2017年08月18日

飯塚 場外発売・最終日&浜松「第12回 サンバフェスティバル」前検日のようす



飯塚オートのデーレース、「日刊スポーツ杯 エキサイティングバトル」の場外発売・

最終日を実施している浜松オート。お昼を迎えた頃に突如大雨が降ってまいりました。

通り雨のようです。





朝の天気予報では1日の天気が「くもり」、降水確率30%と報じられていましたが、

予報をくつがえす大雨によって浜松走路は一気に湿走路へ。

前検日の走行練習に影響を与えそうです。空模様も南は明るく、北は暗い状態です。





ところが通り雨を降らせた雨雲が浜松上空を通過すると、たちまち路面は乾いていき

14時を過ぎた頃には良走路へと回復。さっそく走行練習を開始したのは新人33期生の

金田悠伽選手です。走路は乾いたとはいえ、非常に蒸し暑い走路状況となっています。



  

写真左:下平佳輝選手。弟子の落合 巧選手(右)も後に続くように走路へ向かっていきました。



  

写真左から、蒸し暑い気候に車体を慣らそうと屋外へ運び出す鈴木章夫選手、

若手選手の走行練習ぶりを見守る鈴木辰己選手。ベテラン勢の走りも今節注目です。



  

遠藤 誠選手も最初は宿舎前の試走場でエンジンを外気に慣らしてから

ツナギに着替えて走行練習を行っていました。





写真:新人選手と同じタイミングで走行練習をする清水雄平選手(川口)。



  

写真左から、スタート練習に参加する松本やすし選手&新井裕貴選手。伊勢崎ライダーズです。



  

写真左から、山浦博幸選手、柴田健治選手。ロッカーが筋向い同士で仲が良いです。



 

写真左から、笠木美孝選手、橋本優一選手。



 

写真左から、白次義孝選手(伊勢崎)、馬場雄二選手。





中村友和選手の後を追うように、エンジンの押し掛けをして走路へと駆け出す新人・花田一輝選手。

師匠の伊藤信夫選手は今節非あっせんのためお休みです。



 

写真左:談笑しながら整備を進める、猿谷敦史選手と櫻井晴光選手。伊勢崎ライダーズです。

写真右:5/27の飯塚遠征時、レース中の落車&けがによりしばらく休場でした

 片岡信之選手が今節より復帰。応援をよろしくお願いします。





今節非あっせんの師匠・長谷晴久選手に代わって、新人・交川陽子選手へ

整備の指導をする中村晋典選手。晋典選手のお隣のロッカーである仲口武志選手も

交川選手の整備作業を手伝っていました。



  

写真左:整備について話し合う、金子大輔選手、田中 茂選手、鈴木孝治選手。

写真右:黙々と整備を続ける鈴木圭一郎選手(奥)。手前は佐藤裕児選手(飯塚)です。





先日8/15まで伊勢崎オートで繰り広げられましたビッグナイター・

「SG 第21回 オートレースグランプリ」の出場選手が、たった2日の移動&準備を経て

本日前検日の浜松入りを果たしています。写真は吉原恭佑選手(伊勢崎)です。





CS放送にて、飯塚第12R「優勝戦」の発走準備が映し出されると、浜松ロッカーの選手たちはみな

整備を手を止めてモニターのある場所へと集まり、レースの行方を見守りました。





飯塚第12R「優勝戦」はゼロハン2車&10線6車の陣形で競われ、

10線勢より飯塚の25期・東小野正道選手が6枠の位置からファーストコーナー旋回で先行、

ゼロハン両車を追う3番手を手に入れると、周回をかけて冷静なさばきをみせ先頭へ。

みごと地元防衛優勝を成し遂げました!おめでとうございました☆





写真:走路では走行練習が終了したあとも、選手たちがトレーニングに励んでいました。

 その中で師匠・齋藤正悟選手は弟子の新人・金田悠伽選手と共に

 ゼロハンのセンターラインに立って、単騎におけるスタートの攻め方を教え込んでいました。





浜松オート4日間開催、「第12回サンバフェスティバル」は明日8/19()より開幕。

開門先着「ブラジルアイス」の配布をはじめ、3Rに「走路内観戦」実施、

8R発売中・イベントプラザにて「岡谷美由紀選手 浜松初優勝 報告会」実施と

イベントが目白押しです。どうぞご来場ください!




posted by ブンブンボーイ at 19:34| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯塚「日刊スポーツ杯 エキサイティングバトル」場外発売&浜松 前検日



本日8/18(金)は飯塚「日刊スポーツ杯 エキサイティングバトル」の場外発売・最終日と

浜松開催「第12回 サンバフェスティバル」の前検日。

(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:15)

開催地・飯塚の天候は「はれ」・「ぶち走路」。気温27℃、湿度56%。

走路温度41℃、風速1m、降水確率は午前0%・午後20%

浜松の天候は「くもり」・走路状況「良走路」。

降水確率は1日30%と発表、雨は降らなさそうです。







本日8/18より、中駐車場北側の市道が杏林堂薬局様の工事に伴い通行止めになります。

工事期間中(8/18〜10/31)は手前の迂回路をご利用ください。





本日飯塚第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。

浜松より筒井健太選手が4枠10線から出場を果たしました。

熱戦にご期待ください!



☆8/18(金) 飯塚 第12R「優勝戦」






posted by ブンブンボーイ at 09:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

伊勢崎ナイター「SG第21回オートレースグランプリ」場外発売・最終日のようす



ウルフの雄叫び赤城に轟き、勝利の尺玉キラッと輝く!
お盆休み大決戦、伊勢崎ナイター「SG 第21回 オートレースグランプリ」・最終12R
「優勝戦(10周回・0mOP・枠番選択)」は雨上がりの湿走路にて競われ、伊勢崎の22期・
”絶対王者”こと高橋 貢選手が2枠から最高のアクセルワークでファーストコーナーを制し
10周回を完全独走、地元伊勢崎のSGタイトルを防衛制覇しました!

チェッカーフラッグが振られる半周前から地元伊勢崎ファンが拍手で貢選手のゴールを
迎えるシーンが感動的でした。貢選手はクールダウン時、フェンス越しのギャラリーへ何度も
力強くガッツポーズをして、地元伊勢崎全員の勝利であることを表しているように感じました。


われらが浜松ライダー・鈴木圭一郎選手は惜しくも年間グランドスラム達成とはなりませんでしたが
私たちの想像をはるかに越える重圧・プレッシャーのなか、2着の準優勝と力の限り走りぬきました。

高橋 貢選手、鈴木圭一郎選手、ファイナリスト8ライダー全員に感動の拍手を贈ります。
オートレース・スピリッツ、すばらしい走りの数々を、ありがとうございました!


posted by ブンブンボーイ at 21:51| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする