2017年11月06日

オッズパーク杯 SG第49回 日本選手権オートレースを終えて


写真:11/6(月)の浜松オート場内のようす。
11/5()に浜松オートで繰り広げられましたオートレース伝統の一戦、
「オッズパーク杯 SG第49回 日本選手権オートレース」は地元浜松所属の32期・
鈴木圭一郎選手がぶっちぎりの走力で他車を圧倒し優勝、
破竹の”大会2連覇”を成し遂げ、幕を閉じました。


1日を過ぎた浜松オートは山陽オートの場外発売を実施。
”つわものどもが夢の跡”とばかりに、浜松オート場内は元通りの静けさに。
昨日までの激走、興奮、感動はもう過ぎ去った思い出・・・皆さまの心の一部となりました。


この日の浜松オートは雲一つない快晴に。
競走路の内線側に、うっすらと弧を描くように写っている濃い影のような箇所は
オートレース用語で「黒潮」と呼ばれ、オートレーサーが時速150キロ近くで走破することによって
タイヤの表面のゴムが摩耗し、アスファルトに溶け沈んだ跡です。

路面に溶けたタイヤかすと、競走車の車輪にはめたタイヤ同士がこすり合わさることで
グリップが倍加し、もっともスピードが上がるという「走行コース」となっています。
逆に「黒潮」以外の場所は、路面にタイヤかすが沈んでいないため、グリップ力があまりなく
走行中にスリップを起こしやすい場所なのだそうです。

ちなみにビッグレースの際は全国から選手の「応援幕」が浜松オートに届けられ、
開催期間中、走路フェンス一面に応援幕が掲示されます。

選手はヘルメットをかぶって爆音のなかレースを行なっているため、
スタンドからの声援はなかなか聞こえにくいそうですが、視覚は効きますので、
自身の応援幕がフェンスやスタンドに掲げられていることを見て
「自分を応援してくれる人がいる」と勇気に変えているのだそうです。



浜松オートの開催期間中のみ営業する、オートレーサー専用の昼食堂です。
右奥の選手宿舎内にも選手食堂がありますが、朝晩の食事は宿舎内食堂にて
全選手が同じメニューのご飯を食べることになっていますが、お昼ご飯に関しては
出場レースや整備作業等により、選手の食事時間がまちまちとなるため、こちらの昼食堂で
手の空いた時間を使って食事をすることができますが、こちらは場内の食堂と同様に
メニューに”値札”がついており、選手は予算と相談し、自腹で食事をしなければなりません。
ちなみにメニューは以前までは”うなぎ”から”おむすび1コ”までありました(笑)


posted by ブンブンボーイ at 18:10| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

SG 第49回日本選手権オートレース 5日目のようす



浜松オート・秋の大決戦、「オッズパーク杯 SG第49回 日本選手権オートレース」、 

最終12R「優勝戦」は10周回・0mOP・枠番選択にて競われ、

2枠・鈴木圭一郎選手(浜松)が試走タイム27、あがりタイム驚愕の.335を打ち出し、

破竹の”SG日本選手権・2連覇”を成し遂げました!!





ウィニング・ラン。フェンス前には切れ間のない程に大勢のお客さまが集まってくださり、

「けいいちろう〜!!」、「おめでとう!!」と歓声が上がっていました。





1700万の賞金パネルを受け取った鈴木圭一郎選手。





そして再び、SG日本選手権オートレースの優勝旗が圭一郎選手の元に!





勝利の美酒・シャンパンファイトでは、優勝戦の上がりタイムの速さとは真逆に

歴代シャンパンファイトの中で一番長い時間をかけて、

シャンパンを細かいミストに変えてお客さまへ振り撒き続けたのでした☆

浜松ライダー・鈴木圭一郎選手、SG日本選手権オートレース2連覇、おめでとうございました!













そして最終12R「優勝戦」の試走は、ASAHIちゃんの”優勝戦ラウンドガール”始動です!



メインスタンドは手前の通路からスタンド最上段の廊下まで、立ち見で埋まる満員御礼。

SG5日間、全国よりたくさんのご来場、本当にありがとうございました!!





第11R「特別選抜戦」、1着3枠・新井恵匠選手(伊勢崎)、2着5枠・伊藤信夫選手(浜松)、

3着4枠・人見剛志選手(山陽)の確定は3‐5‐4。





第10R「選抜戦」、道中審議がかかり7枠・岩見貴史選手(飯塚)が反妨失格の判定に。

1着5枠・浦田信輔選手(飯塚)、2着8枠・松山茂靖選手(浜松)、

3着2枠・永井大介選手(川口)の確定は5‐8‐2。



  

本日のメイン・公営競技ファンイベント、オートvs競輪の異種競技戦が

第10R発売中をかけて2レース行われました。オートからは岡谷美由紀選手と鈴木健吾選手が

ハンデ0mから1周をかけ、競輪からは中嶋里美選手と小林信晴選手がバックストレッチから

半周をかけてゴールを目指しました。





1Rは女性選手対決となり、競輪・中嶋里美選手が勝利!





2Rは男性対決となり、競輪・小林信晴選手が勝利!

今回の「競輪vsオート 異種競技対決」は豊橋競輪チームの完全Vとなりました!





過去に数回、浜松オートではこの異種競技戦を行っていますが、レース後は恒例、

両車公営競技を讃えあうウィニングランをともに実施☆

スタンドからは「オートも、競輪も、がんばれよ!」、「ありがとう!」と

出場しました代表4選手へアツい声援が贈られていました☆



豊橋競輪・小林信晴選手、鈴木伸之選手、中嶋里美選手、中野 咲選手。

浜松オート・ 鈴木健吾選手、岡谷美由紀選手。

すばらしい競技イベントを、ありがとうございました!







9R発売中、CS放送にてちょっとした「オートvs競輪 異種競技戦セレモニー」を実施。

握手をして正々堂々、健走を誓いました。





第8R発売中のお楽しみ、「ASAHIトーク&抽選会」はイベントプラザにて。

本日ラストとなるASAHIちゃん&内野さんのSG日本選手権トーク、おととい3日目に来場しました

川口オートイメージガール・菜乃花ちゃんがASAHIちゃんを「ちょっとヘンな人」と評したとおり?の

四次元トークが会場で炸裂していました。

内野さん:「ちょっとASAHIちゃん、この予想テロップ、234と続いて6になってるから

5だけ消したのかと思ったら、6の次に5が来てるじゃないの。なにか思惑があるの?」

ASAHIちゃん:「いや別に。2345と書こうと思ったら間違えて6を先に書いちゃっただけです(笑)」

内野さん:「お客さん、単数字の順番を間違えるってことありますかね?(会場笑)」

こうしたおしゃべりも今日まで、次節からは再びASAHIちゃんだけの単独トークとなります。

内野さん、ASAHIちゃんへのご協力をありがとうございました☆





第7R発売中、イベントプラザにて「競輪選手トークショー」を実施。

「今まで浜松オートレース場へは足を運ばれたことはあるのですか?」という

MC・内野さんの問いに、

中野選手:「来たことはありますが…豊橋競輪のPR用ティッシュを配りに来ました。。」

と苦笑いでお返事。

小林信晴選手:「選手もアルバイト感覚です(笑)」



足腰を鍛えるために自動車のタイヤを曳いてトレーニングを積んでいるという鈴木伸之選手、

強い身体を作るためにはやはり肉、豊橋競輪場近くのレストランでよく焼肉ランチを食べるという

中嶋里美選手、と、個性派ぞろいの豊橋競輪チームが鈴木健吾選手&岡谷美由紀選手の

オートレースチームと浜松走路にて熱いスピードバトルを競います。

どうぞお楽しみに!





第6R発売中、「SG日本選手権オートレース 優勝戦出場選手セレモニー」を

走路内にて執り行いました。ファイナリスト・エイトライダーの表情です。





メインスタンド前にて待つお客さまへ意気込みを語ったあと、記念品と交換できる

プレゼントの投げ込みが行われました。皆さん、がんばってください!



  

本日の第3R「走路内観戦」では、先日に続き浜松新人33期選手の中から女子選手である

金田悠伽選手&交川陽子選手のお二方が、お客さまとの記念撮影にご参加くださいました☆

「1着を目指してがんばりますので、応援よろしくお願いします!」

そして走路内観戦はちょうど時間の都合が一致しました愛知支部競輪選手も飛び入り参加♪

ゴージャスな内容となりました☆



  

競輪チームは選手ロッカーを見学し、オートレースの1日をかけた作業の説明を受けていました。

そのようすを撮影しているところへ、松尾啓史選手が「最終日もよろしくおねがいします」と

わたくしブンブンボーイへ丁寧に挨拶をしてくださいました。こちらこそ、よろしくお願いします☆



  

先日に引き続き、1Fインフォメーションの前では「オートレースVR体験」ブースや

女性&カップル推奨の初心者ガイダンスコーナー、「ビギナーガールズ」が1日常駐。

女性やカップルでなくても初心者歓迎ですので、ぜひお立ち寄りください♪





走路内でオート選手のランニングやスイーパーなど走路内の作業車がテスト運転をしているなか、

本日のメインインベント、”オートvs競輪 異種競技戦”に参加すべく集まった

愛知支部(豊橋)競輪所属の小林信晴選手、鈴木伸之選手、中嶋里美選手、中野 咲選手が

オートの朝練習時間(9時)が始まる前に走路外周を使ってウォーミングアップを開始。

「オートの競走路で走れるなんて光栄だなぁ!」と、普段とは違う景色の中での

サイクル・トレーニングを楽しみながら競技にむけて身体をほぐしていました。





おまつり騒ぎで盛り上がった浜松オート・「オッズパーク杯 SG第49回日本選手権オートレース」は

本日が5日目・最終日。前節の「GIIウィナーズカップ」は5日間のほとんどが雨&くもりの

天候不順となりましたが、今節SGは5日間とも好天に恵まれました。



  

世間は日曜日、そして開催は最終日ですが、朝7時台の競走路では選手たちが

トレーニングを欠かさず行っていました。

左から別府敬剛選手(飯塚)、松尾啓史選手(山陽)です。



  

選手ロッカーの入口前には、ひとまとめにしたタイヤが多数置いてあり、屋外から入室前に

こちらのまとめられたタイヤを見るたびに「今開催もいよいよラストか」と思えてきます。



今日のレースを持ちまして、全国から浜松オートに集まったスーパーライダーたちは

再びホームのレース場へと帰っていきます。地元から持ち運んできたタイヤの中から、

今日のレースで使う1本が選ばれると、それ以外のタイヤはこうして串に刺し、

あとは各レース場行きの梱包トラックが管理地区に到着次第、乗せるだけの状態にしておきます。





ロッカー内へ入ると、奥から「おはようございます」という、誰かと挨拶を交わしている

声が聞こえてきました。声質からすぐに佐藤貴也選手だと分かりました。貴也選手は

同29期の早川清太郎選手(伊勢崎)と、優勝戦に向けての整備談義をしていました。





そして鈴木圭一郎選手もリアタイヤを外す作業を行っていました。

これから最終的な優勝戦使用タイヤが選ばれます。



  

写真左:タイヤの溝を彫る岩科鮮太選手。

写真右:丹村飛竜選手(山陽)。掃除用具の入っている箱から「ほうき」と「ちり取り」を持ち出して

5日間借りて過ごした仲間選手の部屋を掃除していました。来た時よりも美しくの礼儀です。





タイヤの溝を彫るための電熱道具の先を加工する久門 徹選手と、

内容を見守る重富大輔選手。ともに飯塚ライダーです。





交川選手へ最終日作業のアドバイスをする吉原恭佑選手(伊勢崎)。

浜松新人4選手も5日間をかけて先輩のSGライダーたちから整備&ライディングともに

技術を見習い、とても勉強になっていたようです。


posted by ブンブンボーイ at 18:29| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オッズパーク杯 SG第49回 日本選手権オートレース 5日目・最終日

  
11/5()は浜松開催「オッズパーク杯 SG 第49回日本選手権オートレース」の5日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:15)
浜松の今朝は「快晴」、走路状況「良走路」。
早朝の記録では気温10℃・湿度85%。走路温度11℃、降水確率は午前0%・午後0%。
オートレースの頂上決戦にふさわしい日本晴れとなりました。




☆平成29年度は浜松本場開催時、毎日「はまりっち」来場スタンプが2倍となります。
※本場開催に限り、1日2個スタンプを付与します。
☆今節は毎日第7Rの2連単払い戻し率が80%となる「グレードレース7」の対象レースです。



「オッズパーク杯 SG 第49回日本選手権オートレース」のイベント情報です。
画像をクリックするとポップアップします。



画像をクリックするとポップアップします。


☆本日11/5()の「選手カレンダーサイン会」参加選手は、
鈴木健吾選手&岡谷美由紀選手です。
どうぞご参加ください!



画像をクリックするとポップアップします。


   
1Fインフォメーション前では「オートレースVR体験」ブースや
女性&カップルのための初心者教室・「ビギナーガールズ」コーナーを設置。
どうぞお立ち寄りください。



浜松オート出走表に掲載、「選手名鑑2017」の配布方法です。
どうぞご参照ください。



本日は第12Rに10周回・0mOP・枠番選択の「優勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

☆11/5() 浜松 第12R「優勝戦(10周回・0mOP・枠番選択)」



posted by ブンブンボーイ at 08:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする