2018年03月15日

第13回ヴィーナスカップ 4日目のようす



出世場・浜松オートの2017年度ラスト開催、「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」

最終12R「優勝戦」は、大けがの長期欠場から復帰を果たした山陽ライダー・

小栗勝太選手(32期)が通算2度目&復帰後初の優勝を成し遂げました!





「おめでとう〜、良いレースだったよ!」

ファイティングゲートへ凱旋した小栗選手を、浜野 淳選手・春本綾斗選手など

山陽ライダーズが祝福に出迎えました・・・が、親方の畑 吉広選手だけは

開口一番、「おンめぇ、レースの直前にボーっとしてんなよ!(周囲笑)」と苦笑い。

今回「優勝戦」開始のホイッスルが鳴ってハンデ位置へ各車が並ぶ際、

小栗選手のマシンがエンストを起こしてしまい、押し掛けをし直したのでした(笑)





今月で”勝利の女神”を卒業するAKIちゃんも西日本を代表して勝利を祝福♪



最初は「皆さんの和の中に入るなんて、そんな・・(恐縮)」と遠慮をしていましたが、

「女神ラストの記念に!」と、私からも、何より山陽ライダーズからもお声がかかり、

一緒に記念撮影となりました☆こちらの写真は山陽オートさんへお贈りいたします♪





勝利のウィニング・ラン。気温がかなり高まったことにより走路温度も上昇、

重ハン勢の追い上げよりも軽ハン勢の引っ張りが利くのではないかと読んだ

AKIちゃんの優勝戦予想、”3-8-7”が見事的中!こちらもおみごとでした♪







優勝選手表彰式にて。日管 株式会社・代表取締役社長、三輪容次郎様、

ASAHIちゃん&AKIちゃんと一緒に。

ロッカーに戻り、勝利のコメントです。

「昨日の準決勝戦を終えたあとにリングを変えて、今日は朝練習のあとにザガネを扱いました。

もともと浜松へあっせんに来る前からエンジンのベースが良かったので、前検日の時は

ここまでは良く感じなかったのですが、それからこれだけ暖かくなっても調整さえすれば

気候に順応してくれた感じです。ただ1つだけ気になるところがあって…走っている最中に

パン、パンと音が鳴るんですよ。これだけが結局、直らないまま優勝戦になってしまい、

どうなるんだろうと思いながら試走を走っていました(苦笑)

そんなこともあって優勝できたことは嬉しいはずなのですが・・・何だか実感が沸かないですね。

(この時、ロッカーが筋向いの浜松新人女子・交川陽子選手がやってきて、

「4日間ありがとうございました」と一礼し挨拶。

小栗選手も「ありがとう、これからも頑張って。」とお返事をしたのち)

まぁ・・”あきらめずに頑張り続ければ、きっと良いことがある”って思いながら走りましたね。」

そうコメントして小栗選手はほほえみました。



最後に山陽オートファン&小栗選手ファンへ一言おねがいします。

「すぐに言葉は思いつきませんが・・・一番後ろから走れるように、これからも頑張ります。」



コメントありがとうございました☆

小栗勝太選手、優勝おめでとうございました!











第12R「優勝戦」は時間変更があり16:35ファンファーレです。

熱戦にご期待ください!





今回の「優勝戦ラウンドガール」は初の試み、ASAHIちゃんによるサイドカーの運転&

フラッグはAKIちゃんが担当しました!

「キャー!」、「怖ーい!」と、まるでジェットコースターに乗っているような悲鳴が(苦笑)





背中に的中の飯塚オート・ロゴマーク。

AKIちゃんの浜松オートにおける”勝利の女神”イベントはこれでおしまいです。

今までイメージガールのお仕事、本当におつかれさまでした☆





第11R「特別選抜戦」、1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎)、

2着1枠・杉本雅彦選手(山陽)、3着7枠・新井恵匠選手(伊勢崎)の確定は8-1-7。





第10R「特別一般戦」、1着4枠・押田和也選手(伊勢崎)、2着8枠・松尾啓史選手(山陽)、

3着5枠・鈴木一馬選手(浜松)の確定は4-8-5。





続いて第9R発売中・イベントプラザにて「トーク&握手会」を実施☆

トークに時間をかけすぎると全員へ握手しきれないほどの長い行列となった会場の雰囲気を読み、

お二人は「それではさっそく始めちゃいましょう!」と即座に握手会を開始。



浜松オートでは先着50名様へ、AKIちゃんのこれまでの女神イベントをまとめた

「記念ポートレート写真」を用意しましたが・・・なんと!AKIちゃんも独自で

オリジナルの”AKI千社札”を製作、浜松来場分に用意してくださっていたのです☆

ポートレートと併せてお客さまへ1枚ずつプレゼントしていきました♪





午後からはASAHIちゃん&AKIちゃんによるイメージガールイベントが目白押し☆

CS放送の出演を終えたお二人はすぐさまイベントプラザへと移動し、

第8R発売中・イベントプラザにて「予想会&抽選会」を実施♪

第12R「優勝戦」をお二人で予想しレースの展開を話し合いました。

ASAHIちゃん:「私は木村武之選手を軸に鈴木圭一郎選手をからめた予想と、夢車券で6=1を。

伊藤信夫選手と花田一輝選手の師弟コンビによるワンツーを見てみたい!という願望です(笑)」

AKIちゃん:「私はあえて、鈴木圭一郎選手を2着固定にした予想で、やはり熱走路の

前逃げ有利を考えて、花田一輝選手か小栗勝太選手で。最重ハンは50mもあると

角度がかなりあるので、ほぼタテ一列の状態からスタートして圭一郎選手がさばいていく間に

軽ハン勢がどれだけ逃げられるか・・と思ってしまいますね。」

あとは日中の最高気温&走路温度から、第12Rまでの間に

どれだけ温度が下がるのかが追い上げのカギとなりそうです。

ギャラリーも真剣にお二人の予想話へ耳を傾けていました。





交川選手の初1着取材を行なっている際に私はふと思い出しました!このあと2R発売終了時に、

「3R走路内観戦」に当選されたお客さまが選手管理地区へとやってきます。

私はすかさず中村晋典選手へ、

「走路内観戦の客さまとの記念撮影に、交川選手をお誘いしても良いでしょうか?」

とお願いしてみましたところ、

「イイですね!1着の記念にぜひお願いします♪」と快諾!



早朝のうちに優勝戦進出選手より鈴木圭一郎選手&花田一輝選手にお声をかけていましたが、

急きょ交川選手も参加が決定しての記念撮影となりました☆

交川選手:「これからも精進を続けてまいりますので、応援をよろしくお願いします!」

当選者の方々にとっても思い出に残る一日となりました☆





ヴィーナスと女神の奇跡が合わさって、浜松に”一足早い”桜咲く!

第1Rに1枠ゼロハンから出場しました浜松新人女子・交川陽子選手がついに!

6周回を逃げ切ってのチェッカーフラッグ!年度内にてデビュー初の1着を

ヴィーナスカップにて成し遂げました!!





今節は師匠の長谷晴久選手が非あっせんのため、交川選手の凱旋を

ロッカーをご近所とする先輩選手がお迎えしました。競走車は花田一輝選手が手伝いました。

交川選手は(浮かれていてはいけない、通常通りの任務をこなさなきゃ)と言わんばかりに

ヘルメットを取った直後も真っ先に、お手合わせくださった7人の選手へ

「ありがとうございました、ありがとうございました!」と挨拶に向かいました。



  

そしてロッカーへ。長谷選手に代わって前検日からつきっきりで交川選手の指導役となっていた

中村晋典選手が祝福。ロッカーがお隣の大御所・鈴木辰己選手も笑顔でお迎えしました。

晋典選手:「これでようやく”1着を取らなきゃ”というプレッシャーから解放されて、のびのびと

レースができるハズだから、これからは肩の力を抜いて、オートレースを楽しめればいいね!」





すると、他選手のマシンの片づけを済ませた同期の選手たちが交川選手の元へ

集まってまいりました。金田選手に至っては・・

「ついにやったねッ!!私もう、もう・・」と、目を真っ赤にして大粒の涙が止まりません。





花田一輝選手と落合 巧選手もそろい、1着の記念撮影です♪

うしろから鈴木辰己選手が新人たちが交わす祝福を、あたたかく見守っていました☆

交川陽子選手、1着おめでとうございました☆



  

来場者お出迎えの次は第1R試走の「ラウンドガール」♪

第1RはASAHIちゃんがフラッグを持ち、第12R「優勝戦」はAKIちゃんがフラッグを持ちます。

お二人で管理地区へと足を運び、ラウンドガールのあとはロッカー内にて選手やスタッフとご挨拶。

すると・・

スタッフさん:「AKIちゃん、今月で卒業しちゃうんだって?実は俺も今月でスタッフ卒業だよ。」

AKIちゃん&ASAHIちゃん:「えーっ!?本当ですか!?」

浜松オートの今年度地元開催も本日がラストということで、いろんな管轄でお別れがあるようです。。





「今月をもって”勝利の女神”を卒業します!」

本日は飯塚オートより”勝利の女神”AKIちゃんが来場♪

ヴィーナスカップの名にふさわしく、二人のオートレース・イメージガールが

浜松オートの今年度開催・ラストを飾ります。

「今日の開門先着プレゼントは、花粉症対策として”使い捨てマスク”と

”オリジナルポケットティッシュ”、そして今節協賛・日管さんのオリジナル乾電池です☆」

本日1日をかけてファンサービスに務める美女お二人へ応援をよろしくお願いします!







浜松オート「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」、あっという間にシリーズ最終日を迎えました。

早朝の選手管理地区内ロッカー、検車場では上村敏明選手のマシンが停めてあり、

早くも走行練習の準備を完了させていました。





選手宿舎前には大型トラックが今朝到着。1Rから終え次第、競走車や防具、工具を

トラックに詰め込んで、次なるレース場へと運搬していきます。

トラックに「九州」と書かれていることから飯塚オート行きのものと思われます。



  
最終日の朝はやはり優勝戦進出選手の早いロッカー入りが印象的です。

写真左:自身のロッカーにて出走表を確認する小栗勝太選手(山陽)。

写真右:松尾啓史選手(山陽)からアドバイスを受ける新人・花田一輝選手。



  

写真左:選手専用の観覧席にて出走表を確認する辰巳裕樹選手。

写真右:リアタイヤを作る鈴木圭一郎選手。





日頃から早朝より整備を始めるルーティンのある選手は最終日も集中しています。

手前から、中野政則選手(山陽)、落合 巧選手、押田和也選手(伊勢崎)。





走路では朝の走行練習を前に清掃作業を開始。

レーシングスタッフも9時前から仕事が始まっています。


posted by ブンブンボーイ at 18:40| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

第13回ヴィーナスカップ 3日目のようす



「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」3日目、4つの「準決勝戦」が終了。

明日3/15(木)の最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて”浜松vs山陽”で競われます。

熱戦にご期待ください!





第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着2枠・辰巳裕樹選手(浜松)

花田選手とともに圭一郎選手も1着3連勝、明日”完全優勝”へ王手を懸けました!





第11R、1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着6枠・西村龍太郎選手(山陽)





第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着の選手が優勝戦進出となります。

1着1枠・花田一輝選手(浜松)、2着2枠・山下知秀選手(山陽)

浜松新人・花田一輝選手は破竹の3連勝、明日”完全優勝”へ王手をかけました!





浜松オートよりファンサービスのお知らせです。

3/21()〜25()の山陽「特別GI 共同通信社杯プレミアムカップ」場外発売、

4&5日目となる3/2425に開門先着でラッキーカードを配布します。

抽選で「特別GI オリジナルQUOカード」をプレゼント!



また、開催期間中毎日、第9R発売開始から第12R発売終了までの間に

4000円分の未確定車券を1Fインフォにてご提示の方、各日先着10名様にも

特別GI オリジナルQUOカード」を差し上げます。どうぞお早めに!





第8R、1枠ゼロハンから出場の浜松新人女子・金田悠伽選手が6周回の逃げ切りに成功!

先日に続いての1着連勝をあげました!おめでとうございました☆





今節は毎日第8R発売中・イベントプラザにて「ASAHIトーク&抽選会」を実施。

明日3/15(木)は飯塚オート”勝利の女神”AKIちゃんが来場し、

第8R発売中・イベントプラザにて「ASAHIちゃんとのコラボトーク」を実施します。

続いて第9R発売中はイベントプラザにて、浜松で女神ラストの「握手会」を実施。

ステージ左側にて先着50名様へ”記念ポートレート写真”をプレゼントします。

今月で女神卒業となるAKIちゃんへ花束を!(笑)





マシンパーツの廃棄場にて、使えなくなったホイールのスポークを一本一本切断して

金属を分別する新人・花田一輝選手。競走車の廃棄パーツは鉄やアルミに分けられ

リサイクル業者へ売り、その収益を福祉施設への寄付に充てています。

花田選手:「”鈴木圭一郎選手と優勝戦で一緒に走る”という目標にだいぶ近づきました!

 今日も一生懸命頑張ります!」

コメントしてくださった花田選手、とてもワクワクとした笑顔でした♪





第5R「ランチアタック準決勝戦」、上位1・2着の選手が優勝戦進出となります。

1着3枠・小栗勝太選手(山陽)、2着7枠・伊藤信夫選手(浜松)



 

写真:本場開催中のみ限定販売となった「やまうらーめん」。私のオススメは温泉卵のトッピングです。



今月から晴れて「カレー・ラーメン食堂」と「メインスタンド3F食堂」にて販売継続となった

「やまうらーめん」&「他人丼」ですが、ファンイベントでなく食堂の正式メニューになったことで

価格が選手食堂と同じ600円に戻りました。すると・・「やまうらーめん」はご年配のオートファンにも

そこそこ需要があるそうですが、「他人丼」に至っては「同じ600円ならカツ丼のほうがいい」と、

同じ600円で食せる別メニューのほうに需要が流れてしまう傾向が見られるそうです。

食材を用意していても注文がなければ赤字になってしまうわけで・・ほとんど注文されないようなら

ゆくゆく、人知れずにメニューから外されるかも・・?他人丼の来期はいかに。





初夏のような気温の急上昇にエンジンが変調?

第3R試走時にハプニング発生。1度目の試走で6枠・坊田寿彦選手(山陽)のマシンが

1周を回りきれず第3コーナー付近で停止。再試走を行ないましたが

2度目も1周を回りきれず停止。”車体不良”と判定され坊田選手はあえなく欠車となりました。

なお本日第3Rは「7車立て」にて競われ、6枠にまつわる車券は返還となります。

ご了承ください。





今節「ヴィーナスカップ」では開催中毎日、第1Rと第12Rの試走時に

ASAHIちゃんの「ラウンドガール」を実施しています♪

第1コーナー付近・「名物うどん」屋さんの奥には、

春の訪れを知らせる淡いピンク色の花が満開となっていました。



  



本日の開門先着プレゼントは、焼き鳥・「鳥好」の”焼き鳥一本引換券”です♪

浜松オートが誇る移動販売、人気上位を争うおふくろの味・行列のできる焼き鳥屋さんです。

引換券は本日限り有効となっていますのでどうぞお早めに!







左から、早川清太郎選手(伊勢崎)、伊藤信夫選手。





左から、浜野淳選手(山陽)、松尾啓史選手(山陽)、木村武之選手。





今朝のエンジン掛けも記念レースさながらの参加者数に。

本日は日差しが非常に強く日中は初夏のような気候になりそうな気配があり、

エンジンの変調がないかと念入りに調べているようでした。





選手の走行練習が9時頃から始まるため、8時台にはライフセーバーや

発走補助スタッフが走路内に集合し、各ハンデラインへ選手搭乗の競走車を誘導する仕方や

落車してしまった車両の撤去&選手救護訓練が開催中毎日のように行われます。









写真:先日の夜のロッカー。夕方練習時に自落を喫してしまった浜野 淳選手(山陽)の

マシン修理を仲間たちで手伝っていました。黒とオレンジのジャージが山陽ライダーズ、

木村武之選手や高田克重選手も進行を見守っていました。




先日飯塚オートにて繰り広げられました「ミッドナイトオートレース」は

飯塚ライダー・篠原 睦選手が最重ハンから他7車をさばいてチェッカー、

地元でシリーズ全1着の”完全優勝”を成し遂げ、幕を閉じました。



本日の浜松オート「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」は

第5&10〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。熱戦にご期待ください!





   

写真左:整備日誌をつける金田悠伽選手。先日「一般戦」にて1着を獲得、連勝を目指します。

写真右:本日第5Rの「ランチアタック準決勝戦」に1枠ゼロハンから出場を果たした

 新人・落合 巧選手。優出をめざすマシン整備を師匠の下平佳輝選手が手伝っていました。



  

タイヤにサンダーをかける(左から)河合 久選手(川口)、鈴木聡太選手(伊勢崎)。





齋藤正悟選手のグループでは共有してコーヒーや紅茶が飲める”コーヒースタンド”があり、

友好関係の新井恵匠選手(伊勢崎)が今日の朝の一杯はどれにしようかと選んでいました。





今朝の鈴木圭一郎選手は同じ派閥の長である田中竜二選手の整備をお手伝い。

エンジンのフタを開けカムシャフト調整を率先して行なっていました。




posted by ブンブンボーイ at 17:20| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

第13回ヴィーナスカップ 2日目のようす



「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」2日目、全てのレースが終了。しかし・・

夕方の練習中に浜野 淳選手(山陽)がスリップ自落を喫してしまい、赤旗が振られて

全体が一時中断。浜野選手は自ら起き上がり外周へ避難していました。

容態は打撲程度の軽傷、すぐさまロッカーに戻り車両の修理を始めるとのことです。





事故車両がトラックに搬送され、浜野選手もロッカーへ戻る様子を、

同24期の中村晋典選手が入場門の手前で停車し、心配そうに見つめていました。

晋典選手から併走の稽古を受けていた交川陽子選手も隣で停車、

神妙な面持ちの晋典選手を、心を重ねるように見つめていました。





明日のシリーズ3日目は第5&10〜12Rに「準決勝戦」が繰り広げられます。

選手への応援をよろしくお願いします!









第12R、1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着2枠・山脇孝志選手(浜松)、

3着6枠・仲田恵一朗選手(伊勢崎)の確定は8-2-6。





第11R、1着8枠・木村武之選手(浜松)、2着4枠・小栗勝太選手(山陽)、

3着5枠・佐久間健光選手(伊勢崎)の確定は8-4-5。





第10R、道中に審議がかかるも失格には至らず。1着4枠・鈴木健吾選手(浜松)、

2着6枠・柴田健治選手(浜松)、3着5枠・高宗良次選手(飯塚)の確定は4-6-5。





今節最終日となる3/15(木)、飯塚オート勝利の女神・AKIちゃんが浜松オートに来場♪

3月で女神卒業となるAKIちゃんが浜松においてラストのファンサービス&イベントを実施します。

さみしくなりますが・・笑顔で卒業をお送りしましょう☆





第9R、1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎)、2着3枠・山下知秀選手(山陽)、

3着2枠・廣瀬豪彦選手(浜松)の確定は8-3-2。





第8R、1着8枠・伊藤信夫選手(浜松)、2着2枠・生方将人選手(伊勢崎)、

3着5枠・辰巳裕樹選手(浜松)の確定は8-2-5。





第7R、1着1枠・花田一輝選手(浜松)、2着6枠・牧瀬嘉葵選手(飯塚)、

3着4枠・吉松憲治選手(山陽)の確定は1-6-4。





お昼時、急にわたくしブンブンボーイへ事業所から連絡が入り、

「浜松市内を案内する”浜松観光ボランティア”の団体が場内を視察するので、

 ロッカー内と走路内の紹介&先導をお願いします」とのこと。

しばらく更新が途絶えますがご了承ください。





第6R、1着4枠・中野政則選手(山陽)、2着5枠・湯浅 浩選手(伊勢崎)、

3着6枠・森村 亮選手(伊勢崎)の確定は4-5-6。





第5Rから「準々決勝戦」ですが第5Rにアクシデント発生。

道中第1コーナーにて3枠・青嶋裕治選手がスリップ自落、レースは続行され

1着1枠・落合 巧選手(浜松)、2着2枠・杉本雅彦選手(山陽)、

3着7枠・谷津圭治選手(伊勢崎)の確定は1-2-7。

なお青嶋選手は立ち上がって外周へ避難、一礼して既にロッカーへ戻り車両の修理を始めています。





第4R、1枠ゼロハンから出場の金田悠伽選手がみごと6周回を走りぬき1着ゴール!

金田選手を応援している場内”漬けまぐろ串カツ”の移動販売、

ほっこりDINING「きら」」のお母さんも、自作の”応援うちわ”を振って祝福していました☆

「お店の最中だったのでレースを見ることはできませんでしたが、場内にバイク音が響いてきて、

金田さんのレースだと思って心の中で応援していました。1着でしたか!良かったです☆」



  

第3Rにハプニング発生。再試走となった1枠・交川陽子選手でしたが、再試走時に

ゴール線寸前で外線を突破してしまい、計測不可としてあえなく欠車に。

浜松2日目・第3Rは「7車立て」となり、1枠にまつわる車券は返還となります。

ご了承ください。



  

これまでファンサービスとして場内食堂の限定販売を行なってまいりました、

森 且行選手(川口)絶賛の浜松選手食堂メニュー・「他人丼」と「やまうらーめん」ですが

好評につき正式に”場内食堂メニュー”として本場開催のみ販売することが決定。

これまではイベントとして販売を実施していたため100円の割引を行なっていましたが、

食堂の定番メニューとして加わったことで、選手食堂と同じ600円での販売となっています。

今後は場内での特別な告知等も行なわれなくなりますが、本場開催の折には

ぜひ「メインスタンド3F食堂」や「カレー・ラーメン食堂」にて

「他人丼」&「やまうらーめん」をご賞味いただきたいです♪





先日の開催初日より場内出店をスタートさせました移動販売・「ほっこりDINING「きら」」さん。

ASAHIちゃんもオススメの「漬けまぐろ串カツ」と「スティックカリーパン」は

「おにぎりだけ買ったけど、ちょっと物足りない…」時や「少しお腹がすいた…」時にピッタリの

”小腹の味方”です(笑)ご来場の際はぜひお立ち寄りください♪



  

今節「ヴィーナスカップ」は浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが毎日来場し、

第1Rの試走時におはよう「ラウンドガール」を実施しています♪

応援をよろしくお願いします☆









けがによる長期休場から復帰を果たし、久々の浜松出場となった竹谷 隆選手(飯塚)。

日中はだいぶ暖かくなりましたが朝はまだ冬のような寒さがあります。

竹谷選手:「昨日の初日のレースでまた足が痛くなってきちゃって・・もう満身創痍ですよ。。」



  

写真左から、谷津圭治選手(伊勢崎)、伊藤信夫選手。



  

写真左から、松本 渉選手(伊勢崎)、春本綾斗選手(山陽)。



  

浜松オート「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」、開催2日目の早朝。

検車場にはレイラと書かれた競走車が停めてありました。山崎 潤選手(川口)のマシンです。

検車場向かいのタイヤ加工場では石貝武之選手がタイヤ作りを始めていました。





今朝は選手がペアになって過ごしている様子を多く見受けました。

新人女子・金田悠伽選手のロッカーでは交川陽子選手がマシンにまたがって

左足の上げる位置をチェック。

手前は中野 肇選手が整備を開始、岩本君男選手が話しかけていました。





山本智大選手(山陽)の向かった先は新人・落合 巧選手のロッカー。

今節の山本選手は落合選手の数個隣のロッカーを使っています。



  

写真左:柴田健治選手と前田 淳選手(山陽)。

写真右:栗原俊介選手(伊勢崎)と辰巳裕樹選手。

朝はいつも一緒に過ごしている印象があります。





鈴木聡太選手と森村 亮選手。伊勢崎の29期コンビです。





鈴木圭一郎選手のロッカーにてマシンにまたがり腰回りを確かめる新人・花田一輝選手。

圭一郎選手はコーヒーを淹れてあげていました。

花田選手:「しばらく前から圭一郎さんと良くして頂いて、最近は毎朝、整備や乗り方などを

教えてもらっています。まずは今日の準々決勝戦に進めることができたので、目標は

優勝戦に圭一郎さんと一緒に出て走りたいですね!」


posted by ブンブンボーイ at 18:03| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

第13回ヴィーナスカップ 初日のようす



今節はASAHIちゃんが4日間、第12Rの「チェッカーフラッグ」を担当します。

こちらにもご注目です☆

気象情報によりますと現在、木曜日の開催最終日までは「晴れ時々くもり」の表記となっており

シリーズを通して良走路にて競われそうです。

明日の2日目は第5Rから「準々決勝戦」が繰り広げられます。

熱戦にご期待ください!







第12R、断トツの走力を発揮。

1着8枠・鈴木圭一郎選手(浜松)、2着3枠・杉本雅彦選手(山陽)、

3着7枠・鈴木聡太選手(伊勢崎)の確定は8-3-7。





第11R、1着7枠・牧瀬嘉葵選手(飯塚)、2着5枠・押田和也選手(伊勢崎)、

3着8枠・木村武之選手(浜松)の確定は7-5-8。





第10R、1着8枠・早川清太郎選手(伊勢崎)、2着6枠・鈴木健吾選手(浜松)、

3着5枠・池浦一博選手(山陽)の確定は8-6-5。

 

本日は第9&10R発売中をかけて、1Fインフォ付近にて

1000円以上の車券購入者を対象とした「花粉対策グッズの当たる未確定車券 抽選会」を実施。

1000円分の未確定車券をご提示くださればスロットゲームに1回挑戦でき、

1等は何と!豪華「空気清浄器」が当たります!今節はヴィーナスカップということで、

ASAHIちゃんも参加者の呼び込みを手伝っていました♪

「皆さーん!ぜひ1等の”空気清浄器”を当てて・・私に下さーい!(会場笑)」





第9R、1着8枠・岩崎亮一選手(山陽)、2着7枠・佐久間健光選手(伊勢崎)、

3着5枠・小里健太選手(飯塚)の確定は8-7-5。





第8R、1着4枠・小栗勝太選手(山陽)、2着5枠・石貝武之選手(浜松)、

3着8枠・伊藤信夫選手(浜松)の確定は4-5-8。





第7R、3着戦が写真判定にもつれ込む。1着6枠・辰巳裕樹選手(浜松)、

2着8枠・新井恵匠選手(伊勢崎)、3着3枠・小松久二一選手(浜松)の確定は6-8-3。



  

今節は第8R発売中・イベントプラザにて「ASAHIトーク&抽選会」を毎日実施。

本日のASAHIちゃんはデビュー時代のコスチュームで1日のイベントをがんばりました♪





第6R、関係者による「走路内観戦」を急きょ実施。

1着1枠・花田一輝選手(浜松)、2着8枠・藤岡一樹選手(山陽)、

3着6枠・鈴木静二選手(浜松)の確定は1-8-6。





第5R「ランチアタック予選」、1着8枠・松尾啓史選手(山陽)、

2着5枠・竹中修二選手(飯塚)、3着6枠・湯浅 浩選手(伊勢崎)の確定は8-5-6。





第4R、1着7枠・淺田真吾選手(浜松)、2着4枠・生方将人選手(伊勢崎)、

3着8枠・西村龍太郎選手(山陽)の確定は7-4-8。





鈴木圭一郎選手も愛食!?

浜松オートは今節「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」より、新たな移動販売として

ほっこりDINING 「きら」”さんが出店♪

貧血予防や眼精疲労回復など、オートレーサーに必須な栄養素がバツグンの

「漬けマグロの串カツ」&「スティックカリーパン」を安価の100円&150円で販売します。



ふとテントの中へ目を向けると、調理&販売を担当しているスタッフさんは

金田悠伽選手を応援するオリジナルTシャツを着用していました♪

「金田さんは私の娘と同級生で、家も近所で学校もずっと同じだったんです。念願の夢が叶って

 浜松オートレーサーになったので、ずっと応援していきます!」



テントの看板には鈴木圭一郎選手がおいしそうに「漬けマグロの串カツ」や

「スティックカリーパン」をほおばっている写真が飾られており、選手の間でも人気の高いことや

そのおいしさが伝わってまいります♪ご来場の際はぜひご賞味ください☆





第3R、1着6枠・仲田恵一朗選手(伊勢崎)、2着1枠・落合 巧選手(浜松)、

3着8枠・前田 淳選手(山陽)の確定は6-1-8。





第2R、1着3枠・戸塚 茂選手(浜松)、2着5枠・鈴木辰己選手(浜松)、

3着4枠・松本康晃選手(山陽)の確定は3-5-4。





第1R、1着7枠・鈴木一馬選手(浜松)、2着8枠・浜野 淳選手(山陽)、

3着6枠・池田康範選手(山陽)の確定は7-8-6。





意外にもご年配の女性ファンに人気!?今節初日の特別イベント、

開門先着5名様限定の「今節出場お好きな選手 サイン色紙」プレゼント。

2000円以上の未確定車券を会場にご提示くだされば、新人選手から全国区選手まで

今節出場のご希望選手をご指定いただき、スタッフがロッカーへお願いにうかがいます。

当然ではありますが選手のお仕事が最優先なので、都合により

当日サインを頂けない可能性もあります。しかしながら4日間をかけて

選手のお手すきの時間を見つけてお伺いしますので、色紙のお渡しが

数日後となるかもしれません。どうぞ気長にお待ちください♪



  

今節は4日間毎日、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが来場♪

開門時に来場者の出迎えを行ないます。

開門先着のプレゼントも毎日配布、本日は「お菓子の詰め合わせ」と

「日管杯オリジナルポケットティッシュ」、そして「日管オリジナル乾電池」をプレゼント。

どうぞお受け取りください☆





選手宿舎前の試走場へ移動してエンジンを鳴らしてみる下平佳輝選手。ところが

試走場には我れ先に、と、既にエンジンを鳴らしている選手でいっぱい。やはり誰もが

今年度を締めくくる開催で1着を飾りたい、という熱意があるようです。





「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」初日・早朝の選手ロッカー。

検車場にはおなじみ、鈴木一馬選手のマシンが停めてあり

走行練習の準備が施されていました。



  

ロッカー内にて「おはようございまーす」という声が各所から響き、出場選手が続々とロッカー入り。

最初に整備作業姿をお見かけできたのは新井恵匠選手(伊勢崎)でした。



  

写真左:今年度のラスト開催、開幕を前に気合が入る新人・落合 巧選手。

写真右:柴田健治選手もロッカー入りを果たし、まずはコーヒーを味わっていました。



  

写真左:石田智之選手のマシン。タイヤウォーマーを装着済み。

写真右:岩井 寛選手(伊勢崎)もロッカーの中で整備の準備を開始。





1着の日はもうすぐ?交川陽子選手が鈴木圭一郎選手からライディングや

併走車体の合わせ方のアドバイスを受けていました。

そこへ中村晋典選手もロッカー入りをし、両選手は「おはようございます!」と挨拶。

晋典選手も先日の前検日に続き、交川選手へアドバイスを開始しました。

今節出場のチャンスを手に入れた交川選手、応援をよろしくお願いします!





一方で花田一輝選手のロッカーに金田悠伽選手、そして落合選手が集まってまいりました。

朝のロッカーまわり&挨拶を新人グループで行うようです。


posted by ブンブンボーイ at 18:13| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

川口「GI グランプリレース」場外発売・最終日&浜松前検日のようす



本日3.11()の浜松オートは今年度ラストの地元開催・「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」の

前検日と、川口「GIグランプリレース」の場外発売・最終日を実施。



そして・・この日は忘れもしない2011年、”東日本大震災”の被災日でもあります。

浜松オートレース場は本日1日をかけて「半旗」とし、川口オートでも

大地震の発生した14:46(第10Rの試走前後)、出場選手全員による

「黙とう」が捧げられるそうです。どうぞ皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。





本日選手ロッカーにて一番最初にお会いし、挨拶しましたのは伊藤信夫選手(写真右)。

競走車の部品を全て販売している管理地区内の「部品庫」へ立ち寄ってからロッカーに戻り、

今節出場の山陽ライダー・浜野 淳選手(写真左)と会話をしながら整備を進めていました。





写真左:金田悠伽選手のロッカーにて、中村晋典選手が金田選手のマシンを使って

交川陽子選手へ「バンクを利かせた時にこういう角度になるから、サドルからここまでの尺は

もう少し計り直した方がいいよ」と、腰周りの指導を行っていました。

交川選手はメジャーを持って競走車のサドルやヒザ当てなどの間隔を計っていました。

写真右:一方、金田悠伽選手は同じ派閥の先輩選手がクランク交換を行うとのことで、

選手&スタッフしか入室の許されない「クランク組立室」にて整備の手伝いをしていました。



  

写真左:エンジンオイルやガソリンを受けるバット(容器)を用意する新井恵匠選手(伊勢崎)。

写真右:エンジンオイルを排出する橋本陽介選手。



  

写真左:リアタイヤのリムの振れを取る辰巳裕樹選手。スポークの張り具合を

 バランスよく調整することで、タイヤが回転する際の左右の細かなブレをなくします。

写真右:仲間の車両や梱包箱を運び込み、開放しながら、川口でレースが始まると

 作業をとめて戦況を見守る鈴木一馬選手。





木村武之選手のお隣のロッカーを4日間借りることになった藤岡一樹選手(山陽)。

キャブレターを外していることからエンジンの中段かそれ以下まで開けていくものと思われます。



  

遠征選手専用ロッカー、通称「B棟」。浜松オートの各ロッカーは”底上げ”が施されており、

出入り口がスロープ状になっています。これは扉を出てすぐに

エンジンの”押し掛け”ができるようなしくみになっています。

今節は伊勢崎・飯塚・山陽の選手がB棟を使用、私が入室した時には

早川清太郎選手(伊勢崎)が整備を開始していました。

「浜松の連続出場、がんばってください」と声をかけましたところ、清太郎選手は

振り向いて「はーい、がんばります!」と答えてくださいました♪





すると管理棟から情報が入り、今節出場予定でした尾藤憲吾選手と浅野浩幸選手が欠場となり

明日からの追加参戦は廣瀬豪彦選手と交川陽子選手に決定したそうです。

交川選手は今節、練習参加から正選手に昇格となり、すぐさま走行練習に駈け出していきました。





2月の「GI 第59回スピード王決定戦」にて優勝を成し遂げました松尾啓史選手(山陽)が

今節浜松あっせん。松尾選手は西村龍太郎選手のマシン整備を手伝っていました。

山本智大選手、山下知秀選手も”チーム山陽”として手伝いに参加。





本日の14:46。川口オートでは、出場選手全員が競走路へ集合し、

「東日本大震災」に被災されました方々への”黙とう”が行なわれました。

川口オートイメージガール・菜乃花ちゃんも静かに目を閉じて祈りを捧げました。



  

写真左:全日本オートレース選手会長、齋藤 努選手。先日の都内某所・

「オートレース選手表彰式」では選手会を代表しての挨拶を行ないました。

写真右:手前から、吉田富重選手、城山英文選手。同門である鈴木宏和選手が

 前節にて念願の”地元優勝”を成し遂げ、とても喜んでいました♪





浜松新人・花田一輝選手のロッカーに集まる山脇孝志選手、木村武之選手。

今節が年度ラストの開催、目標はとにかく優出とアドバイスを送ります。

高田克重選手も見守っていました。



  

新人選手の頑張りに今節の注目が集まりますが、それでも視野から外せないのが

大本命の鈴木圭一郎選手。既に来期もランクNo.1が決定し、”3期連続No.1”となります。

現在浜松オートでは4/1〜4の「第36回 中日新聞東海本社杯」にて圭一郎選手のあっせんが

決まっているので、「3期目のNo.1勝負服おひろめ会」を実施しようかと計画中です。

詳細が確定次第お伝えしてまいります。





小松久二一選手のマシンに同門の選手である石貝武之選手や橋本陽介選手が集まって

組み立てを手伝っていました。金田悠伽選手や吉田富重選手、友好グループである

新井恵匠選手も集まっており、お昼時に行われていたクランクの組み込みは

小松選手のエンジンかもしれません。





そして、浜松ロッカーで選手たちが見守った川口「GIグランプリレース」最終12R「優勝戦」。





1度目の発走は1枠・森谷隼人選手が痛恨のフライングを喫してしまい再発走に。

2度目は正常に決まり、スタート一番で勢いよく飛び出した2枠・永井大介選手が

先頭のまま8周回を制し、地元GIグランプリを制覇!

そして準優勝はマッチレースの末に我らが浜松ライダー・佐藤貴也選手が獲得しました!



GI優勝・表彰式では元プロボクサー兄弟チャンピオンの亀田兄弟が祝福♪

永井大介選手、地元GI優勝おめでとうございました☆







走行練習および川口GIレースが終了した後も、日が高くなり

すっかり明るくなった走路内では、ウォーキングやランニングなど

多くの選手が日没まで身体を動かしていました。

(写真は右から浜野 淳選手(山陽)と仲田恵一朗選手(伊勢崎))




いよいよ明日3/12からは浜松オートの今年度ラストレース、

「日管杯 第13回ヴィーナスカップ」が開催。

浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんが毎日来場!

どうぞお楽しみに♪




posted by ブンブンボーイ at 19:06| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする