2021年07月29日

第14回スポーツニッポン新聞社杯 4日目・最終日


7/29(木)は7車立てレース・「第14回 スポーツニッポン新聞社杯」の4日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:35)
浜松の今朝の天候は「くもりがかった晴れ」、走路状況「湿走路」。
気温30℃、湿度58%、走路温度28℃、降水確率は午前40%・午後20%と発表。
気象情報の通り昨晩にひとしきりの雨が降った影響で
路面は全面濡れていますが、朝練習のうちに乾くものと思われます。





今節は開催中毎日、各門開門先着200名様へ
「スポーツニッポン」新聞をプレゼント☆
各日全てなくなり次第終了です。




本日は浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんの来場日♪
皆さまの応援をよろしくお願いします!




本日は第8&9R発売中をかけて1Fインフォメーション付近にて
「未確定車券抽選会」を実施します。
1000円分の未確定車券か未確定投票受付明細(はまりっちレシート)を
会場へご提示ください。抽選ゲームに1回挑戦できます。
「空気清浄機」や「除菌スプレー」などが当たります!



今節は全12Rが”7車立て”となります。
本日は第12Rに「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

☆7/29(木) 浜松 第12R「優勝戦」



posted by ブンブンボーイ at 08:21 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月28日

第14回スポーツニッポン新聞社杯 3日目のようす





「第14回 スポーツニッポン新聞社杯」、シリーズ3日目が終了。

4つの「準決勝戦」が繰り広げられました結果、明日7/29(木)の

最終12R「優勝戦」はご覧のメンバーに決定しました!

熱戦にご期待下さい!





今節は離れのロッカー・B棟を使用の吉田幸司選手(川口)。

「今日は試走からタイヤが跳ねて、もう、どうにもならない感じでした。まぁ昨日も

今日もなんですけど。そんな中でも一人で逃げているだけだったので…暑さが

味方してくれた感じで、最後まで持ってくれたかな、という感じですね。

跳ね対策をいろいろやってるんですけど、夕方練習でもタイヤを作りに

行ってきたのですが、全然止まらない感じなので、困っちゃってますね…。。

まずはそこを優勝戦までにどうするかですね。当然、レースはエンジンが良くないと

勝てないですけど、今回はタイヤが重症なので、そこをまず改善できないことには

レースは厳しいと思います。スタートは最近ムラなんですけど、昨日と今日は

たまたまうまくいっている方ですかね。ムラの中でも悪くないかなと。

パーツ交換の予定はありません、この跳ねがタイヤからなのか、エンジンからなのか

これから時間をかけて原因を探っていきます。」

吉田幸司選手、コメントありがとうございました!





第12R「準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着1枠・吉田幸司選手(川口)、2着7枠・岩科鮮太選手(浜松)





レース直後の橋本優一選手。上村敏明選手が祝福の声をかけていました♪

※撮影の一瞬だけマスクを外して下さいました。

「今日は強い風のせいなのか、レースに向けていじくったところが失敗してたのか、

 ちょっと試走タイムが出なかったんで…まぁでもみんな条件は一緒なんですけど。

 レースでは最後に外を意識しすぎてコース取りを失敗した感じです。

 反省点は見えているので、レースを終えてからまたエンジンをかけ直したりと

 少しずつ改善策を考えています。セッティングを追うか、バネ交換かですね。

 タイヤはまだ大丈夫です。スタートはずっとゼロ逃げなので他車との比較は

 できませんが、タイミングは見えているので、明日はスタートで先頭を残せたら

 逃げるだけですね。今日の乗りやすさがあって、かつ、調整で昨日の抑え込む

 強さが合わせて出てくれれば良いのですが。こんな熱走路でも勝ち抜いた

 人たちでの優勝戦ですから、そう簡単には勝たせてくれないとは思うので。

 ゼロ線から一生懸命逃げられるように頑張ります。」

橋本優一選手、コメントありがとうございました!





第11R「準決勝戦」、上位1・2着選手が優出となります。

1着1枠・仲口武志選手(浜松)、2着1枠・橋本優一選手(浜松)





レース直後の藤川 竜選手(飯塚)。浜松初の優出を果たしました♪

「今節はこれまでの3日間を通じて、今日が一番乗りにくかった気がしました。

 一番暑くなったのもあるかもしれませんが、優勝戦に向けては全体的に

 上積みをはからないと…欲しい部分は、全部ですかね、勝つためには。。

 優出できたので悪くないとは思うのですが。ヘッド回りから試してみるつもりです。

 タイヤは今日のやつが滑っていたので、昨日までのタイヤに戻すか、明日にまた

 練習へ行って、乗り比べをします。スタートは今日が一番良かったほうだと

 思いますが、まだ十分ではありませんね。整備とタイヤ選びも含めて頑張ります。」

藤川 竜選手、コメントありがとうございました!





第10Rから再び「準決勝戦」。上位1・2着選手が優出となります。

1着3枠・筒井健太選手(浜松)、2着2枠・藤川 竜選手(飯塚)





しばらくして鈴木健吾選手の表情を撮影させて頂きました♪

ありがとうございました!





深谷選手にはさっそく下の写真を現像してプレゼント。そのついでに一言、

コメントを頂きましょうかと思っていたのですが・・・

深谷選手:「ありがとうございます!後で写真をみて研究します!」

とだけコメントすると、すぐさま工具を手に取りエンジンのふたを開けて整備を開始。

隣のロッカーでは吉田富重選手が真剣な眼差しで深谷選手を見つめていました。

ここは選手のお仕事を最優先に。私は頑張って下さい!と言葉を贈りました♪





レース中のけがによる長期休場を経て今節が復帰戦となりました深谷俊太選手は

本日第8Rに3枠20線から出場し、みごと復帰後初の1着勝利を納めました☆







浜松オートは開催ラッシュ、次節は中3日で再び前検日となる

第49回 報知新聞社杯」が8/3(火)から4日間をかけて繰り広げます。



次節もスポーツ新聞・「スポーツ報知」の各門開門先着配布や

「未確定車券抽選会」を実施、浜松オートレースヴィーナス・JINちゃんの来場は

シリーズ最終日の8/6(金)です。どうぞお楽しみに!





写真:レースの発売時間までに次レースの試走準備を整える検車スタッフ。

 砂時計をひっくり返して砂が落ちきるまでに作業を完了させる、というような

 迅速かつ正確な車両チェック&試走準備を全12R分こなしていきます。



鈴木健吾選手いわく、「撮影はまだ汗が引かないのでまたあとで」ということで、

先にコメントだけ頂きました♪

「今日は風がとても強かったので、そんなに試走で乗った感触は良くありませんでした。

スタートは全然良かったですね。それとエンジンパワー的に、他のクルマよりも

全然良かったですね。ただ、明日(優勝戦)はレースが最終の時間になるので、

気候とか走路温度とか…その辺がまた違う感じになるのかな、と。タイヤも今日の

7人の中で一番良かったと思うので、今日のが優勝戦で使う第一候補ですね。

あとは天候を見ながら、変えるかどうか、です。」

鈴木健吾選手、コメントありがとうございました!





第5Rは「準決勝戦B(ランチアタック)」。上位1着選手のみが優出となります。

1着6枠・鈴木健吾選手(浜松)





浜松オートのCS放送では毎日5R発売中に「ランチアタッククイズ」を放送しています。

浜松オートにゆかりのある問題を出題、ヒントもあります。正解者の中から

抽選で2名様へ「オートレースバックナンバーQUOカード」をプレゼント♪

応募方法もCS放送にて発表されますので、どうぞお見逃しなく。





第4Rに浜松新人女子・西 翔子選手が1枠ゼロハンから出場し7着の成績となりました。

1着は4枠・山脇孝志選手(浜松)です。





第1Rに浜松女子・岡谷美由紀選手が7枠30線単騎から出場し

全車抜きを達成、1着勝利を獲得しました!おめでとうございました☆





今節のケータリングは屈指のラインナップ、たい焼き・「焼きたて屋」、

焼き鳥・「鳥好」、すっぽんエキス入り浜松餃子・「あまえん坊」と

200円もあれば折り紙つきの味・1〜2品は購入できるお店揃いです。

どうぞお立ち寄り下さい☆





山際真介選手(川口)。





米里崇徳選手。





関口隆広選手。





藤川幸宏選手(飯塚)。





廣P勝光選手(川口)。





吉松優輝選手(飯塚)。





今節4日間、各門開門先着200名様に配布しています「スポーツニッポン」新聞。

先日の13歳女子スケートボーダー・西矢 椛(もみじ)選手の金メダル記事に続き

本日は柔道男子81キロ級・永瀬貴規選手の金メダル記事がTOPを飾っています。

もちろんオートレース記事も掲載、どうぞお手に取りください♪





走行練習が行なわれている一方、発走ピット前では救護スタッフによる

事故トラブルを想定した車両撤去&人命救助訓練が行なわれていました。

車両の破損度合によっては左手のクラッチレバーが折れていたりするので

右足のチェンジレバーを右手で操作しニュートラル状態にしてから

タイヤを転がして撤去します。

競走車は市販のバイクと違って車体左側は地面スレスレまで寝かすために

チェンジレバー&ステップが右足側についています。





朝練習の順番を待つ選手の方々。私に限ったことではないのですが、選手の方々が

それまでシールドを開けて走路を見つめていても、撮影カメラのレンズに気付くと

照れてしまったり緊張させてしまうのか、下を向いてしまったり

シールドを閉じてしまう方がほとんどなので、撮影する側としては毎回

少々申し訳ないという気持ちになります。

選手集中が第一、深追いをしないのが一番です。



  

写真左:ロッカーへ到着しました花元初美選手(飯塚)。

写真右:タイヤのリムバランスを調べる米里崇徳選手。





フロント回りの整備を始める佐藤裕児選手。隣のロッカーは鈴木辰己選手です。



  

写真左:写真がブレてしまいましたがフロントタイヤを付ける中村杏亮選手(飯塚)。

写真右:若手とともに整備を始める上村敏明選手。





キャブレターを解体する岡谷美由紀選手。





心配されていた台風8号はオリンピックの開催地である東京をそれて

形を崩しながら北上、こちら浜松オートはほとんど影響を受けずに

「第14回スポーツニッポン新聞社杯」のシリーズ3日目を迎えました。

今節最も暑い朝を迎えているようで、セミの鳴き声が音量最大となっています。

なお台風6号は熱帯低気圧に変わったとのことです。





検車場には岩本君男選手の車両が停めてあり、柴山信行選手(川口)が

タイヤウォーマーを装着する準備をしていました。



  

写真左:屋外へ車両を天日干しして戻る中野 肇選手。

写真右:柴田健治選手の部屋を借りて過ごす田邉 誠選手(川口)。





早朝から整備を開始する小林悠樹選手。鈴木健吾選手の姿も見えました。



  

写真左:屋外で紙パック牛乳を飲む秋吉忠幸選手(飯塚)と道智亮介選手(飯塚)。

写真右:お茶を持ってロッカーへ向かう占部健太選手。





まだ誰も来ていないロッカーで整備を始める廣瀬豪彦選手。

手前のロッカーは岩科鮮太選手。作業前のコーヒーを飲んでいました。




posted by ブンブンボーイ at 17:47 | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第14回スポーツニッポン新聞社杯 3日目


7/28(水)は7車立てレース・「第14回 スポーツニッポン新聞社杯」の3日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:35)
浜松の今朝の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。
気温32℃、湿度42%、走路温度34.3℃、降水確率は午前20%・午後50%と発表。
空高く白い雲と湿気を帯びた黒い雲が混在しています。
昨晩はごくごくの小雨が降り、気象情報によれば今晩も降りそうとのことです。





今節は開催中毎日、各門開門先着200名様へ
「スポーツニッポン」新聞をプレゼント☆
各日全てなくなり次第終了です。



今節は全12Rが”7車立て”となります。
本日は第5&10〜12Rをかけて「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!


posted by ブンブンボーイ at 08:21 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする