2017年08月28日

オートレースは非開催日です.. (浜松前検日)


昨日山陽オートにて繰り広げられました「GII 小林啓二杯 山陽王座防衛戦」・最終12R「優勝戦」は
唯一アウェイからの出場を果たしました片岡賢児選手(飯塚)が2枠ゼロハンから先行、そのまま
先頭を守り切って8周を制しチェッカー。GII優勝を成し遂げました。

本日は全オートレース場が非開催日となり、こちら浜松オートでは各駐車場にて
駐車ラインの引き直しや除草等の清掃活動が行われました。



私たちは明日8/29より開催する恒例の場内食堂協賛・「第8回浜松観光食堂杯フードアタック」の
開催準備に追われていました。次から次へと新しい情報が入ってきています。


9/1(金)の11:30より西門付近カレー・ラーメン食堂前の軽食コーナーにて
先着100名様へ「鈴木圭一郎選手プロデュース弁当」の限定販売を行ないますが、さらに
”お弁当を買って下さった方へのさらなるサービスがしたい”という浜観スタッフさんのご要望に
応えるべく、急きょ鈴木圭一郎選手の前節”完全優勝ブロマイド”を100枚限定で製作することに。
準決勝戦日までには完成する予定です。

ここでお知らせ。今節あっせんの予定でした青嶋裕治選手が前回のレース中における
落車の負傷により不出場に。補充要員が間に合わず、明日初日の第1Rは
「7車立て」にて競われることになりました。ご了承ください。


その一方で、オートレースを総括している財団法人JKAより
オートレース第34期・選手候補生募集」を本日より告知しますので
宣伝をお願いしますという依頼が入ってまいりました。


本日は開催準備作業がほとんどで前検日ロッカーへ足を運べませんでしたが・・少しだけ。

先日8/25、フジテレビ系列ドキュメント&バラエティ特番・「キビシー!」にて
浜松の新人女子ライダー・交川陽子選手が、プロ試験に合格するまでの
厳しい養成所の日々を特集&放映。翌日の「バイクのふるさと浜松2017」でも、
浜松オートブースへお立ち寄りくださいましたオートレースを知らないお客さまから
「金曜日のオート選手の特番、見ましたよ」と、たくさんお声をかけてくださいました。
オートレースそして交川選手の知名度は確実に広がりましたが、広がったがゆえに
成績を1つでも上げていかなくてはならない、そういった責任感みたいなものが
交川選手に湧いてきているのでしょう、ロッカーではかなり手の込んだ整備が進められていました。
何とかして上手にしてあげたい、と、同門の仲口武志選手がつきっきりで交川選手の
整備を手伝っていました。兄貴分である松山茂靖選手、木村直幸選手も作業を見守ります。


交川選手だけではありません、「キビシー!」では取り上げられませんでしたが、
同じく浜松新人33期生・花田一輝選手も訓練中にケガをしてしまい、交川選手とともに
約1か月遅れての新人デビューとなっています。TVでは、ラストシーンにて
教官へ”感謝の寄せ書き”をプレゼントしていたのが花田選手です。

今回のTV特番によって、オートレーサーになることへの厳しさと、新人33期生の今後の活躍が
注目されることでしょう。花田選手は誰よりも早く1番に走行練習を開始し、走行を繰り返していました。

明日からの浜松オート「第8回 浜松観光食堂杯フードアタック」では
新人33期選手の勝ち上がりが権利が発生します。応援をよろしくお願いします!


posted by ブンブンボーイ at 19:37| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

「バイクのふるさと浜松2017」 浜松オートPRブースが完成


いよいよ明日あさっての8/2627、浜松市東区・「浜松市総合産業展示館」にて
バイクの街・浜松の夏休み恒例イベント、「バイクのふるさと浜松2017」が開催。
本日8/25の金曜日は前検日・・もとい、搬入日となり、私たち浜松オートPRチーム
(日本トーター浜松オート、遠州動楽會、浜松ポンポンクラブ)は産業展示館へ一堂に会し、
浜松オートPRブースをセッティングしました。

ブースは18時過ぎに完成、2日間をかけてオートレースの魅力や激しさ、
新人33期選手がデビューしたことや、鈴木圭一郎選手が後期も全国No.1に選ばれたこと、
等を紹介・宣伝してまいります。ぜひご来場ください♪

  
写真:昨年「バイクのふるさと浜松2016」のようす。

特別イベントとしまして、土曜日の8/26は13:30より”競走車のデモ走行”を
屋外の特設スペースにて実施します。
日曜日の8/27は浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんと、
全国No.1ライダーの鈴木圭一郎選手が来場!
11:00より館内特設ステージにて”浜松オートPRトークショー”を実施します。
どうぞお楽しみに!

posted by ブンブンボーイ at 19:39| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

山陽「GII 小林啓二杯 山陽王座防衛戦」 場外発売


8/22(火)に繰り広げられました浜松オート「第12回サンバフェスティバル」最終12R「優勝戦」は
浜松オートが誇る全国No.1ライダー、鈴木圭一郎選手が破竹の”完全優勝”を成し遂げ、
幕を閉じました。

8/23(水)〜27()の5日間、浜松オートでは山陽「GII小林啓二杯 山陽王座防衛戦」の
場外発売を実施します。どうぞお楽しみに。

走路内では雑草や植え込みの剪定を行なっています。


北駐車場では先日の中駐車場に引き続き、駐車ラインの引き直しを行なっています。
北駐車場ご利用の際はご注意ください。


posted by ブンブンボーイ at 18:47| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

第12回サンバフェスティバル 4日目・最終日のようす



「バイクのふるさと浜松2017」開催直前のレースとなりました、 8/19~22開催の浜松オート・

「第12回サンバフェスティバル」、最終12R「優勝戦」は、浜松が誇る全国No.1オートレーサーの

鈴木圭一郎選手が8枠30線大外の位置から他7車を全て抜き去り1着チェッカー!

全レース1着の”完全優勝”を成し遂げました!







写真:凱旋を祝福に出迎えてくれた派閥のメンバー。田中竜二選手・渡邉 篤選手・平塚雅樹選手。

 そして、鈴木圭一郎選手の船橋所属時代の親方、滝沢 健選手(25期、現・伊勢崎)も

 本日第1Rの出場ながら、弟子の圭一郎選手が出場する最終12Rまでロッカーに残り、

 優勝戦を見守ってくれたのでした。



圭一郎選手のコメントです。

「最終日はエンジンのフタを開けていません。電気位置を扱ってはみたのですが、

あまり良くなかったので逆に戻しました。整備はキャブレターの微調整くらいですね。

試走時、(乗り味がちょっと重たいな…)と思っていたのですがレースの時間になったら

乗り味が良くなっていました。天候が曇ったり、照ったりを繰り返してましたし…試走時は

セッティングがその時の気候からズレていたのでしょう、エンジンが荒っぽかったのですが、

レースの時刻を迎えたらその時の気候がたまたまエンジンに合ったくれた気がします。



そしてスタートもうまくきれたのが大きかったです。試走タイムを見ても、同期のトモカズ(中村友和選手)

のほうが強かったと思うので、もし先に行かれてしまったら勝てたかどうか分からなかったです。



次の出場は来週の地元開催「第8回浜松観光食堂杯フードアタック」ですが、エンジンのベースは

このままで良いことは分かっているので、基本パーツは換えずに、今の水準から崩さないようにしつつ

上を目指していきたいです。」





写真:ウィニング・ラン。「鈴木圭一郎」と書かれた自作の応援グッズ&Tシャツで優勝を祝福する

ファミリーのファンもおりました♪ 圭一郎選手はお辞儀と手を振ってお礼にかえました。





ウィニング・ランの際も、小さなお子様連れのファンの方々が親子で力いっぱい手を振って

祝福してくれましたね。とお話すると、圭一郎選手はニコっと笑顔がほころび、

「自分を応援してくれるお客様の期待に応えられるように、これからも

精いっぱいの走りを見せていきたいですね。優勝戦だから、ということはなく、予選であっても、

一般戦であっても、一生懸命走ります。もし自分の姿に子供たちが憧れてくれて、未来の

オートレーサーを目指してくれたら、嬉しいです!」

とコメントしてくださいました♪



浜松オートから鈴木圭一郎選手”ジュニア”が誕生するかもしれませんね!(笑)

鈴木圭一郎選手、コメントありがとうございました&完全優勝おめでとうございました☆







圭一郎選手の次回出場は8/29(火)~9/1(金)の浜松開催・

「第8回浜松観光食堂杯フードアタック」となりますが、レースよりひと足早く、8/27()の

浜松市総合産業展示館・「バイクのふるさと浜松2017」・2日目に参加します。

(トークショー実施の11時前後に浜松オートPRブースへ来場予定)

ひょっとしたら生で今節優勝のお話が聞けるかも!?



「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」では、飯塚GIナイター遠征のために

参加できなかった鈴木圭一郎選手。8/27、間近にお会いできるチャンスです!

ぜひ祝福&声援をよろしくお願いします☆









最終12R「優勝戦」の試走。時間延長しファンファーレは16:35予定、熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着5枠・山浦博幸選手(浜松)、2着4枠・塚越浩之選手(伊勢崎)、

3着6枠・遠藤 誠選手(浜松)の確定は5-4-6。



  

写真は昨年の「バイクのふるさと浜松2016」・浜松オートPRブースのようすです。

昨年開催2日目(日曜日)のゲストレーサーは渡邉 篤選手。トークショーの前後に、

PRブースにてお客さまとの記念撮影を行ないました。

ご家族一緒に、お手持ちの写メやデジカメで撮影するもよし、わたくしブンブンボーイへ

お声をかけて下されば、写真を撮影&その場でプリントアウトして記念に差し上げます♪



浜松オートPRブースは今年も総合産業展示館の入口から左側の展示場にて出展します。

8/2627、「バイクのふるさと浜松2017」へぜひご来場ください☆



 

本日は第9〜10R発売時間をかけて、1Fインフォメーション付近にて

「”お菓子の詰め合わせ”が当たる未確定車券抽選会」を実施。

500円分の未確定車券かはまりっちレシートのご提示でスロットゲームに参加することができ、

スリーセブンが揃えば大当たり!袋いっぱいのお菓子詰め合わせをプレゼント☆

お子様連れのお父さん&お母さん、わが子へのおみやげにぜひ挑戦してみてくださいね♪



  

浜松オートは来週8/29(火)から4日間開催、「第8回 浜松観光食堂杯フードアタック」を実施。

浜松オート場内の各食堂を運営している、”ハマカン”こと浜松観光食堂さんの協賛とあって

開催期間中、さまざまなお食事サービスを予定しています。その一部をご紹介、

グリーンスタンド2F食堂では8/30から9/1の3日間、日替わり定食がワンコインの500円で

ご賞味いただけます。西門付近のカレー・ラーメン食堂では人気メニューの品々が

日ごとにお値打ち価格となります。もちろんメインスタンド3F食堂や名物うどんコーナーでも

特価メニューが用意されますので、今後の情報をどうぞお楽しみに☆





第5R「ランチアタック選抜戦」、1着3枠・青木勝美選手(伊勢崎)、

2着4枠・佐藤裕児選手(飯塚)、3着6枠・松山茂靖選手(浜松)の確定は3-4-6。





第4R、新人・交川陽子選手が1枠ゼロハンから出場、8着の成績となりました。





第3R、新人・落合 巧選手が1枠ゼロハンから出場、8着の成績となりました。





第2R、新人・金田悠伽選手が1枠ゼロハンから出場、7着の成績となりました。





第1R、7車立てにて競われ、新人・花田一輝選手が1枠ゼロハンから出場し、

みごと6周回逃げ切りに成功!先日に続いての1着”2連勝”をあげました!



 

花田選手の師匠、伊藤信夫選手が非あっせん(不出場)の時は、同じ派閥の山脇孝志選手が

師匠に代わり兄貴分として花田選手を育てています。

山脇選手:「走りを見た限りちょっと滑ってるように思えたけど、それで再試走になったのかな?」



ちなみに師匠同士で仲が良いと、そのお弟子さんも仲良くなることが多いです。

信夫選手の親友、青島正樹選手は先日まで信夫選手に代わって花田選手の面倒を見ていましたが

先日の落車トラブルにより身体不良で早退、本日は青島選手の弟子&後輩である

中村友和選手&鈴木啓示選手が花田選手のサポートを行なっていました。

後ろに手を回して親方や先輩の話を聞くのが選手養成所時代からの姿勢です。





CS放送に映し出された「1着1枠、花田一輝選手(浜松)」の確定表示。

山脇選手は「じゃぁ2勝目は自分と一緒に撮ってもらおうかな!」と、自ら花田選手との

ツーショットを提案すると、「ありがとうございますッ!」と花田選手。緊張がほぐれた瞬間です。

新人選手を緊張感だけでがんじがらめにさせまいとする、お兄ちゃんの粋な計らいといえますね♪

花田選手、2勝目おめでとうございました☆







本日の未明、猛烈な雷雨がわずかの間に吹き荒れ、わたくしブンブンボーイも就寝中

どこかで爆発が起きたのかという程のすさまじい雷鳴に目を覚ましてしまいました。

早朝の天候はくもり。路面のいたるところが濡れ残っていますが午前中のうちに

乾くものと思われます。確定表示板の前には浜松オート・秋のビッグレースラッシュ、

「GIIウィナーズカップ」と「SG 第49回 日本選手権オートレース」の横断幕が

今節より掲げられています。





競走車を寝かせて電気位置のカバーを開ける鈴木圭一郎選手。本日「優勝戦」に出場、

勝てば今シリーズ全1着の”完全優勝”となります。





伊勢崎の”絶対王者”こと高橋 貢選手を育てた親方、鈴木幸治選手。

「最近カメラに興味があるんですよ」と、私の写真機を眺めてくださいました。





先日身体の不調を訴えて早退しました金子大輔選手に代わり、平塚雅樹選手が補充となりました。

落車トラブルが発生した場合、その時は診察で骨に異常なく打撲程度と診断されても

打ち身の痛さや腫れが、数時間後&翌日に噴き出てくることが多々あります。どうかお大事に。


posted by ブンブンボーイ at 19:53| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

第12回サンバフェスティバル 3日目のようす



浜松オート「第12回サンバフェスティバル」3日目、4つの「準決勝戦」を経て

明日8/22(火)の最終12R「優勝戦」出場はご覧のメンバーに決定しました。

熱戦にご期待ください!





ここで選手容態等、お知らせです。

・明日開催4日目、齋藤正悟選手は反因の罰則休。補充は本日に続き渡邉 篤選手です。

・総合病院から連絡があり、生方将人選手に骨折等の異常は見られませんでしたが

 強い打撲等、身体不良につき参加解除へ。明日の補充は鈴木宏和選手に決定。

・本日罰則休でした金子大輔選手も身体の不調を訴えて本日付で参加解除へ。

 明日の補充は平塚雅樹選手に決定しました。

・青島正樹選手は骨折等ありませんでしたが、強い打ち身のため身体不良として参加解除に。

 明日の補充は柴田紘志選手に決定しました。

・鈴木辰己選手は左足腓骨の骨折が見つかり、しばらく入院となるそうです。

どうぞお大事に…。





第12R「準決勝戦」、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着3枠・柴田健治選手(浜松)





第11R「準決勝戦」、道中に審議がかかるも失格にはいたらず。

1着6枠・中村友和選手(浜松)、2着2枠・今田真輔選手(浜松)





第10R「準決勝戦」は波乱。各車発走をした瞬間、3枠・鈴木辰己選手がチェンジ失敗か、

加速が急に止まってしまい、後方から加速中だった7枠・青島正樹選手が接触、両車とも

落車してしまうトラブル発生。この時、先頭車の1枠が大時計の設置ラインの通過前に

接触が発生しているため、「異常発走」としてレースは再発走&「6車立て」となりました。

浜松3日目・第10Rは3枠&7枠にまつわる購入車券は返還となります。

1着2枠・木村享平選手(伊勢崎)、2着6枠・三浦康平選手(伊勢崎)



両選手の容態につきまして、どちらも意識はありますが、辰己選手は左足首に、青島選手は

左側の肋骨に骨折の疑いがあり、両選手とも総合病院にて検査を受けるそうです。

情報が入り次第お伝えします。



  

バイクが産声をあげる街、浜松市がお贈りする夏休みの恒例バイク産業イベント、

バイクのふるさと浜松2017」が8/2627の2日間をかけて

浜松市総合産業展示館にて実施します。



浜松オートは第1回開催からPRブースを出展し続けています。

写真右は14年前、2003年の第1回開催(場所は静岡文化芸術大学のキャンパス内)時に

浜松オートPRのお手伝いをしてくださった、新人時代の鈴木健吾選手と和田健吾選手です。

今回も浜松オートPRチーム、遠州動楽會の皆さんにご協力を頂き、

歴代競走車の展示やオートレース・バーチャル体験の簡易版を用意。

土曜日の8/26は13:00より競走車のデモ走行を屋外駐車場にて実施、

日曜日の8/27には全国No.1ライダーの鈴木圭一郎選手&浜松オートレースヴィーナスの

ASAHIちゃんが来場し、11:00より特設ステージにてオートレースPRトークショーを行ないます。

どうぞご来場ください!





※ここの予定記事は都合により差し替えます

浜松オートのCS放送&ネットライブにて毎日第5R発売中に「ランチアタッククイズ」を放送。

クイズの正解者の中から抽選で3名様へ「バックナンバーQUOカード」が当たります。

どんなクイズが出題されたかは視聴者のみ知ることができます。

毎日違うクイズが出題、今節は最大4問、応募クイズに挑戦できます。

どうぞCS放送&ネットライブをご覧ください!





第5R「ランチアタック準決勝戦」は波乱。道中第2コーナーにて3枠・齋藤正悟選手が

1枠・生方将人選手を内側から押圧し落車させてしまい、後方追走の4枠・青木勝美選手も

生方選手を避けきることができずに接触・落車してしまうトラブルが発生。

レースは続行し、1着2枠・野上史豪選手(浜松)、2着7枠・笠木美孝選手(浜松)。

審議の結果、正悟選手は反則失格となりました。両選手の容態につきまして、

青木選手は打撲程度の軽傷、すでにロッカーへ戻っています。

生方選手は意識はあり、他選手と会話をしていますが自ら立つことができない状態で

尾てい骨のあたりに骨折の疑いがあり、総合病院にて検査を受けることになりました。



☆追加情報、総合病院から連絡があり、生方選手に骨折箇所は見られなかったそうですが

身体不良のため早退へ。明日の開催最終日は休場となります。

補充は鈴木宏和選手に決定しました。





第4R、新人・落合 巧選手が1枠ゼロハンから出場し、8着の成績となりました。





浜松は「出世場」なり、花の舞!

第3R、新人・花田一輝選手が1枠ゼロハンから軽快な走りをみせ6周回の逃げ切りに成功!

デビュー2節目にして初の1着を獲得しました!





「(お手合わせ)ありがとうございました!」と、対戦選手へ挨拶をして

ロッカーに帰還した花田選手を、兄貴分の山脇孝志選手が「おめでとう!」と拍手でお出迎え。

お隣のロッカーである同グループの高田克重選手や、同じロッカー通りの森下剛一選手、

同期の交川陽子選手、そして・・・今節非あっせんである師匠・伊藤信夫選手の親友、

青島正樹選手や、信夫選手を尊敬する鈴木啓示選手も、花田選手のロッカーへやってきて

「良い走りだったね!」と祝福しました。



  

デビュー初の1着、緊張で表情がこわばり気味だった花田選手でしたが、同33期の

交川陽子選手が「おめでとう!」と祝福し、金田悠伽選手が「1着、良かったねぇ♪」と

声をかけて、ようやく「ありがとう!」と笑顔がこぼれました。



着替えを済ませたのち、伊藤信夫選手に代わって兄弟子の山脇孝志選手から

「ブンブンさんが来てくれたから、インタビューを受けてガッツポーズの写真を撮ってもらいなよ!」と

取材許可を頂きましたので、さっそく初1着勝利の写真を撮影させてもらいました♪

花田選手:「試走の段階からタイヤの滑りもなく、乗り味が良かったので、ミスさえなければ

良いところがありそうな気がしていました。初めて1着が獲れて嬉しかったのですが…1つだけ、

できれば師匠の伊藤信夫さんが見ている前で1着を獲ってみせてあげたかったので、いつかは

信夫さんの見ている前で1着の姿をささげたいです!ありがとうございました!」



花田選手は浜北の出身、浜北と言えば浜松銘酒・”花の舞”であります。

今後も身軽さを武器に、キレのあるコーナリングで”花”の舞いを披露していきたいですね!

花田選手、初1着おめでとうございました☆





第2R、新人・交川陽子選手が1枠ゼロハンから出場し、8着の成績となりました。





写真:遠征選手専用ロッカー、通称「B棟」にてひとり、黙々と整備をする青木勝美選手(伊勢崎)。

「ご無沙汰しています、もう3・4年ぶりになりますかね・・浜松でのレースは。

身体の方はまだ完調とは言えないですけど、何とか競えるほどには回復しましたので、

再び走らせてもらっています。自分の場合はもらい事故が多いですね(苦笑)

久々の浜松あっせんで、準決勝戦に出場できましたが、まぁ運が良かったといいますか・・

整備をしてエンジンが向上しているという感じではないので、今日もいろいろ手探りで

良い所が見つかるか探っていきます。」

取材時は電気位置のカバーを開けていました。





第1R、新人・金田悠伽選手が1枠ゼロハンから出場し、1度目の発走で痛恨のフライング。

2度目の発走は正常、8着の成績となりました。



  

写真左:朝練習時、何度も走路とロッカーとを往復する小林悠樹選手。

本日第11R「準決勝戦」に3枠10線から出場します。

写真右:木村享平選手(伊勢崎)。写真撮影の際、私の隣から、田中 茂選手(飯塚)が

「いいよいいよ〜、もっと白い歯を見せて〜♪アゴを引いて〜♪」と声をかけてくださいました(笑)

木村選手:「前検日にリングを交換したらトルクは上がったのですが、ちょっと荒っぽくなったので

リングはそのままでキャブ調整をしたところ、荒さが抑えられて、自分の乗りやすい感じに

向いてきました。今日も気候に合わせてキャブ調整、良い所を見つけたいと思います。」

木村選手は第10R「準決勝戦」にて2枠10線から出場します。





本日浜松「第12回サンバフェスティバル」・開催3日目、早朝7:30過ぎの浜松ロッカー。

開催は続いていますが、週の初めだからでしょうか、先日日曜日の朝よりも

ロッカー内が賑わっていました。

浜松の新人選手は男子2人・女子2人とバランスがよく、

男子同士、女子同士で一緒に行動し過ごしている姿をよく見かけます。





写真左はバネの強さを調べている渡邉 篤選手。奥に鈴木圭一郎選手、佐藤裕児選手がおります。

先日、交川選手休場の補充として出場しました渡邉選手は、本日も

金子大輔選手休場に代わり補充参戦します。





先日他落を被ってしまった鈴木章夫選手、すぐさま総合病院にて検査を受けましたが

骨折等の異常は見られず、無事にロッカーへ戻ってまいりました。



車両は先日のうちに金子大輔選手をはじめ多くの選手が修理を手がけて元通りに。

章夫選手は早朝から整備を開始していました。野上史豪選手、木村直幸選手が見守ります。


posted by ブンブンボーイ at 18:15| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする