2017年05月07日

第35回中日新聞東海本社杯 最終日のようす



2017年のゴールデンウィーク、ここに完結!浜松オート4日間開催・

「第35回 中日新聞東海本社杯」、最終12R「優勝戦」は地元浜松の28期、和田健吾選手が

2枠10線の位置から6周回を制し、”浜松まつり開催”の優勝を成し遂げました!





「う〜い!おつかれ〜!!」

地元優勝を果たした和田選手がファイティングゲート前に凱旋すると、選手ロッカーから

最後までレースを見守って下さった浜松ライダーが次々とやってきて和田選手を祝福しました♪





「俺たちの”浜松まつり”はこれからスタートだね!!(笑)」

和田選手と同じ28期の柴田紘志選手も、ちゃぁっととんできて(遠州弁:すぐさま駆けつけて)、

一緒に記念撮影☆さらに和田選手とハイタッチで祝福しました♪





地元選手の優勝、浜松オートファンにとっては嬉しい”祝い締め”となりましたでしょうか♪

ウィニング・ランでは大勢のお客さまがたがフェンス越しに集まり最後まで見守って下さいました☆





本日はこれからもう少しやらねばならないお仕事があるため

優勝戦シーン&コメントは後日紹介します。

和田健吾選手、おめでとうございました☆





  

第12Rの試走時、ASAHIちゃんの「優勝戦ラウンドガール」は初めての”セアタンデム”で実施!

場内では「バーチャル・リアリティ体験」でのレース体験ができますが、本物のセア車の振動や

走路内で風をきる感覚を得られるのは、こちらのセアタンデム乗車が一番であります♪



第12R「優勝戦」の発走時刻は5分延長して16:25となります。

熱戦にご期待ください!!









第11R「特別選抜戦」、1着8枠・五所 淳選手(山陽・23期)、

2着7枠・柴田健治選手(浜松・27期)、3着6枠・藤川幸宏選手(飯塚・29期)の確定は8-7-6。





第8R発売中のお楽しみ、ASAHIトーク&抽選会はイベントプラザにて。

本日もロッカー取材をしてきたASAHIちゃんは選手のコメントと予想目を紹介。すると予想を聞いた

お客まからお褒めの!?拍手が沸き起こり、なかなかスジの良い予想だったようです♪





ASAHIちゃんはイベントプラザ左側にて実施している「VRレース体験」も紹介。

「どこを向いてもレースを行なう選手の視点なので、実際のレースの疑似体験ができて

 とても勉強になります。楽しいのでぜひご参加ください!」





昨年大みそかの川口SGにて他落をこうむってしまい、4か月に及ぶ長期休場を経て今節から

練習参加の走路復帰を果たしました金子大輔選手。今節は朝・晩の走行練習の参加のみだけに

レース中における時間の都合が取れたことで、開催初日〜3日目まで

お客さまをタンデム車&サイドカーに乗せての試走運転イベント、イベントプラザでのトークなど

毎日ファンサービスにご協力くださいました。



本日の朝、お礼を言おうと金子選手のロッカーを訪ねると、金子選手は一旦席を外しており、

同派閥の将である上村敏明選手(写真左下)が片付けを手伝っておりました。

上村選手は「金子君なら今日お昼過ぎの”参加解除許可時間”を過ぎたらすぐ帰るよ。」と

教えてくださいました。

上村選手:「お正月からずっと病室とリハビリの訓練で、1回もロッカーに来なかったでしょう?

 そうなると”タイヤが買えない”から…今、残っていた分を3日間の朝晩の練習で使いきって

 しまったんだよ。休んでいる間にも新しいタイヤはどんどん生産されるからね。タイヤひとつ

 とっても1本で数回の走行しか使えないし、1年で考えたら 何十万にもなるからね。

 しばらく休場するってことは、そういった買い足しの流れも切らせてしまうから、元の流れに

 戻すのも大変なんだよ。」

なるほど、レース進行のルーティーンを元に戻す作業も大変だったのですね・・そんな中でも

浜松オートファンのためにとトークやイベントに参加して下さった金子選手には

頭が下がるばかりです。金子大輔選手、今節はいろいろとご協力をありがとうございました!

そして「GIゴールデンレース」の復帰戦を楽しみにしています♪





第5R「ランチアタック選抜戦」は波乱発生、道中にて7枠・吉松憲治選手(山陽)がスリップ自落。

さらに別の箇所で反則審議がかけられ、4枠・山崎進選手(山陽)が1枠・岡本信一選手(山陽)に

対する反則妨害のため失格の判定に。吉松選手の容態は、救急車を降りてから

医務室をたずねずにそのままロッカーへ戻られたそうで、大事には至らないとのことです。





今節はゴールデンウィーク本場開催・来場者のための急きょ特別イベントとして、

イベントプラザ横にて荒尾 聡選手や篠原 睦選手などトップレーサーの世界を体感できる

「VR(バーチャル・リアリティ)レース」を実施。参加無料、オートレーサーはどのような視点で

実際のレースを展開しているか、ご来場の皆さまはぜひ一度体験してみてください!



  

本日も「走路内観戦」を第3Rに実施。第2〜3発売中をかけて、抽選会に当選された20名様を

選手管理地区内へと招待してまいりますが、今回は仲の良い”30期ライダーズ”が

お客さまとの記念撮影に参加してくださいました☆

左から、松生信二選手、松井大和選手、赤堀 翼選手、鈴木一馬選手です♪



松生選手と松井選手はともに山陽からの遠征ライダー。お客さまの中には

めったにお目に掛かれない山陽ライダーの両選手を間近に感動し、「がんばってください!」と

応援の言葉をかけている方もいらっしゃいました☆



   

本日は第1Rと12Rの各試走時にASAHIちゃんのラウンドガールが行われます。

バックストレッチから第3コーナー奥のフィニッシュゲート(退場門)をくぐり、選手管理地区内・

選手宿舎前のバックヤードを通ってまいります。

ASAHIちゃんが管理地区へと戻ってくると、ちょうど本日の優勝戦に出場する

赤堀 翼選手とお会いできました。手を振ってサイドカーをそばに停め、

赤堀選手と「今日も1日よろしくお願いします!」とあいさつを交わすASAHIちゃんでした♪





本日開催最終日は初日に引き続きまして浜松オートレースヴィーナスASAHIちゃんの来場日☆

浜松まつりが終了し、ハッピ姿からヴィーナスコスチュームに戻ったASAHIちゃん。

今節は2種類のコスチューム姿を見ることができました♪

ゴールデンウィークは本日まで、ということで、連休を使って浜松オートへお越し下さっている

遠方からのお客さまも多いことでしょう。あの子がASAHIちゃんか、タイミングを見計らって

話しかけてみようかな?と来場者お出迎え場所にお客さまが集まっておりました♪





写真:浜松開催・最終日の早朝7時台。今朝一番最初にロッカーでお会いできたのは清水雄平選手。

 朝の走行練習用にとタイヤウォーマを装着しておりました。



楽しくて激しかった今年のゴールデンウィーク・浜松まつり、そして浜松オートもいよいよ大団円。

お先とばかりに浜松まつりは5/5に幕を閉じ、浜松オート「第35回 中日新聞東海本社杯」は

本日の5/7を持ちまして終了となります。最終12Rに「優勝戦」を実施、熱戦にご期待ください!





今節が終了すると次回の浜松オートは「GIゴールデンレース」(5/17〜21開催)となり、

一般開催は1か月後の6/5開幕「第4回HK交通タクシー ブルーラインカップ」となります。

なによりも今節は川口SGの直後開催のため、S級ライダーが不在。GWの”有終の美”を飾るため

本日は早朝から多くの選手が整備を開始しておりました。



  

写真左:田中正樹選手。コーヒーを飲みながら出走表を確認。

写真右:五所 淳選手。もうレースで使わないタイヤを串に刺して帰りの梱包を進めておりました。



  

写真左:別府敬剛選手。着火タイミング・マグネトーを調整。

写真右:高木健太郎選手。スポークの張りのバランスを均等に合わせておりました。



  

写真左:フロントまわりのチェックを終えてタイヤウォーマをはめる片岡賢児選手(飯塚)。

写真右:談笑しながら整備を進める齋藤 努選手と田方秀和選手(山陽)。

 努選手も田方選手も同22期、かつて浜松・山陽の選手会支部長を務めていた重役選手だけに

 関係者が見るとすごいツーショットに感じます(笑)


posted by ブンブンボーイ at 18:01| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

第35回 中日新聞東海本社杯 3日目のようす



全ての「準決勝戦」が終了し、明日5/7()の最終第12R「優勝戦」は

ご覧のメンバーにて競われることとなりました。

浜松からは和田健吾選手&赤堀 翼選手が共に10線から出場、熱戦にご期待ください!









第12R「準決勝戦」、1着1枠・和田健吾選手(浜松・28期)、2着2枠・赤堀 翼選手(浜松・30期) 




第11R「準決勝戦」、1着2枠・押田幸夫選手(川口・32期)、2着4枠・片岡賢児選手(飯塚・21期)


第10R「準決勝戦」、1着3枠・川端 孝選手(飯塚・24期)、2着6枠・森谷隼人選手(川口・29期)

  
本日第9&10Rの発売中、イベントプラザにて「サテライト石狩様ご提供・北海物産の当たる
未確定車券抽選会」を実施。石狩産松前漬けやサーモンジャーキなど”北海名物”が当たります!


「今節はレースに出場していないぶん、ファンサービスのお手伝いをしやすいです」という
金子大輔選手のコメントを耳にした浜松選手会副支部長の西川頼臣選手は、
では「今日を待っていたお客さまへ復帰の報告をしなきゃ」とファンサービス提案。

急きょ本日の第6R発売中・イベントプラザにて「金子大輔選手トーク」を実施するはこびとなりました!
昨晩に決定したため、わずかな宣伝期間ではありましたが、それでもイベントプラザには
記念レース時さながらの大勢のレースファンにお集まりくださいました。

久々の浜松のイベントステージ&MC・安原幸子さんとの掛け合い!?に、金子選手は
トークも本腰をいれなきゃとばかりに腰へ手を当ててストレッチを開始しました(笑)


金子選手:「自分が思っていたよりも回復が早かったみたいで・・本当は川口の「SGオールスター・
オートレース」も、今の体調ならば出れなくもなかったのですが、もう先に休場の申告をしてしまった
ので、覆せなくなってしまいました(苦笑)ただ、レースには出られても、勝ち進められるかどうかは
分からないですよ。今節の走行練習に参加してみて、出来栄えは4割くらいですから。いざ競走車に
乗ってみると、普段の生活では使わない筋肉が使われていると実感しました。特に、股関節が(笑)
腰周りも今の体調に合わせた場所にして、徐々に戻していけたらと思います。

こうしてイベントステージに立てて、大勢のお客様に迎えていただき、病室やリハビリに比べて
”こんなにも空気がうまいのか”と思いました、おかげで容態も今、5割に上がりました(笑)
GIゴールデンレースからの復帰となりますが、まだ完全に乗れるわけではありませんけど
5日間精一杯がんばりますので、応援をよろしくお願いします。Bet on me!!(会場笑)」

同29期の大親友で前回の川口「SGオールスター・オートレース」にて優出を果たしました
佐藤貴也選手の決めゼリフを拝借した金子大輔選手に、会場はおぉ!と大盛り上がり♪
無事でよかった、元気でよかったと大きな拍手が沸き起こり、「応援してるぞ!」、「がんばれよ!」と
声援が飛び交いました。金子大輔選手、GIゴールデンレースの勇姿を楽しみにしています♪
トークイベントのご参加ありがとうございました☆


第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着が優勝戦進出となります。
1着3枠・西村義正選手(山陽・17期)、2着2枠・谷島俊行選手(川口・25期)

  
「浜松まつり」が先日で終わっても、こちら浜松オートではまつりの”延長戦”とばかりに
賑わいをみせており、場内出店のケータリングも自慢の一品で取り揃えております☆

浜松オート人気No.1のたい焼き・「焼きたて屋」さんでは、割りばしを”手持ち棒”代わりにして
お好み焼きをクルっと巻いて焼いた『箸巻き』というメニューを販売。
このまま棒を持って食べれば良いですか?と店員さんに尋ねましたところ、
「箸を引き抜いて、割りばしとして使っても食べやすいですよ」とのこと。
なるほど、観戦に合わせた食べ方ができて便利ですね!

  
今節は毎日開門先着のプレゼントを用意。本日はお腹に嬉しい「コロッケの引換券」です☆
場内各食堂を運営している浜松観光食堂様のご提供、「カレーラーメン食堂(西門付近)」にて
揚げたてコロッケと交換してくださいね♪


ケータリング、食堂とくれば、忘れてならない場内売店。”当たり焼きそば”で有名な
メインスタンド東売店は食堂と同じく開門の前からメニューの調理を開始しており、
朝食を食べてこなかった予想屋さんなどスタッフが開門前に腹ごしらえすることが可能なんです♪

  
2017年の「浜松まつり」は先日5/5をもちまして盛大のうちに終了となりました。
『おんな城主・井伊直虎』ブームも手伝いまして、全国のお客さまがここ遠州・浜松市へ
お越しくださいました。本当にありがとうございました。

盛り上がりのバトンは「浜松まつり」から「浜松オート」へ!本日は第5&10〜12Rに
天下分け目の「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!
本日5/6は土曜日。ちまたでは浜松まつりの後片付けが朝から行われている一方、
選手管理地区・走路内ではスウェットスーツを着て身体を動かし汗を流す選手の姿が。
写真左は平塚雅樹選手です。検車場では山本佳幸選手をはじめとする選手が次々と
競走車を朝練習用に運び込んでおりました。土曜日の早朝ロッカーは賑やかであります♪


松井大和選手&松生信二選手はともに山陽30期ライダー。
浜松でのレースは一緒にあっせんされることが多いです。

  
写真左:川端 孝選手(飯塚)。今節は同24期である伊藤信夫選手のロッカーを借りています。
写真右:小里健太選手(飯塚)。こちらも同26期である野上史豪選手の真向かいの
ロッカー(無人)を借りて整備。


早朝から、ひとり黙々と整備をしていた森谷隼人選手。勘が鋭いのか、背中越しに
カメラのレンズを向けたらすぐに振り向かれてしまいました。

posted by ブンブンボーイ at 16:57| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

第35回中日新聞東海本社杯 2日目のようす

  

本日までの成績をもとに、明日5/6の第5&10〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。

2017年の「浜松まつり」は今晩をもって幕を閉じますが、ゴールデンウィークは

あさっての5/7まで続きます。浜松まつりを十分に堪能したあとは浜松オートで盛り上がりましょう!



明日も「走路内観戦」を第3Rに実施、第1R発売中・1Fインフォ前にて「抽選会」を行ないます。

そして第7R発売中・1Fインフォ前にて女性限定「選手が運転するラウンドガール体験」の

抽選会を実施、第8・9・10Rの各試走時にサイドカーの助手席へお越しかけいただきます。

どうぞお楽しみに☆







第12R、1着3枠・片岡賢児選手(飯塚・21期)、2着2枠・赤堀 翼選手(浜松・30期)、

3着7枠・田方秀和選手(山陽・22期)の確定は3-2-7。





第11R、1着3枠・青嶋裕治選手(浜松・24期)、2着8枠・五所 淳選手(山陽・23期)、

3着6枠・井村淳一選手(飯塚・28期)の確定は3-8-6。





第10R、1着3枠・占部健太選手(飯塚・30期)、2着4枠・中村晋典選手(浜松・24期)、

3着6枠・畑 吉広選手(山陽・20期)の確定は3-4-6。





本日と明日の2日間、1Fインフォ付近にて「未確定車券抽選会」を実施。

時間は本日が第8&9R発売中、明日は第9&10R発売中です。

時間にずれがありますのでどうぞお間違えなく。



本日のプレゼントは川口オートのテーマソング、「ぶっちぎりの青春☆NOW」シングルCDです♪

明日は北海道にあるオートレース場外発売所・”オートレース石狩”さまご提供の

各種”北海名産品”が当たります。どうぞご参加ください!





第9R、道中に審議がかかり、8枠・鈴木一馬選手が反妨失格に。

1着5枠・鈴木健吾選手(浜松・28期)、2着6枠・青山文敏選手(飯塚・16期)、

3着1枠・小松久二一選手(浜松・10期)の確定は5-6-1。





第8R、1着8枠・淺田真吾選手(浜松・27期)、2着5枠・川端 孝選手(飯塚・24期)、

3着4枠・西村義正選手(山陽・17期)の確定は8-5-4。





第7R、1着2枠・押田幸夫選手(川口・32期)、2着3枠・岡本信一選手(山陽・22期)、

3着8枠・平塚雅樹選手(浜松・31期)の確定は2-3-8。



  

本日も浜松まつり開催特別イベント、「選手運転・セアタンデムで試走先導体験」を実施。

先日に引き続き、本日も浜松まつりのハッピを着て第6Rの試走に参加。

ハッピ姿の金子選手なんてそうそう拝見できるものではない、と、思わずパシャリ♪

日々身体を鍛えている金子選手とあって、少々ハッピが小さかったかもしれませんね(笑)

でも浜松まつりのハッピを着て下さっただけでも、何だか嬉しいです☆





第6R、1着1枠・浅野浩幸選手(浜松・25期)、2着2枠・石井大志選手(川口・24期)、

3着8枠・丸山智史選手(山陽・31期)の確定は1-2-8。





本日は第5Rより「最終予選」。

第5Rは道中に審議がかかり、6枠・中山 光選手が内線突破のため失格となりました。

3連単の確定払戻金が75万7000円を超える高額配当に。

1着5枠・小里健太選手(飯塚・26期)、2着1枠・野上史豪選手(浜松・26期)、

3着3枠・廣瀬豪彦選手(浜松・19期)の確定は5-1-3。





今節は”浜松まつり開催”ということで、CS放送のスタジオに掲示されている、

浜松オートのロゴが記された浜松まつり凧・通称”初凧”ですが、実は

わたくしブンブンボーイが作製したものです。糸目も合わせてあるので

ガラ(凧糸)と尾っぽを結べば空に揚がります♪(既に凧揚げ済みです)

浜松っ子ならば比較的多くの人が凧を自作できる気がします・・がいかがでしょうか(笑)


posted by ブンブンボーイ at 17:41| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

第35回 中日新聞東海本社杯 初日のようす



「第35回 中日新聞東海本社杯」、初日の全レースが終了。「浜松まつり」の開催と重なったことで

ゴールデンウィークを使って遠州・浜松をまるごと楽しもうと、他県よりお越し下さったお客さまも

多くいらしたことでしょう。浜松オートへご来場の目的は、白熱のレースに楽しいイベント、そして・・・

鈴木圭一郎選手より先に浜松から誕生したNo.1ライダー、金子大輔選手の走行練習参加です。





夕方の走行練習開始時刻となり、金子選手が走路に現れると、フェンス越しには

金子選手の復帰を心待ちにしていたオートレースファンが集まり、

「金子、待ってたよ!」、「おかえり!」と声援があがっておりました。

お客様は練習走行の終了時刻まで、選手たちのライディングを見守っておりました。



明日のシリーズ2日目は第5Rから「最終予選」が繰り広げられます。

本日に引き続き、「選手が運転するセアタンデムの試走先導乗車体験」や「走路内観戦」、

「ジャンピングスティルト」のパフォーマンス披露など、楽しいイベントが目白押しです♪

どうぞお楽しみに☆







第12R、1着8枠・柴田健治選手(浜松・27期)、2着3枠・岡本信一選手(山陽・22期)、

3着5枠・川端 孝選手(飯塚・24期)の確定は8-3-5。





第11R、1着5枠・片岡賢児選手(飯塚・21期)、2着8枠・淺田真吾選手(浜松・27期)、

3着7枠・林 弘明選手(山陽・24期)の確定は5-8-7。





第10R、1着8枠・五所 淳選手(山陽・23期)、2着2枠・石井大志選手(川口・24期)、

3着4枠・藤本 剛選手(山陽・13期)の確定は8-2-4。





第8R発売中のお楽しみ、「ASAHIトーク&抽選会」はイベントプラザにて。

川口SGオールスター・オートレース帰りのASAHIちゃんは休日もなく本日浜松入り。

「川口オートまで見に行った方、手をあげて〜」というASAHIちゃんの問いかけに、

カメラのフレームに入りきれなかったものの数人が挙手しておりました。

今や全国5場となったオートレース場、希少だけに熱烈なファンが多いと聞きます。

ASAHIちゃん:「川口までお越しくださいました皆さま、ありがとうございました!

次回の浜松オートは5/17開幕、『GI ゴールデンレース』です。応援をよろしくお願いします☆」





第9R、1着4枠・西村義正選手(山陽・17期)、2着8枠・平塚雅樹選手(浜松・31期)、

3着7枠・山際真介選手(川口・26期)の確定は4-8-7。





第8R、1着7枠・鈴木静二選手(浜松・20期)、2着5枠・野田光宏選手(浜松・24期)、

3着6枠・青山文敏選手(飯塚・16期)の確定は7-5-6。





第7R、1着7枠・福永貴史選手(山陽・25期)、2着8枠・鈴木一馬選手(浜松・30期)、

3着1枠・小松久二一選手(浜松・10期)の確定は7-8-1。





本日より3日間、公営競技ライター・沢 朋之さんの「俺の話を聞け!注目選手最新整備情報」を

第4R発売中・イベントプラザにて実施。これから気温&走路温度の上昇により

穴のレースも頻発しそうです。そんな時は沢さんの選手近況データを参考にしましょう♪

晴れでも雨でも情報が満載ですよ☆





第6R、道中に審議がかかり、5枠・竹中一成選手が反則失格に。順位は繰り上がり、

1着7枠・中山 光選手(川口・32期)、2着8枠・別府敬剛選手(飯塚・23期)、

3着4枠・小林頼介選手(浜松・30期)の確定は7-8-4。





第5R「ランチアタック予選」は波乱。1度目のスタートの瞬間、7枠・岩科 州選手のリアタイヤが

ハンブルを起こし、競走車が弧を描くように半回転。その場で自落を喫してしまうアクシデントが発生。

岩科選手は競走停止に、レースは再発走となりました。

1着8枠・藤川幸宏選手(飯塚・29期)、2着5枠・松生信二選手(山陽・30期)、

3着2枠・別府末彦選手(山陽・9期)の確定は8-5-2。

なお、岩科選手は腕たて伏せのような形で自落しており、これから診察を受けるそうです。





第4R、1着1枠・戸塚 茂選手(浜松・25期)、2着7枠・森谷隼人選手(川口・29期)、

3着8枠・高林 亮選手(飯塚・27期)の確定は1-7-8。





今節のASAHIちゃんの来場日は本日5/4と最終日・5/7の2日。

ともに第1Rと第12Rの試走時、好天であれば「ラウンドガール」を実施します。

ASAHIちゃんの「浜松まつり」・ハッピ姿が見られるのは今節だけですよ♪





第3R、1着5枠・谷島俊行選手(川口・25期)、2着4枠・関口隆広選手(浜松・29期)、

3着6枠・田島敏徳選手(飯塚・20期)の確定は5-4-6。





第2R、1着8枠・丸山智史選手(山陽・31期)、2着7枠・田中正樹選手(飯塚・29期)、

3着2枠・馬場雄二選手(浜松・21期)の確定は8-7-2。





第1Rの開幕戦から”飛ぶ鳥を落とす”ハプニング発生!?

1度目の発走は2枠・鈴木啓示選手のフライングにより失権・再発走へ。2度目は正常スタートするも

道中、第4コーナーにて低空を飛んでいた鳥(すずめ?)が競走中の右足へ・・。





ライフセーバーが鳥の救護へ向かったところ、ひかれた形跡はなく、

羽をばたつかせていたので命に別状はないようです。

1着5枠・佐々木敏夫選手(川口・14期)、2着4枠・岡本博幸選手(山陽・21期)、

3着3枠・柴田紘志選手(浜松・28期)の確定は5-4-3。





毎年、浜松まつり開催では試走先導員も『浜松まつり』のハッピ姿で先導車を運転します♪

3月に選手を引退し、レーシングスタッフへと転身しました榑林敏郎元選手が

ハッピを着用しての運転となりました☆手前にさつきつつじ、背景には「GI ゴールデンレース」の

開催告知と、浜松&浜松オート好きの遠州っ子たちをワクワクさせてくれます♪



  

ASAHIちゃん、おかえりなさい!ということで、先日まで

「SG第36回 オールスター・オートレース」の開催地である川口オートへ遠征に出かけていた

浜松オートレース・ヴィーナスのASAHIちゃんが浜松オートへ凱旋帰還(笑)と申しますのも

皆さんもご存じの通り、われらが浜松ライダー・鈴木圭一郎選手が破竹の”SG4大会制覇”を達成。

ASAHIちゃんは圭一郎選手が金字塔を打ち立てた瞬間をその目で見届けていたのでした。



今節の浜松オート本場4日間は浜松市民の胸おどる”浜松まつり開催”。

ASAHIちゃんは粋な『浜松まつり』のハッピ姿で登場です☆

開門来場者お出迎えイベント時、お客さま(ひょっとしたら、先日川口オートまで生レースを

観戦に行っていたお客様?)からも「圭一郎選手、やったねぇ!」と祝福の声が掛けられ、

思わずASAHI ちゃんも「浜松、やりました!」と勝利のガッツポーズです☆





  

早朝7時台の浜松オート・選手管理地区。5月に入った浜松は日中こそ日差しの強さはあれど

日の入り&日の出時は風邪をひいてしまいそうな寒さを感じます。

一枚はおりたい気候の中でも、木村直幸選手をはじめ

数人の選手がトレーニングを始めておりました。





鬼の居ぬ間のなんとやら。今節「第35回 中日新聞東海本社杯」は川口SG・最終日の翌日とあって

S級ライダーが不在となっております。ロッカー内も所々のガレージが空っぽとなっておりました。



  

写真左:関口隆広選手。パープル柄の競走車名は「アルテーシア」号。

写真右:CS放送担当、安原幸子さんも取材開始。番組を確認しているのは番田隆弘選手(山陽)。





柴田健治選手(左)と山浦博幸選手(右)。ロッカーご近所の中村友和選手、鈴木宏和選手、

遠藤 誠選手、岡谷美由紀選手がSG出場で不在のため周囲はガランとしています。



  

写真左:エンジンを掛けに屋外へ競走車を運ぶ小里健太選手(飯塚)。

写真右:タイヤウォーマを装着する押田幸夫選手(川口)。


posted by ブンブンボーイ at 17:39| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

川口「SG第36回オールスター・オートレース」場外発売・5日目のようす



川口オートにて春の大決戦、「SG第36回オールスター・オートレース」のシリーズ最終日が

行なわれている一方、こちら浜松オートは明日5/4より開幕する”浜松まつり開催”・

「第35回中日新聞東海本社杯」の前検日を実施。場内では「GIゴールデンレース」(5/17開幕)に

先駆けて、なつかしの競走車がさっそく場内に展示されました。 ※協力:遠州動楽會





今節一番の話題はやはりこちら、「GIゴールデンレース」の復帰を予定とし、今節より

練習参加に加わりました金子大輔選手ではないでしょうか。金子選手は仲間と一緒に

「こう後ろから迫ってきた時には、こう身体をしぼって・・」と走行談義を行なっておりました。

右手前はお昼から整備を続けてコーヒーで一服の上村敏明選手。金子選手と同じグループの

先輩だけあって、必ず金子選手が目に留まる距離範囲で行ったり来たりと仕事を行なっており、

ずっと気にかけているのだなぁと感心しました。



  

ふと金子選手の机を見ると、一時期話題となりました競走車(セア)の模型が。私はてっきり

浜松オート界のプラモ先生である中野 肇選手が金子選手のためにお見舞いを込めて

作ったのかな?と思っていたのですが・・・なんと、競走車には「カニクラブ」の文字が!

そう、カニクラブとは今年の3月に引退しました松堂忠利選手のマシン名です。金子選手は

引退した松堂選手のために、中野選手にお願いして思い出の競走車を作ってもらっていたのでした。

いつでも仲間思いの深い金子選手に、ちょっと胸が熱くなりました。





「石貝武之さんのロッカーを借りたんですね」と、佐々木敏夫選手のロッカーをたずねる

清水雄平選手。ともに元・船橋所属選手です。ひょっとしたら、船橋のロッカーの雰囲気に

一番似ている場が浜松かもしれませんね?



  

もう初夏に近い気温の上昇を感じる浜松、レースの行方は慎重なタイヤ選びから、と

数あるタイヤから使えそうなものを選ぶ山浦博幸選手(写真左)。ホームで行なわれるレースは

自身のロッカーにいくつものタイヤをストックしている分、アウェイより有利と言えます。

逆にアウェイ選手は浜松へと運び込んだ数本のタイヤの中で選んでいきます。



仲間同士で近況等の情報交換するのも大事な仕事。今田真輔選手のロッカーには

石田智之選手や関口隆広選手が集まって明日の開幕に向けた談義をしておりました。





  

写真左:各パーツを磨いてピカピカにし、潤滑油を差していく森谷隼人選手。

写真右:長谷晴久選手。フロント周りをチェック。



  

写真左:タイヤにサンダーをかける平塚雅樹選手。前回の浜松開催では反妨失格となりましたが

 その後の近況4走中、3走が2着の成績と好調子です。

写真右:同25期の谷島俊行選手(川口)をお隣のロッカーに迎え入れて整備をする浅野浩幸選手。

 3月の選手引退により、浅野選手のロッカー列は本人と須賀 学選手のみとなってしまいました。



  

やはり全体的にタイヤ選びを重視する選手が多いようです。写真左から、岩科鮮太選手、

高木健太郎選手(山陽)。高木選手は早くから浜松入りを果たしておりました。



  

写真左:遠征選手専用ロッカー、通称「B棟」はまるで浜松オートではない他場の雰囲気です。

 エンジンを掛けに競走車を外へ運ぶ柴山信行選手(川口)。

写真右:タイヤの表面を削ってストックを貯めておく和田健吾選手。





昨年度の開催日程が終了したのちに、選手宿舎やロッカー内の部屋割りを

リニューアルしたそうで、これまで石田智之選手の隣だった山本佳幸選手が

上村敏明選手の隣にお引越ししておりました。



  

浜松へのあっせんりつが高く走路との相性も良い番田隆弘選手(写真左)&藤本 剛選手(写真右)は

ともに山陽ライダーズ。今節も掲示板に名を刻ませるでしょうか。





走行練習時の浜松の空は「くもり」となり、走路温度の高騰はなく参加者は多めでした。





川端 孝選手(飯塚)との車間を詰めてみる青嶋裕治選手。



  

写真左から、戸塚 茂選手、押田幸夫選手(川口)。



  

写真左から、別府敬剛選手(飯塚)、橋本優一選手。



  

タイヤの当たりつけと溝彫りを行なう岩本君男選手。







2017年はオートレース新時代の幕開け!ファン投票によって選ばれた

全国のオートレーサーたちが5日間をかけて繰り広げてまいりました、

川口オート・春の大決戦、「SG第36回オールスター・オートレース」・最終12R「優勝戦」は

薄暮に近い17:30過ぎにて競われ、先日の”SG優勝戦出場選手・枠番選択会”にて

自ら大外の8枠を選んで周囲を驚愕させた浜松ライダー・鈴木圭一郎選手(32期)が

みごと10周回をかけて全7車の攻略に成功、怒涛の”SG4大会制覇”を成し遂げました!!

圭一郎選手:「これからも皆さんに楽しんでもらえるレースを目指してがんばります!」

SGオールスター・オートレース優勝、おめでとうございました☆





こちら浜松オートの選手ロッカーではもちろん、SG優勝戦をモニター越しに見守り、

圭一郎選手の優勝をロッカーメイトの選手たちが祝福☆

写真は鈴木一馬選手&平塚雅樹選手♪せっかく写真を撮って下さるなら、と、両選手は

”お向かい”である圭一郎選手自身のロッカーを背景に選びました(笑)

両選手:「すごいとしか言いようがないですね!ふたりダブルで”圭一郎君、おめでとう!”です!」

”オリジナルマフラータオル”を掲げての祝福メッセージでした☆









本日最後に、明日から開幕する浜松オート4日間開催・「第35回 中日新聞東海本社杯」にて

こちらもビッグニュースが飛び込んでまいりました!



明日5/4の開催初日イベント、「選手が運転するセアタンデム・試走先導体験」

(第3R発売中・1Fインフォメーション前「抽選会」実施、第5〜10R各試走実施)にて

セアタンデムの運転選手を、ファンサービス・イベント担当の赤堀 翼選手がロッカー内にて

募集をかけましたところ、なんと!今節より練習参加の金子大輔選手が第10Rの試走先導を

快諾してくださいました!



金子選手:「レースに出場している時は整備などで時間が作れなかったりしますが、

練習参加はレースとは関係がないので、比較的お手伝いできるかなと思いまして。」

とのこと♪金子選手、ご協力ありがとうございます☆





ちなみに明日の「セアタンデム試走先導」の参加選手は、

5R試走:赤堀 翼選手、6R試走:柴田紘志選手、7R試走:西川頼臣選手、

8R試走:山浦博幸選手、9R試走:辰巳裕樹選手、10R試走:金子大輔選手

です。どうぞお楽しみに!


posted by ブンブンボーイ at 18:59| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする