2017年07月24日

8/27(日)、浜松市総合産業展示館「バイクのふるさと浜松2017」に鈴木圭一郎選手が来場


写真:昨年の「バイクのふるさと浜松2017」・浜松オートPRステージのようす。

きたる8/27()、浜松市総合産業展示館(東名浜松東インター付近)にて実施します
バイクのふるさと浜松2017」開催2日目・11時より、屋内特別ステージにて
30分間、「浜松オートPRステージ」が行なわれます。


こちらのPRステージに、浜松所属の全国ランクNo.1ライダー、
鈴木圭一郎選手の参加が決定。他場追加あっせん等、都合がない限り
鈴木圭一郎選手が当日、浜松オートブースへ来場します。
どうぞお楽しみに。


posted by ブンブンボーイ at 13:58| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

山陽場外・3日目のようす


山陽3日間開催、最終日第12R「優勝戦」は晴れの良走路にて競われ、
6枠20線から出場の鈴木健吾選手が優勝を成し遂げました!
おめでとうございました!

posted by ブンブンボーイ at 18:53| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

山陽「第2回 泉屋カップ〜新装開店記念〜」場外発売・2日目のようす


浜松オート場内にて山陽の場外発売が行なわれている一方、こちら選手管理地区内では
新人33期選手候補生2名(花田一輝候補生、交川陽子候補生)の完熟訓練・第3節を実施。
完熟訓練は残すところ本日と明日7/21(金)の2日となりました。

1枠が花田候補生、3枠が交川候補生です。そして山脇孝志選手が両候補生の先に立って
ロッカー内の検車場控室待機〜検車場の扉が開いてエンジン掛け〜入場門前でアイドリング、
そして試走へ…と、模範役をつとめておりました。

  
検車場に見慣れない競走車が置いてあることに気づき、よく見てみると・・なんと!
ハンドルが2つ付いていたり、ヘッドライトが付いております。これはまさしく、
川口オート&伊勢崎オートのファンイベントにて使われている二人乗り用競走車・
「セアタンデム」です。 7/29(土)の「浜松オートフェスタ2017 ファン感謝祭」での
走路内イベント、”選手が運転するタンデム車の乗車体験”にて使用するものと思われます。
川口オートや伊勢崎オートでのセアタンデム乗車イベントに参加しないと見られないマシンが
浜松オートのファン感謝祭で見られる&乗れる!というだけでもワクワクしますね♪


「試走」、「レース」、「朝晩の練習」を想定した、走路内の走行訓練。
試走訓練では山脇孝志選手が先頭を走り、1級車を含めての訓練となりました。


試走は当然ながらタイムや挙動によって「再試走」が行われる場合もあるため、
再試走に選ばれた時を想定しての一連の流れを教習。

エンジンブレーキしかない競走車にとって、スピードの落とし所を誤ってしまうと
発走ピットを越えて芝生に突っ込んでしまいかねません。
候補生たちは行き帰りともに、アクセルグリップを戻すタイミングを各所で計っているようでした。


模擬レースは花田候補生と交川候補生の「2車立て」で実施。

先頭でチェッカーフラッグが大きく振られるゴールの瞬間…この勝利の瞬間を目指して、
全国のオートレーサーは整備に走行練習にと日々腕を磨いているのです。
応援をよろしくお願いします!




山陽場外では第5Rより「準決勝戦8バトル」を実施、最終12Rでは
スタートと同時に3枠の矢野正剛選手がその場でスリップ自落をしてしまうアクシデントが発生。
異常発走としてレースは再発走となり、3枠は欠車に。
第12Rは「7車立て」で競われ、4枠・鈴木健吾選手が1着を獲得しました。
つきましては山陽2日目・第12Rは3枠にまつわる購入車券は返還となりますのでご了承ください。



明日7/21(金)の山陽第12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われます。
浜松からは鈴木健吾選手が6枠20線から出場を果たしました。
熱戦にご期待ください!




posted by ブンブンボーイ at 19:03| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする