2021年05月27日

川口GUナイター場外発売・2日目&浜松アーリーレース前検日



本日5/27(木)は川口ナイター「スポーツニッポン新聞社杯 GU川口記念」の

場外発売・2日目と浜松7車立8R制の試行開催・「浜松アーリーレース」の前検日。

(開門予定時刻13:45、川口GUナイター第1R試走開始13:50)

浜松の今朝は雨。昨晩の天体ショー・皆既月食も浜松では雲に覆われて
月の浮いている位置さえ確認できず、未明から降り出した雨は勢いを増しています。

本日の川口GUナイター・シリーズ2日目は全12Rをかけて「二次予選」が

繰り広げられます。なお第12Rの発走予定は19:40です。



雨が音を立てて地面を打ち付けるなか、明日にひかえる浜松オート史上初の試み・
「浜松アーリーレース」の開催に向けて、選手管理地区・検車場前は朝から大忙し。
競走車や工具箱、タイヤなどを乗せた大型トラックが各オートレース場から到着し
スタッフが雨具を着て出場選手の競走具一式を検車場内に運び込んでいました。


写真:ナンバープレートには福岡と記載。飯塚オートのナイターを終えての輸送です。


ロッカー内では本来エンジンを冷やすために使われる大型扇風機が各所で稼働、
換気を良くし湿気を取り払っていました。


飯塚ナイターから岡谷美由紀選手のマシンが帰還。

まずは「ガールズ王座 飯塚予選」お疲れ様でした。飯塚予選では4着の成績、

平均競走得点は16ポイントと、片野利沙選手(川口)とともにトップに並んでいます。

  
写真:左から、林 弘明選手(山陽)、西久保英幸選手(山陽)のマシン。

中には4日前まで競われていました前節「第5回浜松まちなかグルメカップ」の
出場選手の競走車や工具箱がそのまま残されており、浜松アーリーレース、あるいは
次節の接続開催・「第7回チャリロト杯」(5/31〜6/2開催)に出場するものと思われます。

※林選手、西久保選手はともに次節「第7回チャリロト杯」に出場予定とのことです。


「浜松アーリーレース」は8R制・7車立レースのため、通常より少ない

56名の選手で競われます。(通常は12R制・8車立のため96名が参加)

そのため空いているロッカーが多く、既に次節出場予定の選手のマシンが

停められているのだそうです。


  
左から、古城龍之介選手(山陽)、松尾 彩選手(山陽)のマシン。

両・山陽新人選手も次節に出場予定、主との再会を待ちます。



するとロッカー内にて本日最初にお会いできました第一選手を発見。
浜松新人・佐藤大地選手です。
前検日では朝早くからエンジンパーツを掃除している鈴木圭一郎選手を

お見かけすることが多いですが、今節は家事都合により休場となっており
ますますアーリーレース最初の優勝がどの選手になるのか、目が離せません。



続いて「おはようございます、よろしくお願いします」とお声を掛けて下さったのは
交川陽子選手。アーリーレースは3日間開催のため、明日の初日だけが
予選となり、しかも着順がそのまま勝ち上がりの選考基準となるため、
とにかく7車出場のうち上位着の成績だけが求められます。

気象情報によれば本日は日中をかけて大雨、明日は天候が回復し暑くなるそうです。
本日前検日の走行練習・参加の是非に影響を及ぼしそうです。









写真:キャブレターを外す米里崇徳選手。
通常よりも競走の実施時間が早くなるアーリーレース、体力あふれる若手が有利か、
はたまた日頃から早起きなベテラン選手が有利か、とても興味深いです。




少々雨脚が弱くなってまいりましたがまだ余談を許しません。

ここで「浜松アーリーレース」の出場選手・変更情報が入ってまいりました。

鈴木圭一郎選手の休場により俄然今節の注目選手となっていました

佐藤貴也選手も私病により休場が決定、さらに田中正樹選手(飯塚)も

5/25の飯塚ナイターにて他落を被り、公傷のため休場。

今節追加は木村直幸選手、金田悠伽選手に決定しました。

どうぞご了承下さい。





私たち取材陣は入室することができない「クランク組立室」にて、

野田光宏選手のグループが作業を行なっていました。

メタルやクランクの交換など、エンジンの下回り整備はこの部屋にて

レーシングスタッフの監視下でのみ行なうことができます。



  

午後をまわって雨脚は再びどしゃ降りの勢いに。

この環境下でもエンジンを回したい、と、杉本雅彦選手(山陽)は

手動開閉式の”ひさし”を広げていました。





佐藤貴也選手のアーリーレース休場により、突如白羽の矢が立った

金田悠伽選手。前節の練習参加から早くもアーリーレースにて復帰参戦です。

鈴木健吾選手からタイヤ選びなどのレクチャーを受けていました。





梱包箱を開ける藤波直也選手。奥は藤波選手を慕う兄貴分の青嶋裕治選手。



  

写真左:エンジンのヘッド回りを扱う岡谷美由紀選手。

写真右:部品を洗浄する筒井健太選手と馬場雄二選手。





タイヤの表面を削る、師匠・浅野浩幸選手と弟子・佐藤大地選手。

師弟であっせんが揃うと、さらに士気力が高まるように思えます。





雨の中でも走行練習を開始したのは交川陽子選手。

湿走路における技術向上をはかります。





「1234の○○○○…」と、レーシングスタッフが選手ロッカーひとつひとつを回って

競走車のエンジンに記載されているナンバーを読み上げていました。



エンジンにはそれぞれナンバープレートのような番号が記載されていて、

”今回のレースはこの番号のエンジンを使用します”と、無断ですり替え等の

不正を行なわないようにする措置が取られています。しかしながら

このナンバーはケタ数が多く複雑で覚えにくいため、検車スタッフ以外は

他選手とのエンジンをすぐ区別できるように、エンジン(競走車)には

「ロメオ」といった愛称・競走者名がつけられています。例えるなら、

”今回のレース、谷川一貴選手はズワァースで行きます!”という具合です。



  

写真左:スプリングの強度を調べる片岡信之選手。

写真右:ロッカーに向かって整備を始める丹村飛竜選手。

 飛竜選手は次節接続開催、「第7回 チャリロト杯」にも連続で出場予定です。





交川選手に続いて金田悠伽選手も湿走路のなか走行練習に参加。





アーリーレースへの出場を果たしました金田選手、何度も練習を繰り返していました。





アーリーレースの前検日練習は終了となり、残りの時間は整備作業に注がれます。

交川陽子選手は米里崇徳選手の整備を手伝い、同じグループの

仲口武志選手、中村晋典選手が見守っていました。









明日の「浜松アーリーレース」は開門予定時刻が9:30

第1R試走開始が9:40を予定しています。

7車立・8R制にて実施、第8Rは13:31発走予定です。

熱戦にご期待下さい!




posted by ブンブンボーイ at 17:43 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月25日

浜松アーリーレース イベント情報



静岡新聞にも掲載されていました「浜松アーリーレース」、
イベント情報を浜松オートオフィシャルサイトにてアップしています。

「浜松アーリーレース オリジナル除菌スプレー」の開門先着プレゼントや
浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんのサイン入り
「浜松アーリーレース開催告知ポスター」の
未確定車券ご提示プレゼントなどを予定。


JINちゃんの来場は5/30の日曜日。
「優勝戦」は発走予定時刻が13:55となっており、天候が良ければ
14時頃、走路内にてウィニング・ラン&表彰式(グリーンスタンド付近)を
実施しますので、ちょっと新鮮に思えるかもしれません♪


表彰式後はそのまま川口ナイター「GU川口記念」の
場外発売へと引き継いでまいります。
川口GUナイターに出場する浜松所属選手の活躍にも期待しましょう!

posted by ブンブンボーイ at 22:44 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

浜松開催・最終日&飯塚ナイター場外発売・初日のようす



昨日までの雨模様とは一変、真夏のような暑さに見舞われた

「第5回浜松まちなかグルメカップ」・最終12R「優勝戦」は

良走路の6周回にて競われ、試走断トツの3.29をマークしました浜松のエース・

鈴木圭一郎選手が最重ハンの8枠10線大外から他7車の全攻略に成功!





ポニーテールが涼しげな夏姿のJINちゃんからチェッカーフラッグを受けて、

「第5回浜松まちなかグルメカップ」の優勝、昨年に続く大会2連覇を成し遂げました!





2021年度に入って地元浜松での優勝は今節が初めてとなる圭一郎選手。

同門・田中竜二選手グループが集まって祝福しました。すると・・





「あぁ間に合った、圭一郎君、おめでとう!」と、元・船橋所属時代の同門の長、

栗原勝測選手(伊勢崎)がウィニング・ラン実施の前に駆けつけてくださったのです!

現在でも栗原選手は、圭一郎選手を船橋時代のサークルメイトとして

滝沢 健選手(伊勢崎)、中村雅人選手(川口)とともに深く親しんでいるのでした。





勝利のウィニング・ラン。圭一郎選手を応援するファンには小さなお子様も多く、

ひょっとしたら令和の仮面ライダーに見えるのかもしれませんね♪





「選手表彰式」にて、優勝カップを手に入れた鈴木圭一郎選手。

優勝のコメントです。



「先日悔しかった「GTゴールデンレース」の分まで今節は頑張ろうと思っていました。

 最初にクランクを変えて、初日はあまり動かなかったのですが、日に日に

 動き出して、今日が一番動きが良かったです。試走は乗り味の手応えもあっての

 29だったので良かったです。スタートはここ最近のなかで一番きれました。

 道中後半にはタイヤが滑ってきたので、最後まで、6周できっちり使い切ろうと

 グリップの耐久力を考えながら走りました。あとは最後の最後まで、

”お客様の期待に応えたい”、そのことだけを意識して走りました。」





写真:「浜松まちなかグルメカップ」協賛、株式会社ホワイトフーズ

 代表取締役社長 白石大士様、隠れ家Bar sign オーナー 金岡 大様、

 有限会社パーフェクト 常務取締役 後藤晃宏様と一緒に。



圭一郎選手:「いつも応援をありがとうございます。皆さまの応援あっての

 オートレースなので、これからも皆さまの思いに応えられるように

 一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします!」



鈴木圭一郎選手、「浜松まちなかグルメカップ」2連覇、おめでとうございました☆





浜松オートは引き続き飯塚ナイターの場外発売を実施します。

第12Rに「ガールズ王座 飯塚予選」を実施、

熱戦にご期待ください!













そして最終12R「優勝戦」の試走。

発走時刻は変更され16:37ファンファーレ予定です。

熱戦にご期待下さい!





第11R「特別選抜戦」、1着6枠・淺香 潤選手(伊勢崎)、

2着5枠・仲口武志選手(浜松)、3着7枠・遠藤 誠選手(浜松)の確定は6-5-7。





JINちゃんのCS放送出演では、優勝戦出場選手のピックアップとして

青島正樹選手をチョイス♪新しい紹介ボードもできあがっていました☆





「GTゴールデンレース」にてマイ・オリジナルマスクを着用し、1着インタビューに

参加する佐藤貴也選手を見て、ぜひとも笠木美孝選手&青島正樹選手にも

マイ・オリジナルマスクの着用している姿を…と考え、ロッカーを訪ねましたところ

やっぱり笠木選手&青島選手もロッカー内にて愛用していました♪

ちょうどカーテンの奥にて過ごしていました笠木選手のマスク姿をパチリ。





続いて青島選手。青島選手はCS放送の優勝戦出場インタビューでも

マイマスク姿で収録に応じていました☆ お気に入りの絵柄だそうです♪



選手オリジナルマスクは場内1Fインフォメーションにて税込600円で販売中です☆

どうぞご来場の際にはお買い求め下さい!





第8R発売中、今節ラストの中間練習にドラマがありました。

ファイティングゲート・入場門に現れたのは金田悠伽選手と交川陽子選手の

浜松33期・女子Wライダーです!





重なるふたつの希望の力!支え合うふたりのランデブー走行が

再びここ浜松走路に復活したことで、場内のお客さまがたも歓喜に沸きました☆





コロナ禍でも対策を万全に、”バイク発祥の地”である浜松の誇りを胸に

前を向いて走り続ける。浜松を元気にする源がここにあります。

フェンス越しに拍手をして金田選手を応援するファンの姿も見えました。

これからも応援をよろしくお願いします!





そしてもう一人、ラストの走行練習に時間いっぱいまで励んでいたのは

佐藤大地選手でした。先日の「GTゴールデンレース」では休場選手発生による

追加での出場が決まり、「自分の応援幕まで飾られていて本当に嬉しかったです」

と話してくださいました。





角南一如選手(山陽)。先日、レーシングスタッフが「雨の中でも走路内で

トレーニングしていて、大時計の土台を鉄棒代わりに懸垂していました」と

驚いていました。そのことを尋ねてみましたら・・



角南選手:「もともと学生時代に陸上部だったので、当時からトレーニングは

 日課のように行なっていました。今はもう40歳を過ぎてしまいましたし、

 若手や新人も、次から次へとデビューしてやってくるので(苦笑)自分は

 これ以上の体力を付けられないにしても、なるべく体力を落とさないように

 維持し続けることが大切だと思うので、整備などの作業とはかりにかけて

 都合の良い限り身体を動かすことを意識しています。特に浜松は、他の

 レース場と比べて夕方練習後にエンジンの空ぶかしなど音の出る作業が

 制限されているので、その時間がもったいないということで比較的

 走路内で身体を動かしている選手が多いように思えます。」



なるほど、そういった理由があったのですね。私も勉強になりました♪

角南一如選手、コメントありがとうございました!





第7Rにて4枠・鈴木啓示選手(浜松)が自落を喫してしまう波乱が発生。

レースは続行し、1着8枠・松尾啓史選手(山陽)。

なお、鈴木啓示選手は自ら起き上がり外周へ避難。

レース後、一礼して到着しました救急車に乗り込みました。





容態につきましては打撲程度で大事には至らず、

すでにロッカーに戻り、仲間選手と車両の修理を進めていました。





佐藤貴也選手。オリジナルマスクを着用してタイヤの溝を彫っていました。



貴也選手:「もう、ほぼGTゴールデンレースで優勝できた時の状態で良いと思います。

 ただちょっと、今節は少しハネる感じがあります。原因は分からないです。

 準決勝戦でのスタートは、位置に角度があったので…個人的には、まあまあです。

 とりあえずエンジンは良い状態と思うので、あとはしっかりタイヤを用意します。」



佐藤貴也選手、コメントありがとうございました♪





第5R「ランチアタック選抜戦」、1着8枠・山浦博幸選手(浜松)、

2着5枠・林 弘明選手(山陽)、3着3枠・清水 卓選手(伊勢崎)の確定は8-5-3。





佐藤大地へさっそく本日1着の写真をプレゼントすると…

「いいなぁ、今年ですでに何本、1着を取ってるんだか(笑)」と、

師匠の浅野浩幸選手が弟子の大地選手を褒めていました♪





第4Rにて浜松新人、佐藤大地選手が3枠・10線から出場し、

今節初の1着勝利を獲得しました!おめでとうございました☆



  

左から、田中 賢選手(伊勢崎)、淺田真吾選手。

淺田選手はロッカーがご近所の青島正樹選手のマスクをしていました。



田中選手:「なんとか優出はできましたけど、準決勝戦はドドドがあったので、

 ペースが上がってないなぁと思ってました。ドドドの原因は選んだタイヤだと

 思うのですけど…まぁ不安要素の解消のためにフォークまわりも見てみます。

 タイヤも変えると思います。エンジン面は、準決勝戦の試走の時にちょっと

 重たいかなと思ったのですが、その後レースになったら乗りやすくなっていたので

 気候的なものだと思います。なので今日の時間に合わせた微調整をしてみます。」



淺田選手:「準決勝戦では足回りにちょっと、ハネとかがあるのですけど、エンジンは

 ヘッドを変えたことで力強さが出たので、向上はしていると思います。タイヤは

 ハネがあるなかでも、準決勝戦で使ったタイヤが比較的軽いほうなので、

 これから探して他になければ、このままで優勝戦に使うつもりです。

 あとはスタートに難ありですね、最近は自分的にきれていないので。」



田中 賢選手、淺田真吾選手。コメントありがとうございました♪



  

写真左:岩科鮮太選手。ヒシャカク(丹村飛竜選手)のTシャツを着ていました。

写真右:櫻井晴光選手(伊勢崎)。オートレース石狩のTシャツを着用。



鮮太選手:「最近は優出までこぎつけられることが多いので、いいっスね。エンジンは

 前の晴れ状態にセッティングを戻しただけで、動いてくれてるので、良いと思います。

 優勝戦に向けては時間に合わせての微調整くらいで良いと思うのですけど。

 準決勝戦ではレース後半にスベリが気になったので、タイヤは最後までどうするか

 考えます…が、これといって今、持っているもので良さげなものがないんですよ。

 このまま見つからなければ昨日ので行くしかないですね。

 スタートは自分なりにはきれていると思います。」


櫻井選手:「準決勝戦での乗り味は、良かったですね。悪くはないのですが、

 欲を言うならの話なんですけど、流れ込みが少し足りないんですよね。なので

 どうしてもグリップで突っ込んでいく感じになってしまうので、その結果、タイヤに

 負担をかけさせてしまい、最後の方はスベりだしてしまう…という感じでした。

 そこのコーナー時の流れ込みが改善すれば、もっと良くなると思います。

 これはエンジン的なものだと思うので、整備をして、タイヤは昨日のままでいきます。」



岩科鮮太選手、櫻井晴光選手。コメントありがとうございました♪





鈴木圭一郎選手。





落合 巧選手。





廣瀬豪彦選手。





大月 渉選手(伊勢崎)。





写真:本日ラストのスタート練習のようす。

ここで先日に引き続き公営競技ライター・沢 朋之さんが私のデスクを再び訪ね、

来年の選手カレンダーについての細かな話し合いとなりました。

時間経過にともない予定していました本日の記事とは内容が変更されます…。

どうぞご了承ください。





本日まで浜松オートは開門時に各門にて先着100名様へ

浜松銘菓・「秋芳堂」さまご提供のカステラ饅頭・2個入りをプレゼント☆

出世大名・家康くんのイラストが焼き印されています♪

ここでわたくしブンブンボーイに嬉しい出来事が。

カステラ饅頭を用意していました正門サービス担当のお母さんから、

「ブンブンボーイさん、先日はお誕生日おめでとうございます(笑)」と

お声をかけてくださいました☆突然の祝福に思わずビックリ、

誕生日メッセージは平塚雅樹選手以来です(笑)ありがとうございます☆





「かわいい♪おいしそうに家康くんの絵が焼けてます(笑)」と、

浜松オートレースヴィーナスのJINちゃん♪ 本日は嬉しい来場日、

さっそく今節のために3日間ご協力下さった秋芳堂さまのPRも込めて

カステラ饅頭の紹介を、とお願いしましたところ、

「はい!♪」と両手で持ってポーズをキメてくれました☆

私たちがポーズを考えなくとも、自然と自らポーズが取れるところも

さすがはプロのアイドルといった感じです☆





ようやく良走路にて思いの丈走ることができる、と、朝の走行練習は

沢山の選手が参加をしていました。





弟子の米里崇徳選手へつきっきりで整備を教える師匠・中村晋典選手。





押田和也選手(伊勢崎)と角南一如選手(山陽)。

角南選手はクラッチまわりを扱っていました。



  

写真左:リアタイヤを交換する佐伯拓実選手(山陽)。

写真右:腰回りを確かめる林 弘明選手(山陽)。





鈴木圭一郎選手は山浦博幸選手のロッカーにて過ごしていました。





先日までの雨によるものかもしれません、

キャブレターの中身を掃除する中野 肇選手。







「第5回 浜松まちなかグルメカップ」、シリーズ最終日の朝は快晴に見舞われました。

これまでの湿走路とは真逆の灼熱走路になりそうな気候です。





そんな早朝の浜松走路にてトレーニングをする3選手の姿が。

猿谷敦史選手(伊勢崎)、片岡信之選手、岩沼靖郎選手(伊勢崎)の

普段から仲の良い25期トリオです。





最終日の検車場にはマシンがただ一つ。前輪だけに毛布がくるまれています。





車両はやはり鈴木圭一郎選手のマシンでした。





「おはようございます」と、先輩選手のロッカーへ朝の挨拶をして回る

浜松33期女子コンビ、金田悠伽選手と交川陽子選手。

金田選手は今節練習参加によるあっせんでしたが、ロッカー内にて

久々にお二方が一緒に過ごされている姿を拝見でき良かったと思っています。





これまでの湿気を乾かすかのように、ロッカー周辺の屋外には

競走車や防具が天日干しされていました。写真は柴田紘志選手のマシンです。





一緒に天日干ししてありました、とある選手のヘルメットには今まさに

剣を抜かんとするサムライのイラストが。どのキャラクターか分かりますでしょうか。





気持ちの良い日曜日の朝。上村敏明選手がさっそく

遠征選手専用ロッカー・B棟の西久保英幸選手(山陽)を訪れ、

コーヒーができあがるのを待っているところでした。

すでにコーヒーメーカーからは良い香りが広がっています。

お二方の写真撮影をお願いしましたところ、

「じゃぁその写真を記念にプレゼントしてくれる?(笑)」というお願いを条件に、

梱包箱をイス代わりに座って一瞬だけマスクを外してくださいました。

ありがとうございます、さっそく現像してお届けいたします♪





昨晩、川口ナイターにて繰り広げられました最終12R「優勝戦」。

最終周回まで先頭をひた走っていた1枠・片野利沙選手(川口)に追いつき

照準を合わせた8枠・中村雅人選手(川口)が最終コーナーで

逆転のイン差しを炸裂!先頭を塗り替えてゴールイン、最重ハンからの

優勝を成し遂げました!中村雅人選手、優勝おめでとうございました☆





本日からは飯塚オートにてナイターレースが実施されますが、福岡県の

”緊急事態宣言”の発令による土日の休業要請にともない、

本日の飯塚オートレース場でのナイターレースは無観客での実施となりました。

なお、浜松オートにおける本場開催終了後の飯塚ナイター・リレー場外発売は

通常通りの実施となります。どうぞご了承ください。




posted by ブンブンボーイ at 19:14 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

第5回浜松まちなかグルメカップ2日目&川口ナイター場外発売のようす



「第5回 浜松まちなかグルメカップ」、シリーズ2日目が終了。

4つの「準決勝戦」が繰り広げられました結果、明日5/23()の

最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われることが決定しました。

熱戦にご期待ください!





第12R「準決勝戦」、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着7枠・角南一如選手(山陽)





第11R「準決勝戦」、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着5枠・櫻井晴光選手(伊勢崎)





第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着の選手が優出となります。

1着8枠・青島正樹選手(浜松)、2着5枠・淺田真吾選手(浜松)





第9Rは波乱発生。道中第3〜4コーナーにて内を締める2枠・上村敏明選手(浜松)の

インコースを差そうと仕掛けた4枠・山脇孝志選手(浜松)の前輪外側が

上村選手の後輪内側と接触。上村選手は落車を免れるも、山脇選手は右に極まる

落車を喫してしまう事態に。レースは続行し、1着6枠・前田 淳選手(山陽)。

なお、山脇選手はスタッフが用意しました担架によって医務室へ運ばれましたが

現在のところ骨折等は見られないとのこと、しかしながら時間経過によって

打ち身がひどくなることも考えられ、ロッカーに戻って様子をみるとのことでしたが

その後、山脇選手は大事をとり身体不良による早退の申告がありました。

明日の補充は和田健吾選手に決定しました。

※山脇選手は審議後、落妨による失格の判定となりました。







オートレースモバイルさんへの写真提供が無事完了。その他にも

次節5/28〜30の「浜松アーリーレース」、そして5/31〜6/2の連結開催、

「第7回チャリロト杯」と浜松オートは開催ラッシュが続き、ファンサービス&

イベントの告知制作がのべつ幕なしで進めているところです。



下記「はまりっちPREMIUM会員限定イベント」に続きまして

「浜松アーリーレース」のイベント情報も

浜松オートオフィシャルサイトにてアップ完了。



「浜松アーリーレース オリジナル除菌スプレー」の開門先着プレゼントや

浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんのサイン入り

「浜松アーリーレース開催告知ポスター」の未確定車券ご提示プレゼントなどを

予定しています。



JINちゃんの来場は5/30の日曜日。

「優勝戦」は発走予定時刻が13:55となっており、天候が良ければ

14時頃、走路内にてウィニング・ラン&表彰式(グリーンスタンド付近)を

実施しますので、ちょっと新鮮に思えるかもしれません♪



表彰式後はそのまま川口ナイター「GU川口記念」の

場外発売へと引き継いでまいります。

川口GUナイターに出場する浜松所属選手の活躍にも期待しましょう!





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着の選手が優出となります。

1度目の発走は3枠・田方秀和選手(山陽)、2度目の発走は

4枠・佐久間健光選手(伊勢崎)のフライングとなり、3度目で正常スタート。

1着5枠・田中 賢選手(伊勢崎)、2着7枠・岩科鮮太選手(浜松)









浜松オート史上初の開幕が待ち遠しい「浜松アーリーレース」。

第1弾の開催期間中、浜松オート場内にて”はまりっちPREMIUM会員限定イベント”・

1000デルカ プレゼントキャンペーン』を実施します♪



5/28〜30をかけて、場内の「はまりっち」キャッシュレス投票機を使い

3日間合計10000円以上、浜松アーリーレースへご投票下さった方は

キャンペーンに自動エントリーされます。抽選で100名様へ

電子マネー・1000デルカをはまりっち黒カードへチャージプレゼント!

当選者への1000デルカプレゼントは6/11(金)を予定しています。

イベントの詳細は場内の各インフォメーションへお問い合わせ下さい♪





吊してあるガソリンタンクに目をやる鈴木一馬選手、渡邉 篤選手。





押田和也選手(伊勢崎)の整備を見守る角南一如選手(山陽)。









ここでオートレースを総括する財団法人・JKAからお知らせが入ってまいりました。

福岡県の「緊急事態宣言」発令によるの休業要請にともない、

飯塚オートにおける5/22〜31の本場開催・場外発売(の実施形式)を

上記の通り(場外発売は中止、本場開催は無観客レース)に変更するそうです。

5/22〜31の期間中、飯塚地区の週末はネットライブにてオートレースをご観戦ください。





今節開催のために、浜松銘菓・「秋芳堂」さまが看板商品の

”カステラ饅頭”を開門来場者サービス用にご提供くださいました♪

仔牛ならぬ家康くんの焼き印押しが施されています。





”カステラ饅頭”は毎日開門時、各門先着100名様へプレゼントしています。

どうぞお早めに♪





雨さえ降らなければこの通り、朝の走行練習を行なう事で走路に風を起こし、

路面は一気に乾いていきました。アスファルトのつなぎ目に少し濡れた箇所が

残る程度で、ほぼ良走路に近いブチ走路まで回復しています。





米里崇徳選手のマシンの腰回り調整を見る佐藤大地選手。

大地選手は笠木美孝選手デザインの浜松オートマスクを着けていました。





右手前から、新井惠匠選手(伊勢崎)、石貝武之選手。



  

左から、前田 淳選手(山陽)、小林悠樹選手。





先日の雨スタートと変わって本日は曇りのまま走路が乾いていきそうな雰囲気です。

ロッカー内では早朝から回復傾向の気候にマシンを合わせようと

多くの選手がセッティングなどの作業を開始していました。





「第5回 浜松まちなかグルメカップ」、シリーズ2日目。激しく降り続いた雨は止み、

非常に湿気を帯びた冷たい風が流れています。朝8時、路面はまだ濡れています。

くもり空ではありますがようやく雨粒が落ちてこないことから、走路内では

早朝からトレーニングをしている選手が多く見られました。





写真左から、栗原勝測選手(伊勢崎)、柴田紘志選手。





稲原良太郎選手(山陽)と仲田恵一朗選手(伊勢崎)。

一礼してから走路へと入っていきました。





検車場。本日は2台停車、鈴木圭一郎選手と柴田紘志選手のマシンです。



  

写真左:選手専用観覧席にて外の様子をうかがう西川頼臣選手。

写真右:給湯室へ足を運ぶ柴田健治選手。朝の挨拶をしてくださいました。





選手宿舎前の試走場では大型トラックが到着しており、競走車や梱包箱を

プレハブの小屋に運び込んでいました。開催中に到着した競走車一式は

既にロッカーが使用中のため、開催終了まで保管用の小屋にしまわれます。

今年度はアーリーレースと通常開催が連続で実施されるため、

これまでになく小屋がフル稼働となりそうです。



さて、本日はオートレースモバイルさんから選手写真の提供を

お願いされているため、一旦更新が途絶えますがご了承下さい。




posted by ブンブンボーイ at 16:51 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

第5回浜松まちなかグルメカップ初日&川口ナイター場外発売のようす



写真:開催初日・全12R終了後の夕方練習。湿走路のなか

 平塚雅樹選手と佐藤大地選手が最後まで走行を繰り返していました。



「第5回 浜松まちなかグルメカップ」、1日中雨のままシリーズ初日が終了。

浜松オートはこのまま川口ナイターのリレー場外発売へと引き継ぎます。

川口ナイターは第9Rから「準決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待下さい!







第12R、1着8枠・佐藤貴也選手(浜松)、2着7枠・田中 哲選手(伊勢崎)、

3着1枠・野上史豪選手(浜松)の確定は8-7-1。





第11R、1着4枠・山本智大選手(山陽)、2着1枠・城山英文選手(浜松)、

3着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)の確定は4-1-8。





第10R、1着1枠・田中竜二選手(浜松)、2着4枠・柴田紘志選手(浜松)、

3着7枠・遠藤 誠選手(浜松)の確定は1-4-7。



なお、レース後に審議が掛かり、

6枠・花田一輝選手は内線突破のため失格と判定されました。





第9R、1着6枠・櫻井晴光選手(伊勢崎)、2着3枠・橋本優一選手(浜松)、

3着2枠・小林頼介選手(浜松)の確定は6-3-2。





梅雨時でも頑張ります、浜松オートが誇る美味しさ折り紙付きのケータリング陣。

漬けマグロの串カツ・「ほっこりDININGきら」、広島焼き・「夏目商店」、

たい焼き・「焼きたて屋」、そして場内食堂運営・浜松観光食堂の軽食コーナーです。

本日は川口ナイター場外のリレー発売も実施していますので、お昼や晩ご飯、

そしてご帰宅前のお土産にどうぞお立ち寄りください☆





やはり同期の親友として心配なのでしょう、交川陽子選手が

長期休場&治療を経て今節練習参加となりました金田悠伽選手のロッカーへ

時折立ち寄っては手伝うことはないですかと金田選手へ話しかけていました。

とても優しいです。





第8R、1着6枠・淺田真吾選手(浜松)、2着1枠・中野 肇選手(浜松)、

3着2枠・安東久隆選手(山陽)の確定は6-1-2。





第7R、1着4枠・栗原勝測選手(伊勢崎)、2着8枠・青島正樹選手(浜松)、

3着6枠・鈴木静二選手(浜松)の確定は4-8-6。





第6R、1着4枠・清水 卓選手(伊勢崎)、2着6枠・淺香 潤選手(伊勢崎)、

3着1枠・吉田富重選手(浜松)の確定は4-6-1。





第5R「ランチアタック予選」、1着5枠・田方秀和選手(山陽)、

2着4枠・落合 淳選手(伊勢崎)、3着6枠・大月 渉選手(伊勢崎)の確定は5-4-6。





場内1FインフォメーションではGTゴールデンレースに引き続いて

「浜松オート 選手デザイン オリジナルマスク」を発売しています。



場内にてこちらのマスクを着用してくださっているお客様を見かけますが、

笠木美孝選手のマスクが一番お見かけするように思えます。

それだけオレンジ・黒・白の3色だけで笠木選手のマイカラーだと分かりやすく、

かつスッキリとしたデザインがスタイリッシュに思えるのかもしれません。



なお、これまでに販売されてきましたオリジナルマスクは6/2(水)の

「第7回 チャリロト杯」最終日をもって販売終了となるそうです。

どうぞお早めにご購入ください!





第4R、1着6枠・平塚雅樹選手(浜松)、2着7枠・山浦博幸選手(浜松)、

3着1枠・西久保英幸選手(山陽)の確定は6-7-1。





第3R、1着2枠・廣瀬豪彦選手(浜松)、2着1枠・片岡信之選手(浜松)、

3着6枠・林 弘明選手(山陽)の確定は2-1-6。





第2R、1着7枠・田中 賢選手(伊勢崎)、2着6枠・仲口武志選手(浜松)、

3着1枠・上村敏明選手(浜松)の確定は7-6-1。





第1R、1着8枠・角南一如選手(山陽)、2着4枠・野田光宏選手(浜松)、

3着6枠・佐久間健光選手(伊勢崎)の確定は8-4-6。





今節は3日間毎日、開門時に浜松銘菓・「秋芳堂」さまご提供の

「カステラ饅頭」2個入りをプレゼントするイベントがあるため、さっそく

正門奥へ向かおうと思ったのですが・・開門前にして公営競技ライター・

沢 朋之さんが私の元を訪ね、来年の浜松オートカレンダーにまつわる

話し合いをしているうちに、開門時刻が過ぎてしまいました…

開門イベントの撮影はまた後日行なう事にします。





前節の澁澤憲司選手(伊勢崎)に続いて、今節は元・浜松所属の

猿谷敦史選手(伊勢崎)があっせん。同25期・片岡信之選手のマシンに

またがって腰回りをみています。松山茂靖選手も猿谷選手の

浜松所属時代を思い出すように会話を楽しんでいました。





リアタイヤにウォーマーを巻く米里崇徳選手。



  

写真左:開いた扉の向こうに見える雨量を確かめる鈴木辰己選手。

写真右:リアタイヤを削る岩沼靖郎選手(伊勢崎)。





整備を始める岡松 忠選手(山陽)と田中 賢選手(伊勢崎)。

扉の奥ではボタボタと雨の打ち付ける音が聞こえています。





久しぶりに浜松33期女子コンビの復活。交川陽子選手と、今節練習参加で

ロッカー入りしている金田悠伽選手が先輩選手への挨拶まわりを行なっていました。



  

左から、中村友和選手、新井惠匠選手(伊勢崎)。どちらも歯磨きをしています。





気象情報によれば本日は1日雨、とのことで、ロッカー内も早朝から

多くの選手が作業を開始していました。写真は戸塚 茂選手です。









先日繰り広げられました「遠鉄グリーンカップGT開場65周年記念ゴールデンレース」

は浜松ライダー・佐藤貴也選手がゴールデン初優勝を成し遂げ、膜を閉じました。

興奮冷めやらぬままに本日5/21(金)から「第5回浜松まちなかグルメカップ」が開幕。

初日の朝はご覧の通り、梅雨前線の影響で雨が強く降ったり弱く降ったりを

繰り返しており、時折猛烈な風が吹くこともあります。

非常に不安定な気候での幕開けとなりました。





それでも開催時の選手管理地区内の作業に変化はありません。

早朝から新人選手が先輩選手の各ロッカーをまわり、ひとり1枚ずつ

出走表を配り終えていました。





すでに西久保英幸選手(山陽)が自身のロッカーに入っており、

「ブンブン君おはよう!コーヒーを飲んでいきんしゃい!」と

モーニングコーヒー・キリマンジャロを振る舞ってくださいました☆

いつもありがとうございます♪





検車場には競走車がたくさん停めてありました。

ほとんどの競走車が毛布にくるまっております。鈴木辰己選手をはじめ、

上村敏明選手、田中竜二選手、鈴木一馬選手のマシンは確認できました。





右手前の車両は鈴木圭一郎選手のマシンでした。




posted by ブンブンボーイ at 17:22 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする