2018年05月16日

川口「川口市営 第2回2節」場外発売・3日目


本日5/16(水)は川口「川口市営 第2回2節」の場外発売・3日目。
(開門予定時刻10:00、第1R試走開始10:40)
開催地・川口の天候は「はれ」、走路状況「良走路」。気温25℃、湿度51%、
走路温度32℃、降水確率は午前0%・午後10%と発表。
かなり暑い1日となりそうです。熱中症対策をお忘れなく。

場内では移動販売が常駐。
名物うどん「浜松観光食堂」など
どうぞお立ち寄りください。


本日は第9Rから「準決勝戦」が繰り広げられます。
熱戦にご期待ください!

posted by ブンブンボーイ at 10:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

GIゴールデンレース 優勝戦〜表彰式のようす


お待たせしました、5/13()に繰り広げられました
「遠鉄グリーンカップ GI 開場62周年記念ゴールデンレース」の最終12R「優勝戦」、
および表彰式を振り返ります。

まずはスタート〜ファーストコーナー展開、天候はどしゃ降りで雨水が路面に浮くほどの
湿走路の中、ゼロハン2車&10線6車という陣形から10線最内のポジションを手に入れた
3枠・岩科鮮太選手(浜松)が、アウトコースを開けて走る1枠・岩沼靖郎選手(伊勢崎)&
2枠・春本綾斗選手(山陽)の懐へと差し込み、一気に首位へ。


レース序盤、雨が一旦弱まってきたかと思いきや、中盤から終盤にかけて再びさらに強く降りだす。
ファーストコーナー旋回で先頭を手に入れた鮮太選手は周回ごとに車間を広げていく快走を披露、
2&3着争いは4枠・笠木美孝選手(浜松)、5枠・木村武之選手(浜松)、そして
1枠・岩沼選手の3選手に絞られていくが、レース中盤から笠木選手が徐々に失速。


周囲がはっきり見えないほどの雨量となった最終周回、鮮太選手が初のGI 「優勝戦」で
大雨を味方につけてぶっちぎりの1着チェッカーを受け、地元浜松の開場記念レースを制しました。

  
優勝戦を終えても雨の止む気配がなかったため、勝利の証・ウィニングランは
あえなく中止となりました。

管理棟前にて競走車を降り、レーシングスタッフが運転する自動車へと乗り換えて
大時計前の解放フェンスへ移動、そこから徒歩でイベントプラザへ向かう流れとなりましたが・・・
管理棟前に凱旋した鮮太選手へ、「センタ!ついにやったなぁ!」と
真っ先に祝福に現れたのは、なんと鮮太選手がかつての飯塚オート所属時代の師匠、
浦田信輔選手でした。浦田選手は愛弟子・鮮太選手が優勝戦出場を決めたことから
最終レースを見届けるまでずっとロッカーに残っていたのでした。


師匠の目の前でGIタイトルを獲得してみせた鮮太選手へ、同29期の仲間たちも
「良かったね!」、「おめでとう!」と祝福に駆け付けました。
左うしろから、今田真輔選手(浜松)・森村 亮選手(伊勢崎)・岩見貴史選手(飯塚)・
青木治親選手(川口)・関口隆広選手(浜松)・平田雅崇選手(川口)です。



そしてイベントプラザの「GIゴールデンレース 優勝選手表彰式」へ。
浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんより、勝利を讃えるレイがかけられました。


GI優勝の賞金パネルが長田繁喜浜松副市長から岩科鮮太選手へと贈られました。
表彰ステージの背後では浜松市のマスコットキャラ、
出世大名・家康くん&出世法師・直虎ちゃんも健走を祝福してくださいました♪


最後は栄光のシャンパンファイトを皆さんで実施☆

当日の特別ゲスト・「さらば青春の光」さんにも参加していただきました・・が、
事前のトークショーにて「シャンパンファイトは、シャンパンの口を親指でふさいで細めると、
上手に振りまけるそうですよ」と、照沼杏菜さんが手ほどきしてくださったのに、
初のシャンパンファイトで緊張してしまったのでしょう。シャンパンの口をふさがずに
ぶっとい泡がドボドボと(笑)一番上手だったのは、これまでの表彰式で何度も参加し
経験しているASAHIちゃんだったかもしれませんね♪


岩科鮮太選手、初のGIタイトル制覇、おめでとうございました☆

 おしまい


posted by ブンブンボーイ at 14:55| イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

GIゴールデンレース 5日目・最終日のようす



五月雨を超越した”土砂降り決戦”を制し、GT初制覇を同期の仲間&親方が祝福!

「遠鉄グリーンカップ GT開場62周年記念 ゴールデンレース」・最終12R「優勝戦」は

雨水の浮く悪走路でも断トツの走力を発揮した3枠10線・岩科鮮太選手(浜松)がチェッカー、

念願のGT初制覇を地元浜松で成し遂げました!





なお、「優勝戦」では道中第3〜4コーナーにて6枠・金子大輔選手がスリップ自落を喫してしまう

アクシデントが発生。心配されましたが容態は打撲程度で大事には至らず、

岩科選手の凱旋に「優勝おめでとう」と祝福の声を贈っていました。





「優勝戦」を終えた後も雨がさらにひどくなり、ウィニングランはやむなく中止に。



本日の来場ゲスト、「さらば青春の光」さん、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃん、

「出世大名 家康くん」、「出世法師 直虎ちゃん」と一緒に。



優勝戦および表彰式の様子は後日レポートします。

岩科鮮太選手、GI初制覇おめでとうございました☆











そして最終12R「優勝戦」の試走。雨脚は一段と強くなっています。

ファンファーレは16:40予定です。熱戦にご期待ください!





第11R「特別選抜戦」、師弟同士の直接対決、弟子に軍配。

1着5枠・中村友和選手(浜松)、2着2枠・青島正樹選手(浜松)、

3着3枠・松山茂靖選手(浜松)の確定は5-2-3。





第9R発売中、イベントプラザにて「女子ボートレーサー・トークショー」を実施!

今回の来場ゲストは浜松オートと深いつながりのある、

豊田 結選手(左1)と鈴木成美選手(左2)です♪なぜ深いつながりがあるかというと・・・

成美選手:「私の父が、浜松オートレーサーの鈴木辰己選手です♪」

豊田選手:「私の夫が、赤堀 翼選手です!ですから実際の今の苗字は赤堀ですね(笑)」





今回のボートレーサー・トークショーはASAHIちゃんも参加し、MCが照沼杏菜さんということで

ガールズトークが炸裂。今日の日のためにと両選手が私達に披露してくださったのは、

オートレースの競走車とボートレースのモーターボートにクマさん&ブタさんが乗っている姿を

編み込んだ”手作りの手芸ぬいぐるみ”です☆

成美選手:「バイクやツナギを青色にしたのは、赤堀 翼選手をモデルとして作ったからです♪」

豊田選手:「ブタさんのキャラクターが好きだったので、ボートに乗せてみました♪そして

 ボートレースだと2号艇の位置が結構勝てる、ということで黒い毛糸をつかいました。」



ボートのあっせんのない日はもっぱらインドア派だという両選手にとって、

手芸はオフ時の楽しみのひとつと言えるかもしれませんね♪

鈴木成美選手&豊田 結選手、イベントへのご参加をありがとうございました☆





本日最終日の特別お笑いゲストは「さらば青春の光」さんです☆

第7R発売中と第10R発売中の2回、イベントプラザにて「お笑いライブ」を実施。

お笑い重賞レース・常連のおふたりが繰り出す、正統派お笑いコントを

ご来場の皆さまに堪能していただきました☆

ちなみに私は「阿僧祇!?那由多!?」のフレーズが好きです(笑)





本日の第6R発売中「優勝戦出場選手セレモニー」は悪天候のためにイベントプラザで実施。

大粒の雨が降る状況となりましたが、ステージのまわりには全国より大勢のファンが詰め掛けて

ファイナリスト8ライダーへ「がんばれー!」と声援を贈っていました。

ギャラリーへと投げ込まれましたカラーボールは1Fインフォメーションにて

記念品と交換できます。本日中までとなりますので、どうぞお早めに!





第5Rにて5枠・淺田真吾選手が落車を喫してしまうアクシデント発生。

淺田選手は外線へと避難、自ら立ち上がり一礼して救急車へと乗り込みました。

大事にはいたらないとのことです。





キラキラの飯塚オート・イメージガールからオートレース・レポーターに転身を果たした

あきちゃん。活躍の場所を、お客さまでいっぱいの場内から、緊張感ただよう選手ロッカーへと

移ったことで、脚光を浴びることのない裏方ながらもオートレースの情報提供に直結する

”縁の下の力持ち”となり5日間頑張ってくれました。本当に立派な仕事ぶりでしたよ♪





先日&本日と2日間をかけて場内チャンピオンレーサー前に設置されました、

遠鉄グリーンカップ恒例の「遠鉄グループPRブース」。写真はネッツトヨタ様のご協力、

人気のトヨタ車を場内に展示しており、シートへ試乗することもできました♪

紹介して下さったのは遠鉄バンビツアーの添乗員さんです♪

「現在バンビツアーのオススメは、”この夏行きたい!最旬スポット”と題し、

『三重のくに・美し国 7大グルメ食べ放題と5大お楽しみツアー』です♪

ぜひホームページ&リーフレットをご覧ください☆」





気象情報では午後から大雨、という発表でしたが、予報よりも早く雨が強くなり

本日の「走路内観戦」は残念ながら中止となってしまいました・・。



  

シリーズ最終日の開門時、浜松オートレースヴィーナス・ASAHIちゃんは

やはりイメージガールらしくヴィーナスコスチュームを身にまとって登場です♪

そして「Gamboo」マスコットキャラ、ブッキーも来場者をお出迎えしました☆





「遠鉄グリーンカップ GI 開場62周年記念ゴールデンレース」、またたく間に

本日シリーズ最終日を迎えました。浜松の天候は早朝7:30を過ぎた時点でくもり空ですが、

既に数滴の雨粒を肌に感じます。開催中、毎日早朝から走路にて行われていた

清掃車によるスイーパー作業ですが、雨水を吸うと詰まってしまうということで

早々にスイーパー作業の中止が発表されました。





別府敬剛選手(飯塚)から整備の仕方を教わる新人・落合 巧選手。

敏腕ライダーの集まるGI開催の5日間を練習参加として過ごせたことで、

遠征先輩選手との距離感をさらに近くさせることができたように思えます。



  

写真左から、篠崎 実選手(川口)、林 弘明選手(山陽)。雨を考慮して早朝からロッカー入り。



  

左写真左から、黒岩 明選手(川口)、佐藤裕児選手(飯塚)。

右写真手前から、鈴木圭一郎選手、金子大輔選手。雨・晴れ両方のタイヤ作りに専念。





最終12R「優勝戦」に進出することができた岩科鮮太選手。周囲の先輩選手たちから

「ポールポジションを手に入れたなぁ!」と、6車並ぶ10線の最内・3枠からの出場を果たしました。




posted by ブンブンボーイ at 17:51| ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする