2017年05月23日

おたよりいろいろ


写真:浜松オートの開設記念、「GIゴールデンレース」。土曜日の「準決勝戦」、そして
 日曜日の「優勝戦」と、メインスタンドは満員御礼となりました。ご来場ありがとうございました☆


浜松オートに寄せられましたメッセージを抜粋して紹介します。

・浜松オートはゴールデンウィークの最終日(日曜日)まであるので、本場でのレースを
 最後まで楽しく過ごしたいと思います。(中区)
・山陽特別GI の優勝戦、取らせてもらいました。(山陽小野田市)
・金子大輔選手の大ファンです。GIから復帰デスネ。待っていました。お帰りなさい。
 川口SSから長期休場と聞いたときには本当にショックでしたが、今節で姿を観れて
 本当に嬉しかったです。今後の活躍を期待しています。ブンブンさんが走路へ入る時、
 一礼する姿にオート愛を感じます。毎日ブログやツイッターをチェックしていますので
 これからも情報をお願いします。(GW初日のタンデム試走イベント、良かったです♡)(中区)
・佐藤貴也選手がCS放送でインタビューを受けていましたが、とてもハキハキとガッツあふれる
 受け答えで好印象。プレミアムカップ・チャンピオンの風格が出ています。今日のレース運びも
 すごかったです。実況の方も聞きやすいですよ。(札幌市)
・桜の見ごろもあっという間に終わってしまい、だんだんと暑くなってきますが、オートレースも
 観戦しやすい季節でもあります。熱いレースを楽しみたいと思います。(中区)
・浜松オートでのレースをCS放送から観るたびに、夫婦で楽しく、また、ワイワイ言いながら
 興奮する日々です。オートレースが1つ減ってしまい、悲しい思いもありましたが、これからも
 どんどん浜松オートを盛り上げていきたいです!!(宮若市)
・いつも浜松オートを見てます。また番組で選手の趣味や特技など紹介して下さい。(みどり市)
・圭一郎選手には自分のスタイルを貫き通して頑張ってほしいです。(西区)
・鈴木圭一郎選手の強い事と言ったらあらしない!すばらしい!これに金子大輔君が戻ると
 浜松はスゴさが倍増!!ただただ、オートレースは最高デス!!(福岡県)
・圭一郎君(SG)、貴也君(特別GI)、2人とも優勝おめでとう!!テレビの前でドキドキ・ワクワクで
 家族全員で応援してました。ヘルメットにNo.1勝負服・・輝いてましたね〜。大先輩の中で
 生き生きと楽しんで走っている意気込みと、オートレースが大好きな所が一つ一つの言葉を
 とっても分かります。ファイトだ、浜松勢!!(南区)
・SGオールスターを見に行きました。迫力があるレースでした。圭一郎選手の生のインタビューが
 聞けたらいいなぁと、なかなか開催との日程が合わず、行けていないままです。(豊川市)
・女性レーサーのこれからの活躍を期待します。(西区)
・いつも楽しみに浜松オートを見ています。また放送でプレイヤーズゲストをやって下さい。(群馬県)
・CS放送でしか見られませんが、笠岡へ車券を買いに時々行きます。でもやっぱり生で見る方が
 オイルの焼けるニオイなどが大好きで、いつか行ってみたいです。(玉野市)
・岡谷美由紀選手、初優勝の報告会を実施してほしいです。(豊川市)
※GIゴールデンレースの初日に実施のはこびとなりましたが、ご覧いただけましたでしょうか?
・「GIゴールデンレース」飯塚場外では岡谷選手を応援します。オートレース最高!(福岡県)
・浜松本場へ行けない分、CS中継で楽しめました。(仙台市)
・金子選手の元気そうな姿を見ることができて良かったです。(西区)
・GI 開催楽しみにしてます。金子大輔選手の出番だ!圭一郎君の走りもワクワクです!(福岡県)
・選手の試走先導イベントをまたやってほしいです。(西区)
・浜松オート場内の予想業の方々を紹介するようなイベントをお願いします。(川崎市)
・いつもCS放送で見ています。時々、本場にも行きますよ!!(美祢市)
※山口県から、はるばる浜松オートまでお越しくださいまして、ありがとうございます!
・初めてグリーンスタンドへ入りました。スタート位置や全体がすごくて、綺麗に見れました。
 これから観戦時はここから応援したいと思います。
・大ベテランだった谷口武彦選手の特集をやってほしいです。(宮城県)
・全オートレース場中、一番季節変化が少ない浜松オート。一番暮らしやすい街です。
 選手の皆さまのご活躍を楽しみにしております。(西区)

  
写真:5/4〜7は「浜松まつり開催」、ということで、浜松まつりの実施中な雰囲気をCS放送等で
 表現できないかな、と、”浜松祝い凧”を独自製作。実際に大空へ揚げてから色を塗りました。

・CS放送のスタジオに飾ってあった浜松凧が、ブンブンさんの作成したものだと知って
 スゴイなぁと思いました。(西区)
※長い間「浜松まつり」に町内で参加していると、自然と”浜松祝い凧”が作れるようになります(笑)
・佐藤貴也選手、プレミアムカップ優勝おめでとうございます!オールスターからのSG戦線をはじめ
 今年の活躍に期待しています。(久留米市)
・たのもしいナンバーワン選手の誕生☆これからも大注目で応援していきますΞ3 (足立区)
・浜松の桜、綺麗ですね。北海道はあと2週間先かな…。一足先に桜を見て楽しませて貰えました。
 このハガキも桜色でまとめてみました♡ コースまわりの桜も、しっかり画面に映してもらえて♪
 実況の島田祐希さんと、アシスタントの安原幸子さんの息もピッタリです!!(北海道)
※とてもかわいらしいハガキです♪北海道からありがとうございます☆
・オートレースのインターネットライブ中継番組を観させて頂きファンになりました。(市川市)
・圭一郎選手のNo.1勝負服、すごく似合っていました。次期もNo.1になってほしい。(西区)
・オートレース最高!!頑張れ、オートレースと自分!!(宮若市)
・雅人選手は惜しかったですね。でも復帰はうれしい。良かったです。(印西市)
・佐藤貴也選手は「有言実行」する子なので、次は絶対SG優勝すると思っています。
 TVの前で応援しております。ファイト、ゲット・オン・ミィー(原文ママ)(中区)
・タバコとお酒はやめましたけれど、オートレースだけは止められません!!正直オートレーサーに
 なりたかった…今はその夢をレース場へ行くことで楽しませて頂いてます。浜松オートへ、今年も
 福岡から遊びに行きます!!QUOカードで少し豪華なランチがしたいです。(宮若市)
・最近、大穴を取ったことがありません。30年くらい前だと思いますが、ベンケイで
 大穴を取った事は今でも思い出します。(清水区)
・圭一郎クン、S-1として立派な走りでした。しかし、本当に”速い”ですね!!(東京都)
・いつも楽しく放送を見て車券参考にし、購入しています。これからもプレゼント企画を。(上越市)
・佐藤貴也選手、中村雅人選手、鈴木圭一郎選手は面白いレースになりそう。頑張って。(飯塚市)
・ランチアタッククイズ・プレゼント応募にどのくらいハガキが届くのか知りたいです。(西区)
※クイズ1節につき、おおよそこのお便り紹介の倍が目安だと思ってください(笑)
・オートレースを観ていると、ストレスも発散!!3連単が当たると・・もう、うひゃうひゃ♪です!!
 1つ1つが命をかけた熱いレースだからこそ、心に、”届く・残る・踊る”レースだと思います。
 これからも浜松オートのため、浜松オートの宣伝部長をがんばります!!皆さまも身体に
 お気をつけて、がんばってください!!!(宮若市)
※なんだかキャッチフレーズになりそうなコメントに胸躍りました♪ご来場をお待ちしています☆
・オートレース ハ エイエン ニ フメツ ナリ(南区)
・5月4日に浜松レース場に行きましたが、金子大輔選手が練習走行をしていました。ようやく、
 復帰できて、良かったぁ・・。浜松の「GI ゴールデンレース」、なんとか間に合いましたね。
 また楽しみにしています。(中区)
・ゴールデンウィークの4日間、天気が良く、増えもせず、減りもせずで4日間楽しめました。(中区)
・浜松オートならではの企画レースをぜひ作って頂けたらと思います。よろしくお願いします。(川崎市)
・最近スカパー!が見られるようになり、オート場へ行けない時はスカパー!で楽しみます。(豊川市)
・レースが終わった直後でお疲れのところなのに、PR活動ごくろうさまです。(西区)
・2017年も浜松オートレースのインターネット投票で楽しませていただきます。(市川市)
・新年度が始まってギャンブー杯は大盛り上がりですね。本年度もワクワクする番組を。(久留米市)
・安原さん、スタッフの皆さま、大変ご無沙汰しております。司会実況の島田さん初めまして。
 かつて浜松オートに大変お世話になった者です。かれこれ6・7年前より病院にて入院しています。
 車券や中継はパソコンでやっています。久々に本場へ行きたいけどダメでしょうね…。(君津市)
・楽しく観てま〜す。年甲斐もなく大声で叫んでいます。大好きな選手には、特に〜。
 山陽オート場が近いので、本場に行きま〜す。嬉しや、嬉しや!!(美祢市)
・ピット内の様子が見たい!!(板橋区)


写真:「GIゴールデンレース」の準決勝戦後。優出を決めてお客さまひとりひとりに
 握手を交わしていく永井大介選手。しばらく浜松での優勝から遠のいていた永井選手、
 浜松のオートファンは誰にも優しいことを知ってもらえたかもしれません(笑)

・意見としまして、現役の最高齢者でした浜松所属の谷口武彦選手(75歳)をぜひ本場開催時に
 ゲストで呼んでほしいです。これまでのレース人生や生きざまを聞きたいです。(田川郡)
・現在のゼロハン1枠〜最重ハン外側8枠は、車券売り上げのUPになっているのでしょうか?
 私の意見としては、以前やっていた最重ハンデが1枠、ゼロハンが8枠などの頃は、出走表の
 前夜版を見るのがとても楽しみだったのですが・・。そこで提案なのですが、各レース場、
 勝ち上がり方法等がマンネリ化の状態です。今のオートレースには改革が必要で、先ほど述べた
 ハンデの枠変更等、各レース場で工夫すれば車券売り上げのUPになると思います。(宇部市)
※聞いた所では全レース場1<8でまとめた方が初心者が覚えやすいとの事で統一されたそうです。
・オートレース大好きです。(京都群)
・スタジオが最近明るくて、本場に行けない私にとっては休業日は楽しく拝見でき、おかげで
 たくさん投票できます。安原さん&島田さん、お二人とも末永くがんばってください。(西区)
・船橋がなくなって、浜松のS-1鈴木圭一郎選手といっても実感がありませんよ。本・浜松の選手に
 もっとアップしてほしいと願っています。底上げしてオート界を盛り上げてください。(南区)
・圭一郎選手のナンバーワン勝負服、すごくカッコイイです。(西区)
・本日より鈴木圭一郎選手の「No.1勝負服の地元おひろめ式」と、中村雅人選手の復帰第1戦という
 重要な日に出会えたことに感謝しています。がんばれ、船橋魂!!(久留米市)
・いつも楽しみに浜松オートを見てます。また放送で選手の趣味・特技を紹介して下さい。(みどり市)
・鈴木圭一郎君。全国ナンバーワン選手、おめでとう!!(飯塚市)
・浜松オートレース場に行ってみたいですが、なかなか遠方なので行けないのでCS放送で見てます。
 鈴木圭一郎選手移籍により浜松選手たちも良い刺激になってパワーUPしてますね!(本庄市)
・いつも浜松オートのCS放送で拝見しています。私はオートレースが大好きで、いつも
 伊勢崎オート開催の時は本場へ行って、地元伊勢崎所属選手を応援しています。特に絶対王者・
 高橋 貢選手を応援しています。川口のSGでは貢選手を応援に川口まで行きます。(伊勢崎市)
・今の浜松で金子選手も帰ってきたら浜松はかなり盛り上がると思います。良い取材を。(荒川区)
・いつもスカバー(原文ママ)で全場を拝見してます。オート歴50年で応援してます。(山陽小野田市)
・いつも楽しく観ています。浜松オートはスピーディで迫力があるので面白いです。
 これからも注目しているのでガンバッテください。(京都群)
・選手とふれあえる機会をファン感だけでなく増やしてほしいです。(西区)
・鈴木圭一郎選手と佐藤貴也選手、イベントステージだけでなく、CSスタジオでの出演があって
 生インタビュー放送、大変よかったです。(川崎市)
・久々の開催でとても楽しく観戦させていただきました。(宮城野区)
・浜松勢がますます盛り上がることを期待しています。(西区)
・浜松は好きな選手ばかりなので、いつもインターネットで見ています。(山陽小野田市)
・中村雅人選手を応援しています!優勝目指してがんばってください!!(八潮市)
・最近はレースでの落車が多い気がします。選手の皆さん、身体が資本なので気を付けて。(西区)
・ハンデが重化・軽化した選手の情報もよろしく!!フライング持ちもね。(藤岡市)
・画面に小さくてもよいので、試走タイムを常に出すことは可能なのでしょうか?(松戸市)
・オートレース阪神にて見ています。先頭が逃げ切るレースも良いですが、ハイスピードでの
 小競り合いも迫力がありました。本場はもっとスゴイのだろうなぁ〜。(兵庫県)
・いつも楽しく視聴しております。最寄りのレース場は川口ですが、昨年に応援来場されていた
 浜松イメージガールのASAHIちゃんが、可愛らしく、明るく対応してくださり嬉しかったです。
 今度ぜひ浜松にも行ってみたいです。(川口市)
・もう50余年オートファンです。最近は本場に行けませんが、スタジオの女性の方(名前忘れました)
 の明るい笑顔にゆったりと電投ができます。ランチアタックは少々不平等な気がして疑問な気も
 しますが、運営の統計で決めたものだと割り切っています。でもないほうが嬉しいです。(高塚町)
・的中する予想を期待しています。(南区)

(応募はがきに描かれていたイラストです)



今回はここまで。
たくさんのご応募、ありがとうございました☆


posted by ブンブンボーイ at 17:43| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

山陽「第4回せめんだるカップ〜伝統の味を皆様に、つねまつ菓子舗〜」場外発売・初日のようす



先日ここ浜松オートにて繰り広げられました、「遠鉄グリーンカップ GI 開場61周年記念

ゴールデンレース」の最終第12R「優勝戦」は8周回にて競われ、川口の25期・永井大介選手が

地元のホープ・鈴木圭一郎選手と”一騎打ち”の態勢に。今年のベストバウトに選ばれそうな

激しい攻防戦に打ち勝ち、17年ぶりとなる久々の浜松GI タイトルを獲得し幕を閉じました。



本日の浜松オートは山陽「第4回せめんだるカップ」の場外発売・初日。

浜松オートの走路内ではたった5日間でタンポポの群生となってしまった中庭の除草作業が

朝から行なわれております。









ここでお知らせ。

浜松オートオフィシャルサイトでは本日の出走表より、出場選手の”ハンデ比較表”が

別紙でダウンロードできるようになりました。大きくなって見やすくなりましたので

どうぞご利用ください♪









5日間、手に汗握る”名勝負数え歌”が場内に響き渡った「GI ゴールデンレース」。



皆さまの声援のおかげさまで、GI 開催中におけるブンブンブログは

全国の大手ブログサイト・”シーサーブログ”内、「ギャンブル部門」において

全国10位をマークしました! 同じ期間内、全国各地にて

競馬やボート、競輪でもビッグレースが開催されている中での10位となりました☆



カテゴリー・フリーの「シーサーブログ 総合ランキング」では全国344位を獲得!

オートレース&浜松オートへの応援、本当にありがとうございます!





「ブンブンボーイさんのカメラに向かって、どうぞ!」

昨日5/21の17時過ぎまで、永井大介選手のGI 優勝・表彰式の司会進行を務めて下さった

西日本オートレースのCS放送を担当している内野久照さん。





ひと晩が過ぎました本日5/22は山口県の山陽オートにて

CS放送の進行&実況中継をお送りしております。

新幹線を使っても浜松オートから山陽オートまでは6時間はかかります。

オートレーサーと同様、昨晩のうちに夜通しで山陽小野田市へ向かわれたものと

思われます。大変おつかれさまでございます!




posted by ブンブンボーイ at 17:37| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

GI 開場61周年記念ゴールデンレース 5日目・最終日のようす



浜松オートの開場記念、「遠鉄グリーンカップ GI 開場61周年記念ゴールデンレース」、

最終第12R「優勝戦」は8周回にて競われ、元・船橋同士の最強バトルが浜松で蘇る!!

川口の25期、7枠・永井大介選手が8枠・鈴木圭一郎選手と抜きつ抜かれつの攻防戦の末に

先頭を手に入れチェッカー!17年ぶりとなる久々の”浜松GIタイトル”を獲得!そして

通算18回目のGIタイトル獲得となりました!!おめでとうございました☆





永井選手の凱旋を拍手で出迎えたのは掛川和人選手(川口)、西原智昭選手(伊勢崎)、

内山高秀選手(伊勢崎)、齋藤撤二選手(川口)。

元・船橋、現・川口、同25期・・・永井選手を慕う、さまざまな仲間がこの後も次々とロッカーから

ファイティングゲート前にやってきては、「ようやく浜松で取れたね!おめでとう!」と

祝福の言葉を贈っておりました♪





勝利のウィニング・ラン。”全場のオートレース”をこよなく愛するファンの方々からお話を聞くと、

「やはり永井選手とは船橋オートのファンやスタッフを最後まで大切に思い、船橋オートを

最後の最後まで牽引し続けてくれた、”真の功労者”である。現在船橋の場外車券売場、

「オートレースふなばし」さんにも、ぜひ、永井大介選手の功績を厚くねぎらってほしい」という

メッセージをよくいただきます。

こうして浜松オートでウィニング・ランを行なっても、フェンス前やスタンドには

大勢のオートレースファンが集まり、「永井さん、おめでとう!!」と拍手や歓声を贈っておりました。



  

永井選手が浜松オートの「GIゴールデンレース」を、かつて制したのはちょうど2000年。

17年ぶり&2回目の制覇となります。2000年の頃はまだ、競走車ごとイベントステージに上がる

という企画は行っていなかったでしょう、永井選手はスロープを前にして

「このまま登っちゃっていいの!?」と驚いておりました(笑)



そしてシャンパンファイトも初となりましょう♪万人のギャラリーの前で”勝利の美酒”を

思いきりふりまいた永井大介選手、「GIゴールデンレース」2度目の優勝、

おめでとうございました☆









写真:第10Rにしてメインスタンドはご覧の通り。最上段が”立ち見”になる程の満員御礼となりました。



そして最終第12R「優勝戦」は10分延長し、16:50ファンファーレとなりました。

熱戦にご期待ください!!







第11R「特別選抜戦」、最終コーナー、熱走路からか逆転を懸けたイン差しが空をきってしまう。

道中に審議がかかるも失格にはいたらず。1着5枠・西原智昭選手(伊勢崎・28期)、

2着3枠・淺田真吾選手(浜松・27期)、3着7枠・高橋 貢選手(伊勢崎・22期)の確定は5-3-7。





第10R「選抜戦」、1着2枠・谷津圭治選手(伊勢崎・25期)、

2着3枠・齋藤撤二選手(川口・25期)、3着5枠・山田達也選手(川口・28期)の確定は2-3-5。





浜松オートレース場にさっそうと現れた、イイ女とイイ男。

TV等にて活躍中のお笑いコンビ・「相席スタート」のお二方、山アケイさんと山添 寛さんが

浜松オートに来場し、第7&10R発売中にイベントプラザにてお笑いステージを披露♪

男は(女は)異性のここに惹かれる、という恋愛のイロハをレクチャーしてくださいました☆

山アさん:「以前、彼氏に埼玉県の川口オートへ連れて行ってもらえたことがあります!」



男性はちょっと束縛してくるくらいがちょうどいいという山アさん。相方の山添さんはこう見えて

けっこうギャンブラーだそうで、お馬さんやボートでも来場の際は勝負を楽しむクチだそうです(笑)

各オートレース場のスタッフさん、「相席スタート」のお二人をぜひご招待してあげてください♪



  

第6R発売中・イベントプラザにて「優勝戦出場選手セレモニー」が執り行われました。

メインスタンド周辺にお集まりくださったファンの皆さまへ、選手からプレゼントと引き換えの

カラーボールが投げ込まれました。





優勝戦出場選手8名の集合写真です。実はこの撮影を行なう、まさに直前。わたくし

ブンブンボーイの撮影機材が選手の目の前でボヨーンと壊れてしまいまして(苦笑)



「あらら、やっちゃいましたねぇ〜」と、同情を誘う苦笑いやら、大笑いやらで、多少なりとも

緊張をほぐすお手伝いとなりましたでしょうか(苦笑)





こちらが場内1Fインフォメーション前に設置されている、女性&カップルのオートレース初心者を

対象とした「はじめてのオートレース 〜めざせビギナーズラック〜」ブース。男女ペアであればOK、

オートレースの楽しみ方をキレイなお姉さんがレクチャーしてくださいます♪





本日まで場内1Fインフォメーションの左側に設置している「オートレースVR体験」ブース。

バーチャル・リアリティ(仮想現実)を駆使し、トップオートレーサーの繰り広げている

実際のレースをリアルに体感できます。この機会をどうぞお見逃しなく!





本日第3Rの走路内観戦では、なんと!第12R「優勝戦」の進出選手より、

永井大介選手・山浦博幸選手・遠藤 誠選手がお客さまとの記念撮影に参加しますと

ファンサービスのご協力をいただきました☆



走路内観戦の参加者の中には本日の場内イベント、女性&カップルのオートレース初心者を

対象とした「はじめてのオートレース 〜めざせビギナーズラック〜」ブースから招待された方もおり、

初めてお目にかけるイケメンレーサーたちに胸はドキドキ☆ 記念写真は無料で差し上げますので

浜松オートご来場の思い出にどうぞお持ち帰りくださいね♪





本日ラストとなる開門先着の「選手サイン色紙&選手サイン入りカレンダー」プレゼント。

本日は選手サイン色紙のほかに、「GIゴールデンレース」の大型ポスターへ

鈴木圭一郎選手がサインを書きこんでくださったものを用意。

オートレースに投票してくださった方をプレゼント対象としております。



  

写真左:遠藤 誠選手を訪ねる高橋 貢選手。一緒に過ごしている姿を何度か見かけました。

写真右:試走先導は榑林敏郎元選手。「ネッツトヨタ浜松」様のご協力によるハイブリッド車です。





5日間を懸けた激走もいよいよクライマックスへ。浜松オート・5月恒例の開場記念、

「遠鉄グリーンカップ GI 開場61周年記念ゴールデンレース」、本日日曜日が最終日となっております。

第12Rに8周回の「優勝戦」を実施、熱戦にご期待ください!



日曜日も早朝から選手たちが走路内でトレーニング。写真は塚越浩之選手ですが・・ちょうど

木村武之選手の横断幕が保護色になっておりますが、上半身裸です。でもそれだけ

前4日と違って早朝から気温が上昇しており、日中の真夏日の予感を感じさせます。





選手ロッカーの周囲には早くも、もう使わないタイヤがまとめられて串に差さされ

出場レースが終わり次第、梱包トラックへ詰め込む準備が進められておりました。



  

本日最初にロッカーでお会いできたのは松山茂靖選手と重富大輔選手。整備談義をしておりました。

同じロッカーの廊下の奥では辰巳裕樹選手と阿部仁志選手も今節のレースを振り返っておりました。





競走車から練習服までピンク色のカラーリングが目立つのは丹村飛竜選手。

ガソリンタンクには翼の生えた女性(妖精?)のようなイラストが施されておりました。





そして鈴木圭一郎選手。早朝7時台から黙々と整備を開始。その雰囲気たるや、

1着を目指すよりももっと深い、”セアの中身を知り尽くしたい”といった探究心が

整備作業の原動力につながっているような気がしました。





こちらは先日「準決勝戦」のスタートシーン。ご覧ください、メインスタンドは

最上段まで立ち見の満員御礼に!しかも、第9Rから最終第12Rまで、

あまり観戦者の数が減ることはなく、これも第12Rの鈴木圭一郎選手の走りに

世間が注目していることの表れなのでしょう。


posted by ブンブンボーイ at 20:31| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする