1着を獲得!

1着3枠・鈴木章夫選手(浜松)、2着6枠・笠木美孝選手(浜松)、

3着5枠・重富大輔選手(飯塚)の確定は3-6-5。





第4R「ライジング予選」、1着2枠・今田真輔選手(浜松)、

2着8枠・新井恵匠選手(伊勢崎)、3着1枠・柴田紘志選手(浜松)の確定は2-8-1。



  

先日告知しましたとおり、本日の第3R発売中・イベントプラザにて

「佐藤貴也選手の「GU川口記念」優勝報告会」を執り行いました。

”SG初優勝 記念Tシャツ”を自ら着用してステージに登場した貴也選手は、

優勝戦のVTRを見ながら道中〜優勝までの流れを丁寧に解説してくださいました。

貴也選手:「ゴールの直後まで、誰が1着だったのか分からなかったんです。だから映像を

見ての通り、ゴールしても僕、何もしてないでしょう?(会場笑)いつもだったら、ガッツポーズとか

ベットオンミーとか、やってるはずですけど。このあと川口オートの巨大ビジョンでスロー映像が

写って、自分が優勝したんだと分かりました。ようやく両目が$(ドル)箱になってましたね(笑)」



  

イベントのラストは貴也選手へ祝福のクラッカーがポン!ポン!と鳴り、

「GU優勝、おめでとうございまーす!」とお客さまから掛け声があがりました♪



貴也選手はお礼にと言わんばかりに、サプライズで

着用していた記念Tシャツを脱ぎ、その場で投げ込みを行ないました☆

みごとGETできたお客さま、おめでとうございました♪



佐藤貴也選手、GU優勝おめでとうございました&ありがとうございました☆





第3R「マスターズ予選」、1着6枠・青島正樹選手(浜松)、

2着8枠・松尾啓史選手(山陽)、3着3枠・長谷晴久選手(浜松)の確定は6-8-3。





第2R「ライジング予選」、1着5枠・落合 淳選手(伊勢崎)、

2着1枠・木部匡作選手(伊勢崎)、3着4枠・鈴木健吾選手(浜松)の確定は5-1-4。





第1R「マスターズ予選」、1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、

2着2枠・中村晋典選手(浜松)、3着6枠・遠藤 誠選手(浜松)の確定は8-2-6。





浜松オートが誇る場内移動販売・ケータリングサービスの数々。

右手前から、漬けマグロの串カツ「ほっこりDININGきら」さん、焼き鳥「鳥好」さん、

すっぽんエキス入り浜松餃子「あまえん坊」さん、軽食「浜松観光食堂」、

たい焼き「焼きたて屋」さんです。どのお店も100円・150円・200円の低価格で

ほっぺたの落ちるサイドメニューを食べられるのが魅力です。

「ほっこりDININGきら」さんでは漬けマグロの串カツの他に、混じりっけなしの本格・

”じゃがいもコロッケ”も販売。1日に1つ食べたくなりそうな、カリっとほくほくのコロッケです♪

ご来場の際にはぜひご賞味ください☆





走路内では救護班や発走補助員など、レーシングスタッフが選手の朝練習の開始前には

各ポジションに常駐しており、救護訓練や発走補助の練習・確認が行われていました。





朝の走行練習、走路内へ入れる順番を待つ選手による、長蛇の列ができあがっていました。

今回の「GUウィナーズカップ」は27期以前の歴戦選手(マスターズ)と

28期以降の若手選手(ライジング)がそれぞれ4名ずつ、優勝戦進出をかけて競い合います。



つまり、マスターズ選手にとっては「優勝戦」まで、鈴木圭一郎選手や中村雅人選手をはじめとする

若手選手と「予選」&「準決勝戦」を競うことはなく、逆にライジング選手にとっては高橋 貢選手、

木村武之選手をはじめとする歴戦選手とは、「予選」&「準決勝戦」にて競うことがありません。

しかしながら「準決勝戦」はそれぞれ2つのレース

(「マスターズ準決勝戦」は9&11R、「ライジング準決勝戦」は10&12R)

しかなく、それぞれ16名のみが進出、と”狭き門”となっています。





スタート練習。大時計に7の数字が点灯していますが、7番車のフライグではなく、

1度のスタート練習で7回も実施していることを表しています。



  

「K-mix杯 GUウィナーズカップ」、シリーズ2日目。初日に引き続き、

歴戦の「マスターズバトル」が奇数レースに、若手の「ライジングバトル」が偶数レースにて

競われます。熱戦にご期待ください!

早朝の選手ロッカー、本日も鈴木圭一郎選手のマシンは既に検車場へ運ばれており、

圭一郎選手は鈴木宏和選手のロッカーを訪ねていました。



  

写真左:ロッカーへ向かう櫻木公和選手(飯塚)。

写真右:万力を扱う小林瑞季選手(川口)。周囲の先輩の競走車には出走表が置かれていました。



   

写真左:リアタイヤを削る渡邉 篤選手。

写真右:ロッカーへ向かう藤本梨恵選手(伊勢崎)。今節は離れのB棟を使っています。



  

写真左:岩科鮮太選手&浦田信輔選手のロッカー。写真には写っていませんが

 両選手とも既にロッカーに入っており、まずはコーヒーで一服していました。

鮮太選手は「先日(GI初優勝イベント)は、ありがとうございました」とコメントを下さいました。

写真右:選手線宿舎内の食堂へ向かう稲原良太郎選手(山陽)。



  

左から、新井恵匠選手(伊勢崎)、金子大輔選手のロッカー。両選手とも整備を開始していました。




posted by ブンブンボーイ at 19:06| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする