2017年03月08日

川口「GI 開設65周年記念グランプリレース」場外発売・


先日浜松オートにて繰り広げられました平成28年のラストレース、
「日管杯第12回ヴィーナスカップ」・最終12R「優勝戦」は
地元浜松の31期生・渡邉 篤選手が藤波直也選手との同期対決を制し、
年度末開催の優勝を成し遂げました。

本日より川口オートにて開設記念のビッグレース、「GI 開設65周年記念グランプリレース」が開催。
浜松オートでは5日間をかけて場外発売を実施します。


スピード自慢の選手たちが出そろったGI レース、浜松ライダーズが各レースにて快進撃!

第4Rに29期の関口隆広選手が、第8Rに19期の須賀 学選手、
第9Rに26期の木村武之選手、第12Rに32期の鈴木圭一郎選手、そして
第11Rでは同じく32期の岡谷美由紀選手が絶対王者・高橋貢選手の猛追を抑えて
1着を獲得しました!引き続き応援よろしくお願いします!!










posted by ブンブンボーイ at 18:09| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

日管杯 第12回ヴィーナスカップ 最終日のようす



「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」、最終12R「優勝戦」は冷える良走路にて競われ、

4枠10線・渡邉 篤選手(浜松・31期)が2枠10線・藤波直也選手(浜松・31期)との

一騎打ち&同期対決を制し、あがりタイム.350という”自己ベスト”を打ち出しての

栄えある優勝を成し遂げました!!



  

渡邉選手の凱旋を祝福に出迎えたのは田中竜二選手を筆頭とする同門の選手たちです。

野田光宏選手、西川頼臣選手、鈴木一馬選手、平塚雅樹選手。そう、これまでの優勝記事にて

幾度も紹介しております、鈴木圭一郎選手が配属されたチームなのです。そして・・

西川選手の「横で見ていないで、入りなよ!」というお誘いを受けて

一緒に撮影に加わってくださったのが、澁澤憲司選手。澁澤選手は現在は伊勢崎所属ですが、

元々は浜松の所属で、野田選手の数個左のロッカーを使用していたロッカーメイトなのです。

今節久々の同門再結成となりました☆





勝利のウィニング・ランでは、かつて片平 巧選手や須賀 学選手、青山周平選手など

数々の敏腕ライダーが優勝時に見せてくれた”ウィニング・ウィリー”を披露!

まるで、いななく名馬を手足のように操る皇帝・ナポレオンのようです☆





今節協賛・日管 株式会社の関係者様がた&ASAHIちゃんと一緒に。

優勝のコメントです。

「ここ最近はエンジンの調子がすごく良くて、ずっと安定しています。どこのレース場へ行っても

良く動いてくれるので、できすぎですね(笑) 今年に入って優勝戦進出も4回…出場レースの

6回中4回で乗れています。というのも、去年では余計な整備が多くて、それで優出を

逃してしまうことが多かったんです。エンジンが良くて準決勝戦まで行けたのに、(もしかしたらまだ

エンジンを扱わなくては勝てないのでは)と不安がって、ふたたび手を入れてしまって、その結果

負けてしまう…というような。なので今年は気負いしないで冷静に、と思い、今日もエンジンは

準決勝から何もいじらずにレースにのぞみました。

作戦としてはスタートをきってから早めに先頭に立って、それからとにかく後ろを突き放して…という

展開をイメージしていたのですが、全員の試走タイムを聞いた感じ、(そうはいかなそうだな)という

感じがしていました。

やはり本走では先頭に立ったあと、後ろから西日に照らされた藤波君(藤波直也選手)の影が

伸びてきて視覚に入ってきたので、作戦を変えて、タイヤのグリップ力と相談しながら

後ろを抑える走りにしました。

あがりタイムは.350ですか…これまでの自己ベストですね。ただ優勝はできましたが、

ちぎることができず、むしろ藤波君の追い上げのほうが強かったように思えたので、まだまだです。」



  

写真:左は前検日のようす、右は今節イベント「走路内観戦」にて。前検日から平塚雅樹選手や

鈴木一馬選手と一緒に整備を進めていた渡邉 篤選手は開催時は毎朝7時台に仕事を開始。

「走路内観戦」時の当選者御一行と一緒に記念撮影のイベントでも参加を引き受けて下さったりと

あせりなくレースにのぞめている感じが今節伝わってまいりました。



「今の自分の所属しているグループが、とても雰囲気が良く、良い刺激になっているんです。

圭一郎君(鈴木圭一郎選手)をはじめ、船橋から移籍した選手によってグループが増え、

お互いに競い合って、圭一郎君に負けないようみんなで頑張ろうという結束があります。



そして…今節においては、なんと説明したら良いか分かりませんが、3月のラストレースを迎えた

他のグループの雰囲気も立ち会ったことで、自分の中で「同門どうし、力を合わせて

頑張らないといけない」という、目にみえない不思議な力が沸いてきて

背中を押してくれたような気がしました。」



最後に、浜松オートファン&ロード時代からの渡邉 篤選手ファンへ一言お願いします。

「今期はランクを下げてしまったことにより”特別GI プレミアムカップ”の出場権を

逃してしまったことがとても悔しくて、新年度は”リベンジの年”だと思っています。

もっと安定して車券にからめるように、成績をひとつひとつ残していけるよう頑張ります。」



普段は寡黙な感じがする渡邉選手ですが、お話するととても楽しく、そして深いので

どんどんお話を聞いてみたくなってしまいます(笑)



渡邉 篤選手、コメントありがとうございました&優勝おめでとうございました!









最終12R「優勝戦」の試走は、ASAHIちゃんによるラウンドガール始動です!

「ヴィーナスカップ」は今回で第12回…気が付けば”干支1周”なんですね。

1周まわって原点回帰、初代浜松オートレースヴィーナス・浅木美帆さんを思わせる

大人の美貌をASAHIちゃんは持ち合わせております。





第12R「優勝戦」は16:30ファンファーレとなります。

熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、1着6枠・田中 賢選手(伊勢崎・29期)、

2着2枠・青嶋裕治選手(浜松・24期)、3着8枠・田中 茂選手(飯塚・26期)の確定は6-2-8。





4日間お送りしてまいりました「ヴィーナスカップ」イベント、浜松オートレースヴィーナス・

ASAHIちゃんの「日替わり私服撮影会」。ラストは春らしく、鮮やかな花柄の七分袖であります♪

背中側は襟からVの字に切れ込みがあって、ちょっぴりセクシーなんです☆

4日間連続でご参加くださいましたお客さまもちらほらと。ご参加ありがとうございました!





第8R発売中・イベントプラザにて「ASAHIトーク&抽選会」を実施。平日と最終日となりましたが

年度ラストのレースをこの目でしかと見届けようと多くのお客さまにご来場くださっておりました。





今年度のラスト開催ということで、本日も大勢の新聞記者やTV局のスタッフが

御大・谷口武彦選手のもとへ集まり取材を行なっておりました。

予定ですと3/19の日曜日、NHK・サンデースポーツにて紹介されるとのことです。





第2Rではトノサマこと伊藤博康選手が2枠ゼロハンから出場し、3着の成績に。

掲示板に名を残す踏ん張りをみせました!





シリーズ最終日、第1Rにて2枠ゼロハンから出場の松堂忠利選手が健走!





遠州のからっ風が吹きすさぶ3月の浜松走路、

松堂選手は6周回を逃げ切って1着を獲得しました!おめでとうございました☆





そして榑林敏郎選手。私がまだ若かく、目標を見失っていた頃に

「オートレースで頑張ってみないか、君の持っているスキルを浜松オートで活かしてみないか」と

オートレースの世界に招き入れて下さった恩人です。

その時、榑林選手は全国オートレースの選手会長を務めておりました。

浜松オートが伸るか反るか、存続の危機が色濃くなっていった激動の時代を

当時の浜松支部長・奥川裕司選手(引退)とともに支え、堪えてきた大人物であります。





「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」・シリーズ最終日。本日のレースをもって、

浜松オートの平成28年度における本場レースはラストとなります。

オートレースは1選手1日1レース、本日のラストレースを全力で競おうと、

早朝から多くのロッカーに入って整備を開始しておりました。





防具を身にまとう谷口武彦選手。

「ブンブン君は、ブンブンボーイになって何年になるんだい?」と話しかけてくださいました。

そうなんです、浜松オートオフィシャルサイトの立ち上げが2007年なので、4月でちょうど

10年目になるんです。「そっか、、出会ってからあっという間に10年も経っていたんだね。」

谷口選手はそう述べると、「”無事、これ名馬”だよ。これからも頑張って。」と、

谷口選手の座右の銘を私に伝えてくださいました。





伊藤博康選手。「もうやるだけやったから、整備するところはないよ(笑)」

その表情はいたって朗らかであります♪

実年齢で比べれば、谷口選手は今年で76歳、博康選手は今年で73歳と

谷口選手のほうが年上ですが、オートレース選手としての勤続年数で比べれば

谷口選手は4期、博康選手は1期と、博康選手のほうが長く現役を続けているのです。





笹本英二選手。先日は雨でのメンテナンスの仕方を教えてくださいました。





井口敬文選手。各選手のロッカーへまわってあいさつをしておりました。





シリーズ最終日を迎えた浜松オート・平成28年度のラストレース、

「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」。先日まで空を覆っていた雨雲は東へと抜けていき、

浜松における雨上がり特有の強い西風、通称”遠州のからっ風”が吹き荒れております。



ふたたび空高い冬が舞い戻ったかのような肌寒さとなりました。

いつもならば「早く暖かくなれば良いのに」と、春を待ち遠しく感じる寒さですが、今日ばかりは

「むしろ時間がさかのぼってくれたのであれば、それでもかまわない」という

ファイナルバトルの訪れを悲しむ雰囲気に、浜松オートレース場は包まれておりました。


posted by ブンブンボーイ at 20:03| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

日管杯 第12回ヴィーナスカップ 3日目のようす



浜松オート平成28年度のラストレース、「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」・シリーズ3日目が終了。

第11Rが行われる頃には雨が止み、分厚かった雨雲が次第に薄くなってまいりました。

夕方の走行練習が終了した頃には真っ赤な夕日が顔を出して西の空へと沈みました。

それでもなお、選手たちはあと1日となった激動のレースを名残惜しむかのように走路に残り、

夕日が沈みきるまで体力トレーニングを続けておりました。





明日3/7(火)の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われます。

地元浜松より7車、遠征陣は伊勢崎より吉原恭佑選手が最重ハンから出場します。

熱戦にご期待ください!





第12R、1着6枠・笠木美孝選手(浜松・22期)、2着5枠・藤波直也選手(浜松・31期)





第11R、1着7枠・吉原恭佑選手(伊勢崎・32期)、2着6枠・渡邉 篤選手(浜松・31期)





第10R「準決勝戦」、ふたたび上位1・2着選手が優出となります。

1着4枠・鈴木静二選手(浜松・20期)、2着6枠・遠藤 誠選手(浜松・25期)



  

イベントプラザ左側スペースへ、新たに設置された”ミニお立ち台”が今節より大活躍♪

開催期間毎日・第9R発売中、ミニお立ち台にて「ASAHIちゃんと私服撮影会」を

実施しておりますが、毎日違う衣装のASAHIちゃんと一緒にツーショット撮影ができるとあって

予想以上の人気を博しております♪撮影したてのチェキフィルムはその場でASAHIちゃんから

ご参加くださったお客さまへプレゼント。これも人気の理由のひとつかも。





参加には当日500円分の未確定車券のご提示が必要ですが、みなさん楽しんで

レース予想&車券購入もイベントも参加してくださいます。

日本国中に何十か所と点在するけいりん場やボート場と違って、全国でたった5か所しかない

希少なオートレース場にとって、車券を購入して下さる方々こそがオートレース存続を

ダイレクトに支えて下さっている真のお客さまといえます。たとえばグッズを販売したとしても

その売上はグッズ販売側の売上(製作企業・販売企業の売上)であって、

オートレース存続のための車券売上にはまったく関与されません。

グッズだけがひたすら売れても、車券が売れないことには、オートレースは続けられないのです。

入場無料で有名人を招いても、無料でグッズやプレゼントを配布しても、それだけを手に入れて

車券を買わないまま退場してしまえば、5場しかないオートレース場はいずれ枯れてしまいます。

こういったイベントは、いつもオートレースのために車券を買って下さる方へ存続へのご協力を

ありがとうございますという感謝イベントと受け取ってもらえたら幸いです。





第8R発売中のお楽しみ、「ASAHIトーク&抽選会」。

今回は新たな試みとして、いままで選手の似顔絵だけを行なっておりましたASAHIちゃんですが

ステージにお越しくださったお客さまのリクエストを受けて、お客様の似顔絵を即興で実施しました。



  

というわけでできあがった似顔絵がコチラです♪お札の顔にありそうですね(笑)

これが絶妙に似ている雰囲気があるので、、さすがは画伯ですね☆

今日のASAHIちゃんの衣装は特にロングパンツが特徴。腰を紐で縛れるようになっていて

まるで武道の”はかま”のようです。剣道の有段者であるASAHIちゃん、

大和撫子な衣裳は当然お似合いですね♪





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着の選手が優出となります。

1着5枠・岩科鮮太選手(浜松・29期)、2着7枠・青島正樹選手(浜松・22期)





本日まで第4R発売中・イベントプラザにて公営競技ライター・沢朋之さんによる

レース展望解説イベント、「俺の話を聞け!」を実施。本日は準決勝戦をひかえているだけに

4つの「準決勝戦」に出場する全32選手のデータを解説。もちろん朝から雨が降っているので

沢さんが独自に蓄積している雨データを大公開。

印を参考にオモテウラを組み合わせれば準決勝戦は大当たり間違いなし!?





一方、こちらの場内予想屋さん(写真は明朗社さん)は毎レースをかけて

試走時の各選手の気配や試走タイムまで全て観察した後に予想目を発表していくため、

最もレース手前のデータを含めた予想を行なっております。

例えば、試走で落車や競走停止等が発生した場合、予想屋さんは「7車立て」の展開を想定して

予想してくれるわけです。どちらもどうぞご参考に!





初日の走路内観戦にてお客さまと一緒に写真撮影を行なって下さった伊藤博康選手は

本日第1Rに出場し3着の成績をおさめました。





レースを前に、競走車のいたるところへニス?のようなものを塗りこんでいる笹本英二選手。

こちらは?

笹本選手:「これはニスじゃなくて、水性のワックスだよ。一般の車とかに塗るワックスは油性だけど、

競走車に塗る水性ワックスは、表面が乾いてくると粉をふいたようになります。

雨でのレースの際にはどうしても泥やほこりが雨水と混じって競走車の表面にびっしりと

まとわりつくけど、あらかじめこのワックスを塗っておけば、レースを終えて掃除をする際に

ワックスごとふき取れるので、泥とかがこびりつかない。すぐに掃除がしやすいってことだね。」

なるほど、これならレース後のお仕事もスムーズに行えますね♪

笹本選手、解説ありがとうございました☆



  

シリーズ3日目の浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんは再び

束ねていた髪を降ろして来場♪

ASAHIちゃん:「今日の開門先着プレゼントは”お菓子の詰め合わせ”です☆」

開門時刻を待つASAHIちゃん、パッチリした瞳がどことなしに堀北真希さんに似ていますね(笑)





朝の走行練習へと出かける松堂忠利選手を、鈴木辰己選手が見守っておりました。

辰己選手は先日第8Rにて他落を被ってしまいましたが「身体は大丈夫です」とのこと、

本日は第11Rの「準決勝戦」に出場予定です。





タイヤを温めて発進の順番を待つ、渡邉 篤選手&平塚雅樹選手。

同じ野田光宏選手グループでとても仲が良いです♪





雨の中、走行練習が開始。お正月開催時に執り行われた「競走車パレード」を思わせる

参加選手の数です。主に準決勝戦進出選手が繰り返し練習を行っておりました。



  

朝の走行練習が始まる前にタイヤを作ってストックしておく選手が多かったです。

左から、山浦博幸選手、岸 萌水選手、野上史豪選手。



  

写真左から、岩科鮮太選手、角南一如選手。





昨晩からしとしとと振り続けている雨。浜松オート「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」は

シリーズ3日目の「準決勝戦」日を迎えました。

早朝7時台の浜松走路、この時も小雨が降っておりましたが田中 茂選手が

雨具を着てのジョギングを行なっておりました。


posted by ブンブンボーイ at 18:16| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

日管杯 第12回ヴィーナスカップ2日目&飯塚 場外発売・最終日のようす



浜松オート「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」のシリーズ2日目が終了。
明日3/6(月)は第5&10〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。

午前中は天候が気になるところですが熱戦にご期待ください!



浜松でレースヴィーナスが活躍する一方、飯塚では勝利の女神が活躍。

本日の飯塚オートは開催最終日、第12Rに「優勝戦」が繰り広げられ、

常勝・浦田信輔選手(飯塚・23期)がひとり試走3○台をきる試走28をマークし、

ちぎっては投げの完全独走。”全車抜き”を達成させて地元優勝を成し遂げました。

浦田信輔選手、優勝おめでとうございました&AKIちゃん一足先におつかれさまでした☆





ここで2つお知らせが入ってまいりました。

急きょ開催最終日の3/7(火)に開門先着5名様へ「谷口武彦選手サイン色紙」のプレゼントが決定。

当日2000円分の未確定車券かはまりっちレシートをご持参ください。その場で差し上げます。

なくなり次第終了です。



本日第8Rのレース不成立にて反因の判定となりました澁澤憲司選手は明日1日罰休、

補充は長谷晴久選手となりました。出走表等にてご確認ください。





第12R、1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎・29期)、2着3枠・辰巳裕樹選手(浜松・31期)

3着7枠・渡邉 篤選手(浜松・31期)の確定は8-3-7。





第11R、1着1枠・尾藤憲吾選手(浜松・11期)、2着7枠・遠藤 誠選手(浜松・25期)、

3着4枠・西川頼臣選手(浜松・26期)の確定は1-7-4。





第10R、1着8枠・田村治郎選手(伊勢崎・30期)、2着3枠・和田健吾選手(浜松・28期)、

3着5枠・佐藤裕児選手(飯塚・32期)の確定は8-3-5。



  

第8R発売中のお楽しみ、「ASAHIトーク&抽選会」はイベントプラザにて。

ASAHIちゃんの本日第10Rの予想目はこちらです。右の選手似顔絵、答えは

ASAHIちゃんのブログ等にて発表があるかも。





第9R、1着5枠・鈴木一馬選手(浜松・30期)、2着8枠・人見剛志選手(山陽・28期)、

3着6枠・藤波直也選手(浜松・31期)の確定は5-8-6。





第8Rは波乱。道中第2コーナーにて、5枠・鈴木辰己選手のインコースを差そうとした

6枠・澁澤憲司選手の前輪が辰己選手のマシンの内側と重なるように接触してしまい、

辰己選手が落車(澁澤選手は内線内側へ避難)。さらに後方追走の4枠・中野光公選手が

落車体を避けきれず接触、ともに落車を喫してしまうアクシデントが。両選手は内側&外側へ

避難するも、競走車が黒潮に残ってしまう形となり、公正かつ安全な競技は不可能として

第8レース不成立の「赤旗」が振られました。本日の浜松開催2日目・第8Rは全返還となります。

どうぞご了承ください。なお、中野選手と辰己選手の容態は軽傷、打撲程度とのことです。





第7R、1着5枠・筒井健太選手(浜松・29期)、2着3枠・青嶋裕治選手(浜松・24期)、

3着7枠・笠木美孝選手(浜松・22期)の確定は5-3-7。



 

本日第4R「一般戦」にて6枠40から出場の浜松女性ライダー・岸 萌水選手が

アウトからのまくりを駆使して1着を獲得!右写真は先日のトークイベントの岸選手です。

おめでとうございました☆





第6R、1着6枠・田中 賢選手(伊勢崎・29期)、2着7枠・鈴木将光選手(伊勢崎・27期)、

3着5枠・鈴木静二選手(浜松・20期)の確定は6-7-5。





第5R「ランチアタック準々決勝戦」、1着5枠・松山茂靖選手(浜松・26期)、

2着3枠・浅野浩幸選手(浜松・25期)、3着7枠・岩科鮮太選手(浜松・29期)の確定は5-3-7。





本日の「走路内観戦」では管理地区内の移動中、午後からはじまる「準々決勝戦」への進出を決めた

浜松所属3選手、遠藤 誠選手・渡邉 篤選手・鈴木一馬選手とお会いすることができ、

一緒に記念撮影をすることに。3選手とも「本日はご来場ありがとうございます!」

「最後までオートレースをお楽しみください!」と、丁寧にあいさつしてくださいました。

遠藤選手、渡邉選手、一馬選手、ありがとうございました☆





先日に引き続き本日も第3Rに「ASAHIと一緒に走路内観戦」を実施しましたが・・

選手管理地区内にて当選されたお客さまへ各施設の説明をしている最中、走路のほうから

ブリュンという異音が。その後、走路内へ移動しようとしましたところ一旦レーシングスタッフに

止められ、第3Rの試走時に1枠・井口敬文選手が試走落車を喫してしまったとのこと。

「走路内観戦」は珍しく”7車立て”のレースを観戦することになりました。

なお、井口選手の容態は打撲程度とのことです。浜松2日目第3Rは1枠にまつわる車券は

全て返還となります。ご了承ください。





「本日の開門先着「スポーツ新聞プレゼント」はサンケイスポーツです♪」と、

正門奥にてサンスポを手に取る浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃん。

先日とはまたイメージがガラっと変わりましたね☆

ASAHIちゃん:「今節は毎日日替わりで”私服姿”のイベントを行なっているので、

髪型も毎日私服に合わせて変えています♪毎日見に来てください!(笑)」





気温が上昇し上着の袖をまくりたくなるような気候となった浜松オートは

「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」・シリーズ2日目の日曜日。

第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!



  

早朝から整備を開始していた、木村直幸選手、早川清太郎選手(伊勢崎)。





何か手伝うことある?と、松堂忠利選手へ話しかける、澁澤憲司選手と岩見貴史選手。

どちらも松堂選手と同じ29期ライダーです。


posted by ブンブンボーイ at 19:08| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

日管杯 第12回ヴィーナスカップ 初日&飯塚 場外発売・2日目のようす



春はもうすぐ浜松オート。場内では木々に花々が咲き始め、長かった冬の終わりを感じさせます。

平成28年度の浜松本場ラスト開催「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」は残すところ

あと3日となりました。明日は日曜日、どうかご来場いただき、

ゴール目指して一生懸命走りぬく選手の方々へ生の声援を贈ってください☆





第12R、1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎・29期)、2着2枠・尾藤憲吾選手(浜松・11期)、

3着7枠・松山茂靖選手の確定は8-2-7。



  

「ヴィーナスカップ」といえば、これまでに歴代ヴィーナスが”ヴィーナスコスチューム”ではない格好

(コスプレなど)でお客様の前に登場するイベントを恒例としてまいりました。

今回は、ASAHIちゃんのプロポーションの良さを発揮させるには”私服”が一番!ということで

4日間毎日第9R発売中、日替わりで「私服撮影会」を実施☆

さっそく用意しましたイベントプラザ左側の”ミニお立ち台”へ、当日500円分の未確定車券か

未確定投票受付明細をご持参くだされば、即席カメラ・チェキにてツーショット撮影を行ない

その場でプレゼントします♪



今日のASAHIちゃんの私服は水玉シャツと美脚ジーンズです☆

しかもこちらの水玉シャツ、第12R試走時の「ラウンドガール」時では

走路フェンスの”保護色”となっておりました(笑)





第11R、1着5枠・辰巳裕樹選手(浜松・31期)、2着8枠・田中 茂選手(飯塚・26期)、

3着6枠・鈴木辰己選手(浜松・13期)の確定は5-8-6。





第10R、1着8枠・人見剛志選手(山陽・28期)、2着7枠・澁澤憲司選手(伊勢崎・29期)、

3着5枠・西川頼臣選手(浜松・26期)の確定は8-7-5。





第10〜11Rの発売中をかけて、1Fインフォメーション前にて「未確定車券抽選会」を実施。

第10R以降にて2000円以上のご投票をされた方は、未確定の車券か投票受付明細を

会場へご持参くださいますと2000円以上につき1回、スロットゲームに挑戦できます。

あたたかくなる3月は花粉症シーズン、ということで”花粉症対策グッズ”を取り揃え、

さらに特賞は「鈴木圭一郎選手オリジナルマフラータオル」が当たります!

「未確定車券抽選会」は明日の日曜日まで実施、追加製作ナシのSG優勝記念激レアグッズを

ぜひGETしてください☆





第9R、1着8枠・田村治郎選手(伊勢崎・30期)、2着7枠・鈴木一馬選手(浜松・30期)、

3着3枠・松本康晃選手(山陽・21期)の確定は8-7-3。





第8R、1着7枠・岩科鮮太選手(浜松・29期)、2着8枠・岩見貴史選手(飯塚・29期)、

3着6枠・淺田真吾選手(浜松・27期)の確定は7-8-6。





第7R、1着8枠・角南一如選手(山陽・27期)、2着7枠・藤波直也選手(浜松・31期)、

3着6枠・佐藤裕児選手(飯塚・32期)の確定は8-7-6。





写真:お互いの腰骨の位置を確認する、岸 萌水選手&ASAHIちゃん。

本日は1日遅れてしまいましたが”ひなまつり”の特別イベントとしまして、急きょ

「ASAHI&岸 萌水選手のコラボトークショー」を第5R発売中・イベントプラザにて実施☆



浜松オートを代表する大切な女性ライダーのひとり、岸 萌水選手を場内イベントステージへ

お招きし、ASAHIちゃんの司会進行で”ガールズトーク”に花を咲かせました♪

萌水選手:「せっかくのトークショーなのに、右目にめばちこ(関西弁で”ものもらい”の意味)が

できてしまって・・ちょっと恥ずかしいです(笑)」





身長の差が20pほどあるASAHIちゃんと萌水選手。

ASAHIちゃんが萌水選手の背丈に合わせてちょっとかがんでトークをする姿が、まるで

親子のようでとてもかわいらしいです(笑)

萌水選手:「はじめてASAHIさんをお会いした時の印象は・・たぶんお客さまと同じ感想だと

思いますが、ただひたすら「でか!」いです(笑)」

ASAHIちゃん:「私の萌水選手の印象は、やはりレースのヘルメットとプロテクター姿だったので、

レースを終えて防具を脱いだあとに「こんなかわいい方が激しいレースを繰り広げていたんだ!」

って、正直びっくりしましたよ。今では一緒にお食事に行ったりする仲です♪」





第6R、1着8枠・青島正樹選手(浜松・22期)、2着2枠・戸塚 茂選手(浜松・25期)、

3着3枠・下平佳輝選手(浜松・23期)の確定は8-2-3。





第5R「ランチアタック予選」、1着8枠・遠藤 誠選手(浜松・25期)、

2着6枠・筒井健太選手(浜松・29期)、3着4枠・木村直幸選手(浜松・27期)の確定は8-6-4。





第4R、1着6枠・鈴木静二選手(浜松・20期)、2着8枠・笠木美孝選手(浜松・22期)、

3着2枠・岩本君男選手(浜松・14期)の確定は6-8-2。



  

本日の「走路内観戦」では、選手管理地区内の散策中、プレイヤーズゲストとしまして

伊藤博康選手&榑林敏郎選手をお招きし一緒に記念写真を実施♪

このサプライズイベントは通常ですと若手の選手&S級選手がおもに参加して下さいますが、

本日に関しては博康選手&榑林選手が「僕らで良ければ、ファンサービスを手伝いますよ!」と

推参してくださいました♪ありがとうございました☆

ASAHIちゃん:「引き続きレースをお楽しみください♪」





第3Rは「ASAHIと一緒に走路内観戦」を実施。1着7枠・仲口武志選手(浜松・24期)、

2着8枠・吉原恭佑選手(伊勢崎・32期)、3着2枠・磯部真樹選手(山陽・28期)の確定は7-8-2。





第2Rは走路内観戦の当選者を選手管理地区内に招いて散策中、入場門の手前から観戦。

写真はレースを終えて検車場前に帰還するシーンです。

1着5枠・齋藤正悟選手(浜松・24期)、2着2枠・小松久二一選手(浜松・10期)、

3着3枠・鈴木孝治選手(浜松・11期)の確定は5-2-3。





第1R、1着7枠・鈴木将光選手(伊勢崎・27期)、2着8枠・渡邉 篤選手(浜松・31期)、

3着5枠・青嶋裕治選手(浜松・24期)の確定は7-8-5。





今節「日管杯 第12回ヴィーナスカップ」は浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが毎日来場☆

正門(東入場門)では毎日開門時にASAHIちゃんが来場者のお出迎えを行ないます・・が、

今節プラカードが用意され、内容は?

”10:15より、イベントプラザ左側スペースにASAHIが来場します!写真撮影・サイン・プレゼントの

お渡しはその際にお願いします♡”

とのことです♪





こちらがウワサのイベントプラザ左側スペースに設置されたお立ち台。

野球やサッカーなどプロスポーツにて、敢闘選手が報道取材される際のつい立てです。

こちらでASAHIちゃんはミニ撮影会等を実施してまいります♪



  

朝一番、真っ先に走行練習の準備に取り掛かっていた、青嶋裕治選手、鈴木辰己選手。

地元の締めくくりレースこそ地元が頑張らねば、という意気込みを感じました。




posted by ブンブンボーイ at 18:07| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする