2017年12月08日

飯塚「筑豊に来てね杯」場外発売・初日&浜松「第13回レッドリボンカップ」前検日のようす



本日より浜松オートは飯塚「筑豊に来てね杯」の場外発売を3日間実施。そして

明日より浜松オート本場開催、「第13回レッドリボンカップ」が開催、飯塚場外との併売を

土日をかけて実施します。したがいまして本日は浜松本場開催の前検日となっています。



浜松の天候は小雨、空全体が薄暗い雲に覆われています。気象情報によりますと

明日以降は天候が回復するそうなので、本日の走行練習の参加者は減少するかもしれません。



飯塚の天候は「くもり」、走路状況「湿走路」。気温8℃、湿度43%、

走路温度4℃、風速2m、降水確率は午前30%・午後10%と発表。

一日をかけて走路状況がどれだけ回復するかがカギとなりそうです。





選手管理地区ではさっそく、先日まで川口オートにてレースを繰り広げた選手たちの

競走車や防具、工具を詰め込んだ大型トラックが到着し、検車場内への運搬が行われていました。

検車場からは新人選手や同じグループの若手選手が

手分けをして各選手の指定されたロッカーへと運び込みます。





遠征選手専用ロッカー・B棟に運び込まれた競走車。カバーには”ISESAKI”や”川口”の文字が。





フェンダーにドラ〇もんのイラストが(笑)どの選手のマシンかご存知でしょうか?

オートレースファンならば、ドラ〇もんをこよなく愛する選手と聞いてピンとくるかもしれませんね。



  

写真左:選手宿舎前の一部に取り付けられたパイロンとバリケード。管理課の話では

 女子選手専用部屋のリフォームだそうです。

写真右:明日からの開催に向けて廃棄オイルの回収やガソリンスタンドへのガソリン補充が

 行われていました。管理地区内が忙しくなるといよいよ開催といった雰囲気に包まれます。





一方、場内では「第13回 レッドリボンカップ」開催の各種装飾が施されました。

予定では本日の16時以降にレッドリボンカップの協賛であるNPO法人・魅惑的倶楽部

(エキゾチッククラブ)のメンバーがやってきて、イベントプラザ右側スペースに

レッドリボン活動用テントを設置するそうです。



  

浜松選手ロッカーの入り口といえば、真っ先に目に留まるのが一番手前に位置している

新人女子・金田悠伽選手のロッカーです。新人・花田一輝選手がタイヤ削り用サンダーの

調整について話し合っていました。そこへ大先輩の中野 肇選手がやってきて一言。

「俺のマシン、用意してくれたのは悠伽くんかい?(金田選手がそうです、と言うと)ありがとう!

 どおりで、男どもじゃぁ丁寧に折りたたんで、かさねてくれるまでやらないよ(笑)」



  

写真左:エンジンオイルを交換する橋本陽介選手。

写真右:フロントフォーク周りを整備する藤波直也選手。



  

今節の追加あっせんが決まった山浦博幸選手(写真右)へ、挨拶にうかがう

鈴木宏和選手(写真左)。笑顔です♪ 山浦選手は少々忙しそうな雰囲気でした。



  

今節最初にお会いできた遠征選手は、本門延唯選手(飯塚)と藤 達也選手(山陽)。

本門選手はクラッチ周りの整備に集中していたのでしょう、背中越しから

「よろしくお願いします!」と突然の挨拶に驚いてしていました。

藤選手は浜松へのあっせん率が比較的多い山陽ライダーです。





浜松新人女子・交川陽子選手のロッカーでは仲口武志選手、

中村晋典選手、松山茂靖選手と、同じグループの先輩選手がチームを組んで

マシン整備をお手伝い。ガソリンタンクは晋典選手が長らく使っていたものが

取り付けられていました。





雨がぱらつく湿走路の中、真っ先に走行練習を始めた野田光宏選手。

鈴木圭一郎選手が属しているグループのまとめ役です。



  

写真左:竹中一成選手のマシン整備を手伝う山本智大選手。どちらも山陽ライダーです。

写真右:山本佳幸選手のマシン整備を手伝う上村敏明選手。かなりウェイトがようです。





小松久二一選手のロッカーに集まる仲間たち。ベテランライダーでも大きな整備に

踏み切るとなると、気心の知れた仲間たちが集まり手伝ってくれます。





左手前から、片岡信之選手、野上史豪選手。こちらのグループの親方は鈴木章夫選手です。



  

写真左:長田恭徳選手(山陽)。午前中は鈴木圭一郎選手のロッカーを訪ねていました。

写真右:クランク組立室にて、下回りの整備に手をかける新人・落合 巧選手。この部屋は

 レーシングスタッフ監視の元で整備が行われ、取材陣は入室することができません。





この時期になると選手たちは風邪の予防に細心の注意を払うようになります。

浜松の女子ライダー・岡谷美由紀選手も予防のためのマスクをして整備に取り掛かっていました。



  

左から、青嶋裕治選手、渡邉 篤選手。



  

左から、稲原良太郎選手(山陽)、スタート練習をする高田克重選手。





ロッカー内・選手専用の観覧席にて、地元&遠征選手ともに

新人選手たちの走りを見学していました。



  

左から、岡松 忠選手(山陽)、穴見和正選手(山陽)。



  

左から、川端 孝選手(飯塚)、廣瀬勝光選手(川口)。





浜松オート選手会の代表、中村晋典選手会浜松支部長。

先日、浜松市南区の社会福祉施設へ訪問し、施設の子供たちへ

元気に遊んでくださいとスポーツ用具&玩具一式を寄贈しました。

晋典選手:「今回の施設訪問は、本当に子供たちが元気で触れ合いが多くあり、

自分たちもスポーツ用具や玩具一式をプレゼントできて良かったと思いました。

とても喜んでくれてましたし、帰り際の最後まで子供たちが見送ってくれて、嬉しかったです。



施設訪問と寄付活動をこれまで継続できたのも、ファン感でのチャリティ販売や

カレンダー販売イベントにて、ご購入くださったファンの皆さんのおかげです。

今後も活動を続けてまいりますので、引き続きご協力をよろしくお願いします。」

中村晋典選手、コメントありがとうございました☆





そして明日より開幕する「レッドリボンカップ」では、恒例の”レッドリボン活動”として

場内のみならず、選手ロッカー内でもストップエイズ基金を集めるための募金箱を設置。

4日間+前検日をかけて集められた募金がレッドリボン活動として役立てられます。

レッドリボン活動とは、HIV・エイズに悩む人たちへ偏見を持たず支援をする活動を表します。





飯塚GI にて鈴木圭一郎選手が優勝&GIタイトル・グランドスラムを達成、続いて

伊勢崎開催にて金子大輔選手が落車負傷から復帰後初の優勝、と、

ラッシュに沸く野田光宏選手ロッカー周辺のグループ。今節は鈴木一馬選手、

渡邉 篤選手、西川頼臣選手、田中竜二選手とチームが出そろい、

盤石の態勢でレースにのぞみます。





開催に向けて選手たちが整備を進めていく中、管理地区内の選手食堂では

CS中継カメラを運び込んでの「やまうらーめん」食レポ・PV撮影を実施。

浜松オートCS放送の安原幸子さん、島田祐希さんが実食しておいしさを伝えます。



完成したPVは明日からの浜松オートCS中継や、浜松オート・優勝戦進出選手インタビューを

UPしているYouTube・浜松オートページにて公開されるそうです。どうぞお楽しみに☆





12/9〜12開催 「第13回 レッドリボンカップ」、

熱戦にご期待ください!




posted by ブンブンボーイ at 17:56| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

第13回レッドリボンカップ(12/9〜12開催)のファンイベント場内張出画像が完成



すでに浜松オートオフィシャルサイトやフェイスブックにてお知らせしていますが、
今週末の12/9()より開幕する浜松オート4日間開催、「第13回レッドリボンカップ」は
特別イベントが満載。中でも特筆すべきは・・





森 且行選手が72時間AbemaTVにて紹介しました「やまうらーめん」&「他人丼(肉とじ丼)」が
場内食堂にて、ワンコインの500円で食べられる限定企画を実施。
国民的有名人の方々が味わいましたメニューをどうぞご賞味あれ♪

 
そしてさらに!72時間放送当時、森選手が着用していたものと同じ”GambooTシャツ”や
浜松が誇るエースライダー・”鈴木圭一郎選手オリジナル2018年カレンダー”等が当たる
「未確定車券抽選会」を12/10&12の2日、10R発売中・1Fインフォ付近にて実施。
1000円分の未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)をご提示ください。
景品の数に限りがあります、全て当選次第終了となりますのでどうぞお早めに!


そして鈴木圭一郎選手の「浜松SG&飯塚GI 優勝報告会&握手会」を
12/9の5R発売中・イベントプラザにて執り行います。
今回もイベントプラザの左側にて”優勝記念・オリジナルウィナーズカード”を
先着50名様へ配布、しかも浜松SGと飯塚GIの2枚1組を
圭一郎選手みずからの手で皆さまへお渡しします。どうぞご参加ください!



明日12/7(木)の川口最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーにて競われます。
川口の新人33期生・泉田修佑選手が”初優勝”をかけて1枠ゼロハンから
6周回逃げ切りをはかります。熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 17:39| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

12/9〜12「第13回レッドリボンカップ」開催中、場内食堂にて”選手食堂メニュー”を限定販売



オートレースファンの間で知られている浜松オート選手管理地区内・昼食堂メニュー、
「やまうらーめん」がAbemaTVにて森 且行選手より紹介され、
現在「浜松オートのどこへ行けば食べられるのですか」と、
巷での関心が高まっているとのことです。



普段は浜松オートでのレース開催中、選手たちがカンヅメとなって生活している
選手管理地区内の「選手食堂」でのみ販売をしているので、お客さまは食べられないのですが・・
アツいご要望にお応えし、お客さまの過ごされる場内の食堂にて限定販売することが決定!

期間は12/9()〜12(火)の4日間、浜松オート開催「第13回 レッドリボンカップ」の
実施日に各日50食(他人丼は各日30食)、限定販売をします。
どちらもワンコインの500円、2日をかけて両メニューを食せば、
72時間分の感動がよみがえるかも!?どうぞご賞味ください☆


posted by ブンブンボーイ at 16:25| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする